<   2007年 10月 ( 266 )   > この月の画像一覧

 

IT書籍のエクスメディア倒産――負債は11億




 31日、エクスメディアは東京地方裁判所に自己破産申請を行った。負債は11億円としている。今後の処理については専任の弁護士があたっているが、管財人はまだ決定していない。

 エクスメディアは「超図解」シリーズなどが主力商品である出版社だ。同シリーズは、インプレスの「できる」シリーズとともにフルカラーのPC入門書の草分け的な存在だったが、IT系書籍や雑誌の市場が冷え込むなか、今回の自己破産申請に至ったことになる。

 同シリーズはフルカラーでありながら低価格で初心者にもみやすい画面構成重視のレイアウトが特徴だ。コストがかかる4色印刷でありながら1,000円前後という低価格は、大量印刷によって可能だが、本でPCの操作を勉強しようという層が着実に減るなか、ビジネスとしてのリスクが無視できなくなってきたものと思われる。

 自己破産に至る前に、海外文学や翻訳出版の老舗である三笠書房を引き受け先とする同社の再建計画があったが、現エクスメディア経営陣の処遇などの条件面で折り合いがつかず合意に至らなかったという未確認情報もあるが、詳細が判明した時点でお伝えする。

 なお、同社ホームページは午後からアクセス不能になっている。
(2007.10.31/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 19:36 | インターネット総合  

高速・高機能化したGmailが「数週間以内」にお目見え予定



 米Googleは29日、近く「Gmail」の新バージョンをリリースする予定であることをGmail公式ブログで発表した。Gmailが高速になるほか、ユーザーインターフェイスの改良や新機能の追加も行なわれる予定だ。

 この新バージョンをリリースする理由について、GoogleがGmailのリリース以来、「大きなWebアプリケーションを構築することや、Webブラウザを限界まで利用した時に何が起こるかについて多くを学んだ」ことによると説明している。

 その結果としてGmail開発チームは、基本的なソースコードに多くの変更を加えた。新ソースコードに基づくGmail新バージョンのリリースは、今後数週間のうちに、まずInternet Explorer 7とFirefox 2ユーザーに向けてリリースされる予定だ。その後、他のブラウザへの対応が行なわれる。

 新バージョンでは、Google GroupsやGoogle Page Creatorなどで使われている共通コンポーネントを利用するほか、Google Appsのいくつかのアプリケーションで使用されている「Contact Manager」と呼ばれる高機能なアドレス帳が採用される見込みだ。この新しいユーザーインターフェイスの一部はすでに、限定された英語版アカウントでテストされている模様だ。

 さらに新しいキーボードショートカットも導入された。これについては29日付で新たにヘルプページに記載されており、「shift+i」でメッセージを既読にして次のメッセージに進んだり、「shift+n」でメッセージを更新するなど、6つの新しいキーボードショートカットが紹介されている。そのほかに特定のメッセージやメール検索をブックマークできる機能も用意されるとしている。

 新バージョンのGmailでは高速化にも注力した。ページをリクエストしてレンダリングするのに1秒かかれば、大量のメールを読む間には数時間を無駄にすることになってしまうからだ。

 Gmail開発チームでは高速化するためにアプリケーションの徹底したプロファイリングを行ない、1,000分の1秒単位で高速化を図った。また、メッセージをあらかじめバックグラウンドで読み込んでおくことによって、メールを開くときにはGoogleのサーバーと通信せずに済む仕組みも導入した。このことによって、特にSafari 3アルファ版などの最新ブラウザではかなりの速度でメールを開くことができるようになったという。

 このバージョンアップに伴い、サードパーティによるGmail拡張機能の一部が動作しなくなる可能性が高い。Gmail開発チームでは、人気のある拡張機能の開発者と連携を取っているという。もし、これらの拡張機能が動作しなくなった場合には、アップデートがないかどうか確認するようユーザーに要望している。
(2007.10.31/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 15:35 | インターネット総合  

Leopardの防備に「抜け穴」あり ファイアウォールはVistaに軍配?



 Appleの最新OS「Mac OS X 10.5 Leopard」について、セキュリティ研究者らが検証結果を公開している。heise Securityは10月29日、Leopardの新しいファイアウォールには最初のテストで懸念材料が見つかったと報告した。


 ファイアウォールの重要な役目は、ローカルのサービスが悪意あるネットワークにアクセスされるのを防ぐことだとheiseは説明。しかし、Leopardのファイアウォール設定をざっと見たところ、これができていないことが分かったという。

 heiseによれば、Leopardのファイアウォールはデフォルトで「外部からの接続を受け入れる」設定、つまり無効になっている。さらに悪いことに、セキュリティ強化のためMacのファイアウォールを有効にしていたユーザーがLeopardにアップデートすると、ファイアウォールが無効になる。

 Windows Vistaと比べても、Leopardのファイアウォールでは、例えば空港の無線LANなど潜在的に危険なネットワークと信頼できるネットワークとを区別できず、すべてのネットワークを一律に信頼してしまう。ファイアウォールを有効にした場合でも、期待通りには動作してくれないという。

 こうした「セキュリティ問題に無頓着なAppleの姿勢は、4年前のMicrosoftを思い起こさせる」とheiseは批判する。当時Microsoftが出荷したWindows XPはファイアウォールがデフォルトで無効になっており、ワームの大流行を招いて大規模な被害をもたらした。しかしこれが教訓となり、Microsoftは実用的なファイアウォールをデフォルトで有効にして提供するようになったと解説している。

(2007.10.31/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 15:26 | PC  

“踊るがい骨”でトリック仕掛けるハロウィーン便乗マルウェア





 ハロウィーンシーズンに便乗して踊る骸骨のゲームを装ったマルウェア感染サイトが登場し、セキュリティ各社が注意を呼びかけている。

 セキュリティ企業のF-SecureやTrend Microによると、「Dancing Skeleton」という踊るがい骨のゲームサイトは、Storm Wormのマルウェア攻撃がまた形を変えたものだという。

 このサイトでは「がい骨を躍らせて楽しもう」と称し、ユーザーがクリックしたりカーソルを動かすよう仕向けている。しかしパッチを当てていないシステムでサイトを閲覧すると、脆弱性を突いて自動的に「Halloween.exe」という悪質ファイルがダウンロード・実行される。

 これとは別にWebsenseは、ハロウィーンのeカードを装ったスパムメールを使って情報を盗み出すトロイの木馬がばらまかれていると伝えた。

 問題のスパムメールはメキシコのYahoo!からのお知らせメールを装い、友達からハロウィーンのグリーティングカードが届いたと称してリンクのクリックを促している。

 リンク先のサイトを訪れてファイルを実行すると、「hallowenDay.exe」というトロイの木馬がダウンロードされ、銀行情報が盗まれる。同じ悪質サイトが韓国、ブラジル、ロシアでも出現しているという。

 このトロイの木馬は10月29日現在、ウイルス対策ソフトではまだあまりカバーされておらず、ハロウィーンの晩に向けて便乗スパムと悪質サイトはさらに増えるとWebsenseは予想している。

(2007.10.31/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 15:24 | インターネット総合  

ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ



 日本音楽著作権協会(JASRAC)は10月30日、ニワンゴが運営する「ニコニコ動画」と、米Google傘下の「YouTube」上で使用されているJASRAC管理楽曲の利用料を、それぞれの運営企業から支払ってもらう契約締結に向けて協議に入ったことを明らかにした。年内にも暫定的な契約を結ぶ予定だ。

 契約を結べば、一般ユーザーが音楽会やライブなどでJASRAC管理楽曲を演奏した映像や、レコード会社が公式に配信する楽曲などを、両サイトに合法的にアップロードできようになる。

 料率など詳細については検討中。JASRACが動画投稿サイトの楽曲利用条件の中に示した、「一般娯楽番組」(サイト収入の2.0%)の基準を軸に検討を進める。

 両サイトは、利用された楽曲やリクエスト回数などをJASRACに報告する。

 両サイトにはこれまで、大量のJASRAC管理楽曲付き動画が無断で投稿されてきた。「過去分の利用料精算で合意できるかが一番の課題」(JASRAC)といい、過去分も支払ってもらう前提で協議を進める。YouTubeについては、海外からのアクセスを切り分け、国内アクセス分のみについて課金する方法も検討していく。

 両サイトでは、国内大手レコード会社が楽曲プロモーションビデオなどの公式配信を計画しているが、合法的に配信するためにはJASRACの許諾が必要。レコード会社の公式配信は、JASRACと両サイトとの契約締結より前に始まる見通しだが、「契約に向けた協議を行っていることを前提に、JASRACとして楽曲配信を差し止めることはしない」としている。

 動画投稿サイト「Yahoo!ビデオキャスト」を運営するヤフーも、同様な契約締結に向けて動いている。
(2007.10.31/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 15:22 | インターネット総合  

プロも認める“こだわり”のコンパクト――「GR DIGITAL II」発表会




 リコーは10月30日、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」の製品発表会を行なった。



●こだわりの“正統進化”

 2005年の発売以来、約2年にわたり販売が続けられた前モデル「GR DIGITAL」。プロのサブ機としても活用できる高画質と、気軽に撮影が楽しめる携帯性の両立を目指したカメラだったが、今回の新モデルについて同社パーソナルマルチメディアカンパニー プレジデントの湯沢一弘氏は「あくまでも“正統進化”。コンセプトは変えていない」と説明する。

 進化ポイントとしては、まずCCDの画素数を1001万画素にアップし、解像度を高めている。さらに、新エンジン「GR ENGINE II」の採用によって大幅なノイズ低減を実現。ISO400で撮影した際のノイズ感は、従来モデルのISO100なみに向上しているという。レンズは従来と同じものだが、「自信を持ってお届けできるものだと思っている。そのレンズの特性を最大限いかせるセンサー類の開発を行なった」と、ICS事業部 設計室の北郷隆室長は語る。絵作りの面では従来と同じく自然な仕上がりを目指しており、「エンジンは違うがアウトプットは同じ」と同氏は説明する。

 操作系に若干の違いはあるが、デザインそのものはほぼ変わっていない。「変えるという議論もあったが、何が“正統進化”なのかを考え、同じものを継承している」(北郷氏)。


 発表会では、光学系やボディといった基本的な設計が新旧で共通点している“GR DIGITAL”に対し、前モデルのCCDや基板の交換によるアップグレードの可能性について質問が及んだ。湯沢氏によれば、技術的に不可能ではないものの実施は難しいという。「CCDや基板はコスト比率でかなりのウェイトを占める部位でもあり、市場で交換サービスを行なうとなるとコスト的にユーザーに迷惑をかけることになりかねない」(湯沢氏)。

 同社はこれまで、前モデルのファームウェアによる機能拡張を4回実施してきたが、新モデル発売にあわせ、第5弾のファームウェアを11月22日から提供する。前モデルに対するアップデートは、今回が最後となる。モノクロのトーン調整機能、外部ファインダーでの撮影に便利な液晶の情報表示モード、フラッシュの調光補正機能、テレコンバージョンレンズの認識/設定機能などを新たに加えることができる。

●「コンパクトでGRほどよく撮れるカメラはないと思う」

 カタログで撮影を担当した写真家の望月宏信氏は、新モデルを「驚くほどよくなっている。特に高感度撮影時のノイズは“コンパクトにしてはずいぶんと頑張っているな”という感じ。ポケットに入るブローニー(中判)カメラだと思っている」と評価した。カタログ撮影では「ちょっと露出やホワイトバランスをいじっただけで、基本的に“とりっぱ”」だという。

●写真展も開催

 また今回、GR DIGITAL発売2周年を記念したイベント「photoGRaph100」の発表も同時に行なわれた。横浜美術館で11月3日から4日まで開催する。各界の著名人100人が「GR DIGITAL」「Caplio GX100」で撮影した作品を展示するほか、写真のワークショップも行なう予定だ。さらに展示作品の写真集を制作し、11月22日から販売する。

 発表会には同イベントに参加したアーティストの奈良美智氏も登場。銀塩カメラ時代の「GR-1」ユーザーだったという奈良氏はGR DIGITAL IIについて、「GR-1と同じ感じで撮ることができる。デジタルっぽくないかなと思う」とコメントした。
(2007.10.31/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 15:21 | 周辺機器  

グーグル、「GPhone」でVerizonと協議--WSJとロイターが報道




  The Wall Street Journal(WSJ) と Reuters は米国時間10月31日午後、GoogleとVerizon Wirelessが、モバイル「GPhone」ソフトウェアをVerizon製電話機に搭載することについて、「真剣に協議している」と伝えた。

 過去数カ月、噂のGoogle「GPhone」について多くの推測がなされてきた。それは特定の電話機ではなく、Googleのモバイルサービス(ウェブ検索、Gmail、YouTube、Google Mapsなど)を既存電話機メーカーの電話機と統合するためのOSかソフトウェアだと多くの場合は考えられている。しかし、同GoogleモバイルOSは、単純にGoogleのサービスを携帯電話機に統合するだけでなく、アプリケーション開発者が新しいアプリケーションやサービスを自由に開発できるオープンプラットフォームになると思われている。

 WSJは29日付けの記事で、アジアの携帯電話メーカーHTCとLG電子が同ソフトウェアを使用する最初の携帯電話機メーカーになると述べていた。

 しかし、電話機メーカーが携帯事業者とネットワークの利用について契約を結ばなければ、Googleソフト搭載電話機も利用はできない。Googleと提携する米国事業者としてT-Mobile USAの名前があがっていた。しかし、WSJは現在、Google製ソフトを搭載した電話機について、同社はVerizon Wirelessと「真剣に協議している」と伝えている。

Verizon Communications 最高執行責任者(COO)Denny Strigl氏は29日、同社がGoogleを含む複数の企業と交渉中であることを投資家との電話会議で認めたが、明言は避けている。同氏の発言は、今後予定されている700MHz帯のオークションに関する質疑応答においてなされた。
(2007.10.31/ CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 15:19 | インターネット総合  

新型Zuneは11月13日発売、新アクセサリも発表






 米Microsoftは10月30日、携帯メディアプレーヤー「Zune」向けの新しいアクセサリを発表した。先に発表されたZune新モデルが11月13日に発売されることも明らかにした。



 Microsoftのほか、Altec LansingやBelkin、Case-mate、Digital Lifestyle Outfittersなどのパートナーがスピーカードックやケースなど60を超えるZuneアクセサリを提供する。今週からオンラインショップや大手小売店で発売する。

 Microsoftが提供するのは、ドックとフェースプレートやワイヤレスリモコンをセットにした「Zune Home AV Pack」(99.99ドル)、Zuneを車内で使うための「Zune Car Pack」(79.99ドル)、プレミアムヘッドフォン(39.99ドル)、レザーケース(モデルによって39.99ドルまたは49.99ドル)など。多くは新Zuneにも既存モデルにも対応するという。

 このほか、AltecはFMラジオを内蔵し、ワイヤレスリモコンが付いた「iM414 Speaker Dock for Zune」(99.99ドル)を、BelkinはZune用アームバンド「Belkin Sport Armband for Zune」(29.99ドル)を販売する。
(2007.10.31/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 14:34 | 周辺機器  

動画ストリーミング サービス『Hulu』、非公開ベータ版を開始




News Corporation と NBC Universal による、待望の動画ストリーミング サービス、『Hulu』の非公開ベータ版の提供が29日始まった。ネットワーク コンテンツに特化して、ユーザーが制作した動画を避けることで、広告主の関心を引きつけられると見込まれている。

すべてのコンテンツは、Hulu のサイトだけでなく、提携の AOLのサイト、Comcast による『Fancast』、『MSN』、『MySpace』、Yahoo! のサイトからも視聴できる。しかし Google の『YouTube』から視聴することはできない。『The New York Times』によれば、Hulu はオンラインでストリーミングされた番組の個々の広告収入を、コンテンツ制作者と配給パートナーに分配するという。

両社が Hulu の立ち上げ計画を発表した5月の時点では、ユーザーが制作したものを含む動画ファイルのアップロードが可能になるとされていた。実際、News Corp. の社長兼 CEO の Peter Chernin 氏と NBC Universal の社長兼 CEO の Jeff Zucker 氏は、Google の YouTube にも参加を呼びかけていた。

しかしその後、YouTube が著作権を侵害した動画を掲載したとして非難され、訴訟を起こされるに及んで、ビジネスモデルは YouTube とははっきり異なるものに転換された。Hulu は新しい、品質の高いテレビ番組のみを提供することになった。つまり、Hulu には嘔吐するネコや、エアボーカル、違法コピーによるテレビ番組の映像はない。

この戦略により、Hulu はプロのコンテンツ制作者や広告主にとってよりよい選択肢になるかもしれない。

Interactive Advertising Bureau (IAB) によると、オンライン広告は2007年上半期に100億ドルに迫ったとみられるなど増加の一途をたどっており、テレビ広告の予算を侵食し始めている。従来型の広告代理店にとってはオンライン動画は扱いにくい面があったが、Hulu はテレビに似ているだけでなく、番組に広告を挿入するというテレビ広告に似た広告フォーマットを採用している。

サービス開始時の広告主として Esurance、General Motors、Intel、Nissan、Toyota など放送メディアで大きな存在感を示す企業が名を連ねる。

実際のところ、広告主とその広告代理店は、既存のテレビコマーシャルを Hulu に流用できるので、広告費の節約になるだけでなく、従来型の広告代理店が制作と予算をそのまま管理できるため、広告キャンペーンのうちインターネットを使って行なう部分だけをネット広告の専門代理店に任せる必要がなくなる。

(2007.10.31/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 14:33 | インターネット総合  

パイオニア、プラズマ新工場凍結・価格下落厳しく

 パイオニアは山梨県南アルプス市で計画していたプラズマパネルの新工場建設を凍結する方針を固めた。自社のパネルを組み込んだプラズマテレビの販売が伸び悩んでいるため。薄型テレビメーカーは価格競争の激化で軒並み収益悪化に苦しんでいる。プラズマテレビ国内3位のパイオニアは工場建設凍結により、既存のパネル工場の稼働率を高めて収益性を改善する。

 パイオニアは2006年夏に南アルプス市に工場を建設する方針を決め、すでに数十億円を投じて約10万平方メートルの用地を取得している。当初は07年に着工、約300億円かけて建屋や生産ラインを新設して07年度中に稼働させる計画だったが、テレビ販売が伸び悩み、今年1月に建設を延期すると発表していた。販売動向を見ながら着工時期を決める考えだったが、その後も思うように販売が伸びなかったため、建設を凍結する。
(2007.10.31/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-31 11:41 | 周辺機器