<   2006年 09月 ( 238 )   > この月の画像一覧

 

Spansion、4ビット/セルのフラッシュメモリ製品を披露

Spansionが4ビット/セルのフラッシュメモリ技術による製品を公開した。

 富士通とAMDの合弁企業で、フラッシュメモリ大手の米Spansionは9月25日、テキサス州オースティンの製造施設Fab25において、1セル当たり4ビットのデータを記録できるフラッシュメモリ技術による「MirrorBit Quad」のシリコンを披露した。同技術はフラッシュメモリの製造コスト引き下げを実現するもの。

 MirrorBit Quadの90ナノメートル(nm)製造技術による512Mビット、1Gビット、2Gビット製品は年末をめどに製造開始し、65nm製造技術による1Gビット、2Gビット、4Gビット、8Gビット、16Gビット製品は2007年に製造開始する見通し。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:23 | 周辺機器  

SanDisk、16GバイトCFカードを開発


SanDiskは、12Gバイトと16GバイトのCFカード「Extreme III」を発表した。

 米SanDiskは9月26日、16Gバイトおよび12Gバイトのコンパクトフラッシュ(CF)カード「Extreme III」を発表した。

 アクセス速度は最低20Mバイト/秒で、RAWおよび高解像度JPGファイルを扱うプロ写真家向け。摂氏マイナス25度から85度と、動作温度範囲が幅広い。またRescuePROソフトウェアにより、間違って消去した画像やデータを簡単に復元できる。

 Extreme IIIシリーズはCF以外にメモリースティックPRO Duo、SDでも提供される。価格は12Gバイトが779.99ドル、16Gバイトが1049.99ドルで、どちらの容量も発売は12月。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:22 | 周辺機器  

SIRIUS、Wi-Fi付き携帯衛星ラジオを発表

SIRIUSの「Stiletto 100」はライブでラジオ放送を聴くだけでなく、録音して後で聴くこともできる。

 米衛星ラジオサービスSIRIUS Satellite Radioは9月26日、同社の放送をライブで聴ける携帯ラジオ「Stiletto 100」を発表した。

 同製品はWi-Fi、Yahoo!のジュークボックスソフト、番組を保存して後で再生する機能を備える。容量は2Gバイトで100時間分のSIRIUSコンテンツを保存可能だ。

 またこの製品はほとんどのWindows向けインターネット音楽サービスに対応している。これらの音楽サービスで入手したMP3楽曲を同製品に格納し、「My SIRIUS Studio」ソフトを使って管理することもできる。「Yahoo! Music Jukebox」ソフトも搭載されている。

 衛星ラジオのほか、Wi-FiでSIRIUSのインターネットラジオサービスにアクセスすることも可能だ。

 同製品はおよそ12×5×2.5センチの大きさで、2.2インチの液晶ディスプレイを備える。推定小売価格349.99ドルで今月中に発売される予定だ。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:20 | 周辺機器  

モバイルドメイン「.mobi」、初日から高い人気

.mobiドメインの一般登録が始まった初日、登録件数は数万件に上った。特に登録が多かったのは米国、カナダ、中国だった。

 「.mobi」の一般登録が始まった9月26日、100カ国以上の企業と個人が7万5000を超えるワイヤレスWebサイトをこのドメインに登録した。このドメインを管理するMobile Top Level Domain(MTLD)が明らかにした。

 登録が多かった国のリストでは米国、カナダ、中国が上位に入り、それに欧州の数カ国、日本が続いたという。

 .comが有線インターネット上の多くのWebページのためのドメイン名であるのと同様に、.mobiは携帯電話などのワイヤレスデバイス向けにフォーマットされたWebページのドメイン名だ。

 5月にワイヤレス企業に、6月に商標を持つ企業向けに登録が開始されたときは、約1万3000の.mobiドメイン名の登録申請があった。

 今後2週間は、割増料金を払えば誰でも.mobiドメインのWebサイトを登録できる。同ドメインの卸売価格は年額25ドル。小売価格はリセラーによって異なる。

 例えば大手ドメイン名登録業者のGoDaddy.comは、.mobiドメイン名に年間29.99ドルを課している。中国のホスティングサービス会社HiChina.comは、2年で約100ドルを課す。2週間後には登録料は大幅に下がるが、多くの独特な「優良」ドメイン名は取得できないだろう。

 MTLDはMicrosoft、Google、Vodafone、Nokiaなどが設立した企業。

 .mobiドメインは、ワイヤレスデバイスで簡単にインターネットを閲覧できるようにするために作られた。携帯電話やBlackBerryからアクセスするためにデザインされたWebページはほとんどない。携帯電話で一般的な.comサイトにアクセスしようとした時に、エラーメッセージが表示されることは多い。MTLDは.mobiサイトをほとんどの携帯機器に対応させるためのスタイルガイドを公開している。

 一部のコンテンツ提供会社や商標を持つ企業は、携帯機器向けに別のドメイン名を作る必要があるのどうかについて懐疑的だ。こうした企業は、別のドメイン名が消費者の間に混乱をもたらす可能性があると主張している。(206.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:20 | インターネット総合  

米国のネット広告費、2006年は26.8%増

eMarketerの調査によれば、ネット広告費は過去2年間、年率30%強で伸びてきたが、2006年は26.8%とその伸びはやや鈍化する見通しだ。

 米国におけるネット広告費は過去2年間、年率30%強で伸び続けてきたが、2006年には若干その勢いが鈍化し、前年比26.8%増となる見通しだ。調査会社eMarketerが9月25日にまとめた報告書で明らかにした。

 eMarketerによると、2006年の広告費は、金額ベースでは159億ドルとなる。また、伸び率はやや落ち着いたものの、2010年末には250億ドルを超える見込みだ。

 ネット広告費が全媒体の広告に占める割合は、2006年には5.7%だが、2010年には8.9%に拡大するとeMarketerは見る。

 eMarketerによれば、従来メディアからインターネットへと出稿媒体が移行しつつあるが、ネット広告費の増加は広告業界全体を後押ししている。例えば2007年の広告費全体の伸びは1.4%にすぎない。しかし、ネット広告費の成長率15.1%を差し引くと、全体の成長率は0.6%となってしまうと、報告書は指摘している。

 検索広告は2005年から2010年にかけて、毎年ネット広告費全体の40%以上を占める見通し。しかし大手広告主の関心はテレビ式のスポット購入に集中しつつあり、ビデオを含むマルチメディア広告のシェアが、2006年の9%から2010年には18%まで上昇する見込みだ。一方で、表示式の広告は、2006年の21%から2010年には17.8%へと落ち込む見通しという。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:19 | インターネット総合  

アドウェアを勝手にダウンロードするMSN Messengerワーム

MSN Messengerに表示されるメッセージをクリックすると、自動的にアドウェアやバックドアプログラムをダウンロードしてしまう。

 フィンランドのセキュリティ企業F-Seucureが、MSN Messenger経由でアドウェアなどをダウンロードしてしまう恐れがあると注意を呼び掛けている。

 F-Secureによると、メッセージに表示されたリンクをクリックすると、「photo942.PIF」というファイルを自動的にダウンロードする。このファイルは「Licat.C」というバックドアプログラムで、「go.cheap.info」「go.links4.biz」というWebサイトへのアクセスに利用される。

 これらには不正サイトのIPアドレスが含まれており、アクセスするとさらに別のサイトからほかのウイルスをダウンロードし、感染したPCで実行するという。

 ダウンロードされるファイルの1つは、MSN Messenger経由でポップアップメッセージを表示するスパムで、ファイル名は「sprT.exe」。同ファイルは「IM-Worm.Win32.Licat.c」としても検知される。

 Licat.Cはまた、MSN Messengerのアプリケーションクライアント「msnmsgr.exe」を上書きするため、Licat.Cに感染したらMSNメッセンジャーを再インストールする必要があるという。

 同時にダウンロードされる別のファイルはアドウェア関連で、1つは「PurityScan」アドウェアをインストールするトロイの木馬(「Trojan-Dropper.Win32.PurityScan.ag」として検知される)。もう1つは「Softomate」アドウェアインストーラで、Softomateツールバーとして検知される。

 F-Secureは、IMワームはアドウェアをインストールするツールとして悪用されることが多いため、メッセージに表示される疑わしいリンクをクリックしないようにと警告している。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:18 | インターネット総合  

Skypeフォン一体型のキーボード


バッファローは、ハンドセット型のSkypeフォンと一体化したPC用キーボードを10月上旬に発売する。
2006年09月27日 18時18分 更新
 バッファローは、Skypeフォンと一体化したPC用キーボード「BKBU-SKJ109/SV」を10月上旬に発売する。6660円(税込み)。


 一般的な電話と同じハンドセット型のSkypeフォンと一体化した日本語109キーボード。USBケーブル1本でキーボードとSkypeフォン(Skype Certified取得済み)のの両方が使える。外部ヘッドフォンセット用にステレオミニプラグも備えた。

 キーボード上面の「戻る」「進む」など13種類のホットキーも利用でき、外部ヘッドセット用のボリュームもダイヤルで調節できる。

 キーはメンブレン式。キーピッチは19ミリ、キーストロークは3.5±0.5ミリ。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:17 | 周辺機器  

デジタル時代は「1日43時間」?

テクノロジーの力でマルチタスクが可能になり、人は1日に24時間分以上の作業ができるようになった。

 テクノロジーのおかげで、家庭では1日に43時間分の作業ができるようになった――Yahoo!とOMDの「デジタル時代の家庭」調査で明らかになった。

 この調査は16カ国で4500以上の世帯を対象に行ったオンライン調査と、7カ国での家庭内での聞き取り調査とテクノロジー利用調査で構成される。

 調査によると、各家庭が所有するテクノロジーデバイスは平均11台(米国では12台)。テクノロジーにより家族とつながっていられると回答した割合は70%に上り、携帯電話で1日中子どもと連絡を取っている保護者は29%だった。

 またマルチタスクにより、1日に24時間分を超える日常活動が可能になったことが示された。米国の回答者は平均で、睡眠、労働、通勤に加え、電子メール、MP3プレーヤー利用、テキストメッセージング、テレビ視聴などの日常的な活動を1日に43時間分以上行っていた。そのうち、4.5時間は家族と過ごし、3.6時間はインターネット利用、6.4時間は仕事、2.5時間はテレビ視聴、1.2時間は通勤、1時間はIM利用、1.5時間は友人と過ごし、1.2時間は電子メール利用、1.3時間はラジオ聴取に費やしているという。

 またこの調査では、若い世代のテクノロジー依存が拡大していることも明らかになった。18~34歳の回答者のうち半分以上(55%)が、テクノロジーがなければ「友人や家族と連絡を取り合えないだろう」と答えた。またテクノロジーのおかげで内気さを克服できたと答えた割合は36%に上った。

 さらに調査報告書では「ファミリー2.0」という新たな家族の姿も示している。「ファミリー2.0は昔のホームドラマの家庭像とは違う。今は男性が料理をし、女性が働き、子どもは非常にテクノロジーに詳しいことが多い。父親が常に一番の物知りというわけではない。父親がどのMP3プレーヤーが一番お買い得かを知らず、オンラインで価格や機能を比較している娘が詳しく知っているかもしれない」とYahoo!の販売調査担当副社長ミシェル・マデンスキー氏は述べている。
(2006.9.28/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:15 | インターネット総合  

TVバンク、数万人に高画質動画を同時配信できるシステムを開発



 TVバンク(東京都港区、孫正義社長、03・6889・2300)は26日、ネットワークに負荷をかけずに数万人規模の視聴者に高画質の動画を同時配信できるシステムを開発したと発表した。実験では従来方法の10―20%の送信トラフィック(データ量)で、動画を安定配信できることを確認。今後はヤフーの動画配信サービス「ヤフー!動画」上で、音楽コンサートやスポーツ番組を配信する際に同システムを利用する。

 システム名は「BBブロードキャスト」。視聴者のパソコンを相互接続し、サーバから送信された動画データを視聴者間で転送し合うオーバーレイマルチキャスト技術を活用する。サーバから視聴者一人ひとりにデータを配信するユニキャスト技術と比べて、インターネット接続事業者(ISP)のネットワークに流れるトラフィックを軽減できる。

 数万―数十万人が同時視聴する動画の配信に適しており、配信コストも大幅に削減できる。同日会見した中川具隆取締役最高執行責任者(COO)は「将来は企業のPR動画の配信などにも活用していきたい」と展望を述べた。

 同社はソフトバンクとヤフーの共同出資で、05年12月に設立された。(2006.9.28/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:11 | インターネット総合  

デジカメ写真を無料で補正、凸版がサイト

 凸版印刷は27日、デジタルカメラで撮った写真の色補正や印刷の色調管理などができる無料サイトを開設すると発表した。カメラやプリンターのメーカーから広告収入を得る。2007年度に10万人の登録会員を目指す。

 新サイト「いい色」にデジタル写真のデータを取り込むと、被写体や背景の色を自動で補正できる。室内の風景から照明の影響を取り除いたり、被写体だけくっきりとさせたりする。手動補正も可能。

 写真の印刷時に自宅のプリンター機種を指定すれば、最適なインク情報を読み出し適切な色で写真を印刷できる。デジタル写真に絵を描き込んだり、名刺も作れる。

 企業の広告料は6カ月で18万9000円。リコーなどが会員になっており、初年度に25社の登録を目指す。写真補正機能の期間貸し(ASP)サービスの企業向け販売もし、全体の売り上げ目標は3年後に5億円。(2006.9.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-09-28 04:09 | インターネット総合