<   2006年 10月 ( 257 )   > この月の画像一覧

 

米スケーリックス、日本市場に参入-サードウェアと法人設立



 米スケーリックス(カリフォルニア州)は日本市場に参入する。Linux(リナックス)やメール関連サービスを手がけるサードウェア(千葉県船橋市、久保元治社長、047・496・3341)と販売契約を結ぶとともに、両社で日本法人を設立する。スケーリックスのメール・グループウエア(協業用ソフト)を販売。3年後をめどに年商3億―5億円を見込む。

 10月末までに設立するのは「日本スケーリックス」(東京都中央区)。資本金は1300万円。サードウェアが過半数を出資し、社長は久保サードウェア社長が兼務する。従業員は5人で立ち上げ、スケーリックス製品の販売・サポートを行うほか、ソフトの日本語化開発にも取り組む。日本語版の発売は07年2月を予定。今後システム構築業者など広く販売代理店を募り、販路を築く。

 主要製品「ウェブアクセス」は、ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)上で利用できるメールソフト。ウェブアプリケーションの新しい構築手法「Ajax」をベースにし、「アウトルック」などのメールソフトと極めて似た操作性が特徴。

 オープンソース(OSS、無償公開・利用改善自由)として提供されるため、導入時のライセンスコストを削減できる。米国では450社を超す導入実績がある。

(2006.10.27/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 13:04 | インターネット総合  

任天堂中間、営業利益3.4倍 DS好調で



 任天堂が10月26日に発表した2006年9月中間期連結決算は、営業利益が671億1100万円と前年同期比3.4倍に伸びた。「ニンテンドーDS」(Lite含む)がハード・ソフトともに好調だった。

 売上高は同69.4%増の2988億1700万円、経常利益は同66.6%増の946億7600万円、純利益は同48.4%増の543億4500万円。

 ニンテンドーDSは中間期だけで世界販売が1000万台を超え、累積普及台数は2682万台に達した。DS向けソフトは「Newスーパーマリオブラザーズ」が676万本を販売。国内で好調な「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は海外でも同様のソフトがヒットし、同シリーズの中間期の世界出荷は459万本、累計で851万本に達した。

 据え置きゲーム機はハード、ソフトともに減収だった。

 通期の見通しは、売上高7400億円、営業利益1450億円、経常利益1700億円、純利益1000億円。


(2006.10.27/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 13:03 | インターネット総合  

「YouTube人気動画リンク集」は合法か


YouTubeの人気動画を紹介するリンク集が増えている。テレビ局などの著作権を侵害していると見られる映像のリンクも多いが、違法性はないのだろうか。
2006年10月27日 08時41分 更新

YouTubeの人気日本語映像には、テレビ番組などが多い YouTubeの人気動画のリンクを集め、ランキング化するサービスを、国内ネット企業などが続々と開設している。ブログの引用回数やユーザー投票などから人気の映像を見つけ出し、YouTubeのぼう大なコンテンツから面白い映像に簡単にたどり着ける仕組み。だがこういったサービスは果たして、合法なのだろうか。

 YouTubeの人気動画には、テレビ番組の映像の一部分を切り出したものなど、権利者に無断でアップロードしたとみられるコンテンツが多い。こういった動画にリンクを張るサービスは法的に問題ないのか――ネット関連の著作権法に詳しい、小倉秀夫弁護士と、法政大学社会学部の白田秀彰助教授に聞いた。

違法コンテンツへのリンクは違法?
 小倉弁護士によると、YouTubeのようなサービスとそのリンクに関する著作権問題は、(1)「送信可能化権」と(2)「自動公衆送信権」―― の2つに分けて考える必要がある。送信可能化権は「実際にコンテンツを送信する権利」で、自動公衆送信権は「公衆の求めに応じてコンテンツを自動的に送信可能な状態を作出する権利」だ。

 YouTubeで言えば、映像ファイルをYouTube上に置いた時点で「送信可能化」行為は終了する。そのため、例えば、テレビ局が権利を持つ映像ファイルを無許諾でYouTube上に置いた第三者は、テレビ局の送信可能化権を侵害した、といえるだろう。

 その後、ユーザーの求めに応じてYouTubeから動画が送信されることにより、自動公衆送信が行われる。YouTube上の動画にリンクを張り、その動画に対するアクセスを増やす行為は「自動公衆送信のほう助」に当たるようだ。小倉弁護士は「リンクが張られることにより公衆からの送信要求が実際に増加したのであれば、客観面からいえば、リンクを張られることにより、自動公衆送信がほう助されたということになります」と説明する。

 つまり、YouTubeの違法動画にリンクを張り、結果的にその動画へのアクセスが実際に増えた場合は「自動公衆送信権侵害のほう助」にあたり、故意などの主観的な要件が具備されるならば、違法と考えられる、という見解だ。
合法に「リンク集」を運営するには
 どうしてもYouTubeの人気動画リンク集を運営したい場合は、著作権侵害映像が入り込まないよう配慮する必要があるだろう。小倉弁護士は「ロボットで拾ってきてしまうのは仕方がないが、著作権侵害っぽいコンテンツにリンクを張ってしまっているのをスタッフが見かけたら、リンクを削除するようにスタッフに徹底しておいた方がよいと思う」とアドバイスする。

 著作権侵害コンテンツのリンクを紹介するサービスを運営している事業者側が負う法的リスクとしては、(1)著作権法違反のほう助犯として刑事罰(懲役および罰金)に科せられる場合がある、(2)不法行為(著作権侵害)のほう助者として共同不法行為責任(連帯責任)を負わされるおそれがある――が考えられる。

「違法」と斬り捨てるだけでいいのか?
 今の日本の著作権法を適用すれば、YouTube上の人気コンテンツの多くは違法で、それに対するリンクも違法となる可能性が高い。白田助教授は「法律家としては『アップロードされているコンテンツが著作権者の許可あるものかどうか判断できないならば、YouTubeを利用するべきではない。 YouTube上のコンテンツの存在は、ごく親しい友人以外には知らせるべきでない』と言うほかない」と語る。

 その一方で「法律の解釈から導かれるこの結論は、GoogleやYouTubeの時代にふさわしいものではないと考える。新しい流通手段の可能性を封じることばかりに躍起になっていては、日本のコンテンツ産業がアメリカの先進サービスに支配されるような構造に陥ると危ぐする」(白田助教授)とも指摘する。

 YouTubeにテレビ映像が載り、多くの人に見られるということが、これまでありえなかった新しい可能性を拓いていることは確かだ。忙しくてテレビをリアルタイムで見られない人もYouTubeなら見られるし(関連記事参照)、ネットは放送波の届く範囲を超え、海外からでも見てもらえる(関連記事参照)。

 日本好きな外国人が日本のテレビ番組を見てさらに日本を好きになる、ということも実際にあり(関連記事参照)、例えばレイザーラモンHGは、YouTubeの映像が米国で人気となり、米国人のファンが増えているという。

 「技術革新などで社会が新しい段階に移行する時、現実と法律の整合性が破たんする状況がしばしば見られる。しかし、その破たんがなければ、現実に調和した法律を作り出すことはできない」――白田助教授はこう指摘する。

 家庭用ビデオデッキがその例だ。米国の映画業界は、ソニーがビデオデッキを市場投入した際、「テレビ放送された映画を、視聴者がビデオで勝手にコピーすれば、映画産業が損失を受ける」として長期の訴訟で攻撃した。

 だが、映画業界はその後、ビデオのレンタルビジネスによって広大な"家庭内市場"を獲得。テレビとの競争で衰退しつつあった映画ビジネスをビデオが救った――という見方もできる。

 「YouTubeが家庭用ビデオデッキと同じポジションにいるならば、法律や政府がよってたかってつぶしにかかるというのが、長期的に見てどうなのかな、と思う部分もある」(白田助教授)

 小倉弁護士は、日本のテレビ局の対応について悲観的だ。「録画ネット裁判やまねきTV裁判から明らかなように、日本のテレビ局は、放送波が届く範囲を超えて番組が見られるということをとても嫌がる。「選撮見録事件」(※)で民放各社は、番組をタイムシフト視聴されることすら許せないとしている」

 「テレビ局は、番組がいつどこで見られるのかをコントロールしたがっている。YouTubeに番組がアップロードされることが、客観的に見てテレビ局の利益になるとしても、悲しいかな、日本のテレビ局は聞く耳を持たないだろう」(2006.10.27/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 13:02 | インターネット総合  

ソフトバンク 番号継続制度の顧客争奪戦で“台風の目”に

 
 携帯電話会社を変えても番号が変わらない「番号継続(ポータビリティー)」制度スタートに伴う顧客争奪戦で、大胆な低価格方針を連日打ち出すソフトバンクモバイルが“台風の目”になっている。自社携帯間の通話・メールの無料化に続き、26日には既存の契約者の機種変更でも端末代を原則無料にするサービスを発表。家電量販店のソフトバンク携帯の売り場も盛況で、今のところ静観しているライバルのNTTドコモやKDDI(au)も、内心は穏やかでない。
 「ソフトバンクが一番売れている」。こんな声が飛び交う、東京都千代田区のビックカメラ有楽町店の売り場。通話・メール原則無料の新料金プラン受け付け初日の26日、ソフトバンクカウンターにはサラリーマンらの列ができた。
 機種変更の際の端末無料化について、業界では「他社への契約者流出防止が主眼。ソフトバンクはポータビリティーで独り負けする恐れもあったからだ」と冷ややかな見方もある。しかし、ソフトバンクは過去に固定通信のADSL(非対称デジタル加入者線)参入でモデムを無料配布し、NTT東西の半額の料金で価格破壊の流れを作った実績がある。
 「世界一高い日本の携帯を安くする」との孫正義社長のアピールが再び支持されれば、ドコモやauも価格競争の渦に巻き込まれかねない。10月23日までの番号継続の利用予約では、auが新規顧客を十数万件獲得。ソフトバンクは劣勢だった模様だが、新たに打ち出した一連の低価格戦略がどこまで他社の契約者の関心を呼び込めるか。ドコモやauも、安閑とはしていられない状況だ(2006.10.27/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 13:00 | 周辺機器  

上期のパソコン出荷、7半期ぶり前年割れ・4%減


 国内のパソコン需要が低迷している。電子情報技術産業協会(JEITA)が26日発表した2006年度上半期(4―9月期)のパソコン出荷台数は前年比4%減の597万5000台となり、02年度下半期以来、半期ベースで7期ぶりの前年割れとなった。価格競争の影響で出荷額は6%減の7414億円となった。

 パソコンは世帯普及率が8割を超え、買い替えや買い増しが需要の中心になっている。上半期はデジタル家電や携帯電話、旅行などに消費が分散したこともあり、個人向けの出荷が低調だった。企業向けは業績拡大などを背景に堅調だった。

 今年度の出荷台数についてJEITAは、マイクロソフトが1月に「ビスタ」を売り出すこともあり、前年度比5%増の1350万台という予測を据え置いた。(2006.10.27/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 09:39 | PC  

マイクロソフト、「Windows Vista」の参考価格を発表


 マイクロソフトは26日、次期OS「Windows Vista」の参考価格を発表した。さらに、アップグレード支援プログラム「今なら、どちらも安心アップグレード プログラム」を開始した。

 Windows Vistaの価格はすべてオープンプライスとなっているが、発表された参考価格は以下のとおり。

●通常版
 Ultimate:48,800円
 Business:37,800円
 Home Premium:29,800円
 Home Basic:25,800円

●アップグレード版
 Ultimate:31,800円
 Business:25,800円
 Home Premium:19,800円
 Home Basic:13,800円

 また「今なら、どちらも安心アップグレード プログラム」では、各PCメーカーが対象となるモデルについて、優待価格でのWindows Vistaへのアップグレードを実施する。
(2006.10.26/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 06:58 | インターネット総合  

IE 7でまた脆弱性報告



 デンマークのセキュリティ企業Secuniaは10月25日、Microsoft Internet Explorer(IE)7について、公式リリース以来2件目となる脆弱性情報を公開した。深刻度評価は5段階中2番目に低い「Less critical」。Microsoftもこの問題について調査を開始した。

 Secuniaのアドバイザリーによると、この問題では多数の特殊記号をURLに付加した偽装的アドレスバーでポップアップを表示できてしまう。これにより、アドレスバーの一部のみを表示することが可能になり、フィッシング攻撃に利用される恐れがある。

 この問題は、完全にパッチを当てたWindows XP SP2上で動作するIE 7で確認されたという。

 米Microsoftはセキュリティセンターの公式ブログで26日、報告を受けて調査を開始したと明らかにした。これが実際の攻撃に悪用されたとは聞いていないが、調査完了後に必要な措置を取る方針だとしている。

 Microsoftによるとこの問題は、ユーザーが信頼できないWebサイトや電子メールで特殊な形のリンクをクリックして表示されるポップアップウィンドウで発生する。

 アドレスバーにはURL全体が提示されるものの、最初はURLの左側部分が表示されない状態になっている。ブラウザのウィンドウかアドレスバーをクリックしてアドレスバー内部をスクロールすれば、URL全体を見ることが可能になる。

 フィッシングサイトがこの問題を悪用しようとしても、IE 7ではフィッシングフィルタがユーザー保護の一助になるとMicrosoft。

 IE 7をめぐっては、公式リリース翌日の10月19日にもSecuniaが脆弱性を見つけたと報告した。こちらの問題ではMicrosoftは、脆弱性が存在するのはIE 7ではなくOutlook Expressのコンポーネントだと反論している。

(2006.10.26/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-26 15:38 | インターネット総合  

WOWOW、110度CS放送から撤退



 WOWOWは10月25日、東経110度CSデジタル放送から撤退すると発表した。現在2チャンネルを放送しているが会員数が伸び悩んでおり、事業好転の可能性が乏しいと判断した。放送は12月いっぱいで終了する。

 2004年12月に放送を始めたが、その後一部チャンネルを休止。現在は「ブルームバーグテレビジョン」などをデジタルWOWOW加入者に無料で開放するキャンペーンを実施していたが、委託放送事業子会社のCS-WOWOWは赤字が続いていた。

 同社はBS有料放送を軸にしつつ、様々な伝送路に対応するコンテンツプロバイダ化を目指す方向を打ち出しており、今後も厳しい事業環境が続く見通しの110度CSでプラットフォーム運営を続ける意義が薄いと判断した。

 CS-WOWOWは解散し、特別損失4億3800万円を10~12月期に計上する。

(2006.10.26/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-26 15:36 | インターネット総合  

ブログが就職の「落とし穴」? ググられる学生たち


インターネットは、就職活動を便利にした。しかし同時に、学生側が企業から検索されるという状況も生み出している。
2006年10月25日 17時45分 更新
 インターネットは、学生の就職活動を便利にした。しかし同時に、学生が陥る可能性のある不気味な「落とし穴」も、同時に作り出したのかもしれない。

 米国西海岸で大学院に通うタイラーさん(25)は、このところ就職活動である噂が気になっている。「――企業の人事担当者は最近、Googleで学生の情報を検索しているという。これは本当だろうか?」

 実は、タイラーさんは学部生時代に政治関連の雑誌を創刊、編集した経歴がある。彼自身、それを隠したりはしていないが、政治のトピックはとかくデリケートな問題が絡むもの。人事担当者によっては、ネガティブな評価を下すかもしれない、というわけだ。

 それでなくとも、アメリカの学生はしばしば「MySpace」などのSNSに複数の写真をアップロードする。その中に馬鹿騒ぎの様子を写した画像が含まれていたり、あるいはポルノ関連のトピックが含まれていた場合、仮にそれが人事担当者の目にとまれば、印象が悪くなるおそれもある。

 「これは非常に重要な問題だ。企業がGoogleでアクセスできる情報をコントロールできるよう、我々は適切な対処をしなければならない」

 昨年日本で就職活動をした男性(27)も、実名で利用していたブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を匿名に変え、就職活動関連や女性関係など問題のありそうなエントリーは削除した。きっかけは、社会人の先輩に「君のブログは危険だから下げたほうがいい」と言われたためだ。

 「ブログのアクセス解析をしていたら、就活先の会社からのアクセスがあった、という友人もいました」。実名登録しているSNSからプライベートなブログへのリンクを削除するなど、就活をきっかけに、ネット上での活動を匿名化したり縮小した友人は多いと彼は言う。

人事はあなたをググっている?
 東京のIT企業に勤めるある人事担当者(27)は、実際にネットを採用活動に使っていると話す。

 一例として挙げたのが、就職活動に関連した情報を掲載するコミュニティーサイト「みんなの就職活動日記」(みん就)だ。学生同士が情報を共有するためのサイトだが、企業としてもどんなことが書かれているか目を光らせている。その中で、どの学生がどの書き込みをしたか、特定できる場合もあるようだ。

 「面接を受けに来た後、すぐ“みん就”に書き込む学生がいる。そういう子は『ああ、あの子だな』と分かる」

 意図的に、学生の情報をピンポイントで調べることもあるのだろうか。この質問に対しても、前出の人事はそれに類したことはある、と明かす。
 「例えば、クセのある学生だったり、問題を感じて不合格にした学生の名前をネット上で見つけることはある。そこに変なことが書いてあったりすると『ああ、やっぱり』と思う」

 現状では組織だって調べているわけではないが、今後も興味があればチェックをすることはある、とも付け加える。

 ただし、厳密に全員を“検閲”しているわけではない。「せいぜい、気になった学生ぐらいのもの。逆に言うと、自信をもって合格にした内定者や、採用したインターンシップの学生に関しては、チェックしたことはない。やはり(個人のブログなどは)プライベートなものであり、入社する会社の人事に知られたくないだろうと思うから」

ブログが肯定的に作用するか、それとも……
 採用にあたってブログなどの内容を見ることを、明言している会社もある。

 はてなの近藤淳也社長は、2005年12月のブログで「志望者のブログの面白さ」と「採用確率」が比例することに言及している。同氏によれば、ブログの中には「はてなへの入社を目的とした内容だけでなく、本当の自分の姿、興味、性格などがより出ている」という。

 「……ですので最近は、応募者のブログを何カ月分も読んで採用の判断を行うことが増えています」(ブログより抜粋)

 もちろん、ブロガー自身が自信を持って運営しているサイトであれば、採用担当者に積極的に見てもらいたいと思うだろう。しかしそうでない場合に限れば、人事に日記を“何カ月分も”読まれることは、必ずしも歓迎される話ではない。

 ある大手人材派遣会社に勤めるキャリアコンサルタント(28)は、人事という人間は基本的に、採用する相手の情報をできる限り集めたがるものだと指摘する。

 「自分の情報は、自分で守らなくてはならない。あなたがブログやSNSを実名で運営しているなら……少なくとも、就職関連の書き込みは避けるのが賢明だろう」(2006.10.26/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-26 13:30 | インターネット総合  

マイクロソフト、「Windows Media Player 11」のリリース延期を発表



 Microsoftが、米国時間10月24日に予定していた「Windows Media Player 11」の正式版リリースを延期したという。

 Microsoftは10月初め、Windows Media Player 11の正式版を24日に公開する意向を明らかにしていた。しかし、翌日の25日になって、リリース日を「少し延期する」と発表した。

 「製品のリリースに際しては常に、品質を最優先している。顧客やパートナー、そしてMicrosoft自身の求めるWindows Media Player 11に対する高い品質水準を満たすには、あと数日かかる」

 同社は、具体的にどういう箇所が品質基準を満たしていないのかについては明らかにしなかった。また、正式版のリリース日が「まもない」と述べるだけで、具体的な日付にも言及していない。 Neowin など複数のファンサイトでは、同社が現在10月30日のリリースを目指していると述べている。

 Windows Vistaにも搭載されるWindows Media Player 11には、MTV Networksと共同開発した楽曲サブスクリプションサービス「URGE」が組み込まれるなど、多数の仕様が新たに追加されている。

 Microsoftは、新メディアプレーヤーの公開テストを5月から進めてきた。



(2006.10.26/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-26 13:29 | インターネット総合