<   2008年 01月 ( 286 )   > この月の画像一覧

 

「NHK時計」に見る“懐かし物”ブログパーツ事情




突然ですが皆さん、ブログとかやってますか? 定期的に更新してますか? 僕はいつもブログを始めるもすぐに飽きて放り出してしまいます。そのくせ面白いブログパーツを見つけたら慌ててブックマークしています。計画性のない男、梅田@R25.jpです。

さて、横の画像(※R25.jpでは横に画像が表示されています。)にぐっと来ている人、いますよね。そうです、この時計は「NHK時計」といって、テレビで時刻を伝えるためにいつも画面に登場していたアノ時計です。なんと、この“ある意味日本一有名な時計”が実際の壁掛け時計として発売されました。

□NHKオンライン「ラボブログ」記事より
http://www.nhk.or.jp/lab-blog/03/6451.html

実はこの「NHK時計」、2006年10月にブログパーツとして提供され、一部で「懐かしい!」と絶大な支持を得たもの。商品化についてNHKエンタープライズキャラクター事業部の佐藤さんに話を聞いてみました。

「『NHK時計』はブログパーツとして発表後、たくさんの方から反響をいただき、今回の商品化に結びつきました。ネットでしか販売しておりませんが『懐かしい』と好評ですね」

今年はひょっとすると懐かしのブログパーツが流行するかもしれませんね。というわけで「懐かしい!」と思ったブログパーツをいくつか紹介させていただきます。

□点取占いステッカー
http://www.tentoriuranai.com/

昔駄菓子屋に置いてあった「点取占い」をご存じですか? ちょっぴり脱力系のコメントの横に1点から10点までの数字が書いてあるというもの。おみくじの感覚で楽しみましたよね。そういえば「R25クン」の吹き出しの一言も、ボクらを勇気づけてくれたり脱力させてくれたりしますが、これも点取占いへのオマージュ!?

□インベーダーズ
http://blog-apart.com/INVADERS/


1978年にアーケードゲームとして登場したシューティングゲームの草分け、「スペースインベーダー」もブログパーツに。こちらはもろR25世代の僕には懐かしいというより「昔流行していたらしいっすよね」という感じ。“名古屋撃ち”を知らない現代っ子は、会社の上司に聞いてみよう。

□初代たまごっちブログパーツ
http://tamagotch.yahoo.co.jp/blogparts/index.html

最後は1990年代後半に空前のブームを巻き起こした「たまごっち」のブログパーツ。いや~、懐かしいですね。あれからもう10年以上経ちましたか。あの頃は“アムラー”の彼女と“エアマックス”を買いに行って、家で『ボキャブラ天国』を見てましたよ。あの頃が懐かしいね。

懐かしのグッズは今、ブログで見ても素敵ですね。NHK時計なんて、当時は何の感慨もなく眺めていたけど、いまでも十分通用する素敵なデザインだと思います。テレビの画面から、時を越えてインターネットのブラウザに映し出される場所は変わっても、NHK時計は時代を超えて時を刻み続けていました。
(2008.1.29/R25)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-30 04:14 | インターネット総合  

次世代無線、「地域版」免許割り当てへ・総務省方針


 総務省は無線でパソコンから高速インターネットに接続できる次世代高速無線通信の免許を、6月に市区町村単位で事業者に割り当てる方針を決めた。3月3日から1カ月間、事業者を募集して審査する。早ければ年内にもサービスを始める事業者が出てくる可能性がある。

 次世代高速無線通信は自宅のパソコンに専用のカードを差し込めば、屋内配線がなくても高速ネット通信できるのが特徴。無線LANのように自宅に専用の小型機器を設置する必要がない。通信速度は毎秒20メガ(メガは100万)ビット程度と電話線を使ったデジタル高速通信のADSL並みだ。(2008.1.29/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-29 09:36 | インターネット総合  

PS3のネット接続率が急落・普及期の証か、キラーアプリの欠如か

 日経マーケット・アクセス誌の「日経マーケット・アクセスINDEX」2007年12月調査で、家庭用ゲーム機の所有状態とそのネット利用について一般消費者に尋ね、2007年6月に実施した同様の調査と比較した。その結果、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション3(PS3)」所有者のインターネット接続比率が半年間で急激に低下したことが明らかになった。

 任天堂の「Wii」もネット接続比率がやや減少したが、PS3ほどではない。対照的にマイクロソフトの「Xbox360」シリーズのユーザーは母数が少ないものの、ネット接続比率は半年間でほとんど変化しなかった。


■ネット接続比率は主要5ゲーム機で横ばいか減少

 家庭用ゲーム機メーカー3社の主力ゲーム機5機種の所有者に、インターネットに接続しているかどうかを尋ねたのが図1である。5機種ともネット接続率は横ばいか、減少傾向にある。その中で減少幅が大きかったのがPS3である。2007年6月調査では最もネット接続率が高かったが、同12月調査では据え置き型ゲーム3機種の中で最も低くなり、半数を割った。



 この理由の一つは、2006年11月の発売以来、半年間に購入したユーザーが、いわゆるイノベーター(新しいものを進んで購入する層)中心だったと考えれられる点である。他の据え置き型ゲーム機に比べて店頭価格は約2倍の5万円台と高価で、Wiiよりも先進ユーザーが多かった可能性が高い。こうしたユーザーが率先してインターネットに接続した結果、6月調査では最も高いインターネット接続率となったと推測できる。

 2007年11月、SCEは欧米の年末商戦、日本の年末年始商戦向けに低価格化を図った新型PS3を追加投入、従来型PS3も5000円値下げした。フルHDテレビの普及が国内で本格期を迎えるなど、高画質のゲーム映像を楽しめる再生環境も整ってきた。こうした中で2007年下半期の購入層がイノベーターからアーリー・アダプター(流行に敏感で、情報収集を積極的に行い、他の未購入層への影響が大きいグループ)やアーリー・マジョリティー(比較的慎重だが、平均よりは早期に新しいものを購入する層)に移りつつあり、それに伴い、インターネットに接続しないスタンドアローン利用が増えた様子がうかがえる。


 ユーザー層の面で、Wiiのネット接続率がPS3ほど低下しなかったのは、2007年6月時点で、既に購入層がアーリー・アダプター層に拡大していた点が挙げられそうだ。Wiiの2万5000円という価格は、それまでの売れ筋ゲーム機よりやや高めとはいえ、一般的な家庭で購入できない価格ではない。ゲーム出版のエンターブレインによると2007年1月~6月の国内販売台数はWiiが177.5万台、PS3が50.3万台と3倍以上の差があり、アーリー・マジョリティー層の取り込みもそれだけ早かったはずである。


■ネット・ゲーマーが支えるXbox、Wiiはネット情報検索

 利用面から見てPS3のインターネット接続率の低下を考えると、現状ではPS3にはインターネットならではの魅力あるソフトがないと言える。Xbox360を含む3機種のユーザーに、それぞれインターネットの利用用途を尋ねたところ、Wiiは、他のゲーム機にはないインターネット・ソフト「Wiiチャンネルでニュース、天気情報などを取得」の利用率が76.2%と高く、ネット利用のキラー・コンテンツとなっている。

 一方Xbox360ユーザーは「ネットワーク・ゲーム」の利用率が70.8%と、Wiiの17.3%、PS3の41.1%に比べると群を抜いて高い。同機の国内販売台数は欧米に比べて見て不振だが、同機を使ったインターネット・サービス「Xbox Live」の利用率は、日本が極めて高い水準にあると言う。この原動力となったのがナムコのベストセラー・ゲームソフト「アイドルマスター」。基本的にはスタンドアローンで動作するバーチャル・アイドル・マネジメント・シミュレーションだが、Xbox Liveで購入した仮想コンテンツを使いながら“育成”したキャラクターを、Xbox Live上の仮想オーディションで競わせるというプレイ方法が、ゲーム・マニアの熱狂を呼んだ。2008年2月にはより深くネットを利用すると見られるシリーズ・ソフトの発売が予定されている。万人受けするゲームではないが、Xbox購入者のインターネット接続率を高く維持できているキラー・アプリケーションである。


 Wiiのインターネット・チャンネルやXbox360のアイドルマスターに比べると、PS3にはこうしたインターネット利用のキラー・アプリケーションが欠けている。SCEのゲーム・ソフト子会社であるポリフォニー・デジタルは2007年12月にPSシリーズのベストセラー・ソフトの一つであるドライビング・シミュレーター「グランツーリスモ」の最新版「5プロローグ」版を発売、同ソフトにはインターネット経由で自動車関連コンテンツの情報を提供する仕組みが組み込まれた。ユーザーが積極的にネットに向かって情報発信を行うものではないが、どのように受け入れられていくのかが、今後の注目点になる。 (2008.12.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 23:35 | インターネット総合  

新世代DVDソフト、ブルーレイが圧倒・米シェア、過去最大差

ソニー、東芝両陣営による新世代DVDの規格争いは、1月前半の米市場でソニー陣営の販売シェアが急拡大し、東芝陣営との差が過去最大に広がった。DVDソフト最大手ワーナー・ブラザーズがソニーの推す「ブルーレイ・ディスク(BD)」規格への支持を表明した影響が早くも出ているとの分析もある。

 複数の米メディアによると、13日までの1週間のBDソフトの販売シェアは約85%となり、東芝の推進する「HD―DVD」規格のソフトの15%に大差をつけた。BD関係者によると、短期間とはいえ販売シェアがこれほど開いたのは初めてという。従来のBDのシェアは60―70%程度だった。(2008.1.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 23:09 | 周辺機器  

ソフトバンク、ケータイでPOP/SMTPメールを送受信できる「PCメール」発表


 ソフトバンクモバイルは1月28日、同社の携帯電話からISPメールやWebメールを送受信できる「PCメール」サービスを発表した。対応機種が発売される3月上旬から提供を開始する。

 PCメールは、POP3受信とSMTP送信とSSL/APOP/SMTP(SMTP-AUTH)認証に対応する新サービス。対応するソフトバンクの端末に、インターネットプロバイダーが提供するメールサービスやポータルサイトが提供するフリーのWebメールサービスをアカウント別に3つ(S!メールと合わせて合計4つ)まで設定できる。自動新着チェックにも対応しており、メールチェックの間隔は30分から24時間まで選択でき、PCメール用の着信音も設定可能だ。

 最大1Mバイトまでのファイル添付に対応し、ドキュメントビューワが内蔵された端末とMicrosoft Word、Excel、PowerPoint、PDFなどのデータを送受信できる。なお、最大ファイルサイズはメールサーバー内に保存された容量で計算され、約750Kバイトのメールがサーバー内では1Mバイトというサイズになるという。

 メールの全文受信のほか、指定するメールのみを全文受信することも可能。件名や差出人、本文の一部のみを先に受信することもでき、受信にサーバ内のメールを保存する、削除するという指定も行える。

 Yahoo!が提供するWebメール「Yahoo!メール」の簡単設定機能も用意されており、メールアドレスやドメイン、サーバーアドレスの入力不要でYahoo!メールを利用できる。

 サービスの月額利用料金は無料だが、契約する料金プランに応じたパケット通信料が必要になる。
(2008.1.28/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 22:56 | 周辺機器  

au、カメラで製品情報を検索「カメラでケンサク!ERサーチ」



 KDDIと沖縄セルラーは、2008年春モデルの投入にあわせて、携帯電話のカメラでCDジャケットやワインなどを撮影すると、その製品の情報を探し出して、通販サイトで購入できる「カメラで検索!ERサーチ」を1月31日より提供する。

 「カメラでケンサク!ERサーチ」は、携帯電話で撮影した画像から特徴を抽出し、サーバー上でデータベースと照合して、製品情報を探し出せるというサービス。2006年5月よりiモード向けに提供されている同名のサービスと、ほぼ同等の機能となっているが、au版はグーグルの検索機能との組み合わせなど異なる部分があるという。

 利用時には、「CDジャケット検索」「ワインラベル検索」「通販カタログ検索」の3種類から選んで、撮影することになる。CDを探すと、着うた・着うたフルを購入できるサイトへアクセスでき、ワインラベルで検索するとワイン通販サイトにアクセスできるなど、商品情報を探すとともにすぐさま購入できるようになっている。

 仕組みとしては、撮影した画像を解析して、特徴点を抽出する。その部分だけのデータをサーバーに送信することになる。従って、端末だけで処理する場合に比べて、よりスピーディに製品情報を得られるという特徴がある。その場で撮影する画像に加えて、端末内に保存されている写真も解析できる。

 専用アプリがプリセットされるのは、W61CA、W61P、W61SA、W61S、W61H、W61T、W62SA、W62Sで、2008年春モデル以降に発売CDMA 1X WIN端末にもプリセットされる。W5XシリーズやMEDIA SKIN、INFOBAR 2、W61SH、W61K、W61PTでは、アプリをダウンロードすれば利用できるようになる。

(2008.1.28/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 22:55 | 周辺機器  

「egword」のエルゴソフト、パッケージソフトから撤退


 エルゴソフトは1月28日、日本語ワープロ「egword Universal 2」「egword Universal 2 solo」、日本語入力システム「egbridge Universal 2」の販売を同日終了し、パッケージソフト事業から撤退すると発表した。

 「Macintoshの日本語環境の向上に一貫して努めてきたが、Mac OS X上の日本語環境の成熟などから、パッケージソフト事業を終了する時期と判断した」としている。

 egwordは1984年、Apple Computer(当時)の「Lisa」向けに開発された日本語ワープロソフト。撤退により、24年の歴史に幕を閉じることになる。

 「egword Universal 2」「egword Universal 2 solo」「egbridge Universal 2」のオンラインサポートは、来年1月末まで続ける。
(2008.1.28/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 22:53 | PC  

クリプトン、「公序良俗に反する」ミク作品をニコ動から削除 判断基準も公開


 クリプトン・フューチャー・メディアはこのほど、「初音ミク」を使って制作され「ニコニコ動画」で公開された特定の作品が、「公序良俗に反する内容だった」とし、同社が要請して削除したことを明らかにした。

 一般ユーザーから同社に「公序良俗に反する歌詞を含む初音ミクの作品がニコニコ動画に投稿されている」と通報があり、確認したところ「初音ミクのイメージを損なう恐れがある」と判断。1人のユーザーが連続的に投稿しており「黙認のレベルを超えていると判断せざるを得ない」と削除。「ピアプロ開発者ブログ」で発表した。

 同社は「初音ミク」「鏡音リン・レン」など「VOCALOID」シリーズの使用許諾契約書で、「VOCALOIDで制作した楽曲に公序良俗に反する歌詞が含まれる場合は、公開・配布を禁じる」としている。

 特に「キャラクター自らが性的表現やバイオレス・グロテスクな表現をしているようにとらえられる場合や、視聴者が困惑したり、嫌悪感を抱く可能性がある場合は、製品やキャラクターのイメージに悪影響がある」として公開・配布を禁じる。判断基準の1つは「テレビ放送できるかどうか」といい、ブログには民放連の放送基準を抜粋して掲載している。
(2008.1.28/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 21:40 | インターネット総合  

政府PCでポルノサイト閲覧の職員を解雇処分に――ワシントンD.C.




 ワシントンD.C.のエイドリアン・フェンティ市長は1月23日、政府のPCを使ってポルノサイトやアダルトサイトを閲覧したとして、最高9人の職員を解雇すると発表した。

 同市職員から、別の職員が政府のPCを使ってアダルトコンテンツを閲覧、ダウンロードしているという苦情を受け、市の最高技術責任事務局(OCTO)が昨年12月15日から調査を開始した。初期調査の結果、複数の職員がポルノサイトにアクセスしていることが判明したため、OCTOはさらに調査範囲を拡大。18部署で処分対象となる可能性のある職員が見つかったという。

 OCTOは、処分内容は手紙による注意から、深刻な場合は謹慎または解雇に及ぶとしている。契約調達部門など3部署は、ポルノサイトの閲覧数が膨大な回数に上るとして、合わせて6人の職員を既に解雇処分とした。

 またワシントンD.C.は多くの職員がアダルトサイトを閲覧していた事実を受け、これらサイトへのアクセスを規制するフィルターを導入した。
(2008.1.28/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 21:13 | インターネット総合  

Palm、直営小売店を閉鎖へ





 米国Palmは1月24日、業務施策の絞り込みと競争力強化の一環として、直営小売店を閉鎖すると発表した。Palmブランドを冠した8カ所の店舗と、提携先のAirport Wirelessの店舗内にある26カ所の小売店はすべて閉鎖される。


 この動きの背景には、Research In Motion(RIM)のBlackBerry製品との競争激化があると見られる。

 Palmは、「当社は中核業務に労力を集中する。直営店を閉鎖するのはそのためだ」と説明している。同様の理由からPalmは、スマートフォンと連携するハンドヘルドPC 「Foleo」の投入も取りやめたとしている。フルキーボードと10インチの画面を搭載するFoleoは、2007年半ばにリリースされる予定だった。

 スマートフォン市場は競争が激しさを増している。ここ数年、苦戦を強いられているPalmはPDA事業から徐々に撤退し、スマートフォンに事業を集中させようとしている。

 同社は現在、Linuxベースの新しいスマートフォンOSを開発中だ。このOSは今年末にリリースされ、その後まもなく同OSを搭載する製品が発売される見込みである。
(2008.1.28/Computerworld.jp)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 21:12 | 周辺機器