<   2006年 12月 ( 203 )   > この月の画像一覧

 

<発信者情報>同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針


 インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、情報を書き込んだ発信者の同意がなくても被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。これまでは発信者が開示を拒否すれば、誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、泣き寝入りするケースが多かった。業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、来春から導入する。(2006.12.26/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-26 16:34 | インターネット総合  

アッキーがブログ開設


 「アッキー」こと、安倍晋三首相夫人の昭恵さん(44)が、ブログ(日記風サイト)「安倍昭恵のスマイルトーク」を開設したことが25日、分かった。ファーストレディーのブログは、国内政界では初とみられる。(2006.12.26/スポーツ報知)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-26 16:34 | インターネット総合  

新OS「ビスタ」に安全面の欠陥・米紙報道

25日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、米マイクロソフトが11月に企業向け販売を始めたばかりの新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・ビスタ」に、安全面で欠陥が見つかったと伝えた。マイクロソフトが調べているが、実害は出ていないもようだ。

 米国のコンピューター関連企業が、インターネットを閲覧するだけで有害なソフトウエアに感染する可能性があると指摘した。ロシアのプログラマーも別の不備を見つけた。

 マイクロソフトは新OSでコンピューターウイルスなどへの安全対策を高めたとしてきたが、信頼性に疑問符が付いた。ビスタは来年1月末に一般向けに発売される。
(2006.12.26/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-26 11:50 | インターネット総合  

MSがRSS特許を出願?


一部で「MicrosoftがRSSを我がものにしようとしている」との憶測も呼んでいるRSS特許に関して、Microsoftが説明した。

 MicrosoftがRSSの特許を取得しようとしている――? ネットで流れる噂に、Microsoftが公式な説明を行った。

 この噂は、同社がRSS関連の特許2件を出願したとする報道から生じたもの。一部ブロガーは、同社がRSSを我がものにしようとしていると批判している。

 これに対してMicrosoftのRSS開発チームは公式ブログで、同社が出願したのは、エンドユーザーや開発者の体験を改善するための具体的な手法についての特許であり、MicrosoftがRSSを発明したとのクレームは含まれないと説明している。

 同社は常にデイブ・ワイナー氏やニック・ブラッドベリー氏などのRSS開発者を認めてきたし、RSSおよびAtomエクステンションをクリエイティブ・コモンズライセンスの下で公開するなど、コミュニティーとのオープンな関係を求めてきたと同チームは述べている。また、この分野で特許を出願しているのは同社だけではないとも同チームは主張している。

 Microsoftが出願した特許は、1つは、Webブラウザでフィードを発見し、利用する手法に関するもの。ユーザーが購読を操作するためのインタフェースを表示したり、フィード購読プロセスを開始する手法などをカバーする。

 もう1つは、インターネットからRSSフィードなどのコンテンツを取得したり、管理したりするコンテンツシンジケーションプラットフォームに関連している。(2006.12.26/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-26 09:39 | インターネット総合  

シャープ、亀山第2工場の液晶パネル月産能力を倍増

 シャープ<6753.T>は25日、液晶テレビを一貫生産する亀山第2工場で、「第8世代」と呼ばれる液晶パネルの月産能力を現在の1万5000枚から2007年1月に3万枚へ倍増すると発表した。大型液晶テレビの需要拡大に対応するため、「第2期生産ライン」を新たに稼動させる。(2006.12.25/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 23:08 | 周辺機器  

コンビニで写真印刷サービス


これは、「マイクロソフト」と「セブンーイレブン・ジャパン」、それに「富士ゼロックス」の3社が、来月30日から発売されるパソコン用の基本ソフト「ウィンドウズビスタ」の利用者向けに始めるものです。このサービスではまず、パソコンに保存したデジタル写真の中から、印刷したいものを選んでインターネット上に登録します。そして、発行される8けたの予約番号を全国の「セブンーイレブン」のコピー機に入力すると、1枚30円で印刷できます。インターネットで印刷を注文し、郵送などで写真を受け取るサービスは、これまでにもありましたが、今回は、住所や氏名などの個人情報を入力する必要がないほか、予約番号を伝えれば離れた場所に住む人やパソコンを持っていない人も、最寄りのコンビニで手軽に印刷できるのが特徴だとしています。(2006.12.25/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 15:34 | インターネット総合  

高い?安い?桑田のHP「6000円」


 大リーグ、パイレーツ入りを表明した桑田真澄投手(38)が24日、公式ホームページ(HP)の「PITCHEO DE CORAZON(ピチェオ・デ・コラソン)」を開設した。スペイン語で『心の投手』を意味するページは、背番号18にちなんで18時(午後6時)にオープン。しかし、会員専用のページは有料で、入会金1000円、年会費5000円(ともに税込み)が必要となっている。(2006.12.25/デイリースポーツ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 14:58 | インターネット総合  

なんと20万倍!87円のレコード→1800万円で落札


 ニューヨークのフリーマーケットで75セント(約87円)で購入したLPレコードが、ネットオークションで約20万倍の約15万5000ドル(約1800万円)で落札され、米国で話題を呼んでいる。

 AP通信などによると、このLPは、米ロック歌手ルー・リードが結成したバンドのデビュー・アルバム「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」(1967年)のテスト段階のレコード(アセテート盤)。

 出品者は、カナダ・モントリオール在住のレコード収集家ウォーレン・ヒルさん。4年前、ニューヨークのフリーマーケットでこのLPを75セントで買った。これを米オレゴン州でレコード店を経営する友人に見てもらったところ、市販のLPと収録曲の曲順やアレンジが異なっており、66年4月にニューヨークのスタジオで作られた“テスト盤”で2枚しか現存しないことが分かったという。

 このため、先月28日に世界最大のネット・オークションeBayに出品したところ、大変な入札合戦の末、15万5401ドルで落札された。落札者がどういう人物かは分かっていないという。
(2006.12.25/iza)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 13:41 | 周辺機器  

プロセッサ競争が、周波数からコア数競争の時代へと変化した2006年




年末を目前に控えた今、x86 アーキテクチャ製品を中心に、今年のプロセッサ動向を振り返ってみよう。同アーキテクチャ プロセッサの2強と言えば、 AMD ( NYSE:AMD ) と Intel ( NASDAQ:INTC ) だ。かつて両社は、どれだけ高い動作クロックを実現するかという視点で性能競争を展開していた。しかし今年から特に顕著になったのは、クロック数競争時代からコア数競争時代に大きく転じたことだろう。

今や両社とも、高クロック化にはあまり関心がないようで、どちらかというとマルチコア化による性能向上を謳っている。

IT 情報分析会社 Insight64 のアナリスト Nathan Brookwood 氏は、プロセッサにおける競争点の変化について「マルチコアは、新しいメガヘルツだ」と語る。「以前は、動作クロックを高めて性能を向上させる時代だった。だが今は、いかに多くのコアを備えるかが問題となる時代になった」と説明した。念のためにつけ加えておくと、マルチコア プロセッサに先鞭をつけたのは、AMD でも Intel でもない。多数のコアを備える製品としては、IBM の『POWER』アーキテクチャ プロセッサが有名だが、AMD および Intel がマルチコア競争に参入する何年も前から、複数のベンダーがマルチコア プロセッサを生産していた。ただしこれらは、x86 アーキテクチャではない。

しかし Brookwood 氏は、コアを増やすことが良いことに繋がるとは限らないと指摘する。「動作クロック競争は結局、実質的な価値すら無視して周波数を高め、最速プロセッサを謳うところまで行き着いた。コア数競争時代においても、おそらく同様の過剰競争が起きるだろう」

x86 アーキテクチャのマルチコア化だが、AMD と Intel がマルチコア プロセッサを市場に投入したのは、2005年のことだった。しかし、マルチコア x86 プロセッサが市場において俄然主流となったのは、2006年になってからだ。

AMD は、サーバー用プロセッサ『Opteron』のデュアルコア版を2005年に 市場投入 し、サーバー用プロセッサのマルチコア化では Intel に先行 ( パソコン用プロセッサ では Intel が先行) した。サーバー用途市場において Opteron の浸透ぶりは目覚ましく、Intel が支配的だった同市場のシェアを奪い取る強力な競合製品となった。一方 Intel も今年後半になって、省電力性を謳ったサーバー用デュアルコア プロセッサ『 Xeon5100 』の出荷を開始した。さらに同社は11月、4コアプロセッサ『 Xeon5300 』を投入し、さらに攻勢を強めた。主要サーバーメーカーも、すばやく Xeon 5300 搭載システムを出荷している。

マルチコアが新たな競争材料だとすれば、Intel は4コアプロセッサ Xeon 5300 の投入により、明らかに一歩先んじたことになる。Intel の動きに呼応して、AMD も開発中の4コア プロセッサについてプロトタイプを披露した。ただし、AMD の4コアプロセッサ『Barcelona』のリリースは、早くても2007年中ごろとなる。

AMD は、同社の4コアプロセッサこそ「より本当の」4コア設計で、4コア構成が持つ潜在能力をより完全に活かせると謳っている。Intel の Xeon 5300 は、既存のデュアルコア Xeon 5100 を2基まとめて4コアにしただけ、というのが AMD の主張だ。
(2006.12.25/ japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 13:40 | PC  

Vistaで化ける字、化けない字

マイクロソフトのWindows Vistaでは、文字コードにUnicodeを使いながら、Unicodeとは異なる文字コード規格のJIS X 0213をサポートする、という方式を取っている。というのも、Windows 98日本語版以降ずっとサポートしてきたCP932(本名はWindows Codepage 932、いわゆるMS 漢字コード)やJIS X 0212を捨てるわけにはいかないので、CP932もJIS X 0212もJIS X 0213もみんなまとめてUnicodeで扱う、というやり方を取らざるをえないのである。

前報では、JIS X 0213の第一水準~第三水準漢字7614字について、Vistaで新たに採用された日本語フォントセットであるメイリオとXP以前のMSゴシックを見比べ、7614字のうち318字が、VistaとXP以前との間で文字化けする(ここでは本来表示されるべき文字の形が少し違ったものが表示されるケースも“文字化け”として扱う)ことを報告した。今回は、残る第四水準漢字2436字と非漢字1183字について報告する。

第四水準漢字2436字のうち、Vistaの字体がXP以前と明らかに異なっているのは、14字ある。図8に一覧を示す。図の中で「2-08-68」というように書いているのはJIS X 0213の面区点番号、「5DB2」の方はUnicodeである。これを見るとわかるように、例えば「山かんむりに雋」という漢字をVista上で入力したつもりでも、そのデータをXP以前のパソコンに持っていくと「屮かんむりに雋」に化けてしまうのだ。

残り2422字のうち図9~11に示す722字は、Vistaでは表示できるが、XP以前では表示できない。特に、図9に示した277字は、Unicodeの弱点とも言うべきサロゲート・ペア(前報のカコミ記事参照)を使わなければならないので、XP以前のパソコンに持っていくと、ソフトウエアによってはちゃんと処理されない可能性が高い。結局、第四水準漢字で問題がないのは、これら736(14+722)字を除いた、1700字だけということになる。(2006.12.25/日経BP)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-25 13:38 | インターネット総合