<   2007年 12月 ( 190 )   > この月の画像一覧

 

出ないけど期待しちゃおう! 「任天堂 DS Lite Compact」



 
次世代DSの噂が一人歩きしていますね。

これは、任天堂ファンボーイが考え出したと思われるDS Lite Compactです。DS Liteをポケットサイズにした感じで、ゲームボーイアドバンスSPくらいの大きさでしょうか?
最大のポイントは、ボタン類を左右に引っ張ると現れる液晶でしょう。とっても面白いギミックだとは思うんだけど、子供が扱う製品が多い任天堂はこんなデザイン採用しないでしょうね。簡単にもげちゃいそうだし。

でも、この葛藤はなんでしょう…。こんなDSでゲームがしたい自分がいます。以下にある動画を見れば、僕の気持ちが少しは分かってもらえるはずです。

(2007.12.31/GIZMODO)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 19:38 | 周辺機器  

動画の著作権 保護技術導入へ

一般の人が動画を投稿し、インターネット上に公開するいわゆる「動画投稿サイト」は、国内外の会社が相次いで運営に乗り出しましたが、動画の中にはテレビ番組や映画をコピーした違法なものがあとを絶たず、著作権を守る仕組み作りが求められています。こうした中、動画投稿サイトの先駆けとなったアメリカの「ユーチューブ」は、著作権に守られた映像をあらかじめ映画会社やテレビ局から提出してもらい、同じ動画が投稿された場合は自動的に削除する仕組みを今年10月から導入しました。国内の会社では、動画投稿サイト「クリップライフ」を運営するNTTが、動画の中から字幕や音声が入った個所を自動的に選び出し、テレビや映画の映像かどうかチェックする技術を開発しました。NTTは、来年春をめどに、この技術を取り入れることにしています。一方、KDDIは、撮影技術の高さや映像をつなぎ合わせる編集の仕方からプロが制作したものか、アマチュアが制作したものかを見破る技術を開発しました。実際の動画でテストした結果、95%を超える確率で判別することができたということで、来年中に実用化する計画です。しかし、いずれの技術も違法な動画を完全には判別できないということで、今後、技術精度の向上に向けて開発を続けることにしています。(2007.12.31/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 18:31 | インターネット総合  

IT省エネビジネス 事業化へ





このうち「三菱商事」が販売するのは、オフィスにあるすべてのパソコンの電源を一括して管理するシステムです。このシステムは、深夜など、設定された時刻にオフィスの中で使われていないパソコンの電源を強制的に切ったり、一定の時間パソコンが操作されずにいると省エネモードに切り替えたりします。仕事を終えたあとにつけっぱなしになっているパソコンを減らし、むだな電力消費を抑えることがねらいで、来年から事業所向けに販売されます。また、「富士通」は、個々のコンピューターとネットワークで結ばれたサーバーの設置場所の省エネ対策について企業に助言する事業を始めます。ネットワークでつながれたパソコンから送られるデータを蓄積したり、情報を送信したりするサーバーが設置されている場所は、サーバーから出る熱を冷やすために多くの電力が消費されています。このため、富士通では建築やIT機器の専門家がサーバーの配置が適切かどうかや空調から出る冷気の流れにむだがないかどうかを診断し、サーバーを効率的に冷やすことができる方法を提案します。オフィスのパソコンなどIT機器の電力消費量は急激に増えており、およそ20年後には今の5倍に膨らむ見通しで、企業向けの省エネビジネスは一段と広がりそうです。(2007.12.31/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 18:26 | 周辺機器  

携帯 午前0時前後に通信規制





年越しの時間帯は例年、新年のあいさつなどで通話やメールの利用が集中することから携帯電話やPHSの各社は、通信設備のトラブルを避けるため、初詣での人出が多い神社の周辺や繁華街などで一時的に通信量を規制する方針です。このうち「NTTドコモ」は、31日夜、午前0時前から30分程度の間、全国に5万余り設置している携帯電話の基地局のうち、およそ7%の地域で通信規制を行う見通しです。最も込み合った場所では、10回のうち3回程度、通話やメールなどができない場合があるとしています。また、「KDDI」や「ソフトバンクモバイル」、それにPHSの「ウィルコム」も1時間程度の規制を行い、最大で5回のうち3回から4回通話などができなくなる可能性があるとしています。各社では、急用ではない通話やメールは年越しの時間帯を避け、時間をおいてから利用するよう呼びかけています。(2007.12.31/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 18:24 | 周辺機器  

松下子会社、世界最薄9.5ミリのブルーレイドライブを出荷


 松下電器産業子会社のパナソニック コミュニケーションズ(福岡市博多区、藤吉一義社長)は27日、パソコン向けのブルーレイ・ディスク(BD)ドライブとして世界最薄の9.5ミリを実現した製品のサンプル出荷を始めたと発表した。パソコンメーカー向けに出荷し2008年中に製品化を目指す。

 大きさは厚さ9.5ミリ×幅128ミリ×奥行き127ミリ。光ピックアップレンズを動かすための台座部と、ディスクを読み書きする際の誤差を補正するデバイスを薄くして実現した。(2007.12.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 18:22 | 周辺機器  

郷愁を誘うメディアプレーヤー






「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のプロモーション用に作られたメディアプレーヤー…というかiTunesのリモコン(iTunesをインストールしたWindows上で動作する)がこちら。真空管ラジオのルックスが昭和30年代を彷彿とさせますが、コイツはそれだけじゃあないんです。

「EFFECT」をクリックして曲を再生すると、周波数レンジが狭く、ダイナミックレンジも狭い、時には音が飽和する当時の真空管ラジオ(厳密にはスピーカーかな)の風合いになるんです。ハイファイならぬローファイ。いや忠実度は高いのか? やっぱハイファイ? ぼく、なんか間違ってる?
(2007.12.03/GIZMODO )
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 13:12 | 周辺機器  

新機器 映像・音楽どこででも





このうち、「ソニー」は、DVDレコーダーからテレビに映像を無線で飛ばすシステムを開発しました。このシステムは、DVDレコーダーに保存してある映像を無線でほかの部屋にあるテレビに送り、ハイビジョン画質の映像を楽しむことができるのが特長です。また、「NEC」は、家庭のテレビに接続してテレビ番組などを保存するパソコンを開発し、平成20年の春から発売する予定です。利用者は外出先でも専用の携帯型端末からインターネット経由で自宅のパソコンにアクセスし、保存してある映像を楽しめる仕組みになっています。開発責任者は「デジタルのデータを一括して保存しておけば、場所を選ばずにどこからでも楽しむことができるようになり、パソコンの可能性が広がる」と話しています。映像や音楽をいつでも好きな場所で手軽に楽しむことができる機器の開発競争が本格化しそうです。 (2007.12.31/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 12:09 | 周辺機器  

チリ政府、日本の地デジ放送規格採用を検討-決定は来春に延期


 チリで日本が開発した地上デジタルテレビ放送規格「ISDB―T」が採用される可能性が強まってきた。チリ政府は12月中に決定するとしていた地デジ規格の方式決定を08年3月に延期することを決めた。欧州方式「DVB―T」が有力と見られていたが、12月に日本が攻勢をかけこれを覆した。チリ政府も技術的には日本方式が優れていることを認めており、日本方式を有力候補として再検討に入る。
 チリでの採用が決まれば、南米ではブラジルに次ぐ採用となり、08年がヤマ場の南米各国での地デジ方式採用方針に大きな影響を及ぼす。
 08年1月にチリに日本の政府要人と家電メーカーや放送局の技術者を派遣し、日本が方式採用時に行う支援策を表明する。同時に日本方式の課題といわれるコストについても、削減が可能であることを説明し、3月の正式決定に向け強力にアピールする計画だ。
 チリは歴史的にスペインと関係が深く、地デジ規格も欧州方式の採用が有力と見られていた。しかし、日本はブラジルが日本方式を採用したことを契機に南米市場での採用活動を精力的に進めている。07年8月には菅義偉総務相(当時)が家電メーカー代表などとチリを訪問。バチェレ大統領訪日時に安倍晋三首相(同)も採用を働きかけるなど、官民総出で巻き返しに取り組んだ。
 さらにチリ政府が方式決定期限としていた12月には、森清総務審議官が現地で技術の比較試験データの公表をチリ政府に働きかけ、政府が日本の優位を示す結果を公表したことで世論の風向きが大きく変化した。そのためチリ政府は方式の決定権限を当初の運輸通信省から官房長官に移し再検討することとなった。最終的にどの方式が採用されるかは予断を許さないが、日本に有利な状況が出てきたことは間違いない。採用が決まれば日本の家電メーカーの南米における勢力拡大に大きく寄与することになる。(2007.12.29/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 09:55 | 周辺機器  

NTT光回線、接続料を初の引き下げ・東は7%、西は0.5%


 NTTは全国の電話局から加入者までの光ファイバー通信回線を他の通信事業者に貸し出す際の接続料を初めて引き下げる方針を固めた。1芯(最大8回線分)当たり月額5074円の接続料を2008年度から、NTT東日本は7%、NTT西日本は0.5%引き下げる。ソフトバンクなどライバル各社は光回線を借りて顧客に提供しやすくなり、NTTの独壇場となっている光回線市場での競争が広がる可能性がある。

 光回線事業を手がけるNTT東西が1月上旬にも総務相に新たな接続料を認可申請する。新接続料はNTT東が4710円程度、NTT西が5050円程度とする。適用期間は08―10年度の3年間。NTTは01年度に光回線の接続料を設定、今回が初めての引き下げになる。
(2007.12.29/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 07:39 | インターネット総合  

ネット広告指南、ヤフーが情報サイト開設


 ヤフーはインターネット広告の啓蒙(けいもう)活動を強化する。広告主向けに、ネット広告の利点や効果を発信する情報サイトを開設。ネットで広告を打つことに慎重だった企業の需要を喚起する。

 2008年1月中旬に情報サイト「ネット広告ガイド」を立ち上げる。大手企業によるネット広告の成功事例や、広告利用のノウハウといった情報を掲載。具体的な広告導入例などを示すことで、大手企業を中心に新たな広告主を発掘したい考えだ。

 ヤフーの広告売り上げは伸びているが、消費財を扱う大手企業のバナー(帯状)広告獲得が課題になっている。08年1月1日にはポータル(玄関)サイトを全面刷新。従来より広告枠を大型化し、動画広告などを強化する。(2007.12.31/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 07:35 | インターネット総合