<   2007年 02月 ( 174 )   > この月の画像一覧

 

デジタル地図で戦前の街並み再現へ 情報協力を 仙台

昨夏にメディアテークであった街の歴史を紹介するイベント。今夏も開催する予定で、デジタル地図のデータを公開し、市民の情報を集める

 せんだいメディアテーク(仙台市青葉区)と青葉区中央市民センターが連携し、デジタル処理した写真と詳細な地図で、戦前の市中心部の街並みを再現する「デジタル地図」の作製に取り組む。街の歴史を次代に伝える試みで、早ければ2008年度に完成、公開する予定。21日から3月15日までメディアテークで写真と地図を閲覧できるようにし、市民から情報を求める。

<写真100枚活用>
 デジタル地図には、公的機関が所蔵していたり、市民が寄贈したりしてメディアテークが保存している写真のうち、1935年から45年までの約100枚を使う。

 中央市民センターの本年度の市民講座「一番町まちなみ講座」で、受講生が記憶をたどったり、聞き取り調査したりして作った38年の住宅地図を活用。地図には当時の国分町や大町、一番町など中心部の商店や企業、公共施設が克明に記載されている。

 仙台市中心部の地番入り地図に、まちなみ講座の地図を重ね合わせ、縮尺などを調整した上で基となるデジタル地図を作製。さらに写真情報を取り込み、地図上の特定のポイントを指し示すと写真が見られる仕組みだ。

<夏にイベント>
 デジタル地図は当面、戦前の市中心部を再現することが目標。将来は他の年代、地区に広げることも予定している。

 当時の街並みに関する情報を市民から広く集めるため、写真と地図を期間限定で閲覧できるようにするほか、夏にメディアテークで開く街の歴史を紹介するイベントでも公開する。

<観光にも一役>
 「せんだい街のアルバム製作委員会」の中心メンバーで会社役員の菊地淳さん(50)は「写真と地図を使って、当時の街並みを浮かび上がらせる試みだ。多くの市民を巻き込みながら詳細な地図を作りたい」と話す。

 中央市民センターの渡辺洋一事業企画係長(50)は「街づくりに携わる人が誰でも活用できるデジタル地図を目指したい」と張り切る。メディアテーク企画・活動支援室の佐藤泰室長(54)も「街の歴史が感じられる仕掛けは、観光にも役立つだろう」と、さまざまに活用していく考えだ。 (2007.2.25/河北新報)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-25 15:09 | インターネット総合  

販売目的でも複製承認 国土地理院の地図情報


 国土交通省は24日、国内地図の基本となる国土地理院などの地図情報(測量成果)について、現在の閲覧だけでなくインターネット経由でダウンロードできるシステムを新たに導入、デジタル地図として加工販売する目的でのデータ複製を認めることを決めた。

 規制緩和の一環で誰でも簡単に最新の地図情報を利用できるようにして、デジタル地図ビジネス市場の拡大を後押しする。開会中の通常国会に測量法改正案を提出、ダウンロードや複製にかかる料金は今後検討する。

 現行法は紙の地図が基本だった時代に整備。地図情報をそのままコピーした地図が販売されるのを防ぐため営利目的の複製は一律禁止されていた。

 しかし最近はカーナビなどのデジタル地図が普及し、地図情報を下敷きにして建物や飲食店などのデータを張り付けて加工することが簡単にできるようになった。

(2007.2.25/東京新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-25 15:07 | インターネット総合  

ティーブレインが『幸せをつかむメルアド診断』を発表


株式会社ティーブレインは、新しいWEBサイト「幸せをつかむメルアド診断」スタート、『幸せをつかむメルアド診断』を発表した。
現在の社会において、メールはなくてはならないツールで、人それぞれに、自分のメールアドレスを持っている。
メールアドレスは、自分で好きにつけることができるが、あまり深くメールアドレスについて考えている人は少ないのでは。
このサイトでは、貴方のメールアドレスが、貴方に幸せをもたらすかどうかを診断するサイト。
また、このサイトの診断士は光凛氏で、「今まで、一部のマスコミに凄い霊視占いの女性がいると」言われてきた人物という。超有名な占い師などのヒーリングをし、著名人や大企業の経営者など限られた人間だけを鑑定しているそうだ。
その先生が、多くの鑑定者のメルアドを見て、成功している、幸せでいる人とそうじゃない人のメルアドには明らかに違いがあると気づき、それを統計学に基づいて構築したのが、このサイトだ。
光凛氏は「自分の名前を変えることはできないけれど、メルアドは今すぐにでも変えることができます。それも、無料です。それで幸せになれるのであれば、行動して欲しい」と語っている。

関連ページ:http://www.mail-shindan.com/ (2007.2.24/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-25 11:02 | インターネット総合  

3D仮想空間のSecond Lifeで企業サービスの口コミ広告メニューがスタート

株式会社モバイルファクトリーは、米Linden Lab社が運営する3D仮想空間で全世界380万人の利用者(2007年2月21日時点)が個人・法人を問わずビジネスやコミュニケーションができるまったく新しいサービス「Second Life」で、企業サービスの口コミ広告メニュー「Second Buzz!!」を2007年2月21日より開始した。
第一弾は、ブックオフコーポレーション株式会社が運営するWEBサイトの買い取り窓口ページへの誘導をするバーチャル店舗を展開する。また、CM動画を10m×10m巨大スクリーンでストリーミング配信に加えて、バーチャル店舗の上空には実店舗をイメージさせる大量の書籍を陳列した本棚を配置した巨大迷路が見所でゴールすると3Dアバタ用のオリジナルTシャツ等の無料配布などイベント盛りだくさんで展開するもの。

Second Lifeとは、3D仮想空間でユーザ1人1人が自分で洋服や家具や家や乗り物など全てを手作りで作成することにより構成されるバーチャル世界。
これにより作った物を取引するビジネスが存在していて、仮想通貨であるリンデンダラー(L$)はUSドルに換金できることから、非常に密なコミュニケーションが存在するリアルな仮想空間だ。

「Second Buzz!!」とは、インターネット広告を利用する全ての広告主に対して、Second Life内でのプロモーションを全面的にコンサルティング(建築・デザイン・演出)して、今までの「動かないピクチャーバナー」といった平面的な広告手法から、商品をより実感しやすく情報量を持たせるべく、3Dで手にとって体験・体感できるサンプリングデモ展開が可能となる。
イベント会場を設置して、その周知方法にモバイルファクトリー運営の口コミプロモーション「BloMotion」との連携によりトータルにサポートするもの。

Second Buzz!!:http://secondbuzz.jp/ (2007.2.24/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-24 18:14 | インターネット総合  

富士通と日立、生体認証事業を拡大


 富士通と日立製作所は、手のひらや指の静脈で本人を認証する生体認証装置事業を拡大する。富士通は手のひら方式の認証装置を来年度、今年度に比べ2.5倍に増産。日立は指方式で小型装置を欧米など海外市場に本格的に投入する。金融機関のATMに加え、企業の情報システムや入退室管理向けに需要が急増していることに対応する。

 富士通は生産子会社の富士通フロンテックの新潟工場(新潟県燕市)で、2007年度の生産量を約7万2000台まで増やす。海外での需要が本格化するとみて、大幅な増産に踏み切る。生産設備を改善して、生産効率も現在の4倍に高める計画だ。(2007.2.24/日本経済新聞
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-24 10:34 | 周辺機器  

「Google Apps」有料版、日本では1アカウント年額6,300円





 グーグルは23日、同社が手がける各種Webアプリケーションを統合した法人向けサービス「Google Apps Premier Edition」を開始した。同サービスは22日に米国で発表されていたもの。日本における利用料金は1アカウントにつき年額6,300円。

 利用可能なアプリケーションは、Webメールサービス「Gmail」、カレンダーサービス「Google Calendar」、ワープロ・表計算サービス「Google Docs & Spreadsheets」、インスタントメッセンジャー「Google Talk」、Webサイト作成サービス「Google Page Creator」、各アプリケーションの利用窓口となるポータルサイト「Start Page」。各アプリケーションの使用状況や設定を確認できる管理コンソールも用意する。いずれも日本語に対応している。なお、Google Docs & SpreadsheetsとGoogle Page Creator、管理コンソールの一部は操作画面が英語表記となっているが、今後日本語に対応する予定だという。

 これまでグーグルは、同様のサービスとして中小企業向けに「Google Apps Standard Edition」、教育機関向けに「Google Apps Education Edition」を無償で提供してきた。Standard Editionは、世界で約10万社の導入実績がある。これに対してGoogle Apps Premier Editionは、従業員数50~1,000人程度の中小および大企業を主な対象として、ビジネスで使用することを想定したさまざまな付加機能を提供するのが特徴だ。

 まずGmailでは、1アカウントあたりのメールボックス容量を通常の2GBから10GBに拡大。また、99.9%の稼働保証を実施し、Gmailがトラブルによって利用できなくなる時間を年間約8.7時間以下にすることを保証している。稼働保証が1カ月で95%を下回った場合は、Google Apps Premier Editionの利用期間を15日間延長する。
(2007.2.23/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-23 23:35 | インターネット総合  

携帯向けブラウザ「Opera Mini 3.1」リリース




 Opera Softwareは2月21日、携帯機器向けブラウザ「Opera Mini」の新版をリリースした。

 新版のOpera Mini 3.1は、新機能としてRSSフィード管理機能が追加された。対応機器も拡大し、ネットワーク接続や高画質画像を利用する際のメモリ処理が改善された。

 メニューバーのテキストの重なりやお気に入りアイコンの配列の問題なども解決されており、そのほか特定の端末に特有のさまざまな問題が修正された。

 Opera Mini 3.1はOperaのサイトからダウンロードできる。
(2007.2.23/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-23 23:34 | インターネット総合  

B・ゲイツ氏:「娘のコンピュータ使用時間は平日45分、週末1時間」




 ずっとコンピュータの前に座っているような子供だったのだろうという、われわれがBill Gates氏に対して抱くイメージからは、同氏が子供のコンピュータ使用時間を厳しく制限することを提唱しているとは信じがたい。

 Microsoft創設者である同氏とその妻が、自分たちの10才になる娘に対し、宿題に必要な時間を除いて、1日のゲームで遊べる時間を合計45分、週末は1時間と制限しているというReutersの記事を読んで、ブロガーらが驚いたというのも無理はない。

 Gates氏が、オタワで同氏の講演を聴きに来たビジネスマンらに語ったところによると、Gates家では、娘が最近「Xbox 360」のゲーム「あつまれ!ピニャータ(Viva Pinata)」に夢中になったことから、制限を設けなければならなくなったという。

 ブログコミュニティーの反応は以下のとおりである。

 「『FINAL FANTASY XIII』をプレイ中に、親に無理やりゲームをやめさせられるアメリカ人の子供たちは、もはやBill Gatesがお父さんだったらよかったのにとひそかに願うことはないだろう」 --Bloggingstocks

 「45分とはかなり短いように思う。彼の子供はおそらくWindowsマシンを使わされているだろうから、45分では、子供がオンライン接続するまでにウイルスを3つダウンロードして、システムを2回クラッシュして、セキュリティ警告やポップアップウィンドウを40回ほどクリックするだけの時間もあるかどうかわからない。ましてやゲームなどできない。子供が『Zune』を利用してもよい時間については何も言っていないようだ」 --Macenstein

 「彼がそんな制限を設けているなんてすばらしいと思う。私も娘に対して平日は同じような制限を設けているが、週末はもう少し自由にさせている。私は私自身にもう少し制限を設けなければならないかもしれない」 --Much Ado About...Whatever!
(2007.2.23/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-23 20:58 | インターネット総合  

カーナビ版「2.0」披露 混雑情報の双方向通信




 道路を走っている自動車が発信する走行情報をもとに道路の混雑状況を知る次世代カーナビシステムが22日、東京・青山での試乗会で披露された。都内のタクシー、バスの計8500台から集められた位置情報を処理し、目的地まで直進と右折でどちらが早くつくかなどを提示できるという。

 従来の混雑情報は路上に設置されたセンサーで車速データを取得しているのに対し、次世代カーナビは、走っている自動車が混雑情報の提供者にも利用者にもなりうる。

 システムは、経済産業、文部科学の両省の支援を受け、NTTデータ、デンソー、トヨタ自動車、NEC、日立製作所、富士通、松下電器産業の7社がコンソーシアムを組んで3年かけて開発した。実用化には、発信時にもかかる通信コストの問題解決などが必要。カーナビの新機能としての採用に向け、今後、警察庁、総務省、国土交通省と交渉していくという。

 同日、試乗した甘利明経産相は「渋滞を解消するのに新たに道路をつくる方法もあるが、国民の資源であるインフラを(新システム)平準化して使えるという問題提起になるのでは」と話した。

 情報の発信者と利用者に境目がない第2世代インターネットを「ウェブ2・0」と呼ぶが、この種の次世代カーナビを米出版社のオライリー・メディアは「Where2・0」と名付けている。

(2007.2.23/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-23 20:56 | インターネット総合  

ネット音楽配信が534億円、シングルCD抜く




 パソコンや携帯電話機にインターネット経由でダウンロードするネット音楽配信の市場規模が、2006年に初めてシングル盤CDの生産額を上回ったことが23日、日本レコード協会が発表した有料音楽配信売り上げ実績で分かった。

 音楽配信は前年比56%増の約534億円に達し、CDシングルの生産額(約508億円)を上回った。

 音楽配信は、曲の一部を携帯電話に取り込む「着うた」(1曲100円前後)や、パソコン経由でダウンロードするサービスが、手軽さや安さで人気を集めている。米アップルによる携帯音楽プレーヤー「iPod」の普及などの効果もあり、市場規模が急速に拡大している。
(2007.2.23/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-02-23 20:55 | インターネット総合