<   2007年 06月 ( 185 )   > この月の画像一覧

 

「Roomba」のiRobot、「スタンガンロボット」開発へ

護身用製品を手掛けるTASER Internationalとの提携により、スタンガンなどのTASERの技術を搭載した軍用ロボットの共同開発などを行う。

 米iRobotは6月28日、米TASER Internationalとの提携を発表した。TASERは、軍や司法当局、コンシューマー向けにスタンガンや護身用製品を提供している企業。iRobotは、掃除ロボット「Roomba」などの家庭向け製品のほかに、軍事ロボット「PackBot」も手掛けており、提携により軍事事業の強化を図る。

 iRobotとTASERは既に、TASERの技術を装備したPackBotのプロトタイプを共同開発しており、米シカゴで7月9~10日に開催のTASER主催カンファレンスでデモを行う予定。


TASER X26搭載のPackBot
 iRobotは、米海軍や陸軍向けに、既に1000台以上のPackBotを出荷している。
(2007.6.30/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-30 11:10 | 周辺機器  

ドコモ「1台で2回線」の新サービスが波紋


 1台の携帯電話で2回線分の電話番号とメールアドレスが使えるNTTドコモの新サービスが業界内に波紋を広げている。ドコモが新サービスで増えた回線を契約数に上乗せして発表していることに他社が「水増しだ」と反発。総務省は29日、業界団体の電気通信事業者協会に、同サービスを1回線とみなして集計するよう要請した。

 新サービスは「ツーインワン」の名称で5月25日から始まった。月945円を払えば同一名義で2回線分を利用できる。1台の端末で2つの電話番号を持ち、仕事用と私用で番号を使い分けたりできる。

 電気通信事業者協会がまとめた5月の携帯契約数によると、新規契約から解約を引いたドコモの契約純増数は8万2700件。このうち約1万件が新サービスでの上乗せ分だった。これに対しソフトバンクモバイルが「契約数の指標としての信頼性がなくなる」と総務省に抗議。同省は29日に「2回線目は副次的な回線と考えられる」(料金サービス課)と同協会に連絡、統計上は1回線として計算するよう求めた。
(2007.6.30/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-30 09:19 | 周辺機器  

刻々と進化するマルウェアの「自己防衛」技術――Kaspersky Lab報告書




 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labは6月28日、マルウェアがセキュリティソフトから身を隠すための「自己防衛」技術の進化について分析した報告書を発表した。



 ウイルス対策ソフトの発展に伴い、マルウェアがウイルス対策ソフトを攻撃したり、姿や形を変えて検出されにくくするなどの自己防衛技術も高度化、巧妙化している。

 報告書では、難読化や暗号化、ステルス技術、Rootkitなど、マルウェアが自己防衛のために使っている具体的な手口について解説。自己増殖プログラムが複製の過程でコードの一部を書き換える「ポリモーフィズム」、ソースファイルを圧縮してウイルス対策ソフトに検出されにくくする「パッカー」技術などが進化してきたと分析する。

 ウイルス対策ソフト側はこうした状況に対抗し、従来のファイル分析からプログラムの動作分析へと移行しつつあり、ウイルス作者側は動作分析を回避する必要に迫られている状況だという。

 今後のマルウェアでは、Rootkit、難読化/暗号化、および行動分析に基づくセキュリティソフトに対抗する技術が強化されるだろうとKasperskyは予想する。

 マルウェアの進化に伴ってマルウェア対策技術が発展し、対策技術に対抗する形でマルウェアの自己防衛技術も進化してきたと報告書は指摘。この「軍拡競争」が終わることはないかもしれないが、制御不能な状態に陥るのを食い止めることは可能だと結んでいる。
(2007.6.29/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-30 04:08 | インターネット総合  

大正時代の図書1万5700冊、JPEG画像で公開







 国立国会図書館は、明治時代の図書をJPEG画像で公開している「近代デジタルライブラリー」に、大正時代の図書約7200タイトル・約1万5700冊を追加し、7月3日から公開する。



 国会図書館が所有する大正時代の図書全9万冊のうち、著作権の保護期間が切れたものや、著作権処理が完了したものを公開する。明治の図書と合わせた公開図書数の合計は約14万3000冊になる。

 ブラジル移民のためのガイドブックとして1924年に出版された「ブラジル移植民地写真帖」や、1915年に行われた第1回全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)の写真が掲載されている「野球歴史写真帖」などが閲覧できる。

 追加図書の一覧は、同サイトのトップページで表示。CSV形式でダウンロードできるようにする。今後も著作権者の調査や著作権処理を進め、公開図書の数を増やす。

 図書追加にあわせて、全画像を、これまでのモノクロ画像よりも細かく白黒の濃淡を表現できるグレースケール画像に変更する。
(2007.6.29/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 17:36 | インターネット総合  

「iPhoneの利用は慎重に」--ガートナー、企業セキュリティに注意を呼びかけ




 調査会社Gartnerが、社員に「iPhone」の業務目的での使用を許可すると同端末が社内セキュリティシステムの各所に「穴を開ける」可能性がある、と主張している。

 アナリストらは米国時間6月28日にリサーチメモをリリースし、iPhoneには基本的な社内セキュリティに準拠するために必要な機能が搭載されていないため、IT部門は、社員に同端末を使わせることに極めて慎重になるべきだ、として注意を呼びかけている。iPhoneは29日に米国で発売される。

 Gartnerは以下の理由からiPhoneの利用を当面は避けるよう呼びかけている。主要な携帯端末管理スイートやモバイルセキュリティスイートが未対応である点。主要な業務用モバイル電子メールソリューションプロバイダーが未対応である点。ほかのハードウェアサプライヤーにOSプラットフォームがライセンスされておらず、予備機の選択肢が限られている点。機能上の不備によりサポートコストが増加する(バッテリが取り外せないなど)可能性がある点。今のところキャリアが米国の1社のみである点。エンタープライズ分野の携帯端末を開発した経験のないベンダーが製造した実績のないデバイスである点。端末の価格が高い点(499ドルから)。企業ではなく消費者に重点を置いていることをAppleが明言している点。

 セキュリティポリシーを維持しながら携帯端末などの通信技術を企業のITネットワークに統合することは、企業にとって大きな問題になりつつある。加えて、職員が携帯端末を企業ネットワークに一方的に統合可能にするツールをメーカーが提供することで問題がさらに悪化しつつある、と同アナリストグループは主張する。

 このレポートには、「大半の携帯端末には業務システムに素早く接続できる使いやすいツールが付属する。エンドユーザーがこのようなツールをインストールすると、これらが企業のセキュリティ領域に事実上『穴を開ける』ことになり、IT部門がコントロールできないまま、知らないうちにデータがアプリケーションから個人所有のデバイスに移動してしまう」と書かれている。


 Gartnerの主張によると、企業は複数の携帯端末に対応する「管理された多様性のある」アプローチを考案するべきだという。こうしたアプローチは、効率的にさまざまなデバイスをサポートできる一方で、セキュリティレベル維持のために一部システムへのアクセスが制限されることになるという。

 しかし、iPhoneが新しいデバイスであり、Appleに業務用のセキュアな携帯端末の製造経験がないことから、Gartnerでは当面この携帯端末を採用しないよう企業らに推奨している。

 AppleはiPhoneを業務用デバイスとしては位置づけていないが、同社がiPhoneにAjax開発技術の採用を決めたことで、同端末は企業向け携帯端末用の実用的なプラットフォームになる可能性がある。Appleは6月にサンフランシスコで開催した「World Wide Developers Conference」(WWDC)において、企業やサービスプロバイダーは、Ajaxで効率的にウェブアプリケーションを開発し、それをiPhoneを含むあらゆるデバイスにほぼ問題なく移植できる、と主張した。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は、「デベロッパーやユーザーは、iPhone用アプリケーションの外観と動作に大きく驚き、歓迎するだろう。Web 2.0ベースの標準を採用したわれわれの革新的なアプローチなら、iPhoneのセキュリティと信頼性を維持しながら驚くべき新アプリケーションを開発できる」と語っていた。

 Appleの取締役も務めるGoogleのCEOであるEric Schmidt氏も、iPhoneはGoogleのホステドアプリケーションに対応したモバイルプラットフォームとなる独自の位置づけになっている、と主張した。

 同氏は、「iPhoneはパワフルな新デバイスで、Googleが開発中のアプリケーションに最適だ。今後の両社の発表に期待していただきたい」と語っている。

 本稿執筆時点では、AppleからGartnerのレポートに関するコメントを得られなかった。

(2007.6.29/ CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 17:36 | 周辺機器  

アキバに行列200人――「Advanced/W-ZERO3[es]」店頭予約開始






 ウィルコムは6月29日、シャープ製のWindows Mobile 6搭載スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」の店頭予約を開始した。6月29日から7月1日までの3日間、タッチ&トライイベントを開催する東京・秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaには、最大200人の行列ができた。



 ウィルコム取締役執行役員副社長の土橋匡氏は「W-ZERO3、W-ZERO3[es]に続き、Advanced/W-ZERO3[es]も多くの方から支持をいただき感謝している。現場の営業部隊も、これまで以上の大きな手応えを感じているようだ。他キャリアにも優れたWindows Mobile搭載端末が登場するなど、今年はスマーフォン元年といえる。トップシェアという我々のポジションを確固たるものにしたい」とコメントした。

 同社は本機で、よりカジュアルな層への支持拡大と、他社の携帯電話や音声端末と併用するダブルホルダー需要への訴求を図りたい考えだ。

 「レーベルゲートとの音楽配信サービスを発表したが、今後はこうしたカジュアルな利用の提案がポイントになるだろう。Advanced/W-ZERO3[es]は、赤外線ポートや名刺リーダーの搭載、カメラ性能の向上など“携帯電話らしさ”を高めている。従来のW-ZERO3ファンやWindows Mobileファンとは別に、もっと手軽に使いたい層にも受け入れられると思う。また、携帯電話でパケット定額プランを申し込む人が増えているが、Advanced/W-ZERO3[es]をもう1回線持ってもトータルな金額は同じか安い。Advanced/W-ZERO3[es]であれば、低額でパケット通信を活用できることを訴求したい」(土橋氏)


 米国でまもなく発売となるApple Computerの「iPhone」については「スマートフォン市場を活気付けてくれる存在でもあり、大変注目している」(土橋氏)と述べた。

 今までのW-ZERO3シリーズと同じように行列ができるほどの人気となったAdvanced/W-ZERO3[es]だが、生産体制の見直しなどでW-ZERO3やW-ZERO3[es]の時のような在庫不足は発生しないという。目標出荷台数は公表していないが、できるだけ早く10万台を突破するのがファーストステップになる。

 また、現在シルバーしかないボディカラーだが、さまざまなカラーバリエーションを検討中で、できるだけ早い時期に登場させたいとした。

(2007.6.29/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 17:34 | 周辺機器  

MySpaceTV――YouTube対抗動画サイト発表



 米MySpaceは6月28日、新しいビデオ配信プラットフォーム「MySpaceTV」のβ版を発表した。従来の「MySpace Video」に代わり、MySpaceコミュニティーの主要ビデオチャンネルとして機能するほか、MySpaceの会員でなくてもビデオクリップの閲覧が可能な動画サイト。日本語を含む7カ国語に対応しており、世界15地域でローカルバージョンの提供を開始した。



 MySpaceTVでは、ユーザー制作のオリジナルビデオクリップのほか、Sony Pictures TelevisionやNBAといったパートナー企業によるビデオも配信。ホームページで編集部が選んだ注目のビデオを紹介し、その他のビデオクリップは、カテゴリーやチャンネル別に整理されている。また、「Video Charts」では、MySpaceコミュニティーで人気の高いビデオのランキングを表示。さらに、MySpaceメンバーは、自分のお気に入りのビデオを保存できる「My Videos」機能も利用できる。

 MySpaceでは、ここ数週間に、自分のプロファイルにビデオをワンクリックで追加できる機能や、新しいビデオ検索ツール、スライドショー機能を追加するなど、ビデオ関連インタフェースを大幅に変更。さらに、最近買収したメディア編集ツールのFlektorや、写真共有サイトのPhotobucketの技術が、「MySpaceのビデオ(関連事業)の爆発的な成長」をさらにサポートすると期待している。


(2007.6.29/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 17:33 | インターネット総合  

ヤフー、徒歩ルートも分かる「行き先案内」携帯版で開始


 ヤフーは28日、「モバイル版ヤフー!地図情報」で出発地と目的地を入れると、徒歩と鉄道によるルート情報を検索できるサービス「行き先案内」の試験提供を始めたと発表した。徒歩区間を地図上にルートを表示する仕組みで、携帯向けの無料サービスでは珍しい。

 出発と目的地には、駅名や「東京ミッドタウン」など著名な施設名などを入力できる。携帯電話の全地球測位システム(GPS)機能を使い、現在地から検索したり、徒歩ルートから外れていないか確認したりもできる。(2007.6.20/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 11:32 | インターネット総合  

Palm減益、スマートフォンの販売台数は過去最高

Palmの3~5月期決算は、ストックオプション経費計上などの影響で減益。売上高はほぼ横ばいだが、スマートフォンの販売台数は過去最高を記録した。

 米Palmが6月28日発表した同社第4四半期(3~5月期)決算は、売上高は4億130万ドルで、前年同期の4億310万ドルからほぼ横ばい。純利益は1540万ドル(1株当たり15セント)だった。純利益には、ストックオプション関連経費540万ドル、無形資産の償却100万ドルなどの影響が反映されている。前年同期の純利益は2720万ドルだった。

 同四半期のスマートフォンの売上高は、前年同期比14%増の3億4420万ドル。出荷台数は75万台で、前年同期を43%上回り過去最高を記録した。

 通年では、売上高が前年比1%減の15億6000万ドルで、純利益は5640万ドル(1株当たり54セント)だった。前年の純利益は3億3620万ドルで、税金関連の引当金戻し入れの影響(2億1950万ドル)などの影響が含まれていた。通年でのスマートフォンの販売台数は270万台で、過去最高となった。

 第1四半期(6~8月期)については、売上高を3億5500万~3億6500万ドル、最終損益は、1株当たり1セントの赤字から1セントの黒字の間とみている。
(2007.6.29/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 09:31 | PC  

RSSフィード検索Feedsterがサイトを刷新、ブログパーツ作成可能に

RSSフィード検索Feedsterがサイトを全面刷新。いわゆる"Web 2.0"風のサイトデザイン刷新、ブログパーツによるコンテンツポータビリティを強化。



三井物産ヴィクシア株式会社が運営するRSSフィード検索エンジンFeedster(フィードスター)は2007年6月27日、サイトデザインを刷新した。英語版公式ブログで明らかにされた。


デザインが完全に刷新されたほか、話題のフィードを表示するFeed Buzzを目立つようにした。Feed Buzzはチャネル(カテゴリ)別に表示可能で、更新頻度、購読者数、トピックの専門性、情報の価値を基準に選別されている。新たにブログパーツ作成機能が追加されており、好みのチャネルのフィードコンテンツと、そのチャネル内のFeedster検索機能をブログパーツとして自分のブログに簡単に貼り付けることができる(※feedsterブログパーツ作成する時はアカウント登録が必要)。

またFeedsterは数週間前に新しいセマンティックベースの検索エンジンを投入したことも明らかにした。新しいアルゴリズムの搭載により有益な検索結果を提供し、スパムを効率的に排除していると説明している。

なお、本記事執筆時点で日本語版はサイトデザインが崩れて正常に表示することができない
(2007.6.29/SEOリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 09:30 | インターネット総合