<   2006年 12月 ( 203 )   > この月の画像一覧

 

NEC、再生パソコンの無償修理期間を1年に延長-新品と同等に充実



 NECは再生パソコン「リフレッシュPC」の一部製品で、無償修理期間をこれまでの半年から1年に延長する。早ければ07年2月に始める。これにより中古品でも新品と同じアフターサービスを実践する。また、使用済みパソコンの回収に関する電話受け付けセンターを設置。販売と買い取りの両面を拡充することで、リフレッシュPC事業を強化する。07年度には売上高で06年度見込み比34%増となる26億8000万円を目指す。

 無償修理期間を延長するのは、再生前の使用期間が1年前後の機種が対象。それ以外は半年のままとする。中古パソコン事業を手掛ける同業他社を含め、メーカー保証として1年を設定しているケースはほとんどない。同社は顧客へのアフターサービスを充実することで、新規ユーザーの獲得につなげていく。

 また、使用済みパソコンの回収システムも拡充する。買い取りの受け付けはこれまでウェブのみだったが、新たに電話でも対応するコールセンターを設置。受け付け後は同社の指定業者が直接回収に回る。これにより回収から販売した後までの流れが円滑になる。

 リフレッシュPC事業は、子会社のNECパーソナルプロダクツ(東京都品川区)を通じて展開している。個人や会社からNEC製の使用済みパソコンを買い取り、群馬事業場(群馬県太田市)の専門ラインで再生した上で、リフレッシュPCとして量販店で販売している。

 年間の出荷台数は05年度実績で2万6000台。能力増強し、年間4万台までの出荷を可能としている。(2006.12.29/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-29 20:47 | PC  

東芝、「SEDは業務用に方向転換」報道に反論


 東芝は12月28日、同社らが開発を進めている薄型ディスプレイ「SED(Surface-conduction Electron-emitter Display)」について、「従来路線を大幅修正する」とした一部報道に関し、「方針の転換はない」とコメントした。(2006.12.29/ITmedia)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-29 20:02 | 周辺機器  

ICT時代のベストコミュニケーションツールとは


「ITからICTへ」といわれて久しい。2006年は情報共有のツールとして、SNSに代表される「Web2.0」が急成長を遂げた。ICTの真理とは「共有」といっても過言ではないだろう。そして今度は、情報だけでなく時間も共有するツールとして、インスタントメッセンジャー(IM)にスポットが当たり始めた。


●未来の新入社員はIMがお好き?

 「10代の若者の72%がメールよりもIMを好んで使う」――米America On Line(AOL)とAssociated Pressは12月7日、IMユーザー1513人に対して行ったIM利用動向の調査結果を発表した。19歳以上の成人では26%に達する。

 この結果について、AOLのAIM & Social Networking のマーシェン・ジェンキース ヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーは、「IMはすでに生活の一部であり、特に10代の若者には、まるで家族のように友人と同じ時間を共有するためのツールになっている」とコメントしている。

 IMには、登録した仲間がオンラインかどうか、連絡できるのかどうかといった「今現在」の状態が分かる機能(プレゼンス確認)が備わっている。米国の若者がIMを支持する理由は、まさしくこの機能にあるといえるだろう。

 30代以下のIMユーザーのほとんどが、「毎日IMを利用している」という。19歳~29歳のユーザーでは、全体の40%が1日に26通以上ものメッセージをやり取りするといい、10代を含めた若い世代にとっては、IMが最も身近なコミュニケーションツールであることが窺える。

 なお、「IMを仕事に活用している」というユーザーは、成人ユーザー全体の27%。このうち59%が1日に6通以上のメッセージを同僚に送っているという。また41%は、「IMは仕事の生産性を高めてくれる」と回答しているという。

●日本でも若い世代ほどIMを利用

 AOLの発表と前後して、日本でもIM利用動向の調査が行われた。企業向けのIM開発を行うQrirtは12月6日~7日、10代~50代までの578人に対し、インターネットでIM利用についてのアンケートを行っている。

 それによると、15歳~29歳の80%以上が「IMを知っている」と回答し、55%以上がIMの利用経験者であった。40代と50代の認知率は、それぞれ73.6%、69.2%となったが、利用率は26.4%、23.1%にとどまる。

 IMの利点については、利用経験者の83.4%が「相手とリアルタイムにコミュニケーションできる」、60.3%が「相手がオンラインかオフラインかひと目で分かる」と複数回答している。業務利用では、コミュニケーションを取る相手が「社内の人」というのが10.6%、「社外の人」が4.0%となった。

 これらの統計はIM製品全体の利用実態を調べたものだ。だがビジネス利用については、米国では成人ユーザーの約3割、日本では約1割となり、少しずつ広がり始めているというのが実情のようだ。

●「セキュリティ≦生産性」を実現する企業向けIM

 企業でのIM利用について、日本IBMでIM製品「Sametime」を担当する羽田野哲男氏(ロータス事業部製品リリースマネジャー)は、「気になるツールであっても、具体的なメリットがあまり知られていないようだ」と話す。

 同氏によれば、国内のSametimeユーザーはNotes/Domino導入企業の1割程度、米国では3割程度とのこと。Sametimeは1999年に製品化されたが、2004年4月からNotes/DominoのライセンスでSametimeを利用できるようになり、これを機会にIMを利用する企業が現れ始めた。

 導入例として多いのがIP電話との組み合わせだ。IMで在席状況を確認し、「席にいる」「連絡できる」と分かれば、ワンクリックでソフトフォンから電話を掛けられる。また在宅勤務者の多いある企業では、全社員がIMを利用しているという。同僚の在席確認だけでなく、IMを介して「つながっている」という在宅勤務者同士の連帯感を生むという。

 IM利用で情報漏えいが一番に心配される。一般に広く普及するAOLの「AIM」や「Yahoo! Messenger」は手軽に利用できる反面、管理者機能は備わっていない。しかし、企業向けのIM製品であれば通信の暗号化やアクセス制御は当然として、ログの保存管理などに対応したものが多い。

 「セキュリティを施した企業向けIMを利用すれば、メールよりもリアルタイムの意思決定を安心にできる」(羽田野氏)と話す。

●ベストコミュニケーションツールは、やはりIM?

 これまでに挙げたIMの利点は、「社内ネットワーク」で、相手が「席にいる」ことで最大化される。それでは「社外」や「不在」の場合はどうだろうか。

 米IBMでは12月14日に、SametimeとAIMやGoogle Talk、Yahoo! Messengerを相互接続すると発表した。これにより、世界のIMユーザーの70%が相互接続できるという。「異なるベンダーの製品をつなぐだけでなく、同じベンダーの製品を使用している外部の企業ともつながるので企業間のコミュニケーションが促進される」(羽田野氏)とのことだ。

 しかし、IMの在席機能で相手が「不在」なら、コミュニケーション手段はメールのような一方通行的なメッセージにとどまる。IBMではEclipse環境で複数のアプリケーションを統合させることができる「Lotus Expeditor V6.1」を11月29日に発表した。

 これにより、SametimeとGoogle Mapsを利用して、不在者が地球上のどこに居るのかが分かる仕組みを開発できる。相手の所在が分かれば、一歩進んだ不在時のコミュニケーション手段が生まれるだろう。

 「IMがもはや当たり前」という10代の若者たちは、早ければあと2~3年ほどで社会に出るようになる。そのとき彼らは、何時間もメールと格闘する先輩社員を見てどのように思うのだろうか。2007年は、電話やメールに続く新しいコミュニケーションツールとして、IMの有効活用に取り組む企業が増えそうだ。

(2006.12.29/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-29 18:43 | インターネット総合  

「栄養学」分かりやすく 岐阜女子大の学生発ブログ人気

岐阜女子大家政学部健康栄養学科の各研究室によるブログが、じわりと人気を集めている。「学生の言葉で情報発信を」と今年1月、大学ホームページでは珍しいブログ形式を導入。各月の訪問回数は、集計を始めた6月から今月までの間に8-10倍に膨らんでいる。(坂田奈央)

 「12月20日、…栄養士実力試験を受験してきました」「11月14日、かぼちゃに含まれているビタミンの量を調べる実験をしています」「10月27日、冷たいお茶から温かいお茶に替わりました」-。

 同学科は食品、栄養、調理学を通して、病院や学校などで活躍する管理栄養士の育成に力を入れている。小川宣子教授の研究室では、研究生11人が持ち回りで、週1回の更新を担当。専門用語は使わずに、160-200字と短め。写真かイラストを添え、分かりやすさ、見やすさを徹底して意識している。訪問回数は6月の185から、10月には約1万2000に急増。11月も約8500と人気を維持している。

 ブログはコメント書き込みも可能で、学科長の小川教授自らが管理人を務める。「勉強内容だけじゃなく、生活の様子が分かるよう、苦しいことも楽しいことも正直に書いてもらっています」と小川教授。卒業生からは「頑張っている姿を見てると、励みになる」との声も。

 目指すのは「高校生が見て分かるホームページ」(小川教授)。なかなか理解されにくい学科の特徴を広く伝えたい、という関係者全員の思いが形になりつつある。
(2006.12.29/ 中日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-29 16:52 | インターネット総合  

台湾地震 有線…ネット社会のもろさ

26日に台湾南部沖で発生した大型地震は、アジアの南北を結ぶ海底ケーブルなどを損傷させ、東アジアや東南アジア各国でインターネットや国際電話が一時不通になるなどの二次被害が広がっている。スマトラ沖地震とインド洋大津波からちょうど2年目に起きた地震は、インターネット社会のもろさと弱点をさらけ出した。(2006.12.29/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-29 09:40 | インターネット総合  

<デジカメ>「顔認識」機能搭載、発売相次ぐ 購買意欲刺激




 コンパクト型デジタルカメラを中心に、ファインダー内の人物の顔に自動的にピントを合わせる「顔認識」機能を搭載した新製品が相次ぎ発売されている。ピントが背景に合って人物がぼけてしまう失敗を減らせると人気だ。市場が成熟する中、各社は「手ぶれ補正」に続く差別化の材料として、消費者の購買意欲を刺激している。

(2006.12.28/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 23:46 | 周辺機器  

ブロガーキャスティング事業『ブログキャスター』を発表


パーソナルエージェント事業を展開する株式会社メディアプラスは、日本初の専門家ブロガー提供サービス「ブログキャスター」を開始する。「ブログキャスター」では主に、インターネットメディア運営社・ECサイト運営社のニーズにマッチした、専門家ブロガーを提供することにより、メディアの活性化を支援するもの。
ブログキャスターとは、メディア・企業へ各方面の専門家を紹介するサービス。専門家のブログを特別にピックアップし、主にインターネットメディア運営社のニーズにあった形でキャスティングする。
(PC、モバイルサイトに対応)また、単にメディア・企業に専門化ブロガーの提供を行うだけではなく、独自の企画・編集を行い、専門家に取材し、ビジュアルを作成し、ブログの管理までをすべて行うもの。
現在、@niftyの季節特集に、料理研究家6人のレシピを提供。(2006年11月30日からスタート)

関連ページ:http://www.blogcaster.jp/ (2006.12.28/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 20:06 | インターネット総合  

ゲーム狙うスパイウエア 急増





セキュリティー会社などによりますと、福井県内に住む30代の男性が、去年5月、インターネットのオンラインゲームに接続したところ、男性が使っていたキャラクターや仮想のお金などのデータがすべてなくなっていました。男性のパソコンはスパイウエアと呼ばれるコンピューターウイルスに感染しており、特定のオンラインゲームのホームページにアクセスするとウイルスが活動を始め、パスワードなどの情報を盗み出すようになっていました。このため、何者かが男性のパスワードを盗んでゲームに接続し、キャラクターなどを奪ったとみられています。オンラインゲームを狙ったスパイウエアは、ことしに入って急激に増え、感染の報告は最も多いセキュリティー会社でことし360件余りに上っています。インターネット上では、最近、ゲームのデータを本物のお金で売買する専門業者も数多く登場しており、スパイウエアを悪用している人物は、キャラクターなどを現金化する目的で奪っている可能性が高いということです。スパイウエアの中には、ゲームのパスワード以外にクレジットカードの番号などを盗み出す機能を持つものもあるということで、セキュリティー会社は利用者にウイルス対策を怠らないよう注意を呼びかけています。(2006.12.28/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 19:24 | インターネット総合  

2006年は「イヤー・オブ・ゾンビ」




 2006年は「ゾンビの年」だった――セキュリティ企業Commtouchは12月27日、このような報告書を発表した。


 ゾンビとは、マルウェアに乗っ取られてスパム送信やサイバー攻撃の踏み台として利用されているコンピュータ。同社の調査によれば、2006年のスパム送信の85%はゾンビマシンによるものだったという。

 ゾンビマシンが最も多い国は米国で、全世界のゾンビの21%を占める。2位はドイツで9%、3位はスペイン(6%)、4位はフランス、中国、ポーランド、イタリア(それぞれ5%)だった。

 Commtouch Labsの推定では、ゾンビIPアドレスの数は600万~800万、1日に生まれる新しいゾンビマシンの数は50万、また典型的なボットネットは2時間で1億6000万通のスパムを送信する。

 同社の調査では、電子メールに占めるスパムの割合は87%に達し、前年よりも30%増えたという。中小企業ではこの割合は45~65%だが、無料電子メールサービスでは95~98%にも上る。

 さらに同社は、2006年には画像スパムが「開花」したと報告している。画像スパムとは、スパム対策ソフトを回避するために、文字の入ったGIF画像を利用したスパムのことだ。フィルタリングを回避するために、画像の背景のピクセルのランダム化、枠の色を変える、アニメーションGIFを使うなどの手法を利用している。

 こうした画像スパムは大幅に増え、スパム全体に占める割合は前年の10%から35%に拡大したという。テキストベースのスパムよりも容量が大きいため、ネットワーク帯域を大きく消費するという問題も生じている。

 Commtouchは、スパムはアンチスパムベンダーが言うほどのペースではないものの増加しており、アンチスパム業界が技術革新競争でスパマーに負けているように見えることが懸念されると指摘している。(2006.12.28/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 18:53 | インターネット総合  

2006年のケータイ of the Yearは「905SH」「W41CA」





 「ケータイ Watch」では、2006年に国内で発売された携帯電話・PHSの中から、読者の皆様のご投票でNO.1のケータイを決定する「読者が選ぶ ケータイ of the Year 2006」を開催させていただきました。12月20日~25日の6日間に渡って行なわれた投票では、「携帯電話部門」に合計5,149票、「スマートフォン部門」に合計3,294票のご協力をいただきました。ここに人気投票の結果を発表いたします。

■「携帯電話部門」 1位は2006年を代表する2機種に





 2006年の結果はなんと、ソフトバンクの「905SH」、auの「W41CA」が同じ536票の得票数で1位を獲得しました。両機種とも、「携帯電話部門」の総投票数に占める割合は10.4%です。

 ワンセグ対応端末の中でも一際目立つギミックと性能で人気を博したシャープ製端末「905SH」は、ワールドカップを控えた5月に発売されました。この端末でサッカーのワールドカップを観戦した、というユーザーも多いのではないでしょうか。当時としてワンセグの外部メモリへの録画機能を初めて実現していたのも注目すべきポイントです。シャープの液晶テレビ「AQUOS」の名を冠した「アクオスケータイ」という愛称も印象的で、この後、液晶テレビのブランドやノウハウでケータイの液晶ディスプレイをアピールするという流れも生まれました。

 もう一方のカシオ製「W41CA」は、使いやすさの定評はそのままに薄型・スタンダードモデルとして2月に発売された機種です。2軸ヒンジを小型化し、サブ液晶を廃したシンプルな外観で、開く度に変わる待受画面のこだわった演出など、端末をトータルで作り込むカシオらしい仕上がりが支持されました。また、「W41CA」は本ランキングで女性から最多得票を得ています。

 3位には、ワンセグ・デジタルラジオ対応で、横開きも可能な2軸ヒンジを側面に搭載したソニー・エリクソン製「W44S」がランクインしました。「W44S」は12月8日に発売されたばかりの最新機種ですが、個性的なヒンジのギミックと機能を満載し、投票開始直後から多くの支持を得ました。

 4位には、着実にユーザーを増やしているウィルコムから、W-SIM対応のKES製ストレート型端末「9(nine)」がランクインしています。5位にはアクオスケータイ第2弾のシャープ製「911SH」、6位にはG'zOneシリーズ待望のWINバージョンであるカシオ製「G'zOne W42CA」が、7位には世界で大ヒットしているデザインを採用したモトローラ製「M702iS」、8位にはVGA液晶を初搭載したシャープ製「904SH」と日立製のワンセグ対応第2弾「W43H」がランクインしました。10位は500万画素カメラを搭載したシャープ製のデジカメケータイ「910SH」です。

■ワンセグ対応端末が各社から登場

 2006年は1位の「905SH」に代表されるように、ワンセグ対応端末が本格的に発売された年になりました。得票数の上位30機種の内、ワンセグ対応端末は5機種がランクインしました。ワンセグ対応端末の順位は、1位から順に「905SH」、「W44S」(3位)、「911SH」(5位)、「W43H」(8位)、「W41H」(16位)となっています。

 女性の得票数で見ると、携帯電話部門1位の「W41CA」が34票、同じく1位の「905SH」が18票で、1位の「W41CA」が女性にも受け入れられた様子が窺えます。一方、「905SH」の後継モデルである「911SH」は女性から30票を獲得しており、薄型化や多色展開などが女性にも支持されたと考えられます。また、ランキング下位では、パンテック製の1X端末「A1406PT」に女性の支持が集まっています。女性の得票数のみの順位は、1位から順に「W41CA」「911SH」「9」「905SH」「W44S」「A1406PT」「W43S」などとなっています。

 キャリア別に見ると、上位10位ではau・ソフトバンクの端末に人気が集まる一方、NTTドコモの端末は発売されたばかりの「M702iS」が7位に入るのみで、「P902i」「SH902i」「D902i」で4位~6位を固めた2005年とは大きく異なる結果になりました。上位30機種のキャリア別の内訳は、au、ドコモが11機種、ソフトバンクが5機種、ウィルコムが3機種です。

 番号ポータビリティ(MNP)が10月24日に開始されたこともあり、2006年の下期には例年にない多くの機種・カラーが登場しました。ユーザーの投票によって選ばれた上位の機種はいずれも個性的で、トレンドの最先端、あるいは唯一無二の機能・デザインを持ったものばかりです。一方、「W41CA」のように機能やデザインのバランスが良い端末も支持されており、ランキング全体が多様化するユーザーニーズを表わしているとも言えるのではないでしょうか。
(2006.12.28/インプレス)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-12-28 13:30 | 周辺機器