<   2007年 08月 ( 231 )   > この月の画像一覧

 

どんな文章も“紙芝居”にする「さしえショー」






 入力した文章に自動で画像を付け、紙芝居のように再生するサービス「さしえショー」が、8月31日に正式公開された。文章を解析して関連画像をWeb上から探し出し、スライドショーのように表示する仕組みだ。



 例えば、浦島太郎の物語を入力すると、亀の画像に重ね、物語の冒頭の文章を字幕のように表示。一定時間経つと、次のシーンに関連した画像が字幕付きで表示され、スライドショーのように鑑賞できる。再生には Flash Player 9が必要。

 フリープログラマーの赤塚大典さんが制作した。文章を句読点や改行部で分割し、形態素解析してキーワードとなる単語を抽出。「Yahoo!検索」の画像検索のAPIを活用し、その言葉に関連した画像を検索して表示する。

 「文の内容にピタリとはまる画像もあれば、思ってもみなかった画像が表示されることもあるが、その意外性がまた楽しい」(赤塚さん)

 「動画編集のスキルがなくても、文章を書くだけでストーリー性のある動画を作成できないか」と考えて制作したといい、小説やブログを書いていて、動画も作ってみたいが作成スキルがない、とあきらめているユーザーに活用してほしいとしている。

 同じ仕組みを利用し、投稿した文章の関連画像を自動で探し出して投稿できる掲示板「サシータ」と、RSSのURLを入力すると記事のタイトルや文章に応じた画像をスライドショーで表示する「さしえニュース」も公開した。さしえニュースを利用すれば、友人のブログなども画像付きで楽しめるとしている。
(2007.8.31/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-31 17:58 | インターネット総合  

次世代高速無線 “1枠”めぐり合従連衡加速




 ■ドコモ…アッカと提携検討

 ■KDDI…“身内”の京セラと

 ■ソフトバンク…いち早く連合結成

 総務省が年内に2社に免許割り当てを予定している「次世代高速無線通信規格」を巡り、通信会社を軸とした合従連衡の動きが加速している。9月10日の免許申請を前に、携帯電話首位のNTTドコモとADSL(非対称デジタル加入者線)大手のアッカ・ネットワークが30日、免許取得に向け提携する方向で検討していることを明らかにした。携帯2位のKDDIも筆頭株主の京セラと組むことを決めたほか、同3位のソフトバンクもADSL大手のイー・アクセスと連携。既にPHS(簡易型携帯電話)専業のウィルコムが当確線にのぼる中、残された1枠を巡る争奪戦が激しさを増すのは必至だ。

 ≪他業種の参画も≫

 ドコモとアッカは、総務省が開放を予定している、無線でありながらADSL並みの高速通信を実現する周波数2・5ギガヘルツ帯の免許取得を目指す。それぞれ「WiMAX(ワイマックス)」と呼ばれる無線技術の実証実験を進めており、基地局整備などに必要な資金を求めて、豊富な現金を持つドコモとの連携を決めた。アッカが7月に設立した新会社の資本金を増資し、アッカが5割程度、ドコモが3割程度を出資する見通し。

 総務省は、周波数の割り当てに際し、新規参入事業者の参入促進を促すため、第3世代携帯電話事業者とその関連グループには、出資比率を3分の1以下に抑えた新会社での申請しか認めない方針を固めている。

 このため、単独での免許申請の条件を満たさないドコモは、水面下で合従連衡を模索してきた。ドコモがアッカを提携相手に選んだのは、アッカは第3世代携帯電話を扱わず、総務省の免許条件を満たしていたためだ。アッカも事業化に必要な資金を単独ではまかなうことが不可能で提携相手を模索しており、ドコモの基地局設備や技術のノウハウに期待する。

 また、連合には、総務省の「3分の1」条件を満たすため、TBS、三井物産、JR東日本など通信業界以外の有力企業にも参加を呼びかけているもようだ。

 ≪ウィルコム“当確”≫

 次世代高速無線通信規格の免許をめぐっては、「次世代PHS」と呼ばれる技術を唯一扱うウィルコムが“当確”とみられている。それだけに、残る1つの椅子(いす)をめぐって、10社前後が免許取得を狙う「ワイマックス」陣営の合従連衡の動きがあわただしさを増してきた。

 ソフトバンクは、かつてADSLの販売をめぐって“犬猿の仲”となったイー・アクセスと早々と提携。KDDIは、京セラやトヨタ自動車など、いわば“身内”と連携して免許取得を狙う。

 次世代高速無線通信は、現行の第3世代携帯電話より5倍以上速い、毎秒20メガ(1メガは100万)ビット以上の高速データ通信を可能とする技術。車や電車で移動中でも高画質な動画が見られるほか、山間部での利用にも適しているとされる。パソコンや携帯ゲーム機、携帯に組み込んでの利用が想定されており、各事業者は新たな事業基盤の拡大に向け免許を求めている。
(2007.8.31/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-31 16:28 | 周辺機器  

auの東芝端末4機種に不具合、ソフト更新で対応





 KDDIは8月31日、auの東芝製端末「W47T」「DRAPE」「W51T」「W52T」に不具合があるとして、ソフトウェアアップデートの提供を開始した。


 不具合は

1. EZニュースフラッシュが更新されない場合がある

2. 待ち受け時間が短くなる場合がある

3. 20以上のグループに保存したアドレス帳データがメモリ転送できない場合があり、またWebでグループNo.20以上に登録されたアドレス帳データが端末に読み込めない場合がある

4. オールリセット後にテレビ電話が発信できなくなる場合がある(DRAPEのみ)

 という4点。なお、いずれの場合でもデータの毀損や消失などはないとしている。

(2007.8.31/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-31 16:27 | 周辺機器  

三洋電機の携帯販売事業、三井物産系が買収へ

 三井物産子会社のテレパークが三洋電機の携帯電話販売事業を買収する見通しになった。三洋子会社のテレコム三洋(大阪市)の全株式を買い取るもよう。携帯販売2位のテレパークはテレコム三洋買収で業界首位となる。三洋は携帯電話の製造事業も売却・統合に向けてシャープや京セラとの交渉入りを検討しており、同事業の売却が実現すれば携帯電話事業から完全に撤退する。

 テレコム三洋の2006年度の売上高は384億円で、販売台数は50万台程度とみられる。買収額は50億―60億円のもよう。テレパークの販売台数は363万台でテレコム三洋の買収により、三菱商事と住友商事が折半出資するエム・エス・コミュニケーションズ(東京・新宿)の370万台を逆転する。エム・エス社は05年にカルソニックカンセイの携帯販売子会社を買収し、業界首位となっていた(2007.8.31/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-31 09:50 | 周辺機器  

Google、ガイドライン違反警告メールの送信を再開

グーグル、電子メールによるサイト運営者へのペナルティ警告メール送信再開。


米Googleは2007年8月30日、ウェブマスターガイドラインに違反したサイト運営者に対するメールによる警告メッセージの送付を再開することを明らかにした。


Googleは2005年後半より、ガイドライン違反のサイト運営者に対してメールで警告メッセージを送付することを開始した。例えば、隠しテキストや隠しリンクを使って不正にランキングを操作しているウェブマスターに対して、一定期間内にその行為をやめないとGoogleインデックスから削除する旨を知らせていた。

しかし、ドイツを中心に偽の警告メッセージの送信者が現れたことからGoogleはメールでの警告をやめて、かわりにウェブマスターコンソール(サイトマップの管理画面)上でのメッセージ送信に切り替えた。ウェブマスターコンソールはウェブマスターの認証を受けているため安全であるものの、これを利用していないウェブマスターには知らせることができないという欠点もある。

そこで結局、Googleはメールによる警告メッセージ送付を再開した。なお、Googleはこの警告メッセージには添付ファイルはつけないとしており、ウイルス感染をねらった悪意ある偽の送信者に注意するよう呼びかけている。(SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:45 | インターネット総合  

ニコンが無線LAN対応フォトサービス「my Picturetown」開始

ニコンがコンパクトデジカメ「COOLPIX」の新製品を発表。無線LAN搭載機種も用意され、“写真を楽しむ”画像保存・共有サイト「my Picturetown」も開始された。
 ニコンは8月30日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」の新製品8モデルを9月14日より順次販売開始すると発表した。無線LANによる通信機能を内蔵し、新たに提供開始されるオンライン画像保存・共有サイト「my Picturetown」との連携が可能な「COOLPIX S51c」をはじめ、シリーズ初の12メガCCD搭載モデル「COOLPIX P51000」などが用意される。

 価格はいずれもオープンで、製品概要ならびに実売想定価格は以下の通り。

製品名 特徴 実売想定価格
COOLPIX S51c 8.1メガCCD、無線LAN対応 3万5000円前後
COOLPIX P5100 12.1メガCCD、28ミリスタート、マニュアル指向 4万5000円前後
COOLPIX P50 8.1メガCCD、28ミリスタートマニュアル指向 3万円前後
COOLPIX S510 8.1メガCCD、クラス最小、世界最速起動 3万5000円前後
COOLPIX S700 12.1メガCCD、クラス最小 4万5000円前後
COOLPIX S51 8.1メガCCD、コンパクトスタンダード 3万円前後
COOLPIX L15 8メガCCD、光学式手ブレ補正、乾電池駆動 2万5000円前後
COOLPIX L14 7メガCCD、乾電池駆動 2万円前後



 同社では従来から続けられている高性能カメラの開発という「技術の向上」はもちろん、写真をいかに楽しむかを具体的な形で提案する「価値の向上」も同時に行うことで、写真の最終的な目標である「楽しむ」価値を高めたいと主張する。そこで新たに提供開始されるのが既存サービス「COOLPIX CONNECT」を進化させた「my Picturetown」となる。

 新サービスの開発陣頭指揮を務めたのは、エンターテイメントロボット「AIBO」の生みの親としても知られる大槻正氏。無線LANでアップロードした対応デジカメからは当然のこと、PCや携帯電話などからも画像の閲覧が可能であるほか、これまでカメラから画像を取り出す際に必要だったケーブルやメモリカードなども不要となるため、大槻氏は「写真、開放」を本サービスのキャッチフレーズとして掲げる。


「my Picturetown」。撮影、アップロードした画像をPCや携帯でも楽しめる
 アップロードされた画像は日付順に自動的に整理され、ユーザーが自身でアルバム(フォルダ)を作成して分類することも可能。画像にタグを埋め込むことで、画像検索のキーとすることもできる。画像URLをメールで送信することで知人らとアルバムを共有するほか、ブログやSNSから画像を参照させるといった機能も備えており、画像を蓄積することに重点を置いたCOOLPIX CONNECTより「写真を楽しむ」機能が充実している。画像のならず、MOV/AVI/WAVの動画/音声フィアルもアップロード可能だ。

 無料で利用できるがディスク容量は2Gバイトに制限される「フリーアカウント」と、月額350円を支払うことで20Gバイトの容量が利用できる「ゴールドアカウント」の2種類が用意される。

 同社では無線LAN対応機種の増加を含めた展開も積極的に推進していくほか、具体的な内容は明言されなかったが「ニコンらしい」独自サービスの開発・実装も行っていくと計画だ。また、現在は無線LAN搭載コンパクトデジカメを手がけるのは同社のみだが、他社から登場した際には連携を図る考えであるほか、そのほかのフォトストレージとの協力も積極的に行っていきたいとしている。

 対応カメラとして発表された「COOLPIX S51c」は「COOLPIX S50c」の後継モデル。無線LANを利用して写真を送信する際に必要なるステップ数が大幅に低減されたほか、無線LANのエリア外でも撮影した画像を「送信予約」状態にしておき、あとから無線LANのエリア内に入った際に送信できるようになるなど、利便性が向上している。(2007.8.30/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:44 | 周辺機器  

国内における情報セキュリティ事象被害状況調査(2006年)の報告書を公開




 IPA/ISEC(独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター)は8月29日、2006年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査の報告書を発表した。この調査は、最新の情報セキュリティ関連の被害実態及び対策の実施状況を把握するため、企業・自治体を対象に郵送によるアンケート調査を行っているもので、今回で18回目となる。全国の7,000企業および1,200自治体を調査対象として実施し、回収数は企業1,213、自治体562であった。

 コンピュータウイルス遭遇(感染または発見)経験では、2006年1年間の間に、一度でもウイルスに感染したことがあるとした回答者は12.0%であった。2005年は15.3%、2004年は20.9%であったため、感染被害は減少傾向にある。クライアントPCへのウイルス対策ソフト等のセキュリティ対策ソフトの導入状況では、9割以上のPCに導入している企業は90.3%と、9割を超えた。クライアントPCへのセキュリティパッチの適用状況も向上しており、セキュリティ対策への意識が高まっている。

 また報告書では、Winnyなどのファイル共有ソフトによる情報流出における被害についてもまとめられている。アンケート回答のあった企業・自治体1,775社・団体のうち、2006年にWinnyなどのファイル共有ソフトのウイルス感染により、情報が流出した企業および自治体の数は59社・団体(3.3%)であった。流出した情報の種類は、「組織内の業務情報」が6割弱、「顧客(個人)情報」が約4割、「顧客(企業)情報」が約3割となっている。
(2007.8.30/Scan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:41 | インターネット総合  

WM6+HSDPA+無線LAN+BT搭載の富士通製スマートフォンは“スリムスライド”──「F1100」





 NTTドコモは8月30日、富士通製のスマートフォン「F1100」を発表、2007年度第4四半期に発売する。


 OSにWindows Mobile 6 Standardを採用し、FOMAハイスピード(HSDPA)および無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)で通信できる薄型スライドボディが特徴だ。

 “普通のケータイ風”のスライドボディは厚さ16.9ミリ。既存の携帯ユーザーに親しみやすい操作性を実現する。待受画面も一般的な携帯に近い独自画面に設定できるほか、ユーザーが任意に機能を割り当てられるワンタッチキーも用意する。

 企業用IP内線電話などのビジネスシーンにおける利用を特に想定。企業IP電話ソリューション「PASSAGE DUPLE(パッセージ・デュプレ)」や「ビジネスmopera IPセントレックス」への対応を予定するほか、指紋センサーによる高度なセキュリティ機能を備える。

(2007.8.30/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:40 | 周辺機器  

70V型フルHDも 3年目の新「BRAVIA」は「拡大と進化」






 ソニーは8月29日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズの新製品として、70V型モデルを含むフルHD対応15機種を9月から順次発売すると発表した。40V型以上の大型フルHDシフトに加え、高画質化技術や背面に設置できるHDDレコーダーなどで付加価値を高め、激戦の年末期に攻勢をかける。


 「『BRAVIA』3年目のキーワードは『拡大と進化』」──福田隆志テレビ事業本部長は、東京・品川の新本社ビルで開いた発表会で新製品のコンセプトを説明した。

 2005年の立ち上げから3年目を迎え、BRAVIAブランドの国内認知率は9割に達した。07年度の世界販売目標は1000万台。前年度比で約6割増への「拡大」を掲げる。

 新製品は、実売予想価格が400万円前後という70V型「KDL-70X7000」を筆頭に、15機種とも40V型以上の大型モデル。全機種ともフルHD表示(1920×1080ピクセル)に対応し、フルHDモデルのラインアップは現在の8機種から一気に「拡大」する。

 上級機の「X5050」シリーズは9月20日発売で、実売予想価格は52V型が60万円前後、46V型が50万円前後、40V型が38万円前後。

 前日には、韓国Samsung Electronicsとの合弁会社・S-LCDが第8世代(約2200×約2500ミリ)基板対応ラインからの量産出荷を開始したと発表。第8世代基板からは52V型が6枚、46V型が8枚とれるようになり、第7世代(52Vで3枚、46Vで6枚)ラインと組み合わせることで大型の効率的な生産が可能になる。量産開始は秋からの予定だったが、前倒しスタートで大型化への対応を急ぐ。


 大型へのシフトは「価格下落が厳しいなか、レベニューを上げるため」(福田本部長)という事情もある。一方、「ブラウン管では大型といえば32型だが、液晶で32型を購入してみたら『意外に小さかった』という声もあり、40型の数が動いている。一度大型を体験したら戻れない」と、ユーザーの大型志向が加速しているという背景もある。

 「進化」では、120Hz倍速処理による動画応答改善技術「モーションフロー」に、画像をくっきりと補正する技術を追加。撮影中に生じた画像のぼやけを検知して補正することで、スポーツなど素早い動きの映像でもくっきり滑らかに表示できるという。

 付属の専用リモコンは業界で初めて、2.4GHz帯の電波通信を採用。一般的な赤外線リモコンと異なり、センサーをテレビに向ける必要がないため、テーブルなどの上に置いたまま使える「おき楽リモコン」と名付けた。

 また、テレビの背面に設置できる周辺機器「ブラビアユニット」2機種も11月に発売。HDDレコーダー「BRX-250」(実売予想価格は5万円前後)は250GバイトHDDを内蔵し、BRAVIAのリモコンで録画・再生を操作できる。ネットワークTVボックス「BRX-NT1」(同3万円前後)は、BRAVIAとHDMIケーブルで接続して使用。アクトビラのネット動画配信サービスなどを視聴できる。

 年末商戦向けプロモーションでは、画質を重視した従来の方向(「感動には色がある」)に加え、ユーザーにBRAVIAを活用したライフスタイルを提案する付加価値提案(「感動体験、ひろがる」)という「画質」「体験」の2軸でフルHDを売り込んでいく。

 ただ、液晶のシャープ、プラズマの松下電器産業らの競合メーカーも大型フルHDと付加価値機能の拡充を進めており、年末商戦は激戦になりそう。福田本部長は「年末商戦はかなり厳しい」と覚悟し、価格下落に対応できるコスト競争力の強化などで立ち向かっていく構えだ。

(2007.8.30/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:39 | 周辺機器  

iPhoneロック解除のビデオが公開 解除ソフトの販売も計画




 iPhoneのロックを解除し、AT&T以外の電話会社でも使えるようにするソフトを開発したと公言しているグループが、この模様を映したYouTubeビデオを公開した。


 このグループは「iPhone Unlocking」というサイトで、ロック解除ソフトを開発したと発表。同サイトに掲載されたYouTubeビデオでは、iPhoneをコンピュータに接続し、ソフトを使ってiPhoneをリセットした後、VodafoneのSIMカードをiPhoneに挿入して実際に電話をかけてみせている。

 同サイトが25日に掲載したプレスリリースによると、iPhoneのロック解除ソフトは発売準備が整っているが、AT&Tの代理人を務めるカリフォルニア州メンローパークの法律事務所から電話があり、著作権侵害などの問題を指摘されたため、一時発売を見合わせているという。

(2007.8.30/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:38 | 周辺機器