<   2007年 05月 ( 204 )   > この月の画像一覧

 

Dell、ついに「直販オンリー」から「店頭でも販売」に踏み切る




 米Wal-Mart Storesと米Dellは5月24日、DellのデスクトップPCを北米のWal-Martで販売すると発表した。700ドルを切るWal-Mart限定モデル2機種を、米国、カナダ、プエルトリコの3500以上のWal-Mart店舗で6月10日から販売する。

 今回Wal-Martが販売するのは、Dell Dimension Mulitmedia Desktop Computerの限定モデルなど2機種で、仕様などの詳細は追って公開される予定。両社では、この2機種の販売状況や、顧客からのフィードバックを基に、取り扱う製品や流通面に変更を加えるとしている。

 不振のDellにCEOとして復帰した創業者、マイケル・デル氏が従業員に伝えた電子メールでは、直販オンリーのビジネスモデルからの転換を示唆していた。
(2007.5.25/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 13:39 | PC  

サン日本法人、シンクライアント端末を最大4割引きで販売


 サン・マイクロシステムズ日本法人(東京・世田谷)は、記憶装置を搭載しないパソコン「シンクライアント」の割引販売をすると発表した。受注日が今年9月末までの期間限定で、単価の最大4割引きで提供する。価格訴求力を高めることでシンクライアントの普及につなげたい狙いだ。

 「サン・レイ・スタートパック」と称して低価格販売を始める。対象となるシンクライアント端末は、ディスプレーなしの「サン・レイ2」、ディスプレー一体型の「サン・レイ270」、ノートパソコン型の「サン・レイ2N」の3機種。サン・レイ2N5台と管理サーバー1台、個人認証用のICカード25枚、専用ソフトをセットにした場合で価格は84万円(税抜き)。
(2007.5.25/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 09:31 | PC  

ネット広告売り上げ、前年比35%増で過去最高


米国のインターネット広告売上高は増加を続けており、2006年には169億ドルに達した。

 インターネット広告業界団体のInteractive Advertising Bureau(IAB)とPricewaterhouseCoopersは5月23日、2006年の米国のネット広告売り上げが前年比35%増の169億ドルに達し、過去最高を記録したと発表した。2006年第4四半期の売上高は48億ドルで、こちらも前年同期を35%上回り、過去最高となった。

 広告売り上げは、ディスプレイ広告、キーワード検索広告、クラシファイド(案内広告)など、すべての種類で伸びており、課金方法別にみても、CPM(インプレッション単価)制、成功報酬制とも増加している。

 IABでは、このネット広告支出増加傾向は今後も継続するとみている。(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:11 | インターネット総合  

Dell、Linux搭載PCを間もなく発売

Dellは「XPS 410n」「Dimension E520n」「Inspiron E1505n」の3機種にUbuntu Linuxをプリインストールして提供する。

 米Dellは5月24日、米国でLinuxプリインストールPCの販売を開始する。

 この日の中央標準時午後4時までに、Ubuntu 7.04を搭載したシステムを販売開始する。デスクトップモデルの「XPS 410n」「Dimension E520n」、ノートPCの「Inspiron E1505n」の3機種が提供される。

 価格はE520nとE1505nが599ドルから、XPS 410nが899ドルから。

 Dellが提供するハードウェアサポートのほか、ユーザーはDell Community ForumのLinuxセクションで支援を求めることができる。Canonicalが提供する有料のOSサポートも利用可能で、「30-day Get Started」「One-year Basic」「One-year Standard」の3種から選べる。

 既報の通り、これらのLinux PCがサポートする周辺機器は初めは限定的なものとなる。Dellはベンダーと協力してLinuxドライバの安定性向上に取り組むとしている。
(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:10 | PC  

ビックカメラで「AED」発売 小売店で初

ビックカメラ有楽町店で、救命装置「AED」を販売する。小売店でAEDを販売するのは業界初。一般でも容易に入手できるようにし、普及を促す。


AEDは健康関連機器売り場で展示・販売する ビックカメラは5月24日、心停止状態の人に電気ショックを与えて蘇生させる自動体外式除細動器(AED)の販売を東京・有楽町店で始めた。小売店でAEDを販売するのは業界初といい、店頭にも設置した。販売・設置店舗は順次拡大する予定で、一般の人も手軽に購入できるようにし、AEDの普及を促す。

 AEDは、心臓に電気ショックを与え、再び心臓を正常な状態にする装置。突然心停止した人を救う“命綱”だ。国内では医師、看護師、救命救急士だけに使用が認められていたが、2004年7月から一般の人も使えるようになった。駅やスポーツ施設などの公共施設を中心に設置が進んでおり、企業の事業所などでも導入の動きが広がっている。

 販売するのは、フィリップスエレクトロニクスジャパン製「ハートスタートHS1」(42万8000円)と、日本光電工業製の「カルジオライフAED-9231」(38万8000円)の2製品。

 ハートスタートHS1は、米国では医師の処方せんなしで一般市民の購入が認められている唯一のAEDといい、世界・国内でトップシェアという。心臓マッサージの深さ、回数、リズム、人工呼吸の回数やタイミングを音声で案内するほか、AEDの電極パッドを体に貼る時に邪魔になる衣服を裁断するためのはさみも入っている。

 カルジオライフAED-9231も、音声で手順を案内する機能を備えた。音声が聞き取りにくい状況でも使えるようディスプレイでも手順を表示する。ふたを開けると自動で電源が入る仕組みで、誰でも簡単に使えるよう操作ボタンは1つだけにした。



ハートスタートHS1。210(幅)×70(高さ)×190(奥行き)ミリ、重さは1.5キログラムと軽量で、緊急時でも簡単に持ち運べるサイズだ
カルジオライフAED-9231は、東京マラソンで2人の命を救ったという。サイズは270(幅)×80(高さ)×310(奥行き)ミリで、重さは3.1キロ

 有楽町店では、販売するAEDと同型のものを店内にも設置。同社の塚本智明営業本部長は「日本ではAEDが商業施設に導入され始めたのは最近。欧米に比べるとまだまだで、一般の方が買えるようにしたいと考えていた。社員全員にAEDの使い方の指導を行い、万が一の時のために備えたい」と話していた。



南淵氏 同日店頭で開かれたイベントには、漫画「ブラックジャックによろしく」の心臓外科医のモデルとなった南淵明宏さんも登場。AEDの一般販売について「ブレイクスルー的な出来事だ。1つの殻を破った」と評価した上で、国内では、現場にたまたま居合わせた医療従事者がAEDを使用するケースが多いことを挙げ「一般の人もAEDを使って命を救ってほしい」と呼びかけた。(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:09 | 周辺機器  

送信ドメイン認証「DKIM」、IETFが承認


標準化団体IETFが、電子署名方式による送信ドメイン認証「DKIM」を承認した。

 米Yahoo!は5月22日、標準化団体IETF(Internet Engineering Task Force)が、電子署名方式による送信ドメイン認証「DKIM」(DomainKeys Identified Mail)を承認したことを明らかにした。DKIMは、Yahoo!が提供するDomainKeysと、Ciscoが提案した「Identified Internet Mail」(IIM)という2つの規格を統一したもの。

 DKIMはドメインレベルでメールに署名、その署名を検証するシステム。メールの受信側が署名の部分からドメイン名を特定、暗号化技術を使って署名を検証する。迷惑メールやスパム、フィッシング対策として有力視されている規格だ。

 過去3年間にわたり、規格の共同提案者であるYahoo!、Cisco、PGP、Sendmailのほか、IBM、Earthlink、Microsoft、Google、PayPalなどがDKIM承認を目指し支援してきた。
(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:08 | インターネット総合  

「韓国のGoogle」、国際進出を目指す

韓国でNaverを運営するNHNは今年、日本で検索エンジンのテストを開始する。中国やベトナムへの進出も考えている。

 韓国の最大手WebポータルNHN Corp.は、国際的なプレイヤーになる役に立つのであれば、インターネット企業の買収、あるいは競合企業への身売りを模索するかもしれない。同社CEOのチャー・フィヤン氏が語った。

 「高度な検索エンジン技術を持った企業の買収に特に興味がある」とチャー氏は今週、Dow Jones Newswiresの取材に応えて語った。「筋が通っていれば、買収ターゲットになっても構わない」

 NHNは売上高、検索件数ともにトップの韓国語検索エンジンを運営しており、「韓国のGoogle」と呼ばれる。同社は買収や提携を通じて世界的に勢力を拡大したい考えだとチャー氏は言う。

 「検索関連のオンライン広告はまだ揺籃期にある。検索広告とオンラインゲームは今後何年も引き続き当社の主な成長の原動力となるだろう」(同氏)

 同氏は、NHNはGoogleやYahoo!などの大手インターネット企業から買収交渉を持ち掛けられたことはないと語った。

 韓国の検索広告市場は今年7000億ウォン(7億5200万ドル)規模になる見込みで、2010年にはこれが2倍以上の1兆6000億ウォン(17億2000万ドル)に拡大する見通しと同氏は言う。

 NHNはKosdaq市場上場企業の中で最大規模で、時価総額は7兆5800億ウォン(81億4000万ドル)。同社株式の50%以上は外国人株主が保有している。同社は2000年に検索事業を立ち上げた。

 同社は第1四半期に、Web検索広告収入が前年比で85%伸びたことにより、記録的な売上高と利益を計上した。

 同社の検索エンジンNaverは韓国の最大手Webポータルであり、同国のインターネット検索の77%を占めている(KoreanClick調査)。

 かつて韓国の検索エンジンをリードしていたYahoo!は、今のシェアはわずか4.4%。Googleは2%だ。

 NHNは中国、日本、韓国で人気のオンラインゲームサイトも運営している。今月には米国でもゲームポータルを開設した。

 チャー氏は、第3四半期末か第4四半期初めに日本語サービスのトライアルを開始して、韓国での成功を日本にも持ち込みたいと語った。

 「日本は韓国と似た文化を持っている。われわれは何年もの間、日本の主要ゲームポータルであるハンゲームの運営に成功している。これが、同国での検索エンジン市場に足掛かりを築く役に立つだろう」(同氏)

 同氏は、うまくいくと分かれば、中国、ベトナムなどにも進出すると付け加えた。

 NHNの完全子会社NHN USAは今月、英語のゲームサイトを立ち上げた。300万人の登録ユーザーを有し、40種のオンラインゲームを提供している。(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:07 | インターネット総合  

ブログPRが実を結ぶ 関西学院大相撲部が「部員だけ」団体戦に

部員減で休部危機にあった関西学院大相撲部が、学生相撲大会の団体戦に久しぶりに「部員だけ」で出場する。部を紹介するブログを解説するなど、自前なPRが実を結んで部員数が増えたからだ。

 全国大会で優勝経験がある古豪ながら、部員減のため休部の危機にあった関西学院大(西宮市)の相撲部が、6月3日に行われる西日本学生相撲選手権大会の団体戦に、6年ぶりに「部員だけ」で出場する。数年前には部員が1人だけの時期もあり、別の部から助っ人を頼んでいた。部を紹介するブログを開設するなど、地道なPR活動が実を結び、現在は自前で団体戦に出場可能な計5人にまで回復。かつての古豪復活に向け、熱の入ったけいこで本番に備えている。

 同部は明治23年ごろに創部。昭和初期~20年代には団体戦で全国大会を通算5度制した強豪だったが、46年に西日本の2部リーグに転落してから徐々に部員が減少。少子化の影響もあり、1昨年には部員が現主将の粟村文彦さん(20)=経済学部3年=1人だけという状況に陥った。

 大会にはレスリング部に助っ人を頼んで団体戦出場に必要な人数を確保してきたが、「このままではいずれ廃部になる」と危機感が募った。このため、粟村さんやOBで西日本学生横綱に輝いた実績を持つ同大職員、椿本伸明コーチ(28)らが「関西学院大学相撲部再生計画!」と題したブログを開設。PR活動を開始した。

 「厳しそう」とのイメージで敬遠する学生がいることから、大きな選手が激しくぶつかりあう写真の掲載は避けて「初心者でも大丈夫」と強調。保育園児に相撲を教える様子など、大会以外の活動内容も掲載した。

 ソフトPRの甲斐あって、現在までに3年生1人、2年生2人、1年生1人が相次いで入部し部員は計5人になった。粟村さんを含めて3人は大学から相撲を始めた「未経験者」だが、OBがけいこに参加して胸を出すなど、土俵に活気が戻った。

 現在は週5回、しこやてっぽう、ぶつかりげいこなどで汗を流し、本番に備えている。粟村さんは「1人でけいこしているときは辛かったが、今は仲間がいて楽しい。大会では予選を突破し、昨年負けた学校にリベンジするのが目標」と意気込んでいる。(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:06 | インターネット総合  

nanaco、開始29日で100万登録を突破。おサイフケータイは約15%


セブン-イレブンで利用できる独自電子マネー「nanaco」が、4月23日のサービス開始から29日で発行数100万件を超えた。内訳はカードが85%、おサイフケータイが約15%となっている。

 セブン&アイ・ホールディングスは5月21日、アイワイ・カード・サービスが発行する電子マネー「nanaco」の発行件数が100万件を超えたと発表した。nanacoはセブン&アイが発行する独自電子マネーで、4月23日にサービスを開始した(4月23日の記事参照)。サービス開始以来、29日での数字となる。セブン&アイ・ホールディングスでは、初年度1000万枚の発行を目指している。

 nanacoは非接触IC「FeliCa」を利用したプリペイド型(先払い式)独自電子マネーで、カードを利用する「nanacoカード」と、おサイフケータイで利用できる「nanacoモバイル」の2種類が用意される。100万件はカードとモバイルを両方合わせた数字で、内訳はカードが約85%、モバイルが約15%。

発行件数 日付
20万件 4月27日(5日目)
30万件 5月6日(14日目)
50万件 5月14日(22日目)
100万件 5月21日(29日目)


5月28日からはセブン-イレブン全店でnanacoが利用可能に
 現在nanacoを利用できるのは、東京都、岩手県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、栃木県、茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県のセブン-イレブン約6260店舗。5月28日朝6時以降はさらに5470店舗でも取り扱いが始まり、セブン-イレブン全店(34都道府県、約1万1730店)でサービスを提供することになる。

 現在はセブン-イレブンでのみ利用できるが、2007年秋以降は、イトーヨーカドーやデニーズなど、セブン&アイ系列の各種店舗や、JCB加盟店を中心とするグループ外店舗でもnanacoを利用できるようになる予定。また、店舗POSレジだけでなく、セブン銀行ATMでのチャージも予定している。また、当初セブン-イレブンで利用できる電子マネーはnanacoだけだが、2007年夏以降はFeliCaクレジット決済(後払い)のQUICPay、秋以降は他方式のFeliCa電子マネーにも対応していく予定だ(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:04 | 周辺機器  

ミクシィ、事業目的に「旅行業」「金融業」など追加

ミクシィが事業分野拡大に向けて動いている。定款変更案の事業目的の欄に、新たに「旅行業」「金融業」「電気通信業」など多様な業種を追加した。

 ミクシィが事業分野拡大に向けて動いている。5月23日付けで発表した、同社の定款変更案の事業目的の欄に、新たに「旅行業」「金融業」「電気通信業」など多様な業種を追加した。6月27日の株主総会で正式決定する。

 従来の定款では、事業目的は「ネットを活用した情報提供」などとしていたが、「ネットを活用した」を削除。新たに、書籍や雑誌の製作・販売、著作権管理、広告代理店業、旅行業、電気通信事業、集金代行業、CD、DVDなどの企画・制作販売、不動産売買、仲介業、金融業、損害保険代理業、投資業などを追加した。

 同社は「今後の事業拡大をかんがみて拡充した」としていおり、具体的な事業計画についてはコメントを避けた。(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:02 | インターネット総合