<   2007年 12月 ( 190 )   > この月の画像一覧

 

3.5cmの極薄液晶テレビで暮らしはどう変わる? 開発者が語るテレビの自由




 日立製作所(日立)が12月に発売した液晶テレビ「Wooo」の「UTシリーズ」は、モニタ部の薄さ約 3.5cmを実現した世界最薄の「超薄型」液晶テレビ。モニタとチューナーを分離するなどして、「今までのテレビの概念を変える」製品として誕生した。開発の狙いや販売戦略について担当者に聴いた。



●目指すのはアトムの世界

 「Wooo UTシリーズ」開発の根底にあったのは「日本人が未来像として抱くSFの世界」だというのは、商品企画を担当した高江雅喜・コンシューマ事業グループデジタルコンシューマ事業部商品企画本部戦略部長代理。「これからのテレビはこうあるべきだ、というものをUTシリーズはもっている」と語る。

 「プラズマ、液晶と、今や薄型テレビは当たり前になりました。最近では、各社とも大画面化や高画質化にしのぎを削っています。そんな中、私たちは大画面・高画質化の次にくるものは何か、模索していました。日本人は、『鉄腕アトム』や『ドラえもん』といったSF漫画に出てくる、壁と一体化したような未来のテレビ像が究極として潜在意識にあると思うんですね。そこで、そんなテレビ像に近づくための第一歩として、さらなる薄型化という選択をしたんです」

●総合メーカーとしての日立の技術力が実現した3.5cmという薄さ

 およそ3.5cmという超薄型モニタを実現した陰には、日立グループとしての総合力があったと高江氏は強調する。「電源ユニット、部品の集積化で超薄型化を実現したというのももちろんあります。ただ、薄くするときに問題になるのは本体背面の放熱処理なんです」


 従来のテレビは、放熱ファンにより本体を冷却しているが、ファンがある分、薄くするには限界があった。そこでUTシリーズでは、背面の上下に排熱用の穴を開け、空気を循環させることで、ファンがなくても十分に熱を逃がせる仕組みをとった。これでさらなる薄型化が可能になったという。

 「日立は大型サーバーも作っていますから、そこで培った冷却技術、熱の流れの解析技術を応用しました。総合電機メーカーとしての開発力が生きた部分です」と高江氏は胸を張る。

●どこから見ても美しいデザイン

 「テレビは昔からいろんな情報の窓であり生活の中心。その窓の見た目をいかに美しくできるかがこれからのテレビにはもとめられている」と高江氏が語るように、UTシリーズは2つのコンセプトをもとにした見た目=デザインにもこだわっている。

 1つめのコンセプトは360度ビューティー。横からは薄く、背面からは美しく見せることを狙った。高江氏が「背面のネジ穴の位置1つとっても考え抜いた」と語るほど、全体のプロポーションに気を使い、積極的に背面を見せる展示も可能になったという。

 2つめのコンセプトはフレグランス(心地よい香り)。高級感、品のよさとクリアな感じを出そうと、香水をイメージしてデザインしたという。「においたつようなデザイン」(高江氏)を目指した。さらに日立の液晶テレビで初めてカラーバリエーションを取り入れ、32V型を4色で展開。個性的な存在感をかもし出すのに一役買っている。

 こうして、「薄さ」と「美しさ」の両立させたUTシリーズで同社は、テレビの新いいコンセプトを掲げる。それが「レイアウトフリー」だ。

●「レイアウトフリー」で今までのテレビの一歩先へ

 「UTシリーズで、今までのテレビの立ち位置を変えたい」と意気込む石塚規夫・コンシューマ事業グループデジタルコンシューマ事業部マーケティング本部担当部長は、「レイアウトフリー」のコンセプトをこう説明する。

 「今までのテレビは、壁際に置くくらいしか選択肢がなくて、一旦設置すれば動かさない。それを壁に掛けたり、ちょっと位置を変えて部屋の真ん中に置けたりということで、設置場所や視聴スタイルがフリーになる、というのがUTシリーズのコンセプト『レイアウトフリー』なんです」

 「レイアウトなんて、今までテレビでは用いなかった言葉ですが、あえて使いました。今までのテレビの概念になかった部分を追求して、その実現のために、技術的に適合していたのが超薄型モニタとセパレートしたチューナー、というやり方だったんです」

 ともすれば本体を薄くするためにセパレートタイプのテレビにしたと思われがちだが、そうではなく、「レイアウトフリー」という新しいテレビ像を提案していく上でたどり着いたのが、UTシリーズなのだという。

●見てもらえばわかる、今までのテレビとは違う

 こうした新しいコンセプトが強みのテレビだが、それをどう販売戦略につなげていくのか? 「普通の展示はなるべくしたくない」と語る石塚氏が考えた販売戦略は、氏の実体験が下敷きになっている。

 最初は「ただ薄いテレビが出るとだけ聞いていた」という石塚氏。その時点では、特徴や売り方の部分でピンとくるものはなかったようだ。しかし「実際に目にして、これはすごいと私を含め社内の多くの人がショックを受けた」という。百聞は一見にしかず。そのよさをアピールするには、実際に触れてもらうのが一番だと考えた。

 そこでまず、11-12月にかけて東京ミッドタウンで展示イベントを開催した。実際に目にした消費者の反応は上々で、「週末を中心に多くの人に来場してもらい、薄さやデザインが好評」(展示スタッフ)だったという。

 このほか、全日空と共同で、08年3月31日まで全国80か所で広告トラックを使ったプロモーションを展開する。トラック内には、全日空が08年2月から開始するプレミアム座席と、UTシリーズをはじめとした日立製品の体感スペースを設けているという。

 目の前に出して、触ってもらえれば、きっとその違いは伝わるはず……。自信はキャッチコピーにも現れている。

 「すべてのテレビが、嫉妬する。」

 「刺激的なコピーなのは確かです」と石塚氏は苦笑する。「でも、UTシリーズは今までのテレビではできなかった『レイアウトフリー』を実現したんだということを伝えたかった。日立の手がける他モデルも含め、みんなが嫉妬するということですね。ただ単純に薄っぺらくなっただけではないんです」

 そう話す石塚氏は、32V型で23万円前後と決して安くない価格は、あまり問題ではないと考えている。「確かに他社の同サイズの液晶テレビと比べると高い。機能面での○×表でも、他のテレビと一緒。しかし見た目や使い方の自由度は大きく違う。その価値をアピールできれば、価格の壁はなくなると期待しています」

 石塚氏は北京オリンピックが開催される08年が、UTシリーズにとって勝負の年だと考えている。「来年の商戦では、液晶テレビ市場のシェアは今の倍にしたい」と巻き返しを宣言する。

 「今の日立のシェアが少ないといいわれればそれまでですが、要はUTシリーズが今と同じ販売量を上乗せするという意味。それだけ期待しているんです」とUTシリーズの展開に自信を見せた。日立の挑戦はまだ始まったばかりだ
(2007.12.27/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-27 16:20 | 周辺機器  

Webページを画像化、リンクごと引用できる「kwout」

 ハートレイルズはこのほど、Webページをリンク情報ごとキャプチャし、Webサイトやブログなどで引用できる「kwout」を始めた。


 URLを入力すると、そのページのキャプチャ画像を表示。マウスドラッグで引用したい範囲を指定すれば、その範囲の画像を切り出し、ブログなどに貼り付けるためのHTMLタグを生成する。キャプチャした範囲内にリンクがある場合は、リンク情報も画像に埋め込まれ、クリックすればリンク先にアクセスできる。

 写真共有サイト「Flickr」や、画像やテキストなどをスクラップできる「Tumblr」に投稿する機能も備えた。Internet ExplorerやFirefoxに対応したブックマークレットも提供する
(2007.12.27/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-27 16:18 | インターネット総合  

独り負けから反撃 ドコモ、新プラン・機種好調




 ≪「905i」新記録?≫

 携帯電話市場で今年1年、“独り負け”の状態が続いてきたNTTドコモが、最後の年末商戦で猛烈に巻き返している。11月26日に最新機種の「905iシリーズ」と月々の使用料を安くした「バリュープラン」を投入し相乗効果で勢いを加速。今月16日にはバリュープランの契約数が100万件を突破した。2008年は年末商戦で弾みを付けたドコモが反転攻勢に打って出ることになりそうだ。

 「905iシリーズの売れ行きは予想以上。これまでの記録を塗り替える」

 「今年の不調を一気に取り戻すように売り上げを伸ばしている」

 販売店の現場からは、威勢のいい言葉が次々に飛び出す。

 ドコモによると、バリュープランと従来型のノーマルプランを併存させたが、導入後の全契約数のうち、「ファミ割MAX50」などを適用して月額基本使用料が840円安くなるタイプのバリュープランが95%を占めているという。

 新プランでは、月々の使用料が安くなる分、端末は高くなるため、12、24回払いの割賦販売も導入。初期投資が少なくて済むことから、抵抗感なく新プランを選択する契約者が多いという。さらに、これまで新規に比べて割高だった機種変更でも分割を利用できることが新機種の販売を後押ししている。

 新プランとの相乗効果で勢いを加速させているのが、「機能は全部のせた」と中村維夫社長が豪語する最新機種だ。

 なかでもパナソニックモバイルの「P905i」は、品切れや品薄状態が続き、引っ張りだこだ。パナソニックモバイル広報部でも「過去の機種に比べ、同じ期間で1・5倍から2倍近く売れており、記録的な立ち上がり。部品の調達が難しくなってきている」と、うれしい悲鳴を上げる。

 シャープが液晶テレビ「アクオス」のブランドを携帯端末に使用したのに対抗し、松下電器産業の看板ブランド「ビエラ」を冠に載せ、社内の期待も大きかっただけに、喜びもひとしおのようだ。

 ≪ライバル2社は苦戦≫

 これに対し、ライバル各社では、11月まで7カ月連続で契約者数の純増数トップを走るソフトバンクも、年末商戦で契約数を伸ばし好調が続いているが、販売の現場からは「夏ごろの勢いに比べると、ややかげりが見られる」との声も聞かれる。

 年初は独り勝ちだったKDDIは「新機種の投入が遅れており、減少傾向で苦戦している」という。小野寺正社長も「12月に出そうとしていた端末の出荷が遅れているのが問題。新料金プランの導入で、端末価格が上がるとの印象を抱かれている」と、苦戦を認める。

 年明けには12月末の各社の携帯電話契約数が発表される。100万件を突破したドコモのバリュープランには、機種変更による契約変更も含まれるため、そのまま契約数が増えるわけではないが、年末商戦の12月月間の契約純増数で、各社の明暗がクッキリと分かれる可能性もありそうだ
(2007.12.27/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-27 11:57 | 周辺機器  

「59%がフルブラウザ搭載携帯を所有、しかし利用経験は半数」 - マイボイスコム調査

マイボイスコムが携帯電話フルブラウザの利用状況に関する調査を実施。フルブラウザ搭載機種が59%に対して実際に利用したことがあるユーザは半数。


マイボイスコム株式会社は2007年12月10日、携帯電話のフルブラウザ機能に関する調査を実施・結果を公開した。


調査時期は2007年11月1日から5日まで、回答者数19,602名、調査対象はリサーチコミュニティ「MyVoice」登録メンバー。フルブラウザ機能を搭載した携帯機種所有の割合は59%と過半数を超えたのに対して、その機能を「使用している/使用したことがある」と回答したのは29%だった。ブラウザの使い分けは特に意識して使い分けていないが44%と最多、用途に応じて使い分けるユーザは29%だった。フルブラウザに対する改善希望は、画面表示スピードが52%でトップ。

フルブラウザの使用頻度は週に1回が15%、ほとんど毎日が14%、週2~3日12%、週4~5日7%。閲覧情報はニュースが36%でトップ、以下、交通案内/地図/旅行(34%)、天気(32%)、ブログ/SNS/Wiki(19%)、ショッピング/オークション(19%)と続く。
(2007.12.19/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 21:12 | 周辺機器  

「厚労省」をGoogle検索すると別のサイトがトップに 注意呼び掛け

Googleで「厚労省」「厚生労働省」を検索すると、検索結果のトップに海外の別のサイトが表示される現象が起き、同省は正規のアドレスにアクセスするよう注意を呼び掛けている。

 Googleで「厚労省」「厚生労働省」を検索すると、検索結果のトップに海外の別のサイトが表示される現象が起きている。厚生労働省は「正規のアドレスはhttp://www.mhlw.go.jp/です」と呼び掛ける注意文をWebサイトのトップページに表示した。



 12月26日午後7時時点で、両キーワードで検索すると、「xuite.net」という厚労省とは無関係なドメインのURLが検索結果の最上位に表示される。同サイトは台湾の翻訳サービスとみられる。他の検索サービスでは同省の正規のURLが最上位に表示されている。

 厚労省はサイトに「検索サイトで検索した場合、厚生労働省ホームページのアドレスとは異なるURLが表示されることがあります。そのサイトは、厚生労働省の正規のホームページではありません」と注意文を掲載。正規のURL(http://www.mhlw.go.jp/)を指定してアクセスするよう呼び掛けている。(2007.12.26/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 21:09 | インターネット総合  

ウェブドゥジャパン、携帯ECに本格参入-女性向けサイトを来月開設


 ウェブドゥジャパンは携帯電話を使った電子商取引(EC)事業に本格参入する。08年1月下旬にも女性用美容品を販売する携帯サイトを正式に開設。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)など既存の自社サイトや広告配信で提携する他社の携帯サイトから利用者を誘導し、売り上げを拡大する。2010年3月期をめどに07年3月期比約3倍の売上高100億円を目指しており、EC事業の育成で目標達成を確実にしたい考えだ。
 ウェブドゥジャパンは07年7月にECの仮サイトを開設し、テストマーケティングを進めてきた。「初月に売上高2000万円を達成した」(櫻井英哉取締役)といい、その後も同テストが順調に推移していることから、08年初に正式サイトに移行する。
 同社は会員数36万人(10月末時点)のSNS・無料ゲームサイト「プチゲーフレンズ」や、電子書籍サイト「寝る前にコミック」などを自社コンテンツ(情報の内容)として運営する。これらのコンテンツは利用者の7割を10―20代の女性が占める。ECサイトでも美容品や化粧品など女性の若年層向け商品を中心に販売し、自社コンテンツから効果的に利用者を誘導する。
 現在、同社は携帯サイトの検索キーワードやコンテンツ内容に連動した広告配信事業と自社コンテンツ事業、子会社が運営する人材コンサルティング事業の三つを経営の柱とする。07年3月期の売上高は約35億円。08年3月期は同39億円を見込む。(2007.12.26/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 21:04 | インターネット総合  

ワークスAP、会計ソフト刷新――日本版SOX法に対応


 業務用ソフトのワークスアプリケーションズは近く会計ソフトを刷新して発売する。会計監査の厳格化のため来年4月に施行される日本版SOX法への対応機能を拡充する。同社は人事・給与ソフトが主力だが、法令対応を強化することで2009年6月期には会計ソフトを人事・給与と同規模の事業に育成する。

 会計ソフト上で実行された作業内容や作業者を記録し、常時確認できる機能などを追加。各社員に割り当てられた作業権限を一目で把握できる表示機能も搭載し、外部監査で問題点を把握しやすくした。

 同社は04年に会計ソフトに参入し、前期の会計ソフトの売上高は約17億円だった。一方、人事・給与ソフトは約52億円。法改正にきめ細かく対応し、来期には会計ソフトで50億円以上を狙う。
(2007.12.26/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 20:58 | PC  

ネット詐欺、人気トップは「iPod」=Xマスに犯罪急増-英紙

クリスマスに犯罪者がネット詐欺で最も手に入れたかったのは「iPod(アイポッド)」-。26日付の英紙タイムズは、ネット詐欺対策会社のこんな調査結果を報じた。同紙によると、英国ではクリスマスの25日に、他人のクレジットカード情報を盗むなどしたネット詐欺が急増したが、標的となった商品のランキングには、消費者の人気がそのまま反映された形となった。 
(2007.12.26/時事通信社)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 20:51 | インターネット総合  

2007年末~2008年初、長期休暇の前後に確認したいこと~JPCERT/CC が呼びかけ




JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、2007年12月25日、冬期の長期休暇期間中におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防および緊急時の対応に関して、セキュリティ対策実施状況ならびに緊急時の連絡体制を事前に再確認するように勧めるメッセージをリリースした。

JPCERT/CC は、長期休暇中のファイル共有ソフト使用による、ウイルスへの感染から情報漏洩につながる事故を特に懸念しており、「データの持ち出しに関しては、自組織のポリシーに従い、その取り扱いに関して細心の注意を払うように」と呼びかけている。

このメッセージでは、長期休暇に入る前の確認事項として以下の事項を挙げている。

・緊急時の連絡網は整備・周知されているか

・最新のセキュリティパッチが適用されているか

・ウィルス等検知ソフトの定義ファイルが最新の状態になっているか

・不要なサービスを無効にしているか。また、業務遂行に必要のないプログラムがインストールされていないか

・各種サービスへのアクセス許可が必要最低限に設定されているか

・生年月日や電話番号、アカウントと同一のものなど、容易に推測できる脆弱なパスワードが設定されていないか

・休暇中に使用しない機器の電源を切っているか

・休暇中にデータを持ち出す際には、必要に応じて暗号化などの情報漏洩を防止するための処置が施されているか

・休暇時の業務遂行のために特別にアクセス制御を変更する場合、通常の状態に戻す手順およびスケジュールが整理されているか また、それに合わせた監視体制が整備されているか

さらに、不審なアクセスの監視を継続するなど、休暇中の対応体制についてもあらかじめ検討し、準備しておくことも勧められている。

また、休暇明けには、

・導入している機器やソフトウェアについて、休暇中にセキュリティ上の問題が発見されていないかどうか

・休暇中に持ち出していた PC をネットワークに接続する前に、ウィルスやワームなどに感染していないかどうか

といった点を確認することを呼びかけている。

なお、休暇明けにウィルス等検知ソフトの定義ファイルの更新が集中することで、ネットワークのトラフィックが増大する可能性があり、定義ファイルの更新のタイミングを調整するなどの対策を検討することも勧められている
(2007.12.26/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 20:35 | PC  

安全サイト 第三者機関認定へ

携帯電話をめぐっては、未成年者が出会い系サイトなどを通じて犯罪に巻き込まれるケースがあとを絶たないため、携帯電話各社は、来年以降、18歳未満の利用者が有害なサイトにアクセスできなくする機能を導入する方針を示しています。一方で、アクセス制限によって、小売店の宣伝用のホームページやきちんと管理された仲間どうしの掲示板など有害でないサイトも見られなくなる可能性が指摘されています。こうした事態をなくそうと、携帯電話から接続するホームページを製作している企業の団体などは、専門家を集めて第三者機関を立ち上げることになり、26日、準備会合を開きました。第三者機関は、見られなくなったサイトの運営者の申請を受けて、未成年者が見ても問題ないと判断したものは安全なサイトに認定し、携帯電話会社にアクセス制限の対象から外すよう求め、認定後も有害な情報が含まれていないか監視することにしています。第三者機関は、具体的な認定基準などを決めたうえで来年4月に設立されます。(2007.12.26/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 17:49 | インターネット総合