<   2007年 11月 ( 205 )   > この月の画像一覧

 

NECビッグローブ、仮想空間に視聴部屋-動画見ながら感想交換


 NECビッグローブ(東京都品川区、飯塚久夫社長、03・6479・5511)は31日、インターネット上の仮想空間で無料の動画を見ながら視聴者同士で感想を交換できるサービスを1日に始めると発表した。まずバラエティーなど5番組を配信し、順次番組数を拡充する。登録も無料で、すべてのネット利用者が視聴できる。
 サービス名は「みんなでBIGLOBEストリーム」(http://labs.broadband.biglobe.ne.jp/neo/)。仮想の視聴部屋に利用者の分身(アバター)が集まり、番組を視聴する。アバターは10文字程度のコメントや「拍手」「笑う」といったジェスチャーで感想を表現できる。サービスはサイト内の広告や番組CMの収入で運営する。
(2007.11.1/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-01 16:29 | インターネット総合  

グーグルが700ドル突破、株価上昇で影響力増す


 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)インターネット検索大手グーグル(Nasdaq:GOOG)の株価は31日、700ドルを突破した。携帯電話やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などの新事業を手掛ける方針を投資家が歓迎したため。9月半ばからの株価上昇基調が続いており、世界で最も価値の高い企業の1社に仲間入りした。

 31日の終値は前日比12.23ドル(1.76%)高の707.00ドル。これに基づくと時価総額は2200億ドル余り。バンク・オブ・アメリカ(NYSE:BAC)、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(NYSE:PG)、米シティグループ(NYSE:C)などの大企業を上回り、米企業で5位に浮上した。

 同社は、ウェブ検索結果とともに小さな文字広告を表示する事業から、2007年の売上高が150億ドルを超えそうなまでに成長し、04年8月の85ドルでの新規株式公開(IPO)時に比べ時価総額は8倍を超えている。

 過去1カ月で同社の株価は20%上昇した。18日に7-9月期決算の46%増益を発表したほか、高成長分野に進出する方針を明らかにしたことが要因。同社は、携帯電話向けの先進的なソフトウエアやサービスを携帯電話機メーカーと携帯電話サービス会社に提示する方針。また、SNS向けの新技術を用いて、先行する米フェースブック(非公開)や米ニューズ・コーポレーション(NYSE:NWS.A)傘下のマイスペースとの差を縮めようとしている。

 オンライン広告の成長が著しく鈍化する可能性があるほか、米メディア大手バイアコム(NYSE:VIA.B)が「グーグル傘下の動画投稿・配信サイト運営会社ユーチューブは故意に著作権を侵害している」として10億ドルを超える損害賠償を求める訴えを起こしている。だが投資家は、そうしたリスク要因以外にも注目しているようだ。

 好決算を受け、グーグル幹部のここ数週間の発言は強気だ。だが同時に、同社の成長の源は中核のオンライン広告営業であることを投資家に思い起こさせている。今でも売上高の大半は、自社または提携先のサイトに表示する文字広告によるもの。同社幹部は最近、「この中核の広告による売上高を伸ばす余地は十分にあると考えている」と語った。

 同社は、バナー広告など、オンラインのグラフィック広告の営業も始めた。また広告媒体を、印刷媒体や、ラジオ、テレビにも広げ、世界の広告支出(英ゼニスオプティメディアによると今年は4500億ドルの見込み)の92%を占める、インターネット以外の分野からも収入を得ようとしている。

 シティグループのインターネット業界アナリストは「グーグルは、中核の検索事業によって継続して巨額の利益を上げているため、市場規模の大きい携帯電話やディスプレー広告の分野で新たな事業を試す自由度が非常に高い」と指摘している。

 幅広い経済や市場の要素の一部は、グーグルに有利な状況になってきた。同社の7-9月期売上高の48%は米国外からのもので、ドルに換算すると、ドル安のため数字が押し上げられた。

 コーナーストーン・キャピタル・マネジメント(ミネアポリス)のトーマス・ポールソン副社長は「希少性という要因もある。特に大企業で高成長を遂げている企業は極めて少ない」と指摘した。

 グーグルの株価は9月10日の終値に比べ37%強高い水準。IPO以来大幅に上昇しているが、同社幹部は「株式分割については話し合っていない」と繰り返している。共同創業者のセルゲイ・ブリン氏は最近、記者団に1つの考え方を示し、「投資家に数百株も買ってもらう必要はない。1株を買ってもらうことはできる」と語った。
(2007.11.1/WSJ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-01 14:43 | インターネット総合  

PS3ユーザーに嬉しい知らせ--Folding@homeがギネス記録を達成




 ソニーは10月31日、販売の不調が続く「PLAYSTATION 3」(PS3)ビデオゲームコンソール機に関する朗報を受け取った。PS3が新しいギネス世界記録の達成に貢献したのだ。

 この記録は、スタンフォード大学の Folding@home プロジェクトによって達成された。このプロジェクトはPS3などのコンピュータを活用した分散コンピューティングシステムであり、科学者たちがいくつかの重篤な病気における「タンパク質折りたたみ」と呼ばれるプロセスの効果を研究するために使用している。

 ギネスは、同プロジェクトを世界で最も強力な分散コンピューティングシステムであると認定したようだ。ソニーのリリースによると、Folding@homeは9月に1ペタフロップスの演算処理を達成した。これは1秒間に1000兆回の浮動小数点演算を達成したことを意味する。一方、Wikipediaによると、有名なSETI@homeプロジェクトは約265テラフロップス(1秒間に265兆回の浮動小数点演算)を達成している。

 ソニーを何より喜ばせているのは、Folding@homeの演算能力の多くが何十万人ものPS3ユーザーが使用するゲーム機の余ったCPUサイクルに由来しているという点だ。ソニーによると、60万人以上のPS3ユーザーが同プロジェクトに登録しているという。

 あらゆるギネス記録がすばらしいのはいうまでもないが、鳴り物入りで発売されたPS3が発売初年度に苦戦し、次世代ゲーム機戦争では依然としてMicrosoftの「Xbox 360」と任天堂の「Wii」に続く3位に甘んじているだけに、ソニーはPS3プログラムによってもたらされたこの朗報に大いに喜んでいるに違いない。

 たしかにXbox 360やWiiはPS3よりも売れているかも知れないが、どちらのゲーム機も実世界の科学に貢献する試みによってギネス世界記録の達成を主張することはできない。

 この世界記録はソニーに巨額の売り上げをもたらさないかも知れないが、少なくとも何らかの大きな宣伝の材料にはなるだろう。
(2007.11.1/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-01 13:18 | 周辺機器  

新サイトで容疑者情報提供を


このサイトは、ヤフーが未解決事件の解決に役立てようと警察庁に協力を求めて無料で立ち上げるものです。サイトには、平成7年3月に起きた地下鉄サリン事件をはじめ、ことし3月、千葉県船橋市に住むイギリス人で語学学校講師のリンゼイ・アン・ホーカーさん(22)が殺害された事件など、あわせて54の未解決事件で指名手配された容疑者について、名前や顔写真、体の特徴や事件の内容などが掲載されています。それぞれの事件の情報をさらに詳しく知りたいときは、このサイトから担当の警察本部のホームページにもアクセスできます。また、ヤフーにID登録をしている利用者は、事件の目撃情報などもこのサイトを通じて匿名で警察に送信できるということです。警察庁によりますと、インターネットの大手業者によるこうした取り組みは初めてだということで、ヤフーでは今後掲載する事件を増やしていきたいとしています。(2007.11.1/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-01 07:01 | インターネット総合  

排出量取引 ネットで情報提供



「排出量取引」は、二酸化炭素などを目標以上に削減した企業が余った排出枠をほかの企業に売ることができる制度で、地球温暖化対策が求められるなかで、企業の間では排出枠の売買への関心が高まっています。こうした状況を受けて、国際協力銀行などは、排出枠の売買に活用してもらおうと、インターネット上で情報を提供する国内で初めての取り組みを1日から始めます。具体的には、売買したい企業は会員として登録したうえで、売り手は、専用のホームページに排出枠の詳細なデータや売りたい量それに連絡先などを開示して買い手を募ります。買い手の企業は、その情報を参考にして個別に取り引きを始められるほか、海外の流通市場での取引価格も参照でき、適正な価格がどうかを確認できるようになっています。国際協力銀行の本郷尚環境ビジネス支援室長は「これまで排出枠を取得していたのは、電力や鉄鋼などの大企業に限られていたが、今回の取り組みによって幅広い業種の企業が参加することが期待される」と話しています。排出量取引は、国内では取り引きの相手先の企業を探すことが難しく、普及が進んでいないと指摘されていただけに、今回の取り組みによって、排出量取引の普及につながる本格的な流通市場が国内に誕生することが期待されています。(2007.11.1/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-01 06:45 | インターネット総合