<   2006年 06月 ( 102 )   > この月の画像一覧

 

iPod効果でフラッシュメモリ好調――「10G超nano」登場か

Appleは年内に10G~12GバイトのフラッシュベースiPodを発売するとGartnerは予想している。
2006年06月24日 08時01分 更新
 調査会社Gartnerの予想によれば、携帯メディアプレーヤー出荷は2005年の1億3450万台から、2006年には1億8770万台へと大きく伸びる見通しだ。

 携帯メディアプレーヤー、特にAppleのiPod需要がけん引する形でNANDフラッシュメモリの販売は増大。2005年はNANDフラッシュ搭載のプレーヤーが市場の80%を占め、HDDベースのプレーヤーは20%だった。iPodは2006年1~3月期の出荷のうち55%をフラッシュベースの製品が占めた。

 「Appleは2006年10~12月期までに新しいハイエンドのNANDフラッシュベースiPodを投入する見通しだ。このプレーヤーはストレージ容量10G~12Gバイトとなる公算が強く、NANDフラッシュ市場に多大な影響を与えるだろう」。Gartnerの上級リサーチアナリスト、ジョン・エレンセン氏はこう予想している。

 NANDフラッシュベースプレーヤーの価格は2006年1~3月期に平均25%下落した。16Gビット(2Gバイト)デバイスの価格は、現在の約35から7~9月期には約30ドルに下がる見通し。10~12月期にはNANDフラッシュが5.8%の供給不足となり、2007年1~3月期も2.6%の不足状態が続く見通し。大容量のNANDベースiPodが発売された場合、需給状況はさらに厳しくなるとGartnerは予想している。(2006.6.24/It Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-24 17:54 | 周辺機器  

日立ソフト、トレンドマイクロと協業しウィニー対策ソフト発売



 日立ソフトとトレンドマイクロは19日、企業向けセキュリティー管理ソリューション分野で協業したと発表した。両社の製品を連携させて提供する。第1弾としてファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」対策ソリューションを7月に発売する。中堅企業など向けに、初年度70社への導入を見込む。

 発売するのは「秘文MEウィニー対策ソリューション」。日立ソフトのセキュリティー管理システム「秘文ME」と、トレンドマイクロのウイルス対策ソフトに付属するウィニー対応の「アドバンス検索ツール」を組み合わせた。

 ウイルス対策が未導入の危険パソコンの発見やアドバンス検索ツールの実行、実行後の結果確認などを秘文で管理でき、企業におけるウィニー関連対策の定着を促進できるという。

(2006.6.24/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-24 14:41 | インターネット総合  

英ウィンブルドン選手権、全試合をネット配信


 テニスの英ウィンブルドン選手権を運営するオールイングランド・ローンテニス・アンド・クロケット・クラブ(ロンドン)はインターネット事業を強化する。26日に開幕する今年の選手権で、生中継や過去の試合を見られる有料のネット配信サービスを始める。イアン・リッチー社長は日本経済新聞記者に「ファンの多い日本を最重要市場と位置づけ顧客拡大を狙う」と述べ、期待を示した。

 ネット配信は各地域の放映権により制約を受ける一部試合を除き、最大で九つのコートの試合から選べる。開幕後に申し込んだ場合の料金は日米など英国以外の地域で24.95ドル(約2900円)。名勝負と言われた1980年の男子決勝(ボルグ対マッケンロー)など過去の試合も楽しめる。配信技術は提携先の米IBMが提供する。(2006.6.24/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-24 12:05 | インターネット総合  

スパム対策を中心に機能強化、シックス・アパートがTypePad新版リリース



 シックス・アパートは6月22日、提供中のASP型ブログサービス「TypePad」をバージョンアップし、コメントスパム・トラックバックスパム対策機能を中心にした機能強化を行った。

 スパム対策としては、次の4点が追加された。

 まず、ジャンクフィルター機能によるコメント/トラックバックの自動選別。この機能を搭載することで、スパムの疑いが高いコメントやトラックバックを、さまざまな条件から自動判別するもの。

 次に、キャプチャ認証機能の導入。これはすべてのコメントではなく、スパムの疑いが高いコメントが投稿された時に、画像文字による確認を表示させることで、コメントスパムなどの自動コメントを防止するもの。

 キャプチャ認証は、次の4つの条件のもとで表示される。1つ目は、投稿後30日以上経過したエントリーに対してコメントが投稿された場合。2つ目は、コメントの本文中に、同じホストにつながるURLを3つ以上入力した場合。3つ目は、システム側にブラックリストとして登録されているURL、キーワード、IPアドレスなどと、コメントのコンテンツ(投稿者名、登録URL、メールアドレス、コメント本文、IPアドレス)が一致した場合。そして4つ目が、ブログで利用している言語と異なる言語で投稿した場合となっている。

 また、これまでのIPアドレスによるコメントスパム・トラックバックスパムの制限に加え、キーワード指定による制限も追加された。登録したキーワードが含まれたコメントやトラックバックは受付けを拒否する。

 さらに、スパムの削除の際、該当コメントやトラックバックがスパムであることをTypePad側に通報(報告)しながらも実行できる「迷惑コメント/トラックバックボタン」も追加された。

 今回は、これらのスパム対策のほかに、次の点も強化されている。

 まずは、コメント・トラックバックの承認設定の個別指定。コメントとトラックバックに対して、これまでは「表示設定」から一括処理をしていたが、コメントとトラックバックの承認設定を別ページに分割した。これにより、コメントは承認してから公開、トラックバックは承認なしで公開などといった運用を行うことが可能となった。

 また、フォトアルバムがAtomフィードを配信するように機能強化もされている。

 このほか、エントリの新規作成・編集時に、エントリを保存せずに他のページに移動しようとした場合、Javascriptのアラートを表示させるようにするなどの変更点も含まれている。


(2006.6.23/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 20:06 | PC  

おめでとう「ソニック」――本日で生誕15周年

6月23日で生誕15周年を迎えたセガの代表的キャラクター「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。セガダイレクトでは生誕15周年を記念したオリジナルフィギュアとオリジナルTシャツ2種類を、7月23日までの期間中限定販売する。詳細は公式サイトで確認のこと。

 また、ソニックの公式ポータルサイト「SONIC CHANNEL」(http://sonic.sega.jp/)では、15周年記念特別壁紙やペーパークラフトなどを新たに追加し、生誕を祝っている。ペーパークラフトは、メガドライブで発売された第1作「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の代表的ステージ「グリーンヒル」をイメージしたもの。携帯電話アプリ関連ポータルサイトの「SONIC CAFE」(EZ、iモード、Vodafone live!)では、無料待受画面のプレゼントを実施している。

 2006年にはプレイステーション 3とXbox 360用ソフトとして「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が発売される予定もある。15周年の節目を経て、ソニックはさらに加速度を高める。

(2006.6.23/+D Games)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 19:11 | 周辺機器  

「フルブラウザを標準搭載に」──孫社長



 ソフトバンクの孫正義社長は6月23日、携帯電話事業に関連し、将来はボーダフォン端末でフルブラウザを標準搭載する方針を明らかにした。同社定時株主総会で株主からの質問に答えた。

 孫社長は携帯電話によるオープンなインターネットアクセスの普及を目標に掲げているが、株主は「使い勝手のいいブラウザがキーになるのでは」と指摘した。

 これに対し孫社長は「まったくその通りで、携帯でインターネットをサクサク利用するにはブラウザがキーだ」と認め、「ブラウザはパートナーと共同開発を進め、今後いいものが出てくる。将来はフルブラウザを標準装備にする」と述べた。

 携帯電話向けインターネットコンテンツの強化では、ボーダフォン買収にも参加したYahoo!JAPANを全面的に活用する方針。ワンプッシュでYahoo!JAPANにアクセスできるような機能を端末に付加する考えも明かした。


(2006.6.23/Imdiaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 19:11 | 周辺機器  

子供向けPHS端末「キッズケータイ papipo!」7月14日発売

バンダイとウィルコムは、W-SIMに対応した子供向けのPHS端末「キッズケータイ papipo!(ぱぴぽ)」を7月14日に発売する。6月24日からはウィルコムストアや店頭で予約が開始される。

 「キッズケータイ papipo!」は、7~12歳の子供をメインターゲットにしたPHS端末。シリーズとして展開される予定で、第1弾として登場するのは「ぱぴぽブルー」「たまごっちバージョン」「ちゃおスタイルバージョン」の3種類。それぞれのキャラクターなどにちなんだ待受画像やメニューアイコンが用意されている。透明なプラスティックカバーで覆われた「着せ替えジャケット」を採用し、イラストなどを挟み込むことでカスタマイズできる

 ゲームや着信メロディが楽しめるほか、キッズ専用のオンラインサービスでコンテンツのダウンロードも可能。登録者とのみ通話・メールができる「安心モード」や保護者が位置確認をできる「位置情報サービス」、「緊急ボタン」などが用意されている。

 オンライン販売のウィルコムストアのほか、主要な販売代理店、全国のトイザらスで販売される。なお、3月中旬に開始されたインターネット通販の第1回予約分については、6月下旬に商品が届けられるとしている。




(ipess Watch) /
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 19:10 | 周辺機器  

Google、広告付きビデオを無料公開

米Googleは、Google Videoのビデオ販売サイトで、一部コンテンツを広告付きで無料提供している。

 同社の「Free Today!」キャンペーンページでは、広告スポンサーがつくことにより有料のビデオコンテンツを無料で視聴できる。

 ビデオ画面の上部には小さいアイコンと一行広告が表示され、広告主のコマーシャルビデオへのリンクが張られているが、そのビデオ(Google Video内)を視聴することは強制ではない。Burger Kingほか数社がこの広告スポンサーとして参加している。

 無料公開される作品には、「フェリックス」「マイティー・ハーキュリー」「ジェットのロジャー」といったクラシックアニメから、音楽ニュース、プロレス、ドキュメンタリー、スティーブ・ジョブズやビョークといった有名人を取り上げたインタビュー番組である「Charlie Rose」、さらにマイナーな映画も含まれる。

 作品の通常価格は30セントから14ドル99セントまで。

 なお、公開される形式はWebブラウザ上でのストリーミングのみで、Google Video Playerを使ったダウンロード/ストリーミング視聴は利用できない。


(2006.6.23/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 19:09 | インターネット総合  

なぜ参入デジタル一眼? データで探る家電メーカーの思惑



 デジタル一眼レフカメラ(デジタル一眼)市場に家電メーカーが相次いで参入している。今月に入りソニーが「α100」、松下電器産業も「LUMIX DMC-L1」を発表。国内のデジタル一眼市場はキヤノンとニコンで圧倒的なシェアを占めるが、あえてなぜ参入するのか? 2強に挑むソニー、松下の狙いはどこにあるのか? 「BCNランキング」のデータから探った。



●飽和点が見えてきたコンパクトデジカメに対し、成長続くデジタル一眼レフ

 デジタルカメラ(デジカメ)は市場は、コンパクトタイプのデジカメ(コンパクトデジカメ)市場とデジタル一眼市場とに大きく二分される。06年5月現在の販売台数比を「BCNランキング」でみると、コンパクトデジカメが95.6%で、デジタル一眼が4.4%。販売台数でみた日本のデジカメ市場は、ほとんどがコンパクトデジカメ、という構造になっている。

 数がはけるコンパクトデジカメだが、その分競争は激しい。参入メーカーが29社と多いうえ、販売台数ランキングもめまぐるしく変動する激戦区だ。一方デジタル一眼では、参入企業はわずか6社。コンパクトデジカメと比べると光学系で高度なノウハウが要求されるものの、製品ライフサイクルは長い。

 また、デジタル一眼市場は成長余地も大きそうだ。コンパクトカメラユーザーのステップアップ需要が見込めるうえ、長年フィルムカメラに親しんできた写真愛好家のデジタル一眼への「移住」も期待できる。

 数字でみてみよう。「BCNランキング」で販売金額の前年同月比推移をみてると一目瞭然。このところ前年割れの月がちらほらみられるコンパクトデジカメを尻目に、デジタル一眼は若干上下にブレながらも、一貫して右肩上がりを続けている。この5月には前年比20%増の伸びを示しており、トレンドはまだ市場拡大の方向に向かっているといえそうだ。

●4.4%の台数で15%の金額を売り上げるデジタル一眼

 デジタル一眼市場の魅力は他にもある。付加価値の高さ、つまり価格の高さだ。販売台数と金額について、デジカメ市場全体に占めるデジタル一眼のシェアを比べてみた。前述したとおり、デジタル一眼がデジカメ市場全体に占める台数の割合は4.4%とまだまだ少ない。しかし、販売金額シェアでは、今年に入って15%にまで伸びてきている。

 平均単価でも見てみよう。5月現在の税別平均単価で双方を比較すると、コンパクトデジカメが3万2000円なのに対し、デジタル一眼は12万5000円。約4倍の開きがある。さらに、「コンパクトデジカメ」では、この1年ほど平均単価の動きがほとんどないのに比べ、「デジタル一眼」は緩やかな上昇傾向を示しており、13万円台に乗せる月も出始めている。そもそもの価格が高いうえに、単価自体も徐々に上がっているとなれば、金額的なインパクトは大きくなってくる。

 つまり、デジタル一眼レフは市場の成長性もさることながら、少ない台数であっても売り上げに貢献する、メーカーにとって“おいしい”商品ともいえる。デジタル一眼は、販売台数規模ではわずかだが、売上ベースでは、決して無視できないボリュームになってきたともいえそうだ。

●デジタル一眼の初心者ユーザー開拓を進めるソニー

 このように、デジタル一眼市場は、新たに参入する企業にとって魅力的な面が多い。しかし、現在の市場構造を見ると必ずしも楽な市場とはいえない。

 現在、国内のデジタル一眼レフ市場は、キヤノンとニコンの2大メーカーが牛耳っている。販売金額シェアの推移でみると、キヤノンは平均で50%以上、ニコンも30%以上のシェアを維持し続けている。直近の5月の数字ではキヤノン58.5%、ニコン32.7%と、この2社だけで実に9割を超えている状況。ソニーと松下は、この市場で戦いを挑むことになるわけだ。しかし、それぞれまったく異なる戦略で立ち向かおうとしている。

 ソニーが7月21日に発売する「α100」はコニカミノルタから受け継いだ「αマウントシステム」を使い、CCDが有効1020万画素の高画質が特徴のデジタル一眼。実勢価格は10万円前後の見込みだ。

 ソニーでは「α100」を入門機と位置付け、初心者やコンパクトデジカメユーザーの買い替え需要を狙う。競合機種は、この分野で圧倒的なシェアを持つキヤノンのEOS Kiss Digital N、さらにニコンのD50、D70、D70sなどの製品。こうした状況下では今後価格競争が激しくなる可能性も高そうだ。

 「α100」の販売を統括するソニーマーケティングの鹿野清・執行役常務は「『α100』は1020万と高画素で他社の普及機(入門機)にない付加価値の高い商品。この高画質機能を前面に出せば価格競争には巻き込まれることはない」と強調する。

 さらに「撮影した写真をHDD-DVDレコーダーに保存し、液晶テレビで見るといった新しい楽しみ方を提案すれば他社との違いを十分に打ち出せる」(鹿野常務)と、ソニーの強みであるAV機器との連携でユーザー獲得を狙う。

●デジタル一眼入門機ユーザーの取り込みを狙う松下

 一方、松下が7月22日に発売するのは「LUMIX DMC-L1」。独ライカカメラと共同開発したレンズを採用し、液晶ディスプレイで撮影する構図を決めることができる「ライブビュー」機能、光学式手ブレ補正機能を搭載する。フィルムを使い分けるようにモードを切り替える機能や絞りリングとシャッターダイアルはユーザーが操作して設定できる機能も備える。

 実勢価格が25万円前後で、ターゲットにするのはハイアマチュア層だ。フィルムの一眼レフカメラユーザーからの乗り換えはもちろん、特に狙っているのはデジタル一眼レフ入門機からの買い替え需要の取り込みだという。

 「現在のデジタル一眼レフカメラを使っている人で不便と感じている人は相当いる。ライブビュー機能はそういった人たちに必ず浸透する。今後の機種にも期待していただきたい」と牛丸俊三・松下電器産業専務役員は自信を見せる。

 新たに2社が参入したことで、デジタル一眼レフ市場の競争が激化するのは必至。コンパクト市場に比べれば穏やかだった一眼レフ市場でも「今日の負けは明日の勝ち、今日の勝ちは明日の負けのオセロゲーム」(牛丸専務)の様相を呈する可能性が出てきた。


*「BCNランキング」は、全国のパソコン専門店や家電量販店など18社・約2200の店舗からPOSデータを日次で収集・集計しているPOSデータベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで115品目を対象としています。

[
(2006.6.23/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 13:20 | 周辺機器  

Opera最新版にDoS攻撃の脆弱性



 6月20日にリリースされたばかりのブラウザ新版「Opera 9」で、サービス妨害(DoS)攻撃につながる脆弱性が報告された。

 SANS Internet Storm Centerのサイトに21日付で掲載された情報によれば、Opera 9リリースの翌日に、冗長なHREFに関するDoS攻撃の実証コードが公開された。パッチがいつ提供されるかは不明だとしている。HREFはHTMLファイルでリンクを指定するためのコード。

 セキュリティサービス企業のSecurityTrackerが22日に公開したアラートでも、冗長なHREFタグの処理に関するメモリエラーが原因でリモートからDoS攻撃を引き起こされる可能性があると解説している。細工を施したHREFタグを含むHTMLを作成し、このHTMLがロードされるとブラウザがクラッシュするという。

 SecurityTrackerによれば、実証コードも公開され、現時点で回避策はない。

(2006.6.23/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 13:19 | インターネット総合