<   2007年 07月 ( 185 )   > この月の画像一覧

 

NEC・日立 静かなパソコン 世界初の水冷式HDD





 NECと日立製作所は30日、世界初のハードディスク駆動装置(HDD)の水冷機構などでパソコンの稼働音を従来の3分の1に低減する静音システム技術を共同開発したと発表した。この技術を採用したパソコンは、最大稼働時でも聴音検査を行う際の適正基準(25デシベル未満)の静けさと同等の22・4~24・0デシベルの静音性を実現できるという。

 NECは同技術をデスクトップパソコンに応用し、ほとんど稼働音が聞こえず、高音質の映像・音楽をそのまま楽しめる「静かなAVパソコン」を秋にも年末商戦向けに商品化する。

 パソコンは、CPU(中央演算処理装置)をはじめとする内部部品の稼働熱を抑える空冷ファンや、データ記録のHDDの機械駆動部といった大きな騒音源を抱えている。これに対し、新開発の静音システムは、中核部品のCPUとHDDの熱除去に空冷ファンを使わず、水の循環で冷やす水冷機構を採用しパソコン全体の稼働音を大幅に低減した。システムは日立がマレーシアの工場で量産する。

 CPUへの水冷技術の応用はすでに実用化されているが、今回は日立のCPU向け水冷技術をベースに、水冷の対象を初めてHDDに拡大。HDD全体を高性能の吸音・防振材で包み込み遮音する一方、吸音材で囲まれた内部にも冷却水を循環。CPUとHDDの双方を同時に冷やす世界初の仕組みによって、主要な騒音源への静音対策を可能にした。
(2007.7.31/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-31 15:17 | PC  

富士通、モバイルWiMAX事業を拡充-小型基地局を国内外に投入


 富士通は移動体向け無線高速大容量通信技術「モバイルWiMAX」事業を拡充する。08年春に小型のモバイルWiMAX基地局を国内外で発売する。屋外での高速データ通信の需要は増加しており、世界規模でのモバイルWiMAX市場拡大が見込まれる。08年以降に日本や米国などで同技術を使った無線サービスが始まる可能性が高いことから、同社は基地局などの設備のほか、携帯電話やパソコンに装着する通信カードなど端末用機器も順次発売する方針。
 富士通が発売するモバイルWiMAXの基地局は電力効率の高い増幅器などを搭載し小型化した。最大通信速度75メガビットで通信距離数キロ―数十キロメートルを実現する無線標準規格「IEEE802・16e」に基づく。現在の第3世代携帯電話や無線LANと比べて、高速なデータ通信が広域で可能になる。通信事業者は電柱やビルに基地局を設置し、都市内通信網などを経由してのデータ通信サービスを行う。
 同社は装置を含めたネットワークの設計サービスも提供する予定。8月にはモバイルWiMAX端末向け高密度集積回路(LSI)を発売するなど、同事業で製品のラインアップを拡充していく。
 国内では07年秋にも総務省が、モバイルWiMAXの採用が有力視される新周波数帯2・5ギガヘルツ帯を通信事業者に割り当てる予定。国外では韓国通信事業者のKTがすでにモバイルWiMAXの通信サービスを始めているほか、米国では携帯電話事業者のスプリント・ネクステルも08年末に1億人をカバーするモバイルWiMAX網を構築する計画だ。世界のモバイルWiMAX基地局市場は2010年に2000億円規模に成長するとみられる。(2007.7.31/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-31 12:03 | インターネット総合  

日本通信、ドコモの携帯網でネット接続サービス

 日本通信はNTTドコモの携帯電話網を活用し、独自のインターネット接続サービスを始める。ドコモの「iモード」で使われている顧客認証や課金などのシステムを借り受けてサービスを提供する。携帯経由のネット接続はドコモなど携帯事業者が主導する形で拡大してきたが、様々な事業者が参入し事業モデルが大きく変化する可能性が出てきた。

 日本通信は31日にも、iモードの「プラットフォーム」と呼ばれる部分を借用することをドコモに申し入れる。ドコモ端末にiモード以外のネット接続サービスが搭載されれば、携帯の使い方がパソコンにさらに近づく。プラットフォームには認証システムなどが含まれており、日本通信は投資負担を軽減しながら独自サービスを展開できる。
(2007.7.31/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-31 08:41 | インターネット総合  

友人を評価するウェブサイト「FriendChart」



 友人にどのくらい好き、あるいは嫌いかを知らせたいと思うって?そんなニーズに応えるとして、コミュニティ型ウェブサイト「 FriendChart 」のベータ版がオープンした。

 興味がある?私は決してこのようなウェブサイトを利用しようとは思わないが、参加するのは個人の自由だ。だが、ウェブサイトで友達を名指しで評価する--少なくとも私はしたくない。そもそも自分の友人を点数で考えたことなどない。

 ある評価例を紹介すると、FriendChartの創設者、Patrick Jackson氏は、数回会ったという人物を15点満点中4.5点としている。「水泳愛好者のパーティーでXXXに会った--誕生日だったと思う。その当時はXXXのことをよく知らなかったが、話していて楽しかった。トランプとBeer Pong(ビールと卓球を組み合わせたゲーム)をした。楽しかった!」

 FriendChartは友人を評価してコメントを書くだけでなく、それぞれの友人とどのくらいの時間を費やしたかのチャートもある。だから、あなたに放っておかれていると感じた友人が、あなたが自分に費やしている時間、他の友人に費やしている時間を比較することもできる。

 Jackson氏は声明文で、FriendChartサービスを次のように説明している。「人生で友人が現れたり離れていったりするのは自然なことだ。FriendChartは、この流れの自然の美をとらえる1つの手段だ」。

 このサイトでは、MySpaceなどのウェブコミュニティにチャートを追加するためのHTMLのコードも提供され、Friend Chartの友達の情報が書きかわると、情報がアップデートされるようになっている。

 FriendChartは、2008年1月に正式リリースを予定している。
(2007.7.30/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 20:05 | インターネット総合  

YouTube、著作権映像フィルタリングを9月から開始へ--グーグル弁護士が証言




 YouTubeが、同サイトに素材の海賊版が投稿されるのを防止するシステムを9月に立ち上げる。Googleの弁護士が米国時間7月27日に法廷で証言した。

 YouTubeを10月に買収したGoogleは、デジタルビデオフィンガープリントのライブラリ構築を計画している。GoogleとYouTubeの代理人を務める弁護士の1人、Philip Beck氏は、このコードを使えばYouTubeにアップロードされる映像をコンピュータシステムがスクリーニングできるようになる、と述べた。Beck氏はさらに、映像の著作権の有無をチェックするスクリーニングプロセスには数分しかかからない、とも加えた。

 Google、Viacom、そして昨年1年間GoogleとYouTubeを提訴してきた著作権所有者の代表らは、予定されていた公聴会のためニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に出廷した。

 Beck氏の陳述は、Google関係者として初めてフィルタリングシステムの具体的な投入日に言及したもので、重要な意味がある。同社はYouTubeでの著作権保護を約束しながらこれを実行に移さず、多数のメディア関係幹部をいら立たせていた。専門家らは素早い反応をみせ、YouTubeのライバルの多くは既にコンテンツのスクリーニングを実施していると述べている。

 しかし、Beck氏の陳述に対するコメントを求められたGoogleは、再びあいまいな回答をしている。これについては、ハリウッドの受けが良くないかもしれない。

 「秋にはテストを完了して技術を投入したい」とGoogleの広報担当は電子メールで述べている。「しかし、これはわれわれが着手してきたなかで最も技術的に複雑な作業であり、最先端の技術にはつきものだが具体的な投入日を予想するのは難しい」(同広報担当者)

 公聴会では、Proskauer Roseの弁護士Louis Solomon氏が、法律事務所Bernstein Litowitzの弁護士らとともに集団訴訟の暫定代理人に任命された。Solomon氏は、Googleのフィルタリングシステムではこれまでの侵害によって引き起こされた大規模な損害にほとんど効果がないことを指摘した。


 欧州の複数のスポーツリーグを含む代表らは、5月に提起した集団訴訟のなかで原告に多額の損害賠償金支払いを求めている。

 Solomon氏は、「Googleがこれ(システム)を本当に用意しても時期的に遅すぎるのは言うまでもない。だが、Googleには他社に追従してコンテンツプロバイダー全員を平等に扱うよう呼びかけている。広告の売上をYouTubeと分配することに同意したお気に入りの数社だけでなくだ」と語っている。

 両者の弁護士は今回の裁判手続きのなかで、公判前の証拠開示手続きに1年以上かかる可能性もある、と予想している。これはつまり、YouTubeの著作権問題が2008年後半以降にずれ込む可能性もあることを意味している。

(2007.7.30/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:41 | インターネット総合  

Second Life に現状では興味がない76.4%~アイシェアが調査




オンラインリサーチなどを手がける株式会社アイシェアは、オンライン 3D 仮想世界「Second Life」について意識調査を行い、2007年7月30日、その調査結果を公開した。

調査時期は2007年7月、調査方法は、アイシェアが運営するメール転送サービス「CLUB BBQ」会員限定の Web 調査。回答者は585人で、男女比は男性:51.3%、女性:48.7%。

Second Life を認識していた数は63.9%。知るきっかけは「雑誌・テレビ」が52.4%と過半数だ。「ネット」が42.2%とSecond Lifeがネットワークの世界であっても「雑誌・テレビ」の影響の方が高い。

Second Life 利用経験者は3.8%。インターネットコムと goo リサーチが行っている「Second Life 定期リサーチ」の第1回(利用経験者約4%)とほぼ同等の結果だ。

それ以外の回答者に今後始める予定があるかどうかを尋ねたところ、現状では「興味がない(76.4%)」に意見が集中している。
(2007.7.30/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:14 | インターネット総合  

佐賀新聞、Twitter風サービスで総体応援 人工知能「酢鶏」も参加







 佐賀新聞はこのほど、7月28日から佐賀県内で開かれる全国高校総体を応援するサイト「そーたいっ!ひびログ」(携帯電話・PC両対応)を開設した。ナノティが運営するTwitter風ミニブログサービス「Timelog」をカスタマイズしたサイトで、ユーザーがひとことコメントを投稿できる。



 ユーザー登録すれば、総体を応援するコメントや、いま何をしているかなどを投稿できる。コメントは「勝手に速報」「がばい応援」「頑張る宣言」などあらかじめ決められたタグで整理可能。人工知能「酢鶏」が佐賀弁で発言するアカウントも用意した。

 「ひびログ」の最新コメントや総体のニュースを表示するブログパーツも公開した。8月31日までは総体関連ニュースを、9月1日以降は通常の佐賀新聞ニュースを配信する。
(2007.7.30/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:13 | インターネット総合  

「トイレや浴室でもメールチェック」53%――AOL調査




 携帯端末での電子メール送受信が容易になるにつれ、いつでもどこでもメールを確認する「メール中毒」が増えている――米AOLは7月26日、メールの使用に関するこんな調査報告を発表した。

 調査は、AOLが米調査会社のOpinion Researchと共同で、米国の4025人(13歳以上)を対象に実施。報告によると、携帯端末での電子メールの使用は、2004年の調査からほぼ倍増。携帯所有者の59%が、メールが着信するたびに携帯で確認すると回答。43%は、眠るときにも携帯をそばに置き、メールの着信が分かるようにしているという。また、携帯をメールの送受信に使用する人のうち、寝室でもメールを確認する人は59%、トイレや浴室では53%、運転中は37%に上る。12%は教会でもメールの確認をするという。

 また、携帯を使用しない人も含めた回答者全体の15%は「メール中毒」を自認しており、この比率は女性の方が高い(女性16%、男性は13%)。回答者の10人に4人は、休暇の計画を立てる際、メールアクセスが可能かどうかは「ある程度」または「非常に」重要だとしており、休暇中に、実際に毎日メールをチェックする人は83%に上る。職場で私用メールを1日3回はチェックするという人は60%で、それに罪悪感を感じる人は28%だった。
(2007.7.30/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:09 | 周辺機器  

KDDI、Gmailを活用した容量2Gバイト「au one メール」開始






 KDDIは7月30日、同社が提供する携帯とPCを一体化したポータルサイト「au one」で、GoogleのGmailを活用したメールサービス「au one メール」を2007年9月下旬に開始すると発表した。


 au one メールは専用のメールアドレス「**@auone.jp」を用意し、誰でも無料で利用できる容量2Gバイトのメールサービス。Googleの検索技術を活用し、メールの高速なキーワード検索が行えるほか、受信メールをスレッドごとにまとめて表示できる機能などを備える。

 au oneは、au携帯用の「EZweb」ポータルサイトとPC向けの「DION」ポータルサイト、PC向けの携帯情報サイト「DUOGATE」を統合した新ポータルサイトとして展開する。

 au携帯ユーザーへは、従来の「**@ezweb.ne.jp」に加えて2つめのメールアドレスとして、同報アドレス数の制限や添付ファイルのパケット料金を気にせず、会員登録や通販用登録アドレス用途など、プライベートのメインアドレスと使い分けながら活用できるメリットを訴求する。今後、PCでauの絵文字を利用したメール作成を可能にしたり、EZメールのすべての送受信メールをau one メールに自動保存する機能を実現する予定としている。

 対応機種はauのWIN対応携帯およびPC。
(2007.7.30/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:08 | 周辺機器  

友人や同僚との“距離感”を考える語尾表現




 メールやインスタントメッセンジャーなどのテキストによるコミュニケーションは、なかなか難しい。ビジネス文書というと、とかく堅く考えがちだが親密度によっては、崩した表現のほうが伝わる場合もある。そんな親密度に応じた語尾表現を考えてみよう。



●「!」「ー」「~」

 「どこまで親密か」を測るには崩した表現が通用するかどうかを見てみるのがいい。まず基本的なところとしては、語尾に「!」(感嘆符)を付けるやり方だ。たとえば、「本日はよろしくお願いします!」とメールした相手が、「こちらこそよろしくお願いします!」と語尾を合わせてくれた場合、感嘆符は通じる間柄──といえそうだ。何かを“強く”お願いしたいときに「お願いします!!」と感嘆符を重ねると効果も倍増するかもしれない。

 「!」を打つほどでもない場合は、語尾を延ばしてみるのもアリ。「本日はよろしくお願いしますー」であったり「本日はよろしくお願いします~」といったような表現だ。感嘆符はダイナミックで「元気」がある印象を与えるのに対して、音引き(ー)や波線(~)はスタティックでまったりしたイメージを受ける。ゆるーいお願いに使うといいだろう。個人的には普通の音引き(ー)よりも波線(~)のほうが砕けた感じがするが、多用するとちょっとマヌケな感じもするから注意しよう。

 いずれも初めてのコミュニケーションで使うのははばかれるが、2~3回のコミュニケーション後、人間関係をより親密にしたい相手に試してみるといいだろう。もちろん、先方が乗ってこない場合もある。そのときはまだ機が熟していないと見るべきだ。無理強いはしないほうがいい。

●(笑)(苦笑)


 語尾に(笑)や(苦笑)を付ける人もいる。こちらは「!」「ー」「~」とは微妙にニュアンスが異なる。受け手として困るのは「今回はうまくいきませんでした(笑)」とかいう表現。「そこは笑うところではない」という部分に(笑)とあったりすると、思わずツッコミを入れたくなる。(苦笑)も、「今回はうまくいきませんでした(苦笑)」というようにネガティブなトピックにつけると言い訳がましく見えるから注意しよう。

 いずれにせよ(笑)や(苦笑)は話の本筋ではなく、ちょっとしたエピソードの語尾につけると会話の潤滑油として機能する。あまり連発しないように気をつけよう。

●顔文字/絵文字

 さらに障壁が高いのは顔文字。人によっては強い嫌悪感を示す人もいるが、うまく使えば言葉よりもリラックスした表現方法が可能だ。さきほどの(笑)や(苦笑)の代わりに「(^^)」や「(^^;)」を使う人もいる。漢字よりもやわらかい感じになるのではないだろうか。

 また、顔文字は“顔”の輪郭を表す()を抜かして書くのもありだ。例えば「(^^;)」は「^^;」でもいい。むしろ()を省いたほうがシンプルな印象を受ける。

 携帯電話などで利用できる絵文字は、キャリアや機種への依存性が高いこと念頭に置こう。つまり、キャリアによっては正常に表示できなかったりするケースがあるということだ。とはいえ、携帯電話のメールアドレスを交換するぐらいであれば、多少の失敗はお互い許容する間柄かもしれない。まずは絵文字を送ってみて、先方から同じように絵文字が帰ってくるのを様子見するのもいいだろう。

●2ちゃん用語/ギャル文字

 最近ビジネスの現場で何気なく利用されていたりするのが「2ちゃんねる用語」。例えばニヤッとした笑いを示すといわれる「w」や、がっくりした状態を表す「orz」などは散見する(もちろん、筆者の職場環境が特殊だからだろうが)。

 2ちゃん用語が通用すると分かると、先方のインターネットに関するある種バックボーンもぼんやり分かる。そうした“文化的背景”が一致すると驚くほど仕事が進んだりするから不思議である。もちろん全く通用しないケースもあり、その場合は使用を差し控えたほうがいい。なお、自分が知らない表現を相手に使われた場合、恥ずかしがらずにその意味を聞いてみるのもアリ。面白い表現方法を“会得”できるはずだ。

 現状のビジネスコミュニケーションではあまり見かけないが、将来的には「ギャル文字」を使う人も出てくるかもしれない。たとえば「よろしくお願いします」を「ょЗU<ぉ願ぃUます★」(編集部訳:よろしくお願いします)なんて送られてくるケースだ。ちなみに筆者も面白がってメールの署名などをギャル文字で書いていたこともあったが、さすがに上司に怒られてしまったのは秘密である。

 以上、語尾に関して表現方法を考えてみた。いずれも「これが正解!」という解はない。読者のなかでもっといい表現があるという場合は、はてなブックマークやトラックバックを通じて教えていただけると幸いだ。
(2007.7.30/ITmedia Biz.ID)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:07 | インターネット総合