<   2007年 03月 ( 151 )   > この月の画像一覧

 

イー・モバイル、携帯電話事業に13年ぶり新規参入




 携帯電話事業に約13年ぶりに新規参入したイー・モバイル(東京都)は31日、携帯情報端末を使った高速データ通信サービスを東京、大阪、名古屋の3大都市圏と京都市の一部で開始した。

 料金は5980円の月額定額制で、現在主流の第3世代携帯の約10倍の速さでデータを取り込むことが出来る。

 東京・有楽町の「ビックカメラ 有楽町店」と同・秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」で開業記念式典が行われ、秋葉原では専用の携帯端末「EM・ONE(エム・ワン)」などを買い求める徹夜組など約100人が列を作った。秋葉原の会場で、イー・モバイルの千本倖生会長は「日本をブロードバンド(高速大容量通信)携帯で世界ナンバーワンにしたい」とあいさつし、NTTドコモなど大手3社が分け合ってきた国内の携帯電話市場に変革をもたらす意気込みを示した。
(2007.3.31/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-31 18:31 | 周辺機器  

オンラインメモ帳「Google Notebook」正式サービスになってUIも日本語化

米Googleが実験サービスとして公開していたオンラインメモ帳サービス「Google Notebook」が29日、正式サービスに移行したことが明らかになった。新たに日本語を含む17言語にも対応した。

 Google Notebookは、Webページ上の文字や画像を切り抜いてGoogleアカウントで保存できるサービスだ。Windows XP用のInternet Explorer 6、Windows XPおよびLinux用のFirefox 1.5以降に拡張機能をインストールすることによって利用できる。

 さらに共有機能により、参加者を招待して自分のノートブックをグループで共有できる。また、全世界に向けてノートブックを公開することも可能だ。こうして公開されているノートブックの検索も行なえる。

 これまでGoogle Notebookは「Google Labs」サイトで公開されていたが、29日にGoogle Labsを“卒業”した。Google LabsではGoogleの実験的サービスをベータ版として数多く公開しており、一般に正式版に移行するとGoogle Labsから卒業する。これに合わせてGoogle公式ブログは29日、Google Notebookが英語以外の17言語に翻訳され、新しいユーザーインターフェイスで公開されたことを伝えた。

 米Google広報によると、この17言語とは日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、フィンランド語、スウェーデン語、ロシア語、中国語繁体字、中国語簡体字、韓国語、ポルトガル語、トルコ語、ポーランド語だ。これにより、Google Notebookが利用できるドメインは一気に102に拡大した。

 従来もGoogle Notebookで日本語のメモを利用することはできたが、今回正式版が公開されたことに伴い、「Googleノートブック」という日本語名称になるとともに、ユーザーインターフェイス全体が日本語に翻訳されている。また、ユーザーインターフェイスのデザインは、Googleのほかのサービスに合わせてデザインし直されている。
(2007.3.31/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-31 09:34 | インターネット総合  

jigブラウザ、Vistaのフリップ3DやMac OS Xのエクスポーズのようなタスク切替機能


jig.jpは30日、携帯電話向けフルブラウザ「jigブラウザ」において、NTTドコモ メガiアプリ対応機種向けにタスク表示切替機能の提供を4月1日より開始すると発表した。

ほかの画面キャプチャーはこちら

 今回実装されたタスク表示切替機能は、MENUキーの長押しによりjigブラウザ上で開いているすべてのタスクのサムネイル画像を、3D形式で重ねて表示できるというもの。なお、タスク表示切替機能を有効にするには、「MENU」内の「設定」→「表示設定」→「タスク表示設定」を3D表示設定に切り替える必要がある。

 また、3D表示だけでなく、サムネイル画像をタイル形式で並べて表示する「一覧表示」と文字のみを表示する「タイトル表示」も用意されている。

 このほか、「決定キー」の長押しで「サブメニュー」を開く機能も提供された。(2007.3.30/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 23:04 | 周辺機器  

フィッシングによる“貸します詐欺”=「キャッシング詐欺」に注意

モビット、みずほ、SMBCの名前を騙るメールも出回る



 フィッシング対策協議会は30日、金融機関からの融資案内を装った「キャッシング詐欺」のメールが増加しているとして注意を呼びかけた。27日に公表したDCキャッシュワンの名前を騙る事例以外にも、モビット、みずほ銀行、SMBCの名前を騙るメールも出回っているとして報告した。

 今回報告された事例では、メールのサブジェクトが「未承諾広告※ ▼ モビットのご融資案内 ▼」「未承諾広告※ 【みずほ銀行の個人向けキャッシング START 】」「未承諾広告※ 『SMBCのご融資ご案内 』」で、いずれも送信者は「ocn.ne.jp」ドメイン名のメールアドレスとなっている。また、配信停止の連絡先として記載しているメールアドレスもYahoo!メールのもので、見るからに怪しいことがわかる。

 本文ではカードローンやキャッシングの融資を紹介するとともに、偽サイトのURLを記載。そこに誘導して個人情報を入力させようとする。偽サイトは、各社のサイトそっくりに作られているが、URLが「.com」「.info」「.biz」といったgTLDによるもので、各社の公式サイトとは異なっている。

 先日報告されたDCキャッシュワンの事例でも、偽サイトに「.info」ドメイン名が使われていたが、フィッシングメールを配信する直前に登録されたものであることがわかっており、詐欺のためにドメイン名を取得したと見られている。新たに報告されたモビット、みずほ銀行、SMBCの事例でも同様と思われる。実際、フィッシングメールの文面を見ても、共通のテンプレートを使い回していると思われ、今後も別の金融機関の名前を騙るパターンが出回る可能性も十分に考えられる。

 フィッシング対策協議会では、フィッシングの手法を使った“貸します詐欺”への導入の可能性があると指摘。入力した個人情報が別の用途で使われる可能性もあるとして注意を呼びかけている。

 なお、今回報告された事例の中には、偽サイトがまだ閉鎖されていないものもあるため、注意が必要だ。
(2007.3.30/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 23:01 | インターネット総合  

セレブすぎるガンプラ(3000万円也)





プラはプラでも、プラチナの「プラ」です。

先日ご紹介した、市販品を徹底的に改修・改造して、 オークションに出品された「ガンプラ」 の落札額は、135万円。でも、今回の純プラチナ(Pt1000)製ガン「プラ」のお値段は、それをはるかに上回る3000万円なんです!! 

89のパーツを組み合わせて作られたボディは、全長125mm、重量約1400g。頭部には0.15カラットのダイアモンドを埋め込んで高級感アップしていますが、価格的にもはや誤差範囲。デザインは多くのガンプラを手がけるカトキハジメ氏によるもので、そのかっこよさも折り紙付きです。

このガン「プラ」はバンダイとGINZA TANAKAとのコラボにより誕生。来月スイス・バーゼルで開催される時計・宝飾品の国際見本市「BASEL WORLD 2007」で展示されます。

あまりに現実離れしていて、まるで一足早いエイプリルフールのようでもありますが、どうやら現実のお話。次回はもちろん純金で作った百式になるに違いありません。
(2007.3.30/ ギズモード・ジャパン)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 18:34 | 周辺機器  

クロスリスティング、広告配信パートナーにBIGLOBEを追加

エキサイトとNTTレゾナントの合弁会社クロスリスティングがNECビッグローブ、伊藤忠商事と業務・資本提携。


株式会社クロスリスティングは2007年3月29日、NECビッグローブ株式会社と伊藤忠商事株式会社と、資本業務提携すると発表した。5月よりBIGLOBEがクロスリスティングの広告配信先パートナーとなる。BIGLOBEは現在ジェイ・リスティングの「Jアドリスティング」を採用している。


伊藤忠商事は投資を通じて、拡大する検索連動型広告市場へ参入し、将来の広告事業の布石と位置づけている。(2007.3.30/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 15:10 | インターネット総合  

mixi動画に検索機能 新着動画一覧も





 ミクシィは3月28日、動画投稿サービス「mixi動画」に、動画を検索する機能と、新着動画を一覧表示する機能を追加した。


 タイトルや説明文、タグから動画を検索できる。キーワードを指定しなければ、新着動画を一覧表示。検索対象は「全体に公開」と設定された動画のみで、限定公開の動画は検索できない。

 mixi動画は2月5日にスタート。投稿できるのは有料会員だけだが、閲覧は全会員が可能だ。
(2007.3.30/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 15:08 | インターネット総合  

ブログ感覚で学級新聞作成 小学生のリテラシー教育に


シックス・アパートと中央大学は、ブログツールをベースに作った学級新聞作成ソフトを利用し、小学生に情報リテラシーを学んでもらう「新聞ブログ・プロジェクト」を共同で展開する。



 企業向けブログツール「MovableType Enterprise Publishing Pack」をベースに、学級新聞のようなデザインのブログを手軽に作れるソフトを共同開発した。作成したブログは、HTMLページとして公開できるほか、PDFに出力して紙に印刷できる。

 沖縄県内の2つの小学校で学級新聞を作成してもらう実証実験を行ったところ、参加した小学生からは「楽しかった」「また作りたい」といった感想が多く寄せられ、「実際の新聞を読みたくなった」などといった感想もあったという。

 シックス・アパートと中央大は、今後もソフト開発を進めるほか、小学校を訪問して新聞ブログ利用支援活動を行っていく。
(2007.3.30/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 15:07 | インターネット総合  

IE 7へのアップグレード? 正体はウイルスサイトに誘導する偽メール



Microsoftからのメールを装ってIE 7のアップグレードを促し、ユーザーをウイルスファイルにおびき寄せようとするスパムが報告された。


 セキュリティ企業のF-Secureによると、問題のメールは「admin@microsoft.com」というアドレスから来たように見せかけてあり、件名は「Internet Explorer 7 Downloads」となっている。

 本文はIE 7.0 β2へのアップグレードを呼び掛ける内容で、IE 7の正規画像に見せかけた画像をクリックすると、「ie7.0.exe」というファイルをホスティングしているサイトにつながる。

 ie7.0.exeの正体は「Grum.a」というウイルスで、同ファイルに組み込まれた画像をクリックすると実行される。

 IE 7のβ版が実際に公開されており、スパムメールの画像も本物のように見えるため、一見したところ悪意があるようには見えにくいとF-Secureは指摘。アップデートは必ずデベロッパーの正規サイトから入手するよう注意を促している。

 SANS Internet Storm Centerも、このスパムに関する情報が多数寄せられていると報告。IE7.0.exeは世界の複数箇所でホスティングされているという。 (2007.3.30/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 14:12 | インターネット総合  

Windowsに深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も発生




 Windowsのアニメーションカーソル処理に極めて深刻な脆弱性が存在し、これを悪用したゼロデイ攻撃が発生している。Windows Vistaも影響を受けるとされ、米Microsoftは3月29日、アドバイザリーを公開して注意を呼び掛けた。

 Microsoftによると、脆弱性はWindowsがアニメーションカーソルファイル(.ani)を処理する方法に存在する。細工を施したWebページをユーザーが訪れたり、細工を施した電子メールのプレビューや閲覧、添付ファイルの展開によって、攻撃コードが実行される恐れがある。

 脆弱性が存在するのはWindows VistaとWindows XP SP2、Windows 2000 SP4、Windows Server 2003/SP1。この問題を悪用したターゲット型攻撃も報告されている。Microsoftは調査を完了した時点で、月例セキュリティアップデートまたは臨時アップデートで対処する方針。

 同社によれば、Windows VistaでInternet Explorer(IE)7を使っている場合は、IE 7の保護モードにより、現在報告されているWebベースの攻撃からは守られる。また、Outlook 2002以降またはOutlook Express 6 SP1以降のバージョンを使っている場合、電子メールをテキスト形式で読めば、HTMLプレビュー攻撃から身を守る一助になると説明している。

 この問題を指摘したセキュリティソフトメーカーのMcAfeeは、完全にパッチを当てたWindows XP SP2で動作するIE 6と7で脆弱性を確認したと報告。Windows XPとSP1、Firefox 2.0は影響を受けないようだという。

 エクスプロイトコードは掲示板に掲載されたほか、McAfeeにマルウェアのサンプルが寄せられているといい、ほかにもこの脆弱性を標的とした同様のエクスプロイトがWeb上で攻撃に使われている可能性はかなり高いと同社は述べている。

 攻撃コードはアニメーションカーソルの「.ani」ファイルだけでなく、ファイル名をJPEGに変えたエクスプロイトが出回っているとの報告もある。

 Secuniaのアドバイザリーでは、この問題を悪用されると任意のコード実行が可能になると指摘。リスク評価は5段階で最も高い「Extremely critical」となっている。
(2007.3.30/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-03-30 14:11 | インターネット総合