カテゴリ:PC( 347 )

 

ゲイツMS会長、最後の講演 ソフト開発の意欲満々 




 マイクロソフト(MS)のビル・ゲイツ会長は6日、CES前日の恒例となっている基調講演を行った。昨年7月に経営の一線から退き、慈善活動に取り組むと宣言しており、今年が最後の講演となるだけに、大勢の聴衆が詰めかけた。

 「これが私の最後の講演」と切り出したゲイツ会長。講演は1994年から行われており、昨年のCESでも「最後」とうわさされたが、「代わる人が見当たらない」(主催者)ことから今年も登壇した。

 引退後については、「17歳の時からフルタイムで働いてきた。(今後は)フルタイムで慈善事業に励む」と説明。ただ、「ソフトをいかに医療や教育現場で活用できるか、幾つかのプロジェクトにはかかわっていく」とも語り、ソフト開発への意欲を示した。

 また、ヤフーやグーグルなどMSを脅かす新興企業が台頭するなか、新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・ビスタ」の出荷が1億本を超えたことを公表。「ソフトウエアのマジック(魔法)」という言葉をあちこちにちりばめながら、パソコンとかかわった20年以上の日々を振り返った。

 ゲイツ会長は、推定590億ドル(約6兆5000億円)の個人資産を保有し、その大半を慈善事業に使う考えを示している
(2008.1.8/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 18:53 | PC  

マイクロソフト 最新OSに地デジ PC“テレビ化”加速




 ≪日本専用仕様≫

 マイクロソフト日本法人(MS)がパソコン(PC)向け最新OS(基本ソフト)「ウィンドウズ・ビスタ」に、日本専用仕様として地上デジタル放送視聴ソフトを2008年中に標準搭載することが7日、明らかになった。これまでPCメーカーが自前で開発していたソフトをMSが提供することで、地デジ対応PCの生産環境を整える。

 MSは国内OS市場で約95%のシェアを占めており、同社の主力OSが地デジ対応になれば、PCの“テレビ化”が一気に進むことになる。

 地デジ視聴機能は、ビスタの主力モデル「ホーム・プレミアム」などが持つ動画・音楽視聴機能「メディア・センター」に搭載される。これまで、PCで地デジ放送を視聴するには、チューナーやB-CASカードと呼ばれる不正コピーを防止する各種のハードウエアと、専用ソフトがあらかじめ搭載されている高機能機種を購入する必要があった。

 ≪価格下げも≫

 ビスタに専用ソフトが標準搭載されれば、メーカーはソフト開発部分の手間が省けハードウエアだけを提供すればよくなり、端末の開発期間の短縮や価格の押し下げ効果が期待できる。MSが提供するソフトにはチャンネル選択時の番組表や、文字放送の表示機能などが搭載される予定。

 調査会社のBCN(東京都文京区)によれば、国内のPC市場は06年1~6月期が台数べースで前年同期比5・1%減、金額ベースも8・0%減と低迷した。市場が飽和状態になっているほか、若年層を中心にネットの閲覧やメールの送受信などを携帯電話だけで行うライフスタイルが定着しつつあり、PC需要の減少傾向に拍車をかけている。

 ≪市場活性化≫

 需要の高い地デジ対応PCが低価格化すれば、低迷するPC市場の活性化にもつながる。

 11年7月にテレビ放送が完全に地デジに移行することを受け、家電メーカーは地デジ対応テレビの販売に注力している。テレビをネット対応にするなど、PC市場への食い込みもねらっており、MSはPCの地デジ対応を本格化させることで、PCメーカーによる家電市場への“逆襲”を先導する構えだ。

 MSのダレン・ヒューストン社長は「若年層を中心に、テレビでなくPC上で動画を視聴する傾向が広まっている」と述べ、動画閲覧端末としてのPCの地位が高まっていると指摘する。PCと携帯電話、家電の境目がますますあいまいになるなか、業界の“垣根”を越えた市場の争奪戦が加速しそうだ。
(2008.1.8/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 18:49 | PC  

ヤフオクで中古PC無許可販売=中国人に逮捕状-古物営業法違反容疑・兵庫県警


 インターネットの競売サイト「ヤフーオークション」で、古物商の許可がないのに中古パソコンなどを売りさばいたとして、兵庫県警組織犯罪対策課などは7日までに、古物営業法違反の容疑で、中国籍の神戸市中央区港島中町、中古電化製品販売業田野容疑者(42)の逮捕状を取った。同日中にも逮捕する。



 同課などは7日、奈良県内にある物品の集積場を家宅捜索した。同容疑者はこれまでの調べに対し、「不法残留がばれるので許可を取らなかった」と容疑を認めている。



 同課は、田容疑者が商売として物品を無許可販売したことが同法違反に当たると判断した。ネットオークションの出品者を同容疑で立件するのは珍しいという。 

(2008.1.7/時事通信社)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-07 18:52 | PC  

マイクロソフト、1月の月例パッチは“緊急”1件、“重要”1件



 マイクロソフトは4日、1月9日(日本時間)にリリース予定のセキュリティ更新プログラム(パッチ)の事前情報を公開した。リリース予定のパッチは計2件で、最大深刻度は最も高い“緊急”のものが1件、2番目に高い“重要”のものが1件となっている。

 最大深刻度が緊急の1件は、リモートでコードが実行される恐れのあるもの。脆弱性の深刻度はOSによって異なり、Windows Vista/XPは最も高い“緊急”、Windows Server 2003は2番目の“重要”、Windows 2000は3番目の“警告”とそれぞれ評価されている。

 最大深刻度が重要の1件は、ローカルの特権の昇格が起こる恐れのあるもの。影響を受けるOSはWindows XP/2000およびWindows Server 2003で、深刻度はいずれのOSでも“重要”。Windows Vistaは影響を受けない。

 このほか9日には、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムや、悪意のあるソフトウェアの削除ツールの更新バージョンも同時にリリースする予定。
(2008.1.7/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-07 17:30 | PC  

Lenovo、コンシューマー向けに新ブランド「Idea」を投入







 中国Lenovoは1月3日、ノートPCとデスクトップPC用のコンシューマー向け新ブランドとして「Idea」をワールドワイドで立ち上げると発表した。ノート向けはIdeaPad、デスクトップはIdeaCentreとなる。

 Lenovoのコンシューマービジネスグループ担当プレジデントであるリュー・ジュン氏は、「Lenovoのデザインとエンジニアリング技術をコンシューマー向けに、当社のIdeaブランドのPCとして提供する」と述べている。

 IdeaPadは、顔を内蔵ビデオカメラで撮影して認証するVeriFace技術を採用し、パスワードなしでユーザーログインできる。Dolby Home Theatreも搭載。プロセッサはIntelのCentrinoが全面的に採用されている。

 今回発表されたIdeaPadの新モデルは、Y510、Y710、U110の3機種。米国、中国ほか複数の国や地域で販売される。

 Y510は15.4インチのワイドスクリーン液晶を備え、米国での価格は799ドルから。1月6日発売。Y710は17インチのワイドスクリーン液晶で1199ドルから。発売は1月10日。

 U110は11.1インチワイド液晶で1043グラム、1.8センチ厚のモバイルノートで、赤いアルミ合金によるトップカバーが特徴的。オプションでSSDも搭載可能。4月に発売を予定している
(2008.1.4/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-04 15:22 | PC  

売れてる? 売れてない? 新OS「VISTA」に賛否両論







 延期に延期を重ね、満を持して世に送り出されたマイクロソフトの新OS「Windows Vista」。「Windows XP」発売から約6年という、長い年月を経て登場したこのOSに対する世間の目は、慎重そのものだった。

 米マイクロソフトは、1月30日に一般向け発売を開始した「Windows Vista」の全世界での売り上げが、1か月間で2000万本を超えたと発表している。「XP」の売り上げは2か月で1700万本超とされており、世界を見渡せば売れ行きは好調だ。




 では、なぜ慎重なのか。「Vista」の一番の敵は、同社の製品である。「Windows XPで十分」という理由から、買い替えすら検討しない人が多いのだ。「XP」がそれほどまでに優れたOSであるといった見方もできるが、6年もの時を経て発売された製品に対する評価としては、寂しさが漂う。

 また「Vistaにする必然性がない」といった声も強い。3D表示の美しいデスクトップや高度なセキュリティを売りにしているが、3Dデスクトップを快適に使用するには、高スペックのパソコンが要求される。セキュリティ強化のためだけにOSを買い替えることは、ヘビーユーザー以外では多くないだろう。大多数は「今のパソコンが壊れたら、次はVistaにしよう」という考えで、OSは「付属ソフト」的な位置づけであることが見て取れる。

 そして「満を持し過ぎたのかもしれない」という見解もある。「Vista」に対する情熱は、Windows史上最多の8種類リリースという部分からも伺えるが、その豊富な種類がくせ者だ。Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate……。どれを手に取れば良いのかすらわからず、悩む前に購買意欲が失せたという声もある。これでは本末転倒だ。


 強気な姿勢の影で、「XP」のサポート延長といった動きも見せるマイクロソフト。時間が経てば自然と「Vista」への移行が進んでゆくことになるだろう。しかし現状では、発表された数字と購買意欲に温度差を感じざるを得ない

(2007.12.28/mixiニュース )
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-28 17:37 | PC  

ピザの箱で作ったPC筐体



筐体自作の新時代が到来したのでしょうか?

普通のピザの箱で作ったPC筐体です。CDトレイからできたてピザが一切れ出てきたら最高なんですけどね。でもマザーボードのあちこちに溶けて固まったチーズとかがついてたらそれはそれで…なんと言いますか、アメリカナイズされすぎてる気もしますね。

(2007.12.28/GIZMODO)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-28 09:44 | PC  

ワークスAP、会計ソフト刷新――日本版SOX法に対応


 業務用ソフトのワークスアプリケーションズは近く会計ソフトを刷新して発売する。会計監査の厳格化のため来年4月に施行される日本版SOX法への対応機能を拡充する。同社は人事・給与ソフトが主力だが、法令対応を強化することで2009年6月期には会計ソフトを人事・給与と同規模の事業に育成する。

 会計ソフト上で実行された作業内容や作業者を記録し、常時確認できる機能などを追加。各社員に割り当てられた作業権限を一目で把握できる表示機能も搭載し、外部監査で問題点を把握しやすくした。

 同社は04年に会計ソフトに参入し、前期の会計ソフトの売上高は約17億円だった。一方、人事・給与ソフトは約52億円。法改正にきめ細かく対応し、来期には会計ソフトで50億円以上を狙う。
(2007.12.26/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 20:58 | PC  

2007年末~2008年初、長期休暇の前後に確認したいこと~JPCERT/CC が呼びかけ




JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、2007年12月25日、冬期の長期休暇期間中におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防および緊急時の対応に関して、セキュリティ対策実施状況ならびに緊急時の連絡体制を事前に再確認するように勧めるメッセージをリリースした。

JPCERT/CC は、長期休暇中のファイル共有ソフト使用による、ウイルスへの感染から情報漏洩につながる事故を特に懸念しており、「データの持ち出しに関しては、自組織のポリシーに従い、その取り扱いに関して細心の注意を払うように」と呼びかけている。

このメッセージでは、長期休暇に入る前の確認事項として以下の事項を挙げている。

・緊急時の連絡網は整備・周知されているか

・最新のセキュリティパッチが適用されているか

・ウィルス等検知ソフトの定義ファイルが最新の状態になっているか

・不要なサービスを無効にしているか。また、業務遂行に必要のないプログラムがインストールされていないか

・各種サービスへのアクセス許可が必要最低限に設定されているか

・生年月日や電話番号、アカウントと同一のものなど、容易に推測できる脆弱なパスワードが設定されていないか

・休暇中に使用しない機器の電源を切っているか

・休暇中にデータを持ち出す際には、必要に応じて暗号化などの情報漏洩を防止するための処置が施されているか

・休暇時の業務遂行のために特別にアクセス制御を変更する場合、通常の状態に戻す手順およびスケジュールが整理されているか また、それに合わせた監視体制が整備されているか

さらに、不審なアクセスの監視を継続するなど、休暇中の対応体制についてもあらかじめ検討し、準備しておくことも勧められている。

また、休暇明けには、

・導入している機器やソフトウェアについて、休暇中にセキュリティ上の問題が発見されていないかどうか

・休暇中に持ち出していた PC をネットワークに接続する前に、ウィルスやワームなどに感染していないかどうか

といった点を確認することを呼びかけている。

なお、休暇明けにウィルス等検知ソフトの定義ファイルの更新が集中することで、ネットワークのトラフィックが増大する可能性があり、定義ファイルの更新のタイミングを調整するなどの対策を検討することも勧められている
(2007.12.26/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 20:35 | PC  

パソコン安値拍車、秋・冬モデル・ネット加入込み半額も


 東京や大阪の家電量販店でパソコンの値下がりが加速している。売れ筋の機種は今秋の発売当初から4万―6万円下落。インターネットのプロバイダー加入による値引きを含めると半額以下で買える例もある。今年は1月に新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・ビスタ」が発売されたが需要押し上げ効果はいま一つ。各店は値下げで販促につなげようと懸命だ。

 値下がりが目立つのは「秋・冬モデル」のうち発売時の価格が19万円前後のノート型。データを一時保存する半導体のDRAMなど部品の値下がりを受け、パソコンの当初価格は昨年より5000―1万円ほど安かった。発売後の値下がり幅も昨年の同じ時期に比べ1万円ほど拡大している(2007.12.22/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-22 16:34 | PC