<   2007年 06月 ( 185 )   > この月の画像一覧

 

Googleが更にシェア拡大、50.7%へ - 米comScore調査(2007/05)

コムスコアが2007年5月の米国検索エンジンシェアを発表。1位Google 50.7%、2位はYahoo! 26.4%。

米調査会社comScoreは2007年6月22日、米国の2007年5月における検索エンジン利用シェアを発表した。


1位のGoogleは50.7%で前月比1ポイント増加、前年同期と比較すると44.1%から6.6ポイント増加した。Yahoo!は26.4%で前月比マイナス0.4、前年同期と比較してもマイナス1.5ポイント減。3位MSNは前月同様10.3%だが、同社のシェアは2005年5月が15.2%、2006年5月が12.9%で2年間に約5ポイントシェアが落ちている。4位のAsk.comは5.0%。
(2007.6.25/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 16:43 | インターネット総合  

Liveサーチ、「コンテクスチュアルサーチ」を開始 - MSNに導入

マイクロソフト、クリックだけで関連情報を得られる「コンテクスチュアルサーチ」を提供開始。


マイクロソフト株式会社は2007年6月26日、サイトにあるキーワードに関連する検索結果を自動表示させる検索機能「コンテクスチュアルサーチ(仮)」をMSNに導入した。




コンテクスチュアルサーチでは、MSN内で事前に設定されたキーワードにマウスのカーソルを合わせるだけで、そのキーワードに関連するサイトがMSNサイト内検索、ウェブ検索、画像検索を合わせ最大5件、自動的に表示される。サイト内で新たに検索ページを立ち上げたり、検索窓へのキーワードの入力を行うこと無く検索ステップを短縮でき、知りたい情報にすばやくたどり着けるため、サイトをさらに効率よく深く楽しむことが可能になるとしている。

なお、海外で同様のサービスとして、米Yahoo!が2005年にリリースした「Y!Q」があり、Yahoo! Newsで提供されている。Y!Qは一般サイトオーナーも導入可能で、「Related Search Results」をクリックするとフローティングウインドウが開き、閲覧ページと関連する検索結果を表示することが可能だ(2007.6.26/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 16:33 | インターネット総合  

NECエレ、解像度800万画素の携帯カメラ用LSIをサンプル出荷



 NECエレクトロニクスは25日、携帯電話用カメラ向けLSI「CE131」のサンプル出荷を始めたと発表した。解像度を800万画素に引き上げた。A1サイズ(594ミリ×841ミリメートル)まで引き伸ばしても画質が落ちない。サンプル価格は4000円。10月に量産を始め、月産100万個を計画する。

 相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーから得られる画像信号の中から信号の乱れ(ノイズ)を抑制しながら画像データを抽出できるほか、撮影したデータの色を被写体と同じ色に補正できる回路、手ぶれや被写体の移動による画像のぼけを補正する回路などをオプションで搭載できる。512メガビットの外付けメモリーを接続できるインターフェースを搭載した。

(2007.6.26/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 15:59 | 周辺機器  

「Vistaの検索機能に対する修正は不十分」--独占禁止論争でグーグルが主張




 Googleは米国時間6月25日、Microsoftが計画する「Windows Vista」への修正は、同社の独占禁止法に関する懸念を一掃するには疑問が残ると述べた。

 CNET News.comは、米国地方裁判所のColleen Kollar-Kotelly判事にGoogleが提出した7ページの資料を入手した。そのなかで、Googleの顧問弁護士は「Vistaがデスクトップ検索製品の選択肢を公平に提供し、最終判決に従ったものになるには、改善が必要である」と書いていた。

 この書類は、Kollar-Kotelly判事が政府とMicrosoft双方の弁護人から状況を聞く聴聞会の前日に提出された。聴聞会は年4回ワシントンで開催されている。同判事は、2002年の独占禁止法訴訟におけるブッシュ政権との和解を受けて、Microsoftの法令遵守状況を監視してきた。

 Microsoftは先週、米規制当局と共同で裁判所に提出した 資料 の中で、Vistaのデスクトップ検索機能に関して3つの対策を講じることに同社が同意したことを明かした。

 1つ目の対策は、競合するブラウザやメディアプレーヤーと同じように、コンピュータメーカーと個人の双方がデフォルトのデスクトップ検索プログラムを選択できるメカニズムを用意するというもの。2つ目は、「Windowsが検索結果表示用に新しいトップレベルのウィンドウを開いたら必ず」デフォルトのプログラムを起動するというものになっている。そして3つ目は、「Vistaのデスクトップ検索インデックスはバックグラウンドで動作する設計とし、コンピューティングリソースの優先権はサードパーティーのデスクトップ検索製品や各社の検索インデックスなど、ほかのソフトウェア製品に譲る」ことをソフトウェアメーカー、コンピュータメーカー、ユーザーに伝えるというものだ。


 しかしGoogleは25日に先の書類を提出し、より詳細な情報がないと2006年に浮上した懸念を払拭するのに、Microsoftの計画が十分か否か判断できないと述べる。

 たとえばGoogleの弁護士は、「ユーザーが自ら設定を変更すれば、2回目以降の検索では、選択されたデスクトップ検索製品の検索結果を表示されるメカニズムは用意されるものの、OS上で目につきやすいショートカットやメニューから最初に検索を実行したときには、引き続き独自のデスクトップ検索結果を表示するように思われる」と書いている。

 Googleはまた、検索機能を選ばせるよりもWindowsの「スタート」メニューや、デスクトップを右クリックしたときに表示されるメニューから「検索」のオプションを削除することをMicrosoftは狙っているのではないかという印象を受けたと述べている。

 判決のなかのミドルウェアに関する合意(拡大解釈をすれば検索の問題も含む)は、2007年11月まで有効となっている。しかしGoogleの弁護士は、Microsoftが検索の変更箇所をどう実装するかを規制当局が引き続き監視できるよう、期限を延長するよう求めている(Microsoftは、変更箇所のベータ版はService Pack 1の一部として2007年末までに投入される見込みだという)。

 これに対し、Microsoftの広報担当Jack Evans氏は、「われわれは、互譲の精神を持ってこれらの問題を解決するため、非常な努力をしてきた」と述べている。

 Evans氏は電子メールで取材に応じ、「政府は、われわれが行っている変更に対して満足を表明している。Googleは提出書類の中で、新しい情報を1つも出していない」と述べた。

(2007.6.26/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 15:17 | インターネット総合  

ありそうでなかったWebスケジュール共有ソフト『ホットスケジューラ』を無料配布

北都システム株式会社は、中堅・中小企業へのIT化支援の一環として、手軽・簡単・便利に利用できるWeb型スケジュール共有ソフト『ホットスケジューラ』の無料配布を開始する。
『ホットスケジューラ』は、企業内LANさえ構築されていれば、社員同士のスケジュールを共有したり、会議室予約などに利用できる、Web型のスケジュール共有ソフト。
自由にグループ分けしたメンバーのスケジュールを一画面にまとめて、時系列にグラフィカルなバー(線表形式)で参照できるため、今、誰が、何をしているのか一目で把握することができる。また、Webシステムでありながら、マウスでバーを引くだけでスケジュールの登録/編集ができるため、パソコン初心者でも簡単に利用できることが特徴となっている。

ダウンロードサイト:http://www.hscnet.co.jp/product/scheduler
※ダウンロード開始は、2007年7月2日(月)から

(2007.6.26/CWS)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 11:40 | インターネット総合  

民放各局、「セカンドライフ」で番組宣伝やグッズ販売


 民放各局がインターネット上の3次元仮想空間「セカンドライフ」を相次ぎ活用する。フジテレビジョンが28日、アイドル番組の宣伝を始めるほか、テレビ東京も7月からキャラクター商品の販売などを視野に参入する。これまでテレビ局は著作権保護の認識が薄いとしてネットに距離を置いてきたが、放送以外の収入拡大を目的に活用を模索する例が増えてきた。

 フジテレビは28日、地上波やCS(通信衛星)で放送中のアイドル番組でセカンドライフに乗り入れる。番組に登場する9人のアイドルに似た分身が、仮想空間でサイン会を開いたり、ファンと個別に対話し、番組やアイドルを多角的に売り込む。(2007.6.26/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 09:43 | インターネット総合  

低調なシニア向けケータイ、40歳以上で5%未満




数年前にドコモなどがいわゆる「シニア向けケータイ」の 販売を開始 したが、さて、実際にどの程度使われているのだろうか。

インターネットコム株式会社とJR 東海エクスプレスリサーチが行った「シニア向けケータイ」に関する調査によると、40歳以上の男女で「現在利用している」のはわずか4.8%だった。

調査対象は、全国の40歳以上の男女330人。性別では、男性44.2%、女性55.8%。年齢別では、40代53.3%、50代27.9%、60代14.5%、70歳以上4.2%。地域別では、北海道1.2%、東北0.6%、関東22.1%、甲信越0.9%、東海45.8%、北陸0.3%、近畿26.1%、中国0.9%、四国0.3%、九州沖縄1.8%。

全体330人のうち、シニア向けケータイを「現在利用している」のはわずか4.8%(16人)だが、どれを利用しているのか聞いてみたところ、ドコモ の「らくらくホン」が68.8%(11人)でダントツ、KDDI の「簡単ケータイ」は18.8%(3人)という結果になった。

また、シニア向けケータイの便利な機能としては、「表示文字が大きい大型キー」(13人)、「よく電話をかける相手にボタンひとつでかけられる機能」(9人)、「簡単にメールが作成できる機能」(4人)などがあげられた。

意外にユーザーを獲得できていないシニア向けケータイだが、何が余計で、何が足りない機能なのだろうか。
(2007.6.25/ japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-25 20:01 | 周辺機器  

グーグル、ドイツGmail商標訴訟に敗れる--原告側が明らかに




 Googleは、ドイツ国内で「Gmail」の商標使用中止を余儀なくされることになりそうだ。ドイツでベンチャーキャピタル事業を営む原告のDaniel Giersch氏によると、ドイツの控訴裁判所はGoogleの主張を退ける裁定を下したという。GoogleとGiersch氏によると裁判所は、7月4日に裁定を文書で提示する見込みだという。

 Giersch氏は電子郵便配達サービス「Giersch mail」を運営しており、その略称が「G-mail」である。同氏は、ドイツ、スイス、ノルウェー、モナコ国内でのみ商標の使用を希望しているのだという。

 スイスの裁判所も、Googleの主張を退ける裁定を下している。

 この件とは別にGoogleは、2005年にイギリスでの商標訴訟に敗れ、同国内での電子メールサービスを「Google Mail」に改称せざるを得なくなっている。Googleが使用する商標について、ポーランドでも争われている。

(2007.6.25/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-25 18:34 | インターネット総合  

アップル、「Safari 3.0.2」を公開




 Appleが米国時間6月22日、「Safari 3.0.2 for Windows beta」をリリースした。約一週間前には、「Safari 3.0.1 for Windows beta」が公開されたばかりだった。このたびのパッチは、「Apple Mac OS X」のほか、「Windows XP」および「Windows Vista」も対象としており、Safari 3.0のベータ版を利用するMac OSユーザーに対応した「 Apple Security Update 2007-006 」と同じ修正も含まれている。Safari向けのパッチ

 Windows XPおよびVistaのユーザーが対象で、Mac OS Xには対応していない。 「CVE-2007-2398」 の脆弱性に対応する。Safari Beta 3.0.1 for Windowsには、正規のページコンテンツをロードせずに、アドレスバーを偽装できてしまう不具合があった。このアップデートを見つけたRobert Swiecki氏だが、謝辞は、アップデートに記載されていない。攻撃者はこの脆弱性を悪用し、悪意なウェブサイトを使ってアドレスバーの内容をコントロールすることができる。Safari向けのパッチ


 もう1つのパッチはMac OS X 10.4.9以降、Windows XPもしくはVistaのユーザーを対象とする。「CVE-2007-2400」の脆弱性に対応する。この脆弱性は、悪意のあるスクリプトをリダイレクト先のページに混入することを可能にする。悪用されるとクロスサイトスクリプティング攻撃が可能になる。WebCore向けのパッチ

 このパッチはMac OS X v10.3.9、Mac OS X Server v10.3.9、Mac OS X v10.4.9以降、Mac OS X Server v10.4.9以降、Windows XP、Windows Vistaを対象とする。「CVE-2007-2401」の脆弱性に対処する。この脆弱性は、XMLHttpRequestにおけるHTTPリクエストのヘッダ処理にある不具合が原因で、HTTPインジェクションが可能になってしまうというもの。悪用されると悪質なサイトへのクロスサイトリクエストが可能になる。Patch for WebKit

 このパッチはMac OS X v10.3.9、Mac OS X Server v10.3.9、Mac OS X v10.4.9以降、Mac OS X Server v10.4.9以降のユーザーが対象。「CVE-2007-2399」の脆弱性に対処する。フレームセットレンダリング時の扱いに不具合があり、メモリが破損する恐れがある。ユーザーが悪質なウェブサイトを訪問すると、DoS(サービス拒否)攻撃を受けたり、任意のコードを実行される可能性がある。

(2007.6.25/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-25 17:37 | PC  

イーモバイルの契約数は約5万件――Huawei製端末でペースアップを狙う

 イー・モバイルの加入件数が、6月1日段階で約5万件に達したことが分かった。6月22日に行われた「D01HW」「ライトデータプラン」の発表会見において、同社代表取締役社長兼COOのエリック・ガン氏が明らかにした。



●料金プラン・端末の選択肢を広げ、加入者増を目指す

 加入者の内訳は、約2万件が「EM・ONE」ユーザーによる契約で、約3万件が「D01NE」「D01NX」などデータ通信カードの契約になるという。個人・法人の比較ではほとんどが個人契約で、狙い通りビジネスコンシューマー層を取り込んでいる。また、法人需要の場合は提案から契約までの期間が長いため、今後は法人比率が伸びてくるだろうと予測している。

 同社は2007年度中の30万契約獲得を目標としており、9月末の上半期までに10万契約を目指す。3月31日の開業から約2カ月で5万件というペースは「計画通り」(ガン氏)で、今年度中の30万契約を目指すにはスローペースではないかという質問に対しては「開業時のサービスエリアは東名阪の一部と限定的だった。今後は既存エリアの拡張のほか、北海道や東北、中国・九州でサービスを開始する。エリアが全国規模に拡大することで様子見だったユーザーの契約が増えるだろう」(ガン氏)と述べた。エリアの拡大に加え、低価格の料金プランと新端末をリリースすることで、ユーザーの選択肢を広げ契約増を加速させる考えだ。


 D01HWについては、「サービス開始後、多くのMacユーザーの方からお問い合わせを頂いた。現在の我々のターゲットはビジネスコンシューマーだが、ビジネスシーンでMacを使う方が少なくないことは承知しており、D01HWがその期待に応えるだろう。また、ほとんどのデスクトップPCにはPCカードスロットがなく、従来のデータ通信カードは使うことができなかった。D01HWはUSB接続で、より多くのPCで利用できる」(ガン氏)と、その高い汎用性をアピール。さらに、開業時に開発発表したExpress Card/34タイプの「D02OP」を7月末に発売すると述べた。、

●全世界200万台の販売実績

 会見には、D01HWの供給元であるHuawei Technologies Japanのマネージングディレクター ヤン・リダ氏も出席した。Huaweiはイー・モバイルが基地局ベンダーとして採用しており、D01HWがコンシューマー向けとしては国内初参入の製品となる。

 D01HWは、主にヨーロッパで「E220」という型番で流通しており、VodafoneやTelefonica、TELECOM Italiaなどのオペレーターが採用しているという。ヤン氏は「D01HWは、5月末現在で全世界200万台の出荷実績を誇る製品で、半年前にイー・モバイル会長兼CEOの千本氏からイー・モバイル端末として興味があるとお話をいただいた。その際、1つの要求としてMac対応を求められ、新たに開発を行った」と、千本氏の説得行脚を伺わせる開発エピソードを披露。さらに「例えば、モバイル環境が必要な出張時には無線LANがあるホテルを探したり、施設の有料ネット接続サービスへ入る必要があった。しかしD01HWであれば、いつでもどこでも高速なネット接続が行える。さらに、WindowsとMac OS、ノートPCとデスクトップPCの双方に対応しており、1台で社用・私用の垣根を越えて利用できる」と、USB接続タイプのメリットを強調した。
(2007.6.25/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-25 17:37 | 周辺機器