<   2006年 06月 ( 102 )   > この月の画像一覧

 

NTTドコモ 複数社と提携、10月に新検索サービス



 NTTドコモが、携帯電話のインターネット接続サービス「iモード」で、検索サイト大手の米グーグルや「goo(グー)」を運営するNTTレゾナント(東京都千代田区)など数社と提携し、携帯事業者として“最強”となる検索サービスを10月から開始することが29日、分かった。
 KDDIの携帯電話「au」が、グーグルと組んで7月から検索サービスを開始するが、ドコモは新たに5つ程度の検索エンジンを搭載して、これを上回る機能を備えて対抗する。
 利用者は、ドコモの公式サイトと各検索エンジンによる非公式サイトを含めた検索結果を得ることができ、ネット上のコンテンツ(情報の内容)をパソコン並みに探すことができる。また、検索ボックスをiモードの主要ページに掲載し、簡単なキーワードの入力操作で各検索エンジンの結果を閲覧できるようにするなど利便性を高める。
 携帯電話からのネット利用は、定額制料金が追い風となって楽曲を1曲丸ごと取り込める音楽配信サービスや動画配信サービスなどが広がっている。「勝手サイト」と呼ばれる携帯電話会社が“認定”していない非公式サイトの人気も高く、好きなコンテンツを探せるサービスのニーズが高まっていた。ドコモは複数の検索エンジンによる強力な検索機能を提供することでiモードの付加価値を高め、利用者の囲い込みを狙う。
 携帯電話業界では、携帯電話会社を替えても電話番号が引き継がれる「番号ポータビリティー」の開始を10月に控え、各社はサービス強化で利用者確保を進めている。
 さらに、ソフトバンクがポータル(玄関)サイト大手のヤフーと組んで携帯事業に進出することで、通信インフラに加えてネットサービス分野での競争激化も必至の状況だ。
 ドコモは検索サービスでグループ外企業と広く提携することで、アクセスが容易になり、携帯向けネットビジネスを拡大できるとみている。今後、携帯各社のネットサービス競争はさらに激しくなりそうだ。
(2006.6.30/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-30 12:49 | 周辺機器  

高速、初の防水携帯投入 NTTドコモとKDDI



 NTTドコモ、KDDIは27日、夏商戦に向けて、防水仕様の携帯電話端末をそれぞれ30日から全国で発売開始すると発表した。
 いずれも高速データ通信が可能な第三世代携帯電話(3G)で、ドコモは「FOMA(フォーマ)」シリーズで初の防水タイプとなる「SO902iWP+」(ソニー・エリクソン製)。KDDIのCDMA 1X WINでは初の防水仕様となる「ジーズワンW42CA」(カシオ計算機製)。
 それぞれ3Gの高機能はそのままに、防水性能で「IPX7」(水深1メートルに30分間沈めてもボディー内に浸水しない)を実現した。
 価格はオープンだが、SO902iWP+が3万円台半ば、ジーズワンW42CAが2万円程度となる見通しだ。
(2006.6.30/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-30 12:48 | 周辺機器  

グーグル、オイルマネー狙い中東進出



 インターネット検索エンジン最大手の米グーグルが原油高騰で潤う中東市場をねらい、アラビア語版サービスを近く始める。中東、北アフリカなどアラビア語圏では約2300万人のネット利用者がいるとされるが、オイルマネーの流入で加速度的に利用者が増えるとみられている。グーグルは、サービス開始に向けてアラビア語対応のためのスタッフや、現地拠点の確保に入っている。
 英紙フィナンシャル・タイムズによると、グーグルのD・ウッドサイド新興市場担当は、「過去5年で6倍の加入者があったトルコのように、アラビア語圏の中東全域でもネット利用者数は増加する」と述べ、需要の拡大に期待を示した。ネット広告のスポンサー側にとっても、アラビア語圏のネット利用者へのアクセス拡大は魅力的だ。
 ただ、イスラム圏では宗教上の理由から、欧米や日本などと異なる情報提供スタイルになり、例えばポルノ画像については、各国政府がソースの規制範囲を決められる仕組みにしたという。一部の国では、政府機関が個人情報の提供をグーグル側に求めることなども懸念されている。
 グーグルは1月、中国でのサービス開始の交換条件として検索結果の検閲に合意。また政治的に敏感な単語については結果を一部表示しないなどの措置をとり、表現の自由を侵害しているとして批判も浴びている。
 新サービスの開始にあたり、裁判所の要請がない限り政府機関への情報提供は行わないとしている。
(2006.6.30/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-30 10:56 | インターネット総合  

サイト利用時間シェアとPVシェアでmixiが3位に -ネットレイティングス5月調査


 ネットレイティングスは、2006年5月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果のまとめを発表した。

 同調査は、Nielsen//NetRatingsが契約顧客に対して提供しているインターネット利用動向情報サービス(NetView AMS)のデータを基にしたもの。ビデオリサーチインタラクティブとビデオリサーチインタラクティブ・ネットレイティングス事務局によって、日本全国の一般家庭および職場を対象にRDD方式(電話による無作為抽出方式)で選出したデータを集計している。

 調査によると、月間サイト総利用時間シェアと月間総ページビューシェアの、1位がYahoo! JAPAN、2位が楽天市場、3位がmixiとなっている。Webサイト別の総利用時間シェアは、Yahoo! JAPAN(yahoo.co.jp)が約1.25億時間で16.3%、次いで楽天市場が2.1%、mixiが1.9%、2ちゃんねるが1.2%、gooが1.1%。一人あたりの月間平均利用時間は、トップのmixiが4時間28分とYahoo! JAPANよりも1時間以上多い。

 ネットレイティングスでは、「mixiの家庭におけるアクティブユーザー数は322万人でYahoo! JAPANの1割以下ですが、利用時間の長さやページビュー数により、他のポータルサイトに匹敵するメディアとしての力を持っていると言えます」と分析している。

 家庭からのアクセスのみにしぼった総ページビュー数シェアは、1位がYahoo! JAPANの25.4%、2位は楽天市場3.0%、3位はmixiの2.5%。

 5月の家庭からのインターネットのアクティブユーザー数は4,240万人、一人あたりの月間平均利用時間は約18時間2分。ここから日本全体での月間オンライン総利用時間は約7.64億時間と算出される。
(2006.6.28/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:25 | インターネット総合  

ニンテンドーDS Liteの新色「ノーブルピンク」が7/20に発売





 
 「ニンテンドーDS Lite」に新色「ノーブルピンク」が登場する。希望小売価格はほかの色と同じく16,800円で、7月20日から販売される。

 これによりニンテンドーDS Liteは、クリスタルホワイト、アイスブルー、エナメルネイビー、ノーブルピンクの4色がラインナップされることになる。
(2006.6.28/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:24 | 周辺機器  

ライブドア、ソーシャルブックマーク「livedoor clip」を開始


 ライブドアは、ソーシャルブックマークサービス「livedoor clip」ベータ版を6月27日に開始した。livedoorのIDがあれば無料で利用できる。

 livedoor clipは、気に入ったサイトのURLをオンラインでブックマークし、他のユーザーと共有できるサービス。ブックマークは非公開設定も可能なほか、クリップしたURLごとに公開・非公開を設定することもできる。

 登録用のブックマークレットも用意。ブックマークレット利用時に指定のタグを挿入する、ブラウザ上で選択した文字範囲をコメントにコピーするといったカスタマイズ機能も備えており、複数のブックマークレットを使い分けることもできる。

 ブックマークにはタグが設定可能で、同じタグが付与されたブックマークを一覧表示できるほか、タグを対象とした検索も可能。更新情報をRSSで配信する機能も用意されており、タグごとにRSSを取得することもできる。

 登録したURLを5段階で評価できるレート機能、同じURLをクリップしたユーザー数を表示する機能も搭載。livedoorの他サービスとの連携機能も備え、ブログサービス「livedoor Blog」やSNS「フレパ」をlivedoor Clipのプロフィールに表示できる。


(2006.6.28/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:24 | インターネット総合  

人気ネットゲーム利用者のID、30万件あわや丸見え



 インターネットゲームを提供している「NHNジャパン」(本社・東京)は27日、人気ゲーム「ゼネピックオンライン」のほぼ全利用者に当たる約30万件のIDなどの情報が、閲覧可能な状態になっていたと発表した。

 すでにゲームを停止し、現段階で実害は出ていないという。

 同社によると、ゲームのダウンロード用専用サーバーに、誤って利用者のIDとメールアドレス各約30万件などの情報が保存されたため、特定のアドレスを入力すると、閲覧できる状態になったという。先週末から利用者の間でうわさになり、調査してミスを確認。26日夕に利用を停止した。

 同社は「利用者にご迷惑をかけて申し訳ない。安全を確認したうえで、早急にゲームを再開する」としている。
(2006.6.28/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:23 | インターネット総合  

「トラックバックもニュースの一部」――産経「iza!」



 新聞のニーズが低下し、新聞社サイトのアクセスが伸び悩む中、各新聞社はネット時代のあり方を問い、模索し続けている。

 産経新聞社のネット子会社・産経デジタルが開設した新サイト「iza!」β版は、新聞社が出した1つの答えだ。全記事でトラックバックを受け付け、記者自身もブログを公開。“新聞の発想”から一歩踏み出し、報道への異論・反論も含めて受け入れる、懐の深いサイトを目指す。



 産経新聞の発行部数はここ2年は増えているというが、新聞市場全体は縮小傾向。「新聞というパッケージが、世の中の求めるものと合わなくなってきたのでは」――同社取締役の近藤哲司さんは率直に語る。

 産経新聞社もネット時代に対応しようと、各媒体のWebサイトを立ち上げ、ニュースを公開しているほか、紙面をそのままのレイアウトで見られる有料サービスを公開するなど、さまざまな策を打ってきた。ただこれまでの取り組みは紙の新聞ありきで、新聞用のコンテンツの2次利用に過ぎなかったという。

 iza!は、ニュースコンテンツこそ「産経新聞」「フジサンケイビジネスアイ」「サンケイスポーツ」といった自社媒体から買い取って掲載するが、見せ方や切り取り方を変えることで、紙の新聞とは異なる新しい媒体に育てる。

●トラックバックもニュースの一部

 「新聞の枠を取っ払ったサイト」――同社ポータル準備室室長の土井達士さんはiza!をこう表現する。

 1日約600本にのぼる記事を、テーマごとに分類・掲載する。社会面の記事から事件物だけを切り出した「事件です」をトップに持ってくるなど、新聞の面構成とは異なる「ユーザー視点」(土井さん)を意識した。記事の並べ方は「ブログで話題になりやすいものを大きく取り上げる」(同社コンテンツ部の福本義彦さん)という。

 全記事でトラックバックを受け付けたのは、大手新聞社サイトとしては初。「一方的にニュースを流すのではなく、ニュースをネタにして意見を戦わせてもらえる、広がりのある空間にしたい」(近藤さん)という狙いだ。記事の掲載期間は半年間。多くの大手新聞社の倍の長さという。

 トラックバックもニュースの一部という位置づけで、エントリは記事の直下に表示される。記事に対する率直な意見や感想が多く、中には記事への批判や産経新聞の論調への批判意見もあるが、多様な意見を歓迎するという。

 「新聞とは逆の思想や発想があるのは当たり前。新聞が異なる意見に耳を貸さない、というのは言論の自由に反している」(土井さん)

●記者ブログは産経の論調と異なってもOK

 62人の現役記者による「記者ブログ」も開設した。社のオピニオンに沿って一定の文体で編集する紙面とは異なり、記者のブログは、記者個人の意見や個性的な文章を受け入れられる場にする。

 内容は、普段の生活や趣味についての日記的なものから、紙面に載せ切れなかった取材結果などさまざま。歯に衣着せぬ激しい主張を展開する記者もいる。記者の倫理綱領に従っていれば、“何を書いてはダメ”というルールはないという。

 「記者はもともと書きたがり、言いたがり。紙の紙面よりももっと広い場所を提供し、記者の可能性を広げたい」(近藤さん)

 読者向けにも、会員登録すれば無料で利用できるブログスペースを提供。約700のブログが開設されているといい、人気のブログを新聞紙面で紹介する企画も検討中だ。

 「ブログを読んでいると、一般ユーザーの力はすごいと改めて感じる。こういう人たちと一緒に、新しいものを作っていきたい」(近藤さん)

 会員が意味を追加できる用語辞典も整備した。記事中で下線を引いてある用語をクリックすれば、その解説を読め、知識を深められる。

●ネット化の流れ、止められないなら乗るしかない

 iza!を運営する産経デジタルは、産経新聞社のデジタル部門がスピンアウトして設立した新会社。紙の新聞とは別会社として動くことで、新たなチャレンジがしやすいという。

 「ネット化の流れは、押しとどめられるものではないし、金脈はネットにあるとみんな思っている」(近藤さん)が、紙の新聞の売り上げを優先するあまり、思い切ったネット展開ができない新聞社も多い。「当社は、ネットに半歩ではなく、大きく一歩踏み出すという経営判断をした」(近藤さん)

 iza!への投資額は「3年間で2ケタ億」(近藤さん)という。収益は広告から得る予定だが、「さまざまなビジネスモデルを開発中」(近藤)としている。まずはコンテンツの魅力を高めてユーザーを増やすのが課題だ。

●ブログ時代の“プロ記者”の意義

 ブログが普及し、誰もが手軽に情報発信できるようになると、新聞などプロによる有料報道のニーズが薄れていくという指摘もある。「名刺に『記者』と書いてあるだけでは通用しない時代。質が高い情報を供給できないと生き残れない」――土井さんは気を引き締める。

 その一方で、歴史ある報道機関としての自負もある。「報道はNPOでしか残れないと言う人もいるが、報道の価値は新聞社自身がよく知っている。新聞社には『将来にわたって言論の中核的な位置を占めていく』という意思も決意もある」(近藤さん)

 iza!は、紙からネットへ、という時代の流れと一緒に走りながら、ブログ時代の報道の形とビジネスモデルを模索していく。


(2006.6.28/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:15 | インターネット総合  

アップル、「Mac OS X 10.4.7」を公開--脆弱性の修正や機能アップデートを含む



 Apple Computerは米国時間6月27日、Mac OS Xのアップデートを 公開 した。同アップデートは、セキュリティ上の脆弱性を複数修正しているだけでなく、機能アップデートも含んでいる。

 Symantecが顧客へ送付した警告によると、同アップデート「Mac OS X 10.4.7」では、4つのセキュリティ脆弱性が修正されているという。これらの脆弱性は、「サービス拒否状態の発生や機密情報へのアクセス、さらにコードの実行に悪用される可能性がある」と同警告では述べている。

 同脆弱性は、Mac OS Xのさまざまなコンポーネントに存在するとSymantecでは述べている。また同社によると、脆弱性を突く攻撃コードの存在は確認されておらず、Macユーザーにとって差し迫った脅威はないという。

 今回のセキュリティ問題について、Appleの関係者からはコメントは得られていない。また、27日の本記事執筆時点で、同社セキュリティウェブサイトにも、今回のセキュリティ上の修正に関する情報は掲載されていない。

 また、セキュリティ上のアップデートとは別に、Mac OS X 10.4.7には、「Mail」「Finder」「iChat」などに関する機能アップデートや修正も含まれている、とAppleの サポートウェブサイト では述べている。

 今回のアップデートにより、iChatを使った会議が開始できない場合は、調査用レポートがAppleに自動送信されるようになった。

 また、Motorola製携帯電話に対するサポートが改善されたほか、.Macシンクが失敗する問題も今回のアップデートで修正されている。Mac OS X 10.4.7は、Software Update機能またはスタンドアロンインストーラを介してダウンロードできる。



(2006.6.28/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:11 | 周辺機器  

2ちゃんねるがまた一斉ダウン



 掲示板サイト「2ちゃんねる」が6月28日午前11時ごろからダウンしている。午後1時現在ではトップページも表示されない状態だ。

(2006.6.28/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 16:01 | インターネット総合