<   2007年 09月 ( 246 )   > この月の画像一覧

 

リクルート、「人脈作り」SNS 学生・若手社会人向け



 リクルートは9月26日、キャリア支援サイト「リクナビCAFE」で、学生と若手社会人向けSNS「人脈BANK」の正式版を公開した。友人登録したユーザーを関係別に分類したり、人脈の“資産”をチャート化する機能などを備えたのが特徴だ。

 ユーザー登録すれば無料で利用でき、他ユーザーと友人登録すれば、お互いのプロフィールや人脈を共有できる。

 マイページは「人脈総合口座」という名称。友人登録したユーザーとのつながりを「学生時代」「社内」など5つのカテゴリーに分け、5角形のチャート図で表示したり、「業種」「年齢」別の人数構成比をグラフで表示する。

 同じ学校の出身者だけが閲覧できる「出身校人脈データベース」は、例えば就職活動中の学生がOB訪問に活用できる。学生時代のサークル仲間や同じ会社、業界や職種別のコミュニティーを作る機能も備えた。

 今後は、学生や若手社会人向けのビジネスマナーや転職講座などが閲覧できるサイト「リクナビCAFE」と連携し、キャリア支援ツールとして普及させていきたいとしている。
(2007.9.27/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-27 15:54 | インターネット総合  

大ブレイクの「初音ミク」、売り上げもぶっちぎりのトップを爆走中!




 すごい新人ボーカリストがデビューした! まるで萌え系アニメキャラそのもののような声なのに、どんな曲でも歌いこなせる可能性を秘めた驚異の女性アイドル歌手。いま、ネットの世界で大ブレイク中なのである、その名は「初音ミク」。BCNランキングでもぶっちぎりで1位を爆走中だ。



●新人アイドル歌手「初音ミク」はボーカル・アンドロイド

 ネットの動画配信サイトで大ブレイク中の「初音ミク」。「そんな新人いたっけ?」と首を傾げる人もいるだろう。簡単に説明すると「初音ミク」は実在する歌手ではなく、PC用の音声合成ソフトウェアだ。札幌市に本社を置くクリプトン・フューチャー・メディアが8月に発売した「VOCALOID(ボーカロイド)2」キャラクター・ボーカル・シリーズの第1弾、それが「初音ミク」だ。

 「VOCALOID 2」は、メロディと歌詞を入力すると、合成音声がメロディにあわせて歌詞どおりに歌ってくれる。さらに「録音された人間の声を元に、極めてリアルに音声合成された歌声」で歌うのが特徴。声優の藤田咲さんが演じるキャラクター・ボイスを元につくられる歌声は、まさにポップでキュートな可愛らしいアイドル歌手そのものだ。

 うまく設定できると、フォルテやクレッシェンド、ビブラートまでも的確に表現し、歌い方や声質までも変化させることができる。さらに、最大16人までの「コーラス」も可能。メロディの入力も、バーチャル・キーボードをマウスでクリックして、音程を確認しながら打ち込んでいくだけ。他の音楽制作用ソフトとも連携できるので、その気になればMIDI楽器などを使って、本格的な伴奏をつけることもできる。


 「VOCALOID 2」の音声合成、ボーカル音源のサンプリングなどには、ヤマハの最先端音楽技術が使われている。06年に発売した「VOCALOID」シリーズよりも、さらに滑らかでリアル、よりビビットな歌声が再現できるように進化した。ちなみに「VOCALOID」とは、「ボーカル」と「アンドロイド」をあわせた造語だ。

●発売開始わずか3週でシェア30%を超える大ヒット作に

 大ブレイクのきっかけになったのは、製品Webサイトで配布されているデモソングにあるらしい。MP3形式で書き出された3曲のデモソングがダウンロードできるようになっており、それを聞いた一部のユーザーが、透明感のある伸びやかな歌声と楽曲のクオリティーの高さに感動。さっそくソフトを購入して、自作の歌を「初音ミク」に歌わせ、それを「ニコニコ動画」や「YouTube」に次々と登録し始めた。こうしていろんなところで「初音ミク」の歌声を聞いた人たちが、このソフトに魅せられ、ソフトを購入し、さらに自作の歌をアップして、といった具合に、どんどんユーザーが増えていったようだ。

 BCNランキングのサウンド関連ソフトでも、「初音ミク」はダントツの売上げを続けている。何しろ製品別の販売数量シェアでは、発売からわすか3週でシェア30%を突破して9月17-23日では30.4%を記録。2位の「Sound it! 5.0 for Windows」(INTERNET)の4倍以上のシェアを獲得しているのである。

 メーカー別の販売数量で見ても、それまでクリプトン・フューチャー・メディアのシェアは6%を超えることはなかったが、「初音ミク」発売と同時にシェアが爆発。9月17-23日のランキングでは、実にメーカーシェア約33.9%を占めるまでに急成長している。

 比較的地味、というか利用者が限られていた音楽制作ソフトでは、とにかく異例の売れ行きだ。あまりに急速な需要拡大に、メーカーでは生産が追いつかない状態ともいう。ちなみに、BCNが07年9月18-24日で集計した市場推定価格は1万5300円。音楽制作ソフトというと、プロが使うような高価な製品も多い中で、比較的手に入れやすい価格設定なのも、好調な販売を後押ししている理由のひとつと言えるだろう。

●「実在する人?」と思える歌声。第2弾の準備も着々と

 9月25日現在、「ニコニコ動画」には、「初音ミク」の歌が約1890件ほど登録されている。試しに聞いてみると、なかには「ほんとに実在の初音ミクが存在するのでは?」と疑いたくなるような、恐ろしくリアルでクオリティーの高い歌声を聞ける楽曲もあったりする。楽曲をアップしたユーザーが、どれだけこのソフトを使いこなしているか、「初音ミク」にいかに熱中してつくり込んでいるか、歌声を聞くだけで想像できそうだ。

 「まだ見ぬ未来から、初めての音がやって来る」が名前の由来という「初音ミク」。クリプトン・フューチャー・メディアでは、シリーズ第2弾として、12月にも次の新人(?)をデビューさせる計画らしい。もしかしたら、彼女たちバーチャル・アイドルが歌うオリジナル曲が、ヒットチャートの上位にランクインする日が、ほんとうにいつかやって来るのかもしれない。(フリーライター・中村光宏)


*「BCNランキング」は、全国のパソコン専門店や家電量販店など23社・2200を超える店舗からPOSデータを日次で収集・集計しているPOSデータベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで115品目を対象としています
(2007.9.27/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-27 14:07 | インターネット総合  

「法改正後はYouTube見るだけで違法」は誤解 文化庁が見解示す



 私的録音録画補償金制度の抜本的な見直しを図るために、文化審議会著作権分科会に設けられた「私的録音録画小委員会」の2007年第13回会合が、26日に行なわれた。今回の会合では前回に引き続き、これまでの議論をまとめた「中間整理(案)」をベースに、著作権法第30条が認める著作物の私的複製の適用範囲などについて議論が交わされた。

 中間整理案では、違法録音録画物や違法サイトからの私的録音録画について、第30条の適用範囲から除外することが適当であるとしている。これが法制化された場合、海賊版からの録音録画をはじめ、違法ダウンロードサイトやファイル交換ソフトで入手した違法コピーから著作物を録音録画することは違法行為となる。ただし、罰則については適用されない見込みだ。

 また、文化庁著作権課の川瀬真氏によれば、一部の新聞や雑誌で「YouTube」などの動画共有サイトを視聴することも第30条の適用から除外されるという記事があったというが、これについては「誤解である」とコメント。視聴のみを目的とするストリーミング配信は一般にダウンロードを伴わないため、動画共有サイトを視聴するだけでは違法行為にはならないとする見解を示した。

 なお、YouTubeなどの動画共有サイトを視聴する際には、動画ファイルのキャッシュがPC内のHDDに一時的に保存される。この点についてIT・ジャーナリストの津田大介氏は、「違法ダウンロードが法制化された場合は、キャッシュとして保存することも複製と見なされ、違法行為になってしまうのか」と疑問を示した。

 この質問に対して川瀬氏は、「それが複製にあたるかどうかの知識はない」と前置きした上で、2006年1月に提出された文化審議会著作権分科会報告書の内容を紹介。それによれば、文化審議会著作権分科会に設けられた「法制小委員会」において、仮に現行の著作権法でキャッシュが「複製」と解釈されても、権利制限を加えるべきではないとする見解が示され、法改正事項として挙げられていると答えた。

● 日本レコード協会、違法ダウンロードへの民事訴訟「ないとはいえない」


 違法サイトなどからのダウンロードを第30条の適用範囲から除外することに反対意見を表明し続けている津田氏は、権利者団体がユーザーに対して、法改正が実施された場合に民事訴訟を行なう意思の有無を確認した。

 これに対して日本レコード協会の生野秀年氏は、法改正後にはまず啓発活動でユーザーに違法行為であることを伝え、適法サイトであることを示す識別マークを普及させることが優先としたが、悪質なユーザーについては「訴訟しないとはいえない」と回答した。

 さらに津田氏は、法改正で違法サイトからのダウンロードが禁止されれば、「お前は違法ダウンロードをした」と脅して、金銭を振り込ませる架空請求メールが増えると指摘。罰則が適用されないにもかかわらず、わざわざ法改正を実施するとすれば、「消費者に混乱をもたらすだけ」とコメントした。また、送信可能化権によって違法アップロードを取り締まれば、新たに違法サイトからのダウンロードを取り締まる必要はないと訴えた。

 続けて津田氏は、動画共有サイトに公開されている動画について、専用ソフトを使ってダウンロードする行為は「情を知って」録音録画することになるのか質問。これに対しては川瀬氏が、動画共有サイトに違法著作物がアップロードされていることを理解している場合は「情を知って」に該当すると回答。さらにストリーミング配信から専用ソフトで動画をダウンロードすることが、コピーコントロールを回避する行為と認められれば著作権侵害になると答えた。

 なお、これまでの会合では「違法サイトと知らずに利用した人にまで権利侵害とするのは行き過ぎ」などの意見が出たことから、中間整理案には「違法サイト等と承知の上で(「情を知って」)録音録画する場合や、明らかな違法録音録画物からの録音録画に限定する」など、利用者を保護する記述が盛り込まれた。
(2007.9.27/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-27 13:32 | インターネット総合  

NEC、基幹業務システムのデータ処理を高速化・現在の10倍以上


 NECは26日、基幹業務システムのデータ処理速度を現在の10倍以上に高速化する新技術体系を確立したと発表した。複数件のデータを効率的に一括処理する技術やデータをメモリー上に置いて高速処理する技術を組み合わせた。既存技術と同程度のコストで大量のデータを処理できるという。この技術に基づく基盤ソフト2製品を発売、超大規模システムの構築に適用する。今後3年間で30システム程度の受注を目指す。

 あらゆる機器にコンピューターやセンサーなどが埋め込まれ相互に通信する「ユビキタス社会」の到来によって、基幹業務システムが処理するデータ量が飛躍的に増大した世界を想定。対応策を新技術体系「パラレル・ストリーム・アーキテクチャ(PSA)」としてまとめた。
(2007.9.27/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-27 09:48 | PC  

INFOBAR 2は「au design projectの集大成」──KDDIの高橋誠氏






 「au design projectの集大成」──。KDDI コンシューマ事業統括本部長の高橋誠氏は、4年の月日を経て戻ってきたINFOBAR 2をこう表現した。

 初代INFOBARは、デザイナーの深澤直人氏とauのコラボレーション端末として生まれ、2001年5月にコンセプトモデルの「info.bar」として初披露された。2003年10月には1X端末の「INFOBAR」としてデビュー。折りたたみ型が主流で、機能ばかりが重視されていた当時の携帯電話の世界に、デザインという概念を取り入れたことが注目を集め、端末は売り切れが相次ぐヒット端末となった。

 しかし初代INFOBARは、当時のトレンド機能をすべて搭載することはできず、外部メモリを利用できない点やWIN端末ではない点、メインディスプレイがQVGA対応ではない点、カメラ性能があまり高くない点などを惜しむ声もあった。またデザインについても、コンセプトモデルにはなかったアンテナが付くなど、オリジナルと全く同じデザインというわけにはいかなかった。

 端末自体の完成度は高く、多くのユーザーから支持される端末に仕上がったが、こうした点で「もう一歩、届かなかった」と高橋氏は当時を振り返る。そこで新しいINFOBARには、最新のトレンド機能を盛り込むことを決めたという。「こだわりを最終点に導くべく構想し、コンセプトモデルそのままに最新の機能をすべて搭載したのがINFOBAR 2」(高橋氏)。セカンドモデルの登場に4年もかかったのは、「明らかに進化したと分かる形で出したい」と考えたからだ。

 満を持して登場したINFOBAR 2は、2006年10月に発表したコンセプトモデルそのままのボディデザインに、おサイフケータイや音楽プレーヤー機能、ワンセグなどのトレンド機能を搭載。デザインの命ともいえる丸みを帯びたボディラインを損なわないよう、ワンセグ用のアンテナは端末に内蔵した。

 なだらかなカーブを描くフロント部に納められた2.6インチのワイドQVGA有機ELの表面は、細心の注意を払わないと画面がゆがんで見える恐れがあるなど苦労したところだと高橋氏。初代INFOBARに続き、INFOBAR 2の開発も手がけた鳥取三洋電機の技術陣が、アクリルをうまく曲げて仕上げたことで、製品化を実現できたという。

 ボディデザインだけでなく、ユーザーインタフェースにもこだわったと話すのはデザインを手がけた深澤氏だ。動画やFlashなどを使った動くメニューがトレンドと言われる中、情報がはっきり伝わることを中心に考え、あえて分かりやすい操作に徹したメニューをデザインしたという。アイコンは、普段の表示はシンプルなラインを基調とし、カーソルを合わせるとリアルな表示に変化する仕様だ。「遊びを排除し、機能に徹したメニュー。操作の思考に逆らわないような誘導を目指した」(深澤氏)

 直線的なボディの初代から、4年の歳月を経て“角がとれて丸くなった”INFOBAR 2。初代のイメージを踏襲しながら、時代の変化に合わせて進化したこの端末が、市場にどんなインパクトをもたらすかに注目が集まる。
(2007.9.26/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-27 08:58 | 周辺機器  

子供のネット利用、保護者は「心配だが止めない」


自分の子供がオンラインでポルノなどの問題に遭遇しても、多くの保護者はネットを禁止せず、監視などの対策を取っている
 米国の保護者のほとんどは、自分の子供が過去1年間にオンラインで下品な言葉やポルノ、広告などの「問題」に遭遇したことがあるとしながらも、子供のネット利用を止めさせてはいない。最新の調査で明らかになった。

 市場調査会社Harris Interactiveが6~18歳のネットユーザーの保護者411人を調査したところ、71%の回答者が、自分の子供が過去1年間に、インターネットで少なくとも1つの問題に遭遇したことがあると認めた。

 だが保護者のうち5人中4人は、インターネットは学校で子供の役に立っていると答え、子供がオンラインで過ごす時間が長すぎると答えたのは10人中わずか3人(31%)だった。

 保護者はオンラインアクセスを禁止あるいは制限するよりも、子供を積極的に監視していることが示された。93%は何らかの監視行動を取っているという。この調査結果は9月25日に発表された。

 「この調査で、保護者は依然として子供のWeb利用に問題を抱えているものの、それを怖がって子供のオンライン利用を禁止するようなことはしていないと確認された」とこの調査をCable in the Classroomとともに委託したCommon Sense Mediaのジェームズ・ステイヤーCEOは語る。

 8月16~17日に実施されたこの調査が発表された前日には、ニューヨーク州検事総長アンドリュー・クオモ氏が、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)Facebookが性犯罪者から年少のユーザーを保護しておらず、苦情にも対応していないとして、検事局から召喚状を送ったことを明らかにした。

 この調査では、保護者の24%が、この1年間に子供がオンラインで下品な言葉や性的・暴力的なコンテンツに遭遇したと答え、52%は子供が広告にさらされたと回答した。

 だがこうした問題への対処として、74%は子供と一緒にWebサイトにアクセスすることを、56%はフィルタリングソフトの利用を、55%は子供が見る前にWebサイトにアクセスすることを挙げた。

 また85%は、過去1年間に子供とオンラインでの安全について話したという。

 「子供とインターネット利用について話すことの重要性を保護者が理解していることが分かった」とCable in the Classroomのエグゼクティブディレクター、ヘレン・ソウル氏は語る。
(2007.9.26/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-26 19:46 | インターネット総合  

Gmailにゼロデイの脆弱性情報、メール盗み見の恐れ




 米GoogleのWebメールサービス「Gmail」に、他人のメールを盗み見できてしまう脆弱性が報告された。Googleをめぐっては、このほかにも複数のサービスでゼロデイの脆弱性情報が公開されている。

 Gmailの脆弱性情報は、ハッカーサイトの「GNUCITIZEN」などで公開された。同サイトによれば、この問題を悪用するとクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)攻撃を仕掛け、Gmailアカウントにバックドアをインストールして会話をすべて盗み見することができてしまうという。

 ユーザーがGmailにログインした状態で悪質サイトを閲覧すると、バックドアがインストールされ、被害者のフィルタリストに新しいフィルタが作成される。例えば、添付ファイルが付いたメールを自動的に別のメールに転送するフィルタを作成することが可能だという。

 この攻撃は非常に悪質であり、ユーザーが被害に気付くことはまずあり得ないとGNUCITIZENは指摘。もしGoogleがこの脆弱性を修正したとしても、被害者のフィルタリストにこのフィルタがある限り、攻撃は続くとしている。

 Googleサービスをめぐっては、企業向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」の脆弱性情報が公開されたほか、ブログサービスの「Blogspot」、写真共有サービス「Picasa」の脆弱性やコンセプト実証(PoC)コードが公開されたとの情報もある。

(2007.9.26/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-26 19:32 | インターネット総合  

「厚型」テレビで地デジを見る。売れ筋のデジタルチューナーはおいくら?




 地上デジタル放送(地デジ)は最新の「薄型」テレビでなければ楽しめない? そんなことはない。アナログチューナーのみでハイビジョンにも非対応のブラウン管式「厚型」テレビだって、地デジ対応の「デジタルチューナー」をつければ、とりあえず地デジが観られる。ハイビジョン画質で楽しめないのは残念だが、画面の乱れが少ない分、アナログ波に比べ映像はきれいだ。そこで、手持ちのアナログテレビを地デジ対応にするデジタルチューナーの売れ筋をまとめた。


 8月の販売台数シェア1位は、06年10月発売の八木アンテナ「地上デジタルハイビジョンチューナDTC10」で32.7%。9月25日時点でBCNが集計した市場推定価格(以下同)は1万9400円。地上デジタル放送のみに対応した専用チューナーで、テレビ番組表(EPG)機能がなく、データ放送の受信もできないシンプルなチューナーだ。

 4:3のテレビでは縦横比の違いから、地上デジタル放送の番組がテレビ画面の上下左右に映像が映らない「額縁」のような部分が出ることがあるが「DTC10」は画面のサイズに合わせて映像の表示サイズを調整して「額縁」の部分をなくす「4:3パンスキャン設定」機能を搭載。そのため、画面縦横比16:9のアナログワイドテレビだけでなく4:3の従来のアナログテレビでも利用できる。

 2位はシェア19.6%で、07年3月発売のマスプロ電工「地上・BS・110度CSディジタルチューナーDT400」。市場推定価格は3万7700円。1位の「DTC10」と同じように映像の表示サイズを調整して「額縁」の部分をなくす「フル画面表示機能」を搭載する。地上デジタル放送のほか、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送も対応。テレビ番組表機能やデータ放送も受信できる。


 3位は06年9月発売のI・Oデータ機器「地デジ&スカパー!チューナーHVT-ST200」。シェアは12.2%で、市場推定価格は2万2800円。地上デジタル放送とCS放送にも対応する。テレビ番組表(EPG)機能やデータ放送も利用でき、字幕放送にも対応する。映像の表示サイズを調整し「額縁」の部分をなくす「フィット機能」も搭載。

 4位はセントレードM.E.の「ハイビジョン対応地上デジタルチューナーYDIT-10」。市場推定価格は2万200円で、地上デジタル放送とCATVに対応する。5位はマスプロ電工の「地上・BS・110度CSディジタルチューナーDT330」で市場推定価格は3万1700円。

 こうしてみると価格帯は3万円台後半から1万円台前半の間。地デジにだけ対応したチューナーは1万円台後半から2万円台前半で比較的安い。とりあえず今のアナログテレビで地デジが見られればいいということであれば、テレビを買い換えるよりも安くつく。しかし「アナログテレビが見られなくなる前に5000円程度のデジタルチューナーの発売が必要」という総務省情報通信審議会が8月に出した中間答申の状態にはまだまだ。現状ではチューナーの製品数も少なく価格も高いという状況だ。2011年7月24日のアナログ放送終了まであと4年。その間、徐々に製品数が増え、価格も下がっていくことを期待したい。(BCN・岡本浩一)


*「BCNランキング」は、全国のパソコン専門店や家電量販店など23社・2200を超える店舗からPOSデータを日次で収集・集計しているPOSデータベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで115品目を対象としています。

(2007.9.26/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-26 19:32 | 周辺機器  

Excel 2007に乗算を間違えるバグ--2進法と10進法の処理方法で




 Microsoftは米国時間9月25日、特定の乗算を行うと、計算を誤る可能性のあるバグが「Excel 2007」に存在することを認めた。

 この問題は乗算の結果が6万5535になるときに発生する。2進演算に明るい人には説明するまでもないことだが、6万5535は2の16乗から1を引いた値。つまり、0以上の整数を2バイトで表したときの最大の整数である。2進法を10進法に変換する際にこの問題が発生する可能性が高い。

 同社は修正作業を行っているとだけ述べ、それ以上の説明はしていない。

 Microsoftは25日に声明で、「われわれは現在、この問題に対する修正を開発し、検証するプロセスに入っている。顧客に速やかに対応すべく優先的にこの問題に取り組んでおり、ソフトウェアのより良いエクスペリエンスを提供するための方法を模索している」と述べている。

 このバグは22日にExcelメーリングリストで明らかになり、25日にはSlashdotで取り上げられた。Slashdotのフォーラムは、Microsoftに批判的なユーザーが多く、この問題を痛烈に非難した。

 Slashdotに寄せられたコメントの中には、Microsoftの修正は、(Officeのヘルプキャラクターである)Clippyの新型を追加するものであると述べるものもあった。同コメントによると、Microsoftは、(英国の数学者である)Charles Babbageの頭が出現するアニメーションを表示するように修正する予定なのだという。そして、このキャラクターが「掛け算をしたいのかね。差分法を使えば足し算と引き算だけを使って近似値を求めることができるが、知りたくはないかな。それとも、正しい累乗を表示するウィザードを開くかね」と述べるのだという。

 もう少し建設的な情報もあった。それによると、この問題が発生してもグラフ上の結果は正しいという。
(2007.9.26/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-26 19:30 | PC  

人間関係が分かる「相関図ジェネレータ」が話題


「相関図ジェネレータ」が話題となっている。これは、2〜5人の名前を入力することによって、その人たちの人間関係の図が作成できるもの。入力した人名の間に線が引かれ、彼らの関係が「不思議」「中途半端」「肉体関係」「苦手」「S」「M」などと評価される。

 ネットでは、「うわ、なんとなく的を得ているような気がするからこわい」「当たらずとも遠からず」といった感想の他、「こっそりと好きな相手や嫌いな相手の名前を書いて一喜一憂するのが正しい使い方」「いまやってるゲームとかゲームとかのキャラクタの名前を入れるととても楽しいです」などと楽しみ方を紹介する人もいる。

 果たして福田総理と自民党の「四役」の関係はどうなっているのか? 福田康夫総理、伊吹文明幹事長、谷垣禎一政調会長、二階俊博総務会長、古賀誠選対委員長の名前を「相関図ジェネレータ」に入れてみた。

 結果は上記表の通りだったが、気になるのが伊吹氏(ぶんめい)と谷垣氏(さだかず)の間にある「友達以上恋人未満」と、伊吹氏(ぶんめい)と二階氏(としひろ)の間にある「し放題」「させ放題」だ。このジェネレータは伊吹氏を女性だとどうやら考えているようだ。

 また、福田氏(やすお)と古賀氏(まこと)の間にある「盗聴仲間」という評価は、情報通であるこの二人を指した言葉なのか? などと結果 を深読みしたりすると楽しいかもしれない。
(2007.9.26/ネタりか)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-26 19:28 | インターネット総合