<   2006年 11月 ( 198 )   > この月の画像一覧

 

「長い道のりだった」 Windows VistaとOffice 2007、まず企業向けに正式リリース



 マイクロソフトは11月30日、新OS「Windows Vista」と新オフィスソフト「2007 Office System」(Office 2007)の企業向けライセンス提供を始めた。クライアントPC用Windows新製品の正式版リリースは、Windows XP以来5年ぶり。一般ユーザー向けには来年1月30日に発売する。



 提供を始めたのは、Windows VistaとOffice 2007、Exchange Server 2007の企業向けボリュームライセンス。新WindowsとOffice新製品の同時発表は1995年の「95」以来。また米国や欧州、中国など全世界で同時発表するのは初めて。

 Windows Vistaはユーザーインタフェースを一新したほか、検索機能やセキュリティ機能が強化されている。正式リリース前に全世界で500万以上のβ版(うち100万は日本)を配布し、ユーザーからのフィードバックを反映させてきた。

 企業向けには「Business」「Enterprise」「Ultimate」の3エディションを提供する。ボリュームライセンスは、250台以下の「Open License」、250台以上の「Select」、全社契約の「Enterprise Agreement」の3種類。

 Office 2007は「Word」「Excel」「PowerPoint」などで構成する。ユーザーインタフェースを一新した上、Excelのグラフ作成機能など、グラフィックス機能も向上させた。

 「われわれにとっても長い道のりだった。ようやくたどりついた」──同日午前、都内で開かれた発表会で、マイクロソフトのダレン・ヒューストン社長は新製品の出荷開始を宣言。自らVistaの新機能を実現してみせ、導入で「大幅に生産性が向上できる」と訴えた。

 現時点で国内では57の企業・組織が新製品の採用を表明。三洋電機がSharePointとExchangeを核にしたシステムを全面的に採用するほか、中部電力はPC1万7000台を刷新、VistaとOffice 2007を導入する。NECやリコー、富士ゼロックスなどのビジネスパートナーも売り込みを本格化する。

 来年1月30日には、一般パッケージ販売やPCプリインストールが始まる。Vista通常版の税込み参考価格は、最も安価な「Home Basic」が2万7090円(アップグレード版は1万4490円)、Vistaの主要な新機能を享受できる「Home Premium」が3万1290円(同2万790円)など。

(2006.11.30/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:53 | インターネット総合  

ドワンゴがアニメ声優・歌手育成に乗り出す



 ドワンゴは11月29日、アニメに特化した声優・歌手を発掘・育成するスクールの運営を始めると発表した。アニメ市場の成長を見込み、声優・アニメソング歌手のオリジナルコンテンツにつなげる。

 全額出資の子会社「ドワンゴプランニングアンドディベロップメント」(資本金2億円)を12月中旬に設立。「ドワンゴクリエイティブスクール」(予定)の運営にあたる。

 同社は「アニメロミックス」などを運営し、アニメ音楽の携帯向け配信ではトップ企業。コンテンツ獲得競争が激化する中、声優と歌手を自ら発掘・育成することでオリジナルコンテンツを確保していく考え。

(2006.11.30/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:52 | インターネット総合  

Mac OS X、パッチ直後にまた新たな脆弱性報告



  Apple Computerは28日にMac OS Xの複数の脆弱性を修正するパッチをリリースしたが、その同じ日のうちに、さらに新たな脆弱性が報告された。

 過去の複数の脆弱性同様、この問題もカーネルバグ月間(MoKB)プロジェクトで報告された。コンセプト実証コードも同時に公開されている。

 MoKBの情報によると、細工された引数を渡すことによってメモリ破損エラーが発生し、ローカルの攻撃者がシステムをDoS状態に陥れたり、不正に権限を昇格させられる可能性がある。悪用されればローカルシステム上で任意のコードを実行される恐れがある。

 ただし、リモートからの悪用は不可能といい、仏FrSIRTでは危険度を4段階のうち下から2番目の「Moderate Risk」としている。

 脆弱性が確認されたのはMac OS X version 10.3.9以前/10.4.xで、正式なパッチはリリースされていない。

(2006.11.30/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:52 | インターネット総合  

ウィルコムも07年1月利用分より月7.35円のユニバーサルサービス料を徴収



 ウィルコムとウィルコム沖縄は30日、ユニバーサルサービス制度の運用開始をうけて、同社PHSサービスを契約しているユーザーに対して1契約番号あたり7.35円の「ユニバーサルサービス料」の負担を2007年1月利用分より開始すると発表した。

 ユニバーサルサービス制度とは、電気通信事業法で定められた、NTT東日本/西日本が提供している加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービスを全国で公平かつ安定的に利用するための費用を電話会社各社が応分負担するもの。なお、7.35円の負担金は2006年末の番号総数を基に算出された額で、2007年1月から6月まで適用される。それ以降の金額については、2007年1月末の番号総数で見直しが行われる予定だ。
(2006.11.30/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:51 | 周辺機器  

ウイルス被害からの復旧作業、そのお値段は?



 「SQLインジェクションによる不正アクセスを受けると、システム再構築や対応人件費などを含んだ対策経費は数千万円。場合によっては総額1億円を超える」――情報処理推進機構(IPA)は11月29日、企業における情報セキュリティ事象の被害額調査の結果を明らかにした。

 この調査は、セキュリティインシデントによる被害の実態を明らかにすることで、企業のセキュリティ対策の推進、底上げを狙ったもの。ウイルス被害に関するアンケート調査を行って被害額を推計したほか、2005年に相次いで報じられたSQLインジェクションおよびWinnyを介した情報流出の当事者に対するヒアリングを行い、対策の経緯と大まかな被害額をまとめた。

 ウイルス被害については、国内企業5500社を対象にアンケート調査を実施。独自の推計モデルを元に、「復旧に要したコスト」と「ウイルス被害による逸失売上」に分けて被害額を計算した。あくまで直接的に被った被害のみを算出しており、顧客への補償や損害賠償、謝罪広告、風評被害による利益減少といった二次的被害は含まれていない。なお、アンケートの有効回答数は1206社だった。

 調査によると、ウイルスによってシステム停止が発生したことによる被害額は、従業員300名未満の中小企業で1社当たり約430万円。システム復旧そのものに要したコストは41万3000円程度にとどまったが、その停止によって生じた損失が大きく膨らんだ。

 従業員数300名以上の大手/中堅企業になると被、害額は約1億3000万円に上る。ただしこの場合も、システム復旧コストは約15万円程度にとどまる。一方で、電子商取引/基幹システムの停止によって大きな売り上げ減が発生したという。

 システム復旧作業自体には慣れていることもあって、工数はほとんどかからない。対照的に「ほとんどは逸失利益。システム停止の結果、商売そのものに影響が出た」(IPAセキュリティセンター長の三角育生氏)

●億単位の費用が生じるケースも

 2005年のセキュリティ上の重大事件として取り上げられることの多かったSQLインジェクションとWinnyについては、事件の当事者に個別にヒアリングを行い、工数などを元に被害額を算出した。それぞれ6社、4社から協力が得られたという。

 SQLインジェクションの場合は、事件が発覚すると、被害拡大防止のためサイトの全面停止に追い込まれるケースが多い。その後、被害状況の調査と範囲の特定といった作業に平均数日間、事件を踏まえてのWebアプリケーションやデータベースのチェックと改修、サーバ再構築といった作業には、平均して3カ月程度を要するということだ。この間並行して、顧客への事情説明やコールセンターを通じた対応なども進めることになる。

 こうした作業に要するコストだが、Webアプリケーションの改修やセキュリティ検査といったシステム再構築関連費用が4800万円から1億円。また、専門対応チームの設置といった社内人件費は180万円から360万円と推計されるという。さらに、顧客への謝罪や問い合わせ窓口設定といった対外経費が数百万円から5000万円となり、対策経費だけで数千万円から1億円を超えるケースが複数あった。このほかに、Web停止による売り上げ減が数億円から20~30億規模で生じる。

 一方、Winnyを経由した情報漏洩では、「システムが倒れることはないので、直接的な復旧コストなどは生じない」(三角氏)。一方で、どのデータが漏洩したかという分析/特定作業に要する人件費が推定90~180万円、流出元PCの調査や専門業者によるWinnyネットワーク上での拡散状況の調査などに500~600万円を要すると見込まれる。また、顧客への事情説明や問い合わせ窓口設置などの対外説明に要する費用は45万円から1600万円と推計された。こうした人件費や外注費を合わせると中には総額2000万円を超える事例もあったという。

 「被害状況の調査においては、社員が徹夜で調べ、翌日には顧客に説明できるよう各社ともがんばっていた」(三角氏)。またその後の再発防止策として、ルールの再徹底や教育、暗号化ツールの導入などの措置が取られているという。

●パッチ適用は「まだ放置」の事業所も

 なおIPAでは同時に、ウイルス対策やセキュリティパッチの適用状況、スパイウェアの対策状況についての調査も行っている。この調査は、企業5500社、自治体1061件を対象とし、それぞれ1206件、495件の有効回答が得られた。

 まずクライアントPCへのウイルス対策ソフト導入状況を見ると、「9割以上のPCに導入済み」という回答は、2004年の73.8%から86.4%に上昇。逆に「まったく導入していない」は7.1%から2.4%に減少し、改善が見られる。

 しかしセキュリティパッチの適用状況となると、「常に最新のパッチを適用」は前年の31.2%とほぼ横ばいの32.0%。「ほとんど適用していない」は逆に9.5%から12.2%に増加する結果となった。

 今年からは新たに、スパイウェアおよび対策ツールの導入状況についても尋ねた。この結果「専用ツールを導入」が6.2%、「ウイルス対策ソフトなどが機能拡張したものを利用」は49.7%。一方「導入していない」は32.5%に上っている。

 今のところ、「スパイウェアの被害に遭った経験がある」と回答した事業者は7.5%、「発見したが侵入や実行に至らなかった」のは31.4%で、ウイルスの場合(それぞれ15.3%、53.7%)よりも低い数値となった。しかしIPAでは、「スパイウェアは見つからないように潜んでいるのが常であり、発病などにより姿を現すことはほとんど行わない」ことから、「被害も発見もなかった」と回答した事業者の中には、侵入されていても気がついていないケースが含まれているのではないかと推測している。


(2006.11.30/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:51 | インターネット総合  

日本HP、ポータブルプレーヤー風デザイン採用の新「iPAQ」発売


 日本ヒューレット・パッカードは11月30日、PDA「iPAQ」のラインアップを一新、新デザイン筐体採用の計3モデル「HP iPAQ rx4240 Mobile Media Companion」(以下「rx4240」)、「HP iPAQ rx4540 Mobile Media Companion」(以下「rx4540」)、「HP iPAQ rx5965 Travel Companion」(以下「rx5965」)を発表、本日より順次発売を開始する(rx4240のみ直販サイト「HP DirectPlus」専売)」。価格はrx4240が3万2550円、rx4540が4万2000円、rx5965が5万9850円(いずれも税込み)。なお、rx4240は発売記念キャンペーンとして1000台限定で2万7300円(税込み)で提供される。

 rx4240およびrx4540は、ともに320×240ドット(QVGA)表示対応の2.8インチタッチパネル液晶を装備する名刺大サイズのコンパクトPDAで、OSとしてWindows Mobile 5.0 for Pocket PCを搭載。CPUはSamsung SC32442(400MHz)を採用、フラッシュROM容量はrx4240が128Mバイト、rx4540が1Gバイト。SDRAMは双方64Mバイトとなっている。

 リチウムイオンバッテリーにて駆動、動作時間は約11時間。インタフェースはSDカード(SDIO対応)/MMCカードスロット、USB2.0×1(mini B)、ヘッドフォン端子のほか、無線LAN機能としてIEEE 802.11b/g無線LAN、Bluetooth 2.0+EDRを装備する。本サイズは102(幅)×17.5(奥行き)×63.5(高さ)ミリ、重量は約127グラム。

 rx5965は、GPS機能を標準搭載する上位モデル製品で、本体サイズは120.5(幅)×16.5(奥行き)×76(高さ)ミリ、重量は約170グラム。デザインラインはrx4240/rx4540を踏襲しているが、搭載液晶ディスプレイは320×240ドット(QVGA)表示対応の3.5インチタッチパネル液晶となっている。搭載CPUはCPUはSamsung SC32442(400MHz)で、フラッシュROMは128Mバイト+2Gバイト、SDRAMは64Mバイト。

 GPSエンジンとしてSiRF Star IIIを採用。フラッシュROM(2Gバイト)にビーマップ製のGPSアプリケーション「b-walker for iPAQ Navi」と日本全国地図をプリインストールしており、GPSナビゲーションとしても利用可能となっている。

 インタフェースはrx4240/rx4540と同様で、SDカード(SDIO対応)/MMCカードスロット、USB2.0×1(mini B)、ヘッドフォン端子を装備。無線LAN機能としてIEEE 802.11b/g無線LAN、Bluetooth 2.0+EDRを利用できる。バッテリ駆動時間は非通信時で約12時間、GPS使用時で約5.5時間。付属品として車載用キットが同梱される。

(2006.11.30/+D PC USER)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:50 | PC  

Wii:当日購入は昼まで? ネット人気はPS3以上


 任天堂の新型ゲーム機「Wii」(12月2日)の発売を控えた30日までに、家電量販店が対応を打ち出した。当日の国内向け出荷数は40万台弱。11月11日午前7時の発売開始と同時に売り切れたプレイステーション(PS)3の約4倍あるため、量販店は「即売り切れはない」という見方をしているが、当日売り切れは必至だ。一方でインターネットではPS3以上の人気を集めており、ネットショップ大手のアマゾンでは、予約開始から2分で売り切れるフィーバーぶりだ。

 ビックカメラは2日午前6時50分、有楽町店本館でカウントダウンセレモニーを行い、午前7時から先着順にWiiを販売する。池袋本店、新宿西口店、なんば店など7店で先着販売を行う。また、池袋東口駅前店、池袋西口店、渋谷東口店など13店舗では、午前9時に抽選を行い、午前11時から当選者を発表、販売を実施する。同社企画部は「事前の問い合わせは、品物が潤沢にあるためかPS3ほどではない。(先着店舗でも)昼まで残っている可能性もある」と話している。

 ヨドバシカメラも2日午前7時(一部店舗は午前8時と9時)から、新宿西口本店、マルチメディア新宿東口、マルチメディアAkibaなど18店舗で早朝販売を行う。同社によると、販売状況は開けてみないと分からないが、PS3のように即売り切れでなく持つのではないか、と見ている。

 しかし、インターネットショップでの人気はPS3以上。アマゾンでは17日から、数回に分けて予約を取ったが、最短2分で売り切れ。中には日付のみ告知して早朝に出したにもかかわらず10分で商品がなくなった例もあったという。PS3の予約時には1回で行い、60ギガタイプが5分、20ギガで18分で売り切れた。

 ツタヤオンラインでは、ゲームの会員向けメールマガジンで告知を行い、11月21日夕方に予約を開始したところ、1時間で終了した。PS3のときはインターネットサイトで告知を行い、30分でなくなったという。

 任天堂広報室は「Wiiは初日に40万台弱を出し、年内には国内で100万台を出す方向で調整中だ。空輸もしており、できる限り対応したい」と話す。11月19日に、世界にさきがけて発売された米国では、8日間で60万台以上を販売するなど驚異的なペースで売れている(2006.11.30/毎日新聞 まんたんウェブ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 17:47 | 周辺機器  

フォーム入力内容保護機構を搭載したブラウザ「Lunascape4 正式版」が公開

Lunascape株式会社は、同社が開発するウェブブラウザLunascapeの最新版であるLunascape4正式版をリリースした。
Lunascape4正式版では、操作を誤ってタブやブラウザを閉じてしまった場合も、入力内容を復元する「フォーム入力保護機構」を搭載した。
また、軽量化しながらも高度なデザイン切り替え機能を実現する技術を開発し、それに対応した11種類のカラーバリエーションを用意している。さらに、前バージョンに比べ60項目に及ぶ改善・修正が加えられているそうだ。
また同時に、同社初のユーザー参加型イベントとして、「ブラウザ・デザイン・コンテスト」を開催する。このコンテストでは、ブラウザのスキンデザインを募集する。応募者には総額賞金60万円を用意、優秀なデザインは今後発表するLunascapeにバンドル(配布)する予定となっている。

関連ページ:http://www.lunascape.jp/
2006.11.30/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 14:51 | インターネット総合  

「米国より厳しい基準でいく」・マイスペース日本法人香山社長に聞く

 日本最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ミクシィに、世界最大の米マイスペースがソフトバンクと組んで挑戦状を突きつけている。しかし著作権の権利処理が複雑な日本で、マイスペースの最大の特徴である音楽や映像ファイルの投稿を米国同様の人気サービスに育てられるかどうかは未知数だ。マイスペース日本法人の社長に就任する香山誠氏に目算を聞いた。

――日本語版の出足は

 日本語版の開始後、最初の約10日間で1日3000―4000人くらいが登録した。まだ日本語化も十分ではないことなどを考えればまずまずの出だしだ。

 マイスペースのユーザーは米国では8000万人、世界で1億3000万人を超えている。11月7日には世界で1億2500万人といっていたので、10日間程度でミクシィ1個分近くが増えていることになる。


――かなり駆け足で準備したという印象を受けるが

 準備を始めたのは6月後半から。実質的に準備にかける時間は2カ月だった。マイスペースのダブルバイト文字対応は初めての試みだったので実証実験というニュアンスもあった。ぎりぎりのスケジュールで、必死で間に合わせたという感じだ。


――ソフトバンクはいつごろからSNSに関心を持っていたのか

 実は3年前、米大手SNSを日本に持ってくる予定だった。当時4000万人の登録者を持つ有力SNSだったが、話がまとまる直前に別の企業に買収されて、実現しなかった。あのとき参入できていたら、ミクシィより早く成長できたのではと思う。当時すでにそのSNSは広告モデルで利益も出ていた。

 私自身がそのプロジェクトにかかわっていたこともあり、今回孫正義社長から指名された。当時からマイスペースにも注目していた。3年前の失敗とSNSの研究を生かしたい。







――ほかのSNSと比べた魅力は

 音楽や動画などリッチメディアを使って自己表現できるところだ。同じ音楽に興味を持った人を「友達リスト」に追加するのが気軽にできる仕組みになっていることも特長だ。


――日本のレコード会社との交渉状況は

 先日レコード会社を集めて説明会を開いた。既に数十社は、実験的な利用を含めて、マイスペースへの参加を承諾してもらっている。

 音楽を掲載するにはマイスペースへのアーティスト登録が必要だ。米国では誰でも登録できるが、日本では著作権侵害などが起きないよう、事前に厳しくチェックする仕組みを整えてから登録を始める予定だ。できる限り早く始めたい。

 特殊なコードを使ってレコード会社との間でアーティストの本人確認を行う。権利団体に登録していない人はアーティストとして登録できなくすることで「なりすまし」を防ぐ。もちろん、登録したあとのチェックもしっかりできるよう、音楽の権利関係の自動検知システムの導入も検討中だ。




――動画投稿サービスの開始には時間がかかりそうだ

 米国では利用者が投稿した映像を一定の基準で事前にチェックしている。アダルト関連や暴力的な映像については掲載前に削除する。しかし著作権については事前チェックで判断できないものもあり、掲載後の事後処理となっている。親会社の米ニューズ・コーポレーションは大手テレビ局などを抱えるメディア企業だから、そもそも映像の内容に関してはきちんとチェックする方針だ。

 不適切な映像の自動検知システムにも力を入れている。映像に占める肌色の割合を自動で解析してアダルト映像を自動で割り出すなどの仕組みを日本にも取り入れる。米国に300人強のチェック担当者を置き、世界のマイスペースの投稿コンテンツを日々チェックしている。

 日本では米国と法律も異なり、同じパターンでできるとは思っていない。権利関係者と話を始めており、きちんとしたスキームを作ってから始めたい。ただ、映像は音楽よりもハードルは高そうだ。ニューズのグループ会社が持つコンテンツは前向きに提供を検討している。

 

――ソフトバンクの既存事業とのバッティングは




 ヤフーのポータル事業との整合性などが指摘されているが、今のところそういった心配はしていない。むしろマイスペースがそこまで大きくなることができれば成功だろう。ヤフーのSNSもまだまだ規模が小さい。お互いが強くならないと協力しても意味がない。


――米国では若年層問題が深刻化している

 14歳以下は登録できないし、18歳以下のプロフィルは検索できないような仕組みを取り入れている。具体的な手法は明かせないが、年齢を偽って登録しても、独自の方法で発見し、登録を強制削除できるようになっている。この方法で毎週3万プロフィルを削除している。日本でもこの手法を導入したい。




――携帯電話にも展開する

 米国では既に携帯事業者と提携して携帯版のサービスを広げている。日本でも当然準備を進めている。あくまで基本姿勢は、どの携帯事業者に対しても中立的だ。ソフトバンクモバイルは別途SNSの仕組みを整えているところだったので、うまくその基盤に乗ることができればほかより先に導入するかもしれない。






――日本ユーザーからはインターフェースが使いにくいとの声も挙がっている

 最初から完璧なものはない。米国でもユーザーの声を聞いて1つ1つバグをつぶしながら走ってきた。ユーザーと一緒に作るサイトなのだ。

 日本に合わせたローカライズも必要だが、マイスペースは世界中に友達を作れることが決定的な特長なので、ある程度世界共通の仕様は欠かせない。(プロフィル欄に「ゲイ」「レズビアン」などの選択肢があるなど)日本人にはなじまない表記もあるかもしれないが、あえて残している。

 中国にも参入を検討しており、アジアにも友達の輪がどんどん広がることになる。日本のコンテンツや文化を輸出することにもつながり、相互理解のためにも役立つサービスとなるのではないか。





<香山誠・マイスペース社長、ソフトバンク・ヒューマンキャピタル社長>

 1957年生まれ。1986年にソフトバンク入社。ソフトバンク・イーシーホールディングス取締役を経て2000年に就職・転職情報サービスを手がけるソフトバンク・ヒューマンキャピタル(旧イーキャリア)社長。2006年11月からマイスペース社長を兼務。(2006.11.30/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-30 12:29 | インターネット総合  

携帯向けブラウザ「Opera Mini 3.0」リリース



 Opera Softwareは11月28日、携帯機器向けブラウザの最新版「Opera Mini 3.0」をリリースした。

 この最新版ではブラウジングが高速化されたほか、写真の共有やRSSフィードリーダーなど、モバイルソーシャルネットワーキング機能が追加されている。ユーザーはMySpac、Blogger、Flickr、Facebook、My Operaなどのオンラインコミュニティーを簡単に閲覧し、写真をアップロードできる。

 また長いメニューリストは自動的に折りたたまれ、ページをスクロールしなくてもメインコンテンツにたどり着ける。

 さらに、安全なサイトには鍵マークのアイコンが表示されるなど、オンラインサービスを安全に利用できる機能も加えられている。

 Opera Mini 3.0はOperaのサイトから無料でダウンロードでき、Java対応の携帯電話で利用できる。


(2006.11.29/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-29 18:42 | インターネット総合