モトローラが携帯事業売却も、販売不振で赤字続く

通信機器大手の米モトローラは1月31日、携帯電話事業の分離を検討すると発表した。



 世界の携帯電話メーカーの中で、モトローラはノキア(フィンランド)、サムスン電子(韓国)に次ぐ3位だが、販売不振で赤字が続いていた。今後は携帯事業の売却などを模索すると見られており、携帯メーカーの世界的な再編につながる可能性もある。



 モトローラは1984年に世界で初めて携帯電話を発売したが、最近はコスト競争力やデザインなどで苦戦を強いられている。このため同日、「国際市場で成長と収益力を取り戻すため、戦略上の再編成を行う。携帯電話機器の分離も選択肢に含まれる」との声明を発表した。



 2007年10~12月期決算では、携帯電話などの「モバイルデバイス」部門の営業利益は3億8800万ドル(約410億円)の赤字だった。世界シェア(市場占有率)も一時は30%に迫ったが、07年は13・9%に落ち込んだ。


(2008.2.1/読売新聞)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:42 | 周辺機器  

日経BP、「ITpro EXPO AWARD」を発表~大賞はサイボウズ「ガルーン2 次期バージョン」



 日経BPは1月31日、現在開催中の「ITpro EXPO 2008」に出展されているすべての製品/サービスを対象とした賞「ITpro EXPO AWARD」を発表した。

 ITpro EXPO AWARDは、日経BPが発行するITpro、日経コンピュータ、日経コミュニケーション、日経SYSTEMS、日経ソリューションビジネス、日経情報ストラテジー、日経NETWORK、日経Linux、日経ソフトウエア、および日経ニューメディアの10IT/ネットワーク誌、Webメディアが取材と審査を行い、優れた製品/サービスを表彰するもの。

 大賞に選ばれたのは、サイボウズのグループウェア「ガルーン2 次期バージョン」。特別賞はマイクロソフトのサーバOS「Windows Server 2008」だった。部門別の表彰製品/サービスは以下の通り。


● エンタープライズ部門
・シンクライアント「HP Compaq t5730 Thin Client/HP Compaq 6720t Mobile Thin Client」(日本ヒューレット・パッカード)
・データセンター用スイッチ製品「Brocade DCX バックボーン」(ブロケード コミュニケーションズ システムズ)
・クラスタストレージ「Isilon IQ X-Series クラスタストレージシステム」(アイシロン・システムズ)
・プリンティング・システム「ApeosPort-III/DocuPrint C2250によるマルチモデルオンデマンドプリント」(富士ゼロックス)
・ASPサービス「オンラインバックアップASP」(NECソフト)
・マスターデータ管理「ASTERIA MDM One」(インフォテリア)
・ブレードサーバー「PowerEdge M600/M605」(デル)

● ネットワーク部門
・帯域活用装置「WANDIRECTOR A100」(富士通)
・仮想化スイッチ「Virtual Switching System 1440」(シスコシステムズ)
・負荷分散装置「Webアクセスシェイパ」(NTTアドバンステクノロジ)
・ビデオ会議システム「Polycom HDX8000シリーズ」(プリンストンテクノロジー/ポリコムジャパン)

● セキュリティ部門
・情報漏えい対策ソフト「セキュリティコンパクト」(アステックインタナショナル)
・メール・セキュリティ「GDX Trusted Platform」(GDX Japan)

● デベロップ部門
・帳票作成ツール「Play@」(チェプロ)
・データ配信システム「GDライト」(グリッド・ソリューションズ)
(2008.2.1/RBB TODAY)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:02 | 周辺機器  

吉本興業の新 Blog ポータル「ラフブロ」がオープン、一般ユーザーも利用可能







吉本興業グループである株式会社よしもとファンダンゴは、2008年2月1日、新 Blog ポータル「ラフブロ」をオープンした。



ラフブロでは、よしもと芸人を始め、ミュージシャンや他事務所所属タレントを含め、約500名におよぶタレントが Blog の掲載を開始する。

個人ユーザーが Blog を開設することも可能で、手軽に開設できる無料の「フリープラン」と、大容量サーバーを利用できる「デラックスプラン」が容易されている。

フリープランはディスク容量 2GB、デラックスプランはディスク容量 8GB。デラックスプランの利用料金は月額630円(税込)となっている。

新規の登録は、ラフブロの PC サイトから行う必要があるが、その後の、書込み・閲覧は、ケータイサイトからも可能。

なお、「ラフブロ」のシステムは、シックス・アパートの Blog サービス「TypePad」が採用されている。
(2008.2.1/ japan.internet.com)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:01 | インターネット総合  

Amazon、オーディオブック・プロバイダーのAudibleを買収へ




 米国Amazon.comは1月31日、オーディオブック・コンテンツ・プロバイダーの米国Audibleを3億ドルで買収すると発表した。買収完了は2008会計年度第2四半期を予定しているという。

 約10年前に設立されたAudibleは、書籍、雑誌、ラジオ、テレビなどのコンテンツを音声データ化し、自社/パートナーのWebサイトを通じて提供するサービスを行っている。現在は8万以上のコンテンツを擁しており、米国、英国、フランス、ドイツで事業を展開している。

 Amazon.comは2000年からAudibleのコンテンツを販売している。また、Audibleは2002年から米国Appleと独占契約し、「iTunes Store」にiPod仕様のオーディオブック・コンテンツを提供している。

 Amazon.com広報担当者によると、買収後もiTunes Storeや各パートナーに対し、コンテンツの提供を続ける予定だという。なおAppleは今回の買収について、コメントを出していない。

(2008.2.1/Computerworld.jp)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:00 | インターネット総合  

L・トーバルズ氏:「Linuxはグリーン化に向け準備完了」




 Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏は、Linuxオペレーティングシステム(OS)のグリーン化に必要なインフラやツールの環境が整っていると語った。同氏は今週、オーストラリアのメルボルンで開催の同国最大のLinuxカンファレンス「linux.conf.au」に出席した。

 Torvalds氏は、同カンファレンスで行われたインタビューの中で、Linuxは消費電力管理ツールやエネルギー診断ツールで後れを取っていると認めた。

 「2~3年前、われわれは(グリーン分野で)かなり遅れを取っており、インフラを構築するだけで相当の時間を要した。しかし、やっとその作業の大半が完了した」(Torvalds氏)

 「しかし、これで終わりというわけではない。ようやくインフラが揃い(中略)消費電力を測定し、消費電力の増加とその理由を知らせるためのツールも揃った。これは特に重要だ。かつて、その点はブラックボックスの状態だった」(Torvalds氏)LinusがいてもいなくてもLinuxは安泰

 またTorvalds氏はLinuxの将来についても触れ、カーネルは安定しており、カーネルの保守に貢献している人々のコミュニティーもカーネルの安定性を維持しようとしていることは喜ばしいことだ、と語った。

 「われわれは依然として、特に新たなハードウェアについて、多くの事に取り組んでいる。しかし、全体として、基本事項の多くはその中に含まれていると考える。現在、われわれが取り組んでいるのは、保全性の向上とコードの改善だ。コードを改善することにより、機能の追加がより簡単に行えるようになる」(Torvalds氏)

 また引退について質問されると、Torvalds氏は、今はそのつもりはないと答えた。また、仮に自分が引退したとしても、Linuxには強力なサポートコミュニティーがあるので、Linuxユーザーたちは「気付かないだろう」と語った。


 「(引退後についての)質問が出たが、その点については全く心配していない。私の役割を引き継げる人はほかに沢山いる。彼らは私ほどうまく作業をこなせないと思いたいが、だからと言って(Linuxが)消えたり、困難な状況に陥るということはない」(Torvalds氏)DRMの終焉を祝う

 またTorvalds氏は、デジタル著作権管理(DRM)技術によって保護されている楽曲が終焉を迎えたように見えることを嬉しく思うと語った。Torvalds氏は2007年に行われたインタビューの中で、DRMは「全くナンセンスだ」と語っていた。現在、同氏の当時のコメントは正しかったことが徐々に証明されつつある。

 「私の主張の正当性をいくらかは立証できたと思う。DRMはあまりに消費者の利益に反しており、DRMがこれまで本当に成功しているとは思えない」(Torvalds氏)

 Torvalds氏がコメントするわずか数週間前、Sony BMGはコピー防止技術を一切施していない楽曲の販売を開始すると発表した。また、EMI、Warner Music Group、UniversalもすでにDRM技術の使用を停止し始めている。
(2008.2.1/CNET Japan)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 18:58 | PC  

NetscapeからFirefoxへの移行をサポートするページが開設

 Mozilla Japanは2月1日、3月1日にサポートが終了するWebブラウザ「Netscape」から、FirefoxおよびThunderbirdに移行するためのガイドをWeb上に公開した。

 「Netscapeユーザのための Firefox/Thunderbird 移行ガイド」を公開した。Netscape Communicator 4.x、Netscape 6.x/7.x/8.x、Netscape Navigator 9.xから、ブックマークや個人設定などのデータをFirefoxおよびThunderbirdに移行する手順を解説している。

 日本語版ではNetscape 7.1のリリース以降100件以上の脆弱性が確認されているが、修正版は提供されていない。
(2008.2.1/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 17:57 | インターネット総合  

サイバーエージェント、Ameba に「Google AdSense」を導入




株式会社サイバーエージェントは2008年2月1日、同社が運営するブログメディア「Ameba(アメブロ)」の PC ページのうち、オフィシャルブログを除く全ての Blog に対し、2008年2月5日より「Google AdSense」を導入する、と発表した。

同社は昨年12月に Ameba にて展開するモバイルサービス「Ameba モバイル」への Google AdSense 導入を実施しており、今回の PC 版への導入により Ameba としては全面的な導入となる。

今回の Google AdSense の導入により、Blog 記事下には、Blog の内容にマッチしたテキスト形式によるコンテンツマッチ広告が掲出される。
(2008.2.1/japan.internet.com)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 17:48 | インターネット総合  

新聞比較サイト「新s あらたにす」オープン




 31日、日経・朝日・読売インターネット事業組合は、新聞3紙の紙面を比較できるサイト「新s あらたにす」をオープンした。

 日経・朝日・読売インターネット事業組合は、2007年10月に日経新聞、朝日新聞、読売新聞の3社が、販売網の共有などの事業提携の発表の際に、同時に公表された3紙共同のインターネットサイトを運営する組織だ。組合の理事長は日経新聞デジタルメディアの代表取締役社長である長田公平氏が就任している。

 サイトの特徴は、各誌の社説のほか記事、紙面などを同時に比較できるレイアウト構成だ。また「新聞案内人」として各界の著名人など10名が、それぞれの視点で各記事の解説や論評をするコンテンツもある。新聞案内人は以下の構成になっている。

伊藤元重(東京大学大学院経済学研究科教授)
安井至(前国際連合大学副学長、東京大学名誉教授)
チャールズ・レイク(在日米国商工会議所会長)
小林陽太郎(富士ゼロックス相談役最高顧問)
白石真澄(関西大学政策創造学部教授)
吉永みち子(ノンフィクション作家)
増田明美(スポーツジャーナリスト)
水木陽(作家、元日本経済新聞論説主幹)
野村彰男(早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授、元朝日新聞論説副主幹)
西島雄造(ジャーナリスト、元読売新聞芸能部長)
(2008.1.31/RBB TODAY)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:34 | インターネット総合  

親は“禁止”、子供は“困る”――携帯コミュニティサイトのアクセス制限、親子で温度差

 ポイントオンは1月31日、KLabと共同で親と子供それぞれを対象に実施した携帯フィルタリングサービスに関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は1月23日、24日の2日間。

 同調査によれば、「詳細まで知っている」「聞いたことはあるが、詳細までは分からない」と回答した親は94%で、未成年フィルタリングについて比較的、意識が高いことが分かった。また、子供が利用してもよいと親が考えるサービスは「地図・交通情報・天気予報」という回答が80%弱で1位。これに対して、アクセス制限されて困ると子供が考えるサービスの1位は「ブログ・SNS」「掲示板」でともに40%を超えた。「ブログ・SNS」「掲示板」を子供が利用してもよいサービスと考える親は、ともに20%台にとどまっている。

 子供がアクセスできないようにした方がよいと親が考える携帯サイトは、「コミュニケーション(SNS、ウェブチャット、掲示板、IT掲示板)」という回答が約50%。これに対して、有害と感じている子どもは8.2%だった。

 子供から未成年フィルタリングの解除を頼まれたら、「解除に同意する」「アクセスしたいサイトによっては解除に同意」と回答した親が合計で75%と、解除する傾向が強いことが分かった。

 「家庭」「学校」「携帯キャリア・販売店」「携帯電話メーカー(説明書等)」の中で、携帯電話の利用方法について教育する場が必要だと思うかどうかについては、「家庭で必要」と回答した親が90%と、「家庭の方針に任せてほしい」と考える親の比率が高い結果となった。


(2008.2.1/+D Mobile)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:32 | 周辺機器  

おサイフケータイのセキュリティ、約半数が「不安を感じる」


 ネプロジャパンとネプロアイティは1月31日、携帯電話の「おサイフ」機能に関する調査の結果を発表した。1月10日、11日の両日、3キャリアの“ザ★懸賞”サイトで調査したもので、有効回答数は4601人。

 同調査によれば、「おサイフ」機能を利用したことがある人は14%、「携帯に機能はついているが利用したことがない」は61%となった。使用経験がある人がどのように利用しているかについて聞いたところ、「電子マネー(プリペイド型)機能」が9%と、3%の「電子マネー(ポストペイ型)機能」を上回った。一度に利用する金額は、「500円未満」が3%、「500~1000円未満」が7%、「1000~3000円未満」が3%と少額利用が大半だ。

 利用経験がない人は、その理由について「必要性を感じないから」と回答する人が30%で最も多く、次いで「携帯に機能がついていないから」が15%、「セキュリティが心配だから」が12%、「利用手続きが面倒だから」が9%、「紛失・故障が心配だから」が7%と並んだ。

 「おサイフ」機能のセキュリティについては、「特に考えたこともない」が35%だが、「不安」が32%、「非常に不安」が20%と、不安を感じている人の割合は高く、「安心」という回答は1%にすぎなかった。具体的な防衛対策については、「していない/何をしたらいいか分からない」が30%、「していない/特に問題を感じていない」が18%が上位を占めた。
(2008.2.1/+D Mobile)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:31 | 周辺機器