パナソニック、人気ケータイの秘密と魅力――商品戦略説明会







 2007年第4四半期の主力となる商品は、2007年秋以降に発表されたドコモ、au、ソフトバンク向けの新製品だ。具体的には、ドコモの場合P905、P705シリーズ、auはW61P、ソフトバンクは822Pと920Pなどがそれに該当する。これらの製品の特徴は薄さと強化されたワンセグ機能だろう。機能やデザインなど、目新しいものがないという意見もあるが、例えばワンセグなどは画質向上や受信感度向上など基本機能の進化やチューニングが施されている。ワンセグケータイが出現しだしたころに復活してしまった「ホイップアンテナ」がこの時期のモデルから内蔵アンテナに変更された。これは、スリムボディの実現にも貢献している。

 その中でパナソニックケータイの特徴は、ワンプッシュオープンとWオープンだろう。WオープンはVIERAケータイとともにドコモとソフトバンクに採用している。また、高画質TVの技術を移植したVIERAケータイは、モバイルPEAKSプロセッサーによりP905iTVの高画質に磨きがかかっている。ただし、そのためP905iTVは、ホイップアンテナが残っている。これは、他社の高画質TVのブランドを冠した携帯も同様だ。やはり、安定した高画質を再生するためにはアンテナは重要なパーツだからだろう。ちなみに、P905iTVはホイップアンテナと内蔵アンテナの2系統でダイバーシティアンテナを構成している。

 薄型については、ボードモールド工法という、プリント基板を樹脂で固めることで、薄さと強度を確保する構造をさらに進化させた。ワンプッシュのヒンジも小型化され、中折れ式で9.8mmの薄さを実現している。

 このように、目立たない部分だが基本技術や部品を進化させることで、商品デザインの自由度や品質を高め、付加価値型商品となっている。
(2008.2.1/RBB TODAY)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 06:23 | 周辺機器  

Apple Store店頭で「MacBook Air」の展示を開始




 2月1日、Apple Store銀座および渋谷の店舗でMacBook Airの展示が開始された。国内の一般ユーザー向けにMacBook Airの実機が公開されるのは今回が初めてとなる。東京以外のApple Storeでは、物流の関係から展示開始が翌日以降になる見込みだ。気になるのは国内での出荷開始時期だが、アップルは「近日中」とコメントするにとどまっている(現状でオンラインのApple Storeにおける出荷予定日は2~3週間)。

 なお、1月16日(米国時間1月15日)にMacBook Airと同時発表された「Time Capsule」はまだ展示されていない。こちらの展示と出荷開始も近日予定とのこと。

 アップルストア銀座の1階には同日17時ごろからMacBook Airが4台展示され、ユーザーが実際に手にとって試用できる。事前に展示開始の情報が告知されていなかったこともあり、店内は比較的余裕を持ってMacBook Airが試せる状態だった。

 来店したユーザーは、MacBook Airの重さや薄さを手に持って確かめたり、タッチパッドのマルチタッチ機能を体験したりと、まったく新しいMacの仕上がりをチェックしていた。特に、最厚部で19.4ミリ、重さ約1.36キロという薄型軽量ボディに驚いているユーザーが多かったのが印象的だ。

(2008.2.1/+D PC USER)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 06:21 | PC  

秘密にしたいデータを守ることができるSATAハードディスク暗号化ケース







 エバーグリーンは1日、秘密にしたいデータを守ることができる2.5型SATAハードディスク暗号化ケース「DN-RFID25HD」を同社直販サイト「上海問屋」で発売した。価格は3,999円。

 同製品は、付属のセキュリティーキーで暗号化できる2.5型SATAハードディスクケース。2つのセキュリティーキーによって暗号ディスクにしておくと、PCに接続してもハードディスクの中を見ることができないようになる。
(2008.2.1/RBB TODAY)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 06:15 | 周辺機器  

<マイクロソフト>ヤフーに買収提案 総額4兆7000億円

米マイクロソフトは1日、インターネット検索大手ヤフーに対して総額446億ドル(約4兆7000億円)で買収提案したと発表した。現金と株式の組み合わせによる買収提案で、ヤフーの株式を1株当たり31ドルで購入する意思があると伝えた。

 ナスダック市場での1月31日のヤフー株の終値に62%の上乗せをした価格にあたる。買収提案の発表を受けて、ナスダック市場の時間外取引でヤフー株は急騰、60%近く上昇して29.95ドルをつけた。

 マイクロソフトは06年にもヤフーとの提携を模索し、両社で交渉を進めていた。ただ、ヤフー側の買収への反発が強く、実現していなかった。ネット検索事業を次の成長の柱と位置づけるマイクロソフトは、大手のヤフー買収により、最大手のグーグルを追撃する狙いと見られる。

 マイクロソフトは、スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)名で声明を出し、「(統合により)我々は一般消費者や広告業界にすばらしいサービスを提供し、市場での競争力を高めることができる」と述べた。

 マイクロソフトはヤフーの買収で、両社に10億ドル(約1060億円)規模の効果が期待できるとしている。

 ▽マイクロソフト 米ワシントン州に本社を置く世界最大のコンピューター・ソフトウエアメーカー。ビル・ゲイツ氏らが75年に設立。パソコン基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」が主力商品で、圧倒的な世界シェアを持つ。最近はインターネット事業やゲーム機にも力を入れている。07年6月期の売上高は511億2000万ドル(約5兆4000億円)、従業員数は約7万8000人。

 ▽ヤフー 米大手のインターネットサービス会社。検索サービスやポータル(玄関)サイトの運営を主力事業としている。検索の世界シェアは約14%で、グーグルに次ぐ世界第2位。日本の「ヤフー」はソフトバンクが約44%の株を保有する筆頭株主となっており、米ヤフーは約33%の株を保有する第2位の株主。
(2008.2.1/毎日新聞)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 21:59 | インターネット総合  

NTT詐ドコモを装った欺メールと偽サイトに注意

 NTTドコモや同社のインフォメーションセンターを名乗り、顧客の個人情報を不正入手しようとする悪質サイトに誘導するフィッシング詐欺が確認された。同社は2月1日、利用者などに注意を呼びかけた。

 同社によれば、フィッシング詐欺メールには「連絡がない場合には利用停止などを行う」といったメッセージが記されている。記載されたURLリンクをクリックすると、同社サイトを真似た偽サイトに誘導され、氏名や住所、生年月日などの個人情報の入力を求める仕掛けになっているという。

 フィッシング詐欺メールと偽サイトの存在は1月16日に確認された。具体的な被害報告はないという。同社では「プライバシー情報をメールなどで尋ねることはない」と、利用者に注意を呼びかけている。
(2008.2.1/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 21:53 | インターネット総合  

悲願のau向けスマートフォン、いったいいつ発売されるのかを電話で聞いてみた






日本経済新聞社の報道によると、KDDIがau向けスマートフォンを2008年度に発売するかもしれないそうです。

一部のauユーザーにとって悲願となりつつあるスマートフォンですが、いったいいつごろに発売されるのか、どのような端末になるのかなどをさっそくKDDIに電話で問い合わせてみました。



この記事によると、現在ウィルコムを含めた4社の中で唯一スマートフォンを発売していないKDDIは、「スマートフォンを出すか出さないかと言えば出す」とした上で、2008年度の下半期には出していきたいと述べたそうです。具体的な登場時期が明らかになったのは初めてとのこと。

そしてこの件についてKDDIの広報部に電話で確認したところ、スマートフォンの発売についてはメーカーや仕様、発売時期ともに未定だとのことで、現在スマートフォンの需要を見極めながら発売を検討しているところで、決してスマートフォンの発売に対して後ろ向きではないという回答を得ました。

できればスマートフォン単体利用時だけでなく、PCと接続した時も通信が定額になる「WINシングル定額」サービスに対応した端末であれば、モバイラーにとって、まさに夢のような端末になると思われますが、いったいどのような機種になるのでしょうか。
(2008.2.1/GIGAZINE)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 21:47 | 周辺機器  

グリーンIT推進協議会、本日発足





 IT関連の業界団体を発起人とした「グリーンIT推進協議会」が2月1日に発足した。IT機器自身の省エネルギー化とITエレクトロニクス技術による経済・社会活動を通じた地球温暖化対策を推進する。当面は、環境負荷低減の啓発活動を中心に、国際的連携による海外との協力関係の構築、開発すべき革新技術の提案、IT技術による省エネ効果の調査・分析活動を行う。


 会員数は2月1日現在、133社・団体(入会予定を含む)。

 社団法人 電子情報技術産業協会会長の町田勝彦氏(シャープ 代表取締役会長)が同協議会会長を務める予定。そのほか、役員として、社団法人 日本電機工業会、情報通信ネットワーク産業協会、社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会、社団法人 情報サービス産業協会、社団法人 日本情報システム・ユーザー協会の各会長が名を連ねる。

 事務局は電子情報技術産業協会内に設置する。

 2008年2月から3月にかけて、第1回政策委員会を開催、2月以降、各委員会で作業を開始する。5月下旬に、グリーンIT国際シンポジウムを開催予定。7月7日から北海道 洞爺湖で開かれる“洞爺湖サミット”には環境ショーケースとして参加する
(2008.2.1/@IT )
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:57 | インターネット総合  

ソニー、実売6万円のデジタル一眼レフ「α200」――1,020万画素






 ソニーは1日、高感度ISO3,200対応で有効1,020万画素CCD搭載のデジタル一眼レフ「α200」を発表。2月15日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は本体のみで60,000円、18-70mm F3.5-5.6ズームレンズキットが70,000円、18-70mm F3.5-5.6/75-300mm F4.5-5.6のWズームレンズキットが90,000円前後。

 同製品は、ISO3200に対応した1,020万画素のAPS-CサイズCCDセンサー(23.6×15.8mm)と、画像処理エンジン「BIONZ」を搭載のデジタル一眼レフ。新設計の撮像回路および回路レイアウトの最適化で、ノイズを最小限に低減したという。

 ボディ内蔵手ブレ補正機能を装備。補正効果はシャッター速度換算で約2.5~3.5段分となり、手もとのわずかな揺れから体全体の大きくゆったりとした揺れにまで対応する。

 本体背面のFnボタンを押すと、フラッシュモード、測光モード、オートフォーカスモード、フォーカスエリア、ホワイトバランス、 Dレンジオプティマイザーの6つの撮影設定メニューをカメラファンクション画面に移行できる。

 ガイドナンバー12の内蔵フラッシュはオートポップアップ方式を採用。「AUTO」や「シーンセレクション」の使用時に、カメラ本体が必要と判断した撮影シーンで内蔵フラッシュ発光部が自動的に上がり発光する。

 シャッター速度は1/4,000~30秒/バルブ 。連続撮影は約3コマ/秒。バッテリーフル充電時の撮影可能枚数は約750枚。インターフェースはUSB2.0/ビデオ出力など。記録メディアはコンパクトフラッシュカード TYPEI、II、/マイクロドライブ/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。本体サイズは幅130.8×高さ98.5×奥行き71.3mm、重さは約532g。
(2008.2.1/RBB TODAY )
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:47 | 周辺機器  

3紙読み比べサイト、初日のアクセスは157万PV

 1月31日にオープンした日経・朝日・読売の新聞読みくらべサイト「あらたにす」(http://allatanys.jp)の初日アクセス数は157万ページビュー(PV)に達した。



 「日経・朝日・読売インターネット事業組合」が1日集計した。



 「月間400万PV」を当面の目標に掲げている同組合は「滑り出しは好調だった」とみている。



 「あらたにす」は3紙の一面、社会面、社説などを一つの画面で読みくらべることができるほか、各界著名人が新聞評を書く「新聞案内人」のコーナーや、3紙の書評やイベント情報などを掲載している。

(2008.2.1/読売新聞)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:46 | インターネット総合  

モトローラが携帯事業売却も、販売不振で赤字続く

通信機器大手の米モトローラは1月31日、携帯電話事業の分離を検討すると発表した。



 世界の携帯電話メーカーの中で、モトローラはノキア(フィンランド)、サムスン電子(韓国)に次ぐ3位だが、販売不振で赤字が続いていた。今後は携帯事業の売却などを模索すると見られており、携帯メーカーの世界的な再編につながる可能性もある。



 モトローラは1984年に世界で初めて携帯電話を発売したが、最近はコスト競争力やデザインなどで苦戦を強いられている。このため同日、「国際市場で成長と収益力を取り戻すため、戦略上の再編成を行う。携帯電話機器の分離も選択肢に含まれる」との声明を発表した。



 2007年10~12月期決算では、携帯電話などの「モバイルデバイス」部門の営業利益は3億8800万ドル(約410億円)の赤字だった。世界シェア(市場占有率)も一時は30%に迫ったが、07年は13・9%に落ち込んだ。


(2008.2.1/読売新聞)
[PR]

# by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:42 | 周辺機器