<   2007年 08月 ( 231 )   > この月の画像一覧

 

携帯プレーヤー、ビデオ再生可能機種が主流に――米調査


2009年には、ビデオ再生が可能なメディアプレーヤーが、オーディオ再生のみのMP3プレーヤー売り上げを追い抜く見通しという。

 ブロードバンド接続の普及、価格低下、オンラインで販売されるオーディオビデオ・コンテンツの充実により、MP3プレーヤーとビデオ再生が可能なポータブルメディアプレーヤー(PMP)の売り上げは、今後5年間も堅調――調査会社米In-Statが8月27日、報告した。

 現時点では、どちらのプレーヤーの購入理由もオーディオ再生が主体となっている。PMPの主な購入理由を「ビデオ再生機能」と答えたのは11%のみだったという。しかしIn-Statは、2008年末までにPMPがMP3プレーヤーを出荷台数で上回ると予測している。

 今回調査に回答した米消費者2408人中、MP3プレーヤーまたはPMPを所有しているのは52%だった。

 同社によると、MP3プレーヤーとPMPを合わせた世界全体での出荷台数は、2006年の1億8200万台から、2011年には2億7500万台に達する見込み。また音楽再生機能つき携帯電話が、すぐにPMPやMP3プレーヤーに置き換わることはないものの、オーディオ再生機能のみの安価なMP3プレーヤーを求める消費者が、携帯電話に流れる可能性はあるとしている。
(2007.8.29/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 22:31 | 周辺機器  

キヤノン、高速印刷可能な大判インクジェットプリンターを発売


 キヤノンは、A0サイズを一枚当たり4分50秒で印刷できる大判インクジェットプリンター「イメージプログラフiPF9000S」を9月下旬に発売する。ハードディスク(HD)容量は従来比2倍の80ギガバイト。小売店のポスターや屋内外のサイン(広告表示)などを素早く印刷できる。価格は199万2900円、生産台数は月間200台の計画。都市部で企業や個人が手軽に印刷を依頼できる印刷・事務サービス店舗などでの需要を見込む。
 8色インクによる印刷で生産性を高めた。用紙幅は60インチまで対応できる。HD容量を大きくしたことで、印刷指示した後にプリンターに蓄積できるデータ量が多くなり、大容量の大判印刷を素早く作業できる。サブタンクを付け、インクは印刷中でも交換可能。用紙幅44インチ対応の「iPF8000S」(価格62万7900円)も同時に発売する。
 同社は大判インクジェットプリンター事業の担当部を1月に事業推進本部から、事業本部に格上げするなどして同事業を強化している。(2007.8.29/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 22:21 | 周辺機器  

ターボリナックス、パソコンからの情報流出防止システム

 リナックスOS(基本ソフト)関連製品のターボリナックスは9月下旬、情報流出防止のためパソコンの記憶装置を使わない業務用システムを企業向けに発売する。パソコンに専用端末を接続し、インターネット経由でサーバー上のソフトを動かす。既存のパソコンを活用できるため導入費用は少なくて済み、企業からの需要を開拓する。

 サーバーソフトも安価で、導入費用は競合製品の5分の1程度で済むという。2008年12月期に年間1億円以上の売り上げを目指す。(2007.8.29/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 22:06 | PC  

MSN Messengerに脆弱性、最新バージョンにアップデートを




 米Microsoftのインスタントメッセージング(IM)ソフト「MSN Messenger」と「Windows Live Messenger」の映像通話機能に関する脆弱性が見つかった。この脆弱性を突くエクスプロイトコードも公開されているという。

 US-CERTのアドバイザリーによると、影響を受けるのはWindows Live MessengerとMSN MessengerのWebカメラ機能をサポートしているバージョン。最新版のWindows Live Messenger 8.1ではこの問題は修正されているという。

 脆弱性は、Webカメラ映像の処理に関するヒープオーバーフロー問題に起因する。攻撃者がこの問題を悪用してユーザーに映像通話の受信を促し、ユーザーがこれを受け入れると、リモートから任意のコードを実行することが可能になる。

 US-CERTはユーザーに対し、バージョン8.1へのアップデートを促している。もしも8.1をインストールできない場合、相手を問わずWebカメラ映像通話は一切受け入れない方がいいと勧告している。8.1は日本語版も提供されている。

 SANS Internet Storm Centerによれば、公開されているエクスプロイトはMSN MessengerでDoS(サービス妨害)攻撃を誘発することが可能で、中国語版のWindows 2000 SP4上ではリモートからコードを実行できるとされている。オフセットさえ変更すれば、ほかの言語にもこのエクスプロイトを対応させることが可能になるとみられる。
(2007.8.29/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 20:33 | インターネット総合  

「P904i」の指定着信設定や音楽再生に不具合――ソフト更新で対応







 NTTドコモは8月29日、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P904i」に、電話帳指定設定やmicroSDカードに録音した音楽データに関連する不具合があることを発表した。端末のソフトウェア更新機能で対応する。



・特定の着信を拒否する「指定着信拒否」などがある「電話帳指定設定」が、本来20件登録できるところ7件目までしか登録できない。

・一部のパナソニック製ミニコンポ(PMシリーズ/NSシリーズ)でmicroSDカードに録音した音楽データを再生すると、再生エラーが発生する場合がある。

 電話帳指定設定は、指定着信許可のほか「指定着信拒否」「指定発信制限」「指定転送でんわ」「指定留守番電話」を行える機能だ。

 ドコモは同日、上記のほか端末をより快適に利用する内容を含んだ修正済みのソフトウェアを公開した。端末のソフトウェア更新には約4~13分程度の時間が必要で、更新中は端末を使うことができない。ソフトウェア更新を行う際のパケット通信料は無料。ソフト更新の期間は2008年8月31日までとなっている。
(2007.8.29/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 20:28 | 周辺機器  

携帯メールの件名「Re:」が5割超える~アイシェアが調査



アイシェアは、2007年8月29日、自社会員を対象に行った「携帯メール利用時の『件名』に関する意識調査」の結果レポートを発表した。



調査対象は704名、男女構成は男性54.5%、女性45.5%。調査期間は2007年8月24日~27日、年齢構成は20代15.2% 30代48.3% 40代23.0% 50代5.3%。

この調査では、携帯電話のメールで利用者がどのようにメールを判断しているか、また件名の重要度について意識調査を行っている。

新規作成時は72.4%が「件名を入力している」と答えているが、返信時は「件名変更をしない」が65.5%。「受信箱に多い件名」では返信に自動で付加される「Re:」が55.3%と半数を超えた。

手入力される件名としては挨拶が31.1%となっている。これには「元気?」「お久しぶり」などが入っていると思われる。絵文字、顔文字は言葉が思いつかず「件名をひとまず入れた」とレポートは予測している。

なお、「1か月ぶりにメールを出す場合」でも28.4%が「メールをさがして返信」を行うと答えている。
(2007.8.29/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 20:26 | インターネット総合  

総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本版語版で判明



 Wikipediaを編集した組織や企業が分かるツール「WikiScanner」の日本語版がこのほど登場した。これを利用して行政機関からの編集について調べてみると、総務省や文部科学省、宮内庁などから、行政に関わる内容からエンターテインメント関連まで、さまざまな内容について編集があったことが判明。行政に批判的な内容を削除する編集も見つかった。


 WikiScannerは、IPアドレスを入力すれば、そのIPから編集された内容を一覧表示できるツール。IPアドレスと組織名を対応させる仕組みも備えており、特定の組織が編集した記事や内容を確認できる。英語版はすでに公開されていたが、今回新たに、日本のWikipedia内を検索できる日本語版が登場した。

 省庁のIPアドレスで調べてみると多くの編集が見つかる。例えば総務省からは、「電子投票」の項目が10回以上編集され、電子投票のセキュリティーに関する内容が書き換えられているほか、「水曜どうでしょうの企画」を詳細に説明する書き込みや、シミュレーションゲーム「蒼き狼と白き牝鹿」に関する書き込みもあった。

 文科省のIPからは、本間正明・元政府税制調査会会長に関するスキャンダルが削除されていたり、「コミュニティ・スクール」の項目で、文科省自身が作成したWebサイトについて「かなり充実している」と自画自賛も。

 厚生労働省からは「薬物」などの項目で編集があったほか、アダルトゲーム「ななついろ★ドロップス」の項目で解説も書き加えられていた。宮内庁は、天皇陵や歴史関連の書き込みを編集しており、宮内庁に関連する疑惑の指摘を削除した跡も見つかった。農林水産省からは、ガンダム関連で大量の書き込みがあった。

 WikiScanner日本語版トップページには、ソニー、ライブドア、東京大学などからの書き込みをワンクリックで確認できるリンクを掲載しているほか、プルダウンメニューには、ローマ字表記で企業・団体名一覧を表示。さまざまな企業や団体の内部から、いつ、どのような書き込みがあったかを確認できる。

 ちなみにWikipediaはガイドラインで「自分のことについては他の利用者に執筆を任せるのが望ましい」としており、ユーザー自身が関わる記事についての編集を避けるよう呼びかけている。

(2007.8.29/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 20:21 | インターネット総合  

迷惑メールの規制を強化へ







業者が一方的に広告メールを送りつける「迷惑メール」は年々増加し、これに伴って苦情も相次いでおり、消費者の代表や有識者で作る経済産業省の委員会では、「迷惑メール」を防ぐため抜本的な対策を求める声が出ています。このため、経済産業省は「迷惑メール」に対する規制の強化に乗り出すことにしたもので、具体的には、業者に対し、相手の承諾を得ないで広告メールを配信することを禁ずるとともに、承諾を得る際も消費者の意思確認を徹底するよう求めるとしています。また、承諾を得ずに繰り返し迷惑メールを送っている業者を速やかに把握するため代金の振込先となっている口座の情報を金融機関から得られるようにし、違反が明らかになった場合は改善を指示したり業務の停止を命じたりするなど厳しく対処するとしています。経済産業省は、こうした迷惑メールの規制強化策を盛り込んだ特定商取引法の改正案を来年の通常国会に提出する方針です。(2007.8.29/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 15:15 | インターネット総合  

“YouTube撮影モード”搭載の新「EXILIM」、4機種で登場






 カシオ計算機は8月28日、薄型コンパクトデジタルカメラ「EXILIM」の新製品4機種を発表した。全機種で動画撮影機能を強化。H.264方式の動画撮影にくわえ、動画共有サイト「YouTube」に最適な設定で撮影できる“You Tube撮影モード”を備えた。



 いずれも画像処理LSI「EXILIMエンジン 2.0」を搭載。静止画撮影では、動体解析技術を用いたブレ軽減機能や自動追尾AFに加えて、顔認識技術を採用した。フォーカスロック後に顔が動いてもピントや露出を合わせ続け、人物の顔を綺麗に撮影できる。

 一方の動画撮影では、H.264方式をサポート。最大848×480ピクセルのワイド撮影が可能だ。また「YouTubeモード」で撮影した動画は、付属のPC用ソフトを使えば最短2ステップで「YouTube」にアップロードできるという。

 新製品は9月14日から順次発売を開始する。価格はすべてオープンプライス。店頭想定価格と発売日は下表の通りだ。

製品名   価格   発売日

EXILIM Hi-ZOOM EX-V8   4万5000円前後   9月14日

EXILIM CARD EX-S880   4万円前後   9月14日

EXILIM ZOOM EX-Z1080   4万円前後   9月14日(グレー)、9月21日(ゴールド、ピンク)、10月中旬(ブラック、ブルー)

EXLIM ZOOM EX-Z77   3万円前後   9月14日

※価格はいずれもオープンプライス

 


 「EXILIM Hi-ZOOM EX-V8」は、2月に発売した「EX-V7」の上位機種となる光学7倍インナーズームモデル。有効810万画素のCCDと手ブレ補正機能を備えた。本体カラーはシルバーのみ。

 「EXILIM CARD EX-S880」は、昨年10月に発売した「EX-S770」の後継。薄さを追求したステンレスボディの“カードサイズ”モデルだ。CCDは有効810万画素。撮影モードを切り替える必要がない、専用の「ムービーボタン」を搭載している。ボディカラーは、シルバー、ブラック、レッドの3色。

 「EXILIM ZOOM EX-Z1080」は、有効1010万画素のCCDと最大7枚/分の高速連写機能を持つ「EX-Z1050」の後継機。撮像素子などはそのままに、新たにISO6400の高感度撮影に対応した。本体カラーは5色。まずグレーを9月14日に発売し、次いでゴールドとピンクを9月21日、ブラック、ブルーを10月下旬に投入する予定だ。

 「EXLIM ZOOM EX-Z77」は、メニュー画面などの使い勝手を追求した初心者向けの薄型コンパクトデジカメ。4月にリリースしたエントリーモデル「EX-Z75」の上位モデルという位置づけで、ムービー機能を強化したほか、有効720万画素のCCDを搭載する。また新たに最大5枚/分の高速連写もサポートした。シルバー、ホワイト、レッド、ピンク、ブルーの5色を用意する。
(2007.8.29/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 15:10 | 周辺機器  

Yahoo! はオークション、MSN はメール、goo は Blog~ネットレイティングスがポータル利用動向調査




ネットレイティングスは、2007年8月28日、2007年7月度のインターネット利用動向に関する結果をまとめたレポートを発表した。



それによると、ネットレイティングスが提唱している、媒体価値を測る指標の「総利用時間(Total Minutes)」から主要ポータルの利用チャネル(コンテンツグループ)を見た場合、その利用時間構成比に大きな違いのあることが明らかになった。

「Yahoo! Japan」は、オークションが総利用時間の26%を占め、トップページの利用時間を上回っている。各ポータルともメールサービスが上位に来ており、特に「MSN/Windows Live」では全体の34%がメール利用に使用されている。

また、「Google」では、最近新しいサービスを追加しているものの、検索が74%と圧倒的に利用時間を占めている。一方、goo は Blog(24%)や「教えて!goo」などの CGM コンテンツが上位に上がっている。

ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、「各ポータルサイトの利用特性は各ポータルサイトの個性を浮き彫りにしている」とする一方、共通して利用時間の上位に入っているメール、検索、ニュースは、ポータルサイトには欠かせないチャネルであるとも述べている。
(2007.8.29/ japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 15:09 | インターネット総合