カテゴリ:インターネット総合( 2279 )

 

団塊世代が創り出す“サードウェーブ”



1947(昭和22)~1949(同24)年に到来したベビーブームは、現在注目を浴びている「団塊の世代」を生み出した。2000年に行われた国勢調査によると「団塊の世代」の人口は約700万人にも及び、全人口の5.4%を占めるという。

彼らは今までに2つの大きな時代の波を創り出している。ファーストウェーブは1960年代半ば、平凡パンチ、ビートルズ、フォークソング、グループサウンズ、全共闘運動などに代表される若者文化。セカンドウェーブは1980年代前半、ニューファミリーと呼ばれる消費思考の強い文化だ。彼らは高度経済成長が求めた“豊かさ”を、目に見える形でリードした。

この2つの大きな時代の波を創ってきた約700万人という団塊の世代が、2007年から定年を迎え始める。「定年」という響きから、暗いイメージをもつ人が多いかもしれないが、彼らの多くは定年後の生活を楽しみにしている。自由になる時間とお金をもち、日本の高度成長期をエネルギッシュに生きてきた彼らが、新たな時代の波“サードウェーブ”を創りだす事は容易に想像できる。そして、彼らがこの3つ目の波を上手に乗りこなすためには、インターネットが必要不可欠になってくるのではないだろうか。

総務省が発表した2004年末のインターネット利用率は、50~59歳では65.8%、60~64歳では49.0%、65歳以上は17.5%となっている。それぞれ前年から3.2ポイント、10.0ポイント、2.6ポイント伸びており、特に60~64歳の伸びが大きいと発表している。また、野村総合研究所の調査によると、約70%のサラリーマンがインターネットを利用してるという結果がでている。つまり、この2007年に定年を迎え始める団塊世代、特に男性は、仕事を通じてパソコンでのメールやインターネットの知識はすでに取得済みであると考えられ、彼らは定年後インターネットをどう活用するかということに意識を傾けていると言える。

このような傾向は日本だけに言えることではない。例えば中国の検索サイト「大洋網」の調査結果によると、上海に住む60歳以上の人たちのなかで73%もの人が「インターネットを利用したい」と考えているという。また、本拠地をワシントンに構えるオールピューインターネットプロジェクトが行った高齢者のインターネット利用調査結果によると、インターネットを利用するアメリカ人シニアの割合は、2000年から2004年に47%増加し、2004年2月の調査では65歳以上の22%(2000年は15%)が、インターネットへアクセスしたいと考えているという。

このようにシニア世代のインターネットの利用意欲の拡大には目を見張るものがある。しかも、日本について言うならば、その拡大はゼロからではなく、ある程度のインターネットの知識を蓄えたシニアが進めていくのだから、スピードも速い。そのため、ネット上に進出してきたシニアたちを囲い込む為に、最近では企業がこぞってインターネットビジネスに進出している。

例えば、「Yahoo! JAPAN」で「シニア」というキーワードで検索してみると広告スペースには、セブン-イレブン・ジャパン、大阪ガス、ベネッセコーポレーション、三菱 UFJ 証券など、そうそうたる企業の広告が並ぶ。オーバーチュアの入札価格チェックツールを使ってみると「シニア」というキーワードは、1位280円(2006年6月9日現在)という高額入札となっている。

ヤフーは2006年4月、団塊世代向けのポータルサイト「Yahoo! セカンドライフ」を開設した。「政治経済」や「くらし」、「お金」、「旅」、「グルメ」、「おしゃれ」などのカテゴリ別に、それぞれの分野の達人や著名人、有名人などの記事を掲載している。この他にも、シニアマーケット専門のコンサルティング会社・シニアコミュニケーションと飲食店のインターネット検索サービスなどを運営するぐるなびが提携して誕生した「ぐるなびシニア」や、シニア向けショッピングサイト「楽天シニア市場」なども登場している。

これらのサイトは、シニア世代にも読みやすいように文字の大きさを選択できるようにしたり、「困った時の解決法」というタグを目立つ場所に配置するなど、ユーザーが困ったとき、「いったい何処を見ればいいんだろう・・・」と迷うことがないように配慮がされている。

なお、50代向けのコミュニティサイト「パワーウィングス・ネット」を運営するパワーウィングスが、今年2月に実施した「シニアの IT リテラシーの現状をさぐる」というアンケートの中で、パソコンの利用経験がある人も、まだその知識に乏しい人も、最も困っていることの1つとして「ホームページの作成」を挙げている。これからのシニア世代は今まで生きてきた知恵と知識と経験を使って、情報を発信し、新たに何かを始めたいと考えているのではないかということがこの結果から見えてくる。

現在でもすでにブログや SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)など無料で情報発信ができる手段は数え切れない。しかし実際に1からブログを立ち上げたり、コミュニティサイトを作るのは時間も手間もかかる。そこで、最近では中高年の情報発信や、情報交換を支援するサイトが登場し始めた。

ニフティはコミュニティを軸に中高年層のインターネット利用支援を目指すブログサイト「語ろ具」を立ち上げた。他にも松下電器などが出資するシニアサイト「スローネット」、シニアコミュニケーションが運営する「STAGE」、TBS ラジオが主催・運営する「遊学舎」などが挙げられ、コミュニティの内容も充実していて、すでにシニア世代の情報共有スペースとして成長している。

しかも、これらの多くは会員制のサイトであるため、1度登録したユーザーを自社サイトに囲い込む事ができる。このように、団塊世代のウォンツを吸い上げ、ネットマーケッティングに取り込もうとするサイトはこれからもさらに増えていくだろう。インターネットと団塊世代、この2つの要素が交じり合い、どのような“サードウェーブ”を起こすのかこれからも注目していきたい。




(2006.6.15/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-15 12:17 | インターネット総合  

「小泉メルマガ」5周年 160万部を維持



 小泉内閣が毎週木曜日に配信する「メールマガジン」が14日、創刊5周年を迎えた。就任直後の圧倒的な人気から、ピーク時の2002年1月には約227万件の登録があった。小泉純一郎首相は15日配信の5周年記念号で「依然として160万部出ているのだから大したものだ。皆さんのおかげです」と感謝した。
 安倍晋三官房長官は14日の記者会見で「小泉内閣と国民の積極的な対話という発刊当時の目的を果たしてきた」と強調した。
 記念号では、官房副長官として初代編集長だった安倍氏が当時の編集作業などを回想。首相の連載記事『らいおんはーと』について「仕事を離れた首相の人物像を知ってもらう企画だったが、生の首相の言葉が伝わった」と自賛した。このほか作家の村上龍氏の特別寄稿文が掲載されている。
(2006.6.15/共同通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-15 12:16 | インターネット総合  

パソコンの情報漏洩対策、13社・団体が新技術開発へ

 日立製作所と富士通、NECなど情報システム関連企業が共同で、ハッカーやウイルスからパソコンを守る新技術など、システムの安全性や信頼性向上を狙った研究開発に乗り出す。このほど13社・団体で構成する企業連合を発足。政府が推進する行動計画「セキュアジャパン2006」と連携し、新たに開発するシステム基盤ソフトなどの利用を促す。

 発足したのは「セキュアIT基盤開発推進コンソーシアム」(会長・加藤和彦筑波大大学院教授)。理事会社として富士通などのほかNTTデータ、ターボリナックス、日本高信頼システム(東京・文京)、ミラクルリナックス(東京・港)の7社が、会員企業として三菱電機と電子情報技術産業協会(JEITA)などが参加する。(2006.6.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-15 09:56 | インターネット総合  

6月のマイクロソフト月例パッチ、IEの累積的修正など12件を公開



 マイクロソフトは14日、6月の月例セキュリティ修正プログラム(パッチ)12件を公開した。12件の最大深刻度は、4段階中で最も高い“緊急”が8件、2番目に高い“重要”が3件、3番目に高い“警告”が1件。5月に発見されたウイルスで確認されたWordの脆弱性のほか、IEの累積的修正パッチや、Windows Media Playerの脆弱性修正パッチ、Macintoshにも影響のあるPowerPointの脆弱性修正パッチなどが公開された。

■URL

  2006年6月のセキュリティ情報

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-jun.mspx

● IEの脆弱性を修正する“緊急”のパッチは3件
 危険度“緊急”の8件の修正パッチのうち、「MS06-021」「MS06-022」「MS06-023」の3件はInternet Explorer(IE)の脆弱性を修正する。

 MS06-021は、IE用の累積的な修正パッチ。例外処理のメモリ破損の脆弱性やアドレスバー偽装の脆弱性など、合計8件のIEの脆弱性を修正する。これらの脆弱性が悪用されると、リモートでコードが実行される危険や、なりすまし、情報の漏洩などの危険がある。脆弱性の影響を受けるOSは、Windows XP/2000/Me/98およびWindows Server 2003。

 また、MS06-021を適用することで、4月に公開された修正パッチ「MS06-013」に関連した互換性修正プログラム「KB917425」が無効化される。MS06-013を適用するとIEのActiveXの動作が変化してしまうため、互換性を保つ目的でKB917425が公開されていたが、これはあくまでも時限的な措置で、6月の月例パッチで無効化されることが予告されていた。

 MS06-022は、ART形式の画像表示に存在する脆弱性の修正パッチ。脆弱性が悪用されると、IEなどで悪意のあるART形式の画像を表示した場合に、リモートでコードが実行される危険がある。ART形式の画像はAOLのクライアントソフトで使用されているが、Windowsにもライブラリが含まれており、IEでもART形式の画像が表示可能となっていた。脆弱性の影響を受けるOSは、Windows XP/Me/98およびWindows Server 2003。Windows 2000は標準ではART形式の表示をサポートしておらず、追加ソフトの「AOL Image Support Update」をインストールしている場合のみ影響を受ける。

 MS06-023は、Microsoft JScriptに存在する脆弱性の修正パッチ。脆弱性が悪用されると、IEなどで悪意のあるJScriptが実行された場合に、リモートでコードを実行される危険がある。脆弱性の影響を受けるOSは、Windows XP/2000/Me/98およびWindows Server 2003。

■URL

  MS06-021

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-021.mspx

  MS06-022

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-022.mspx

  MS06-023

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-023.mspx

● Windows Media Playerの脆弱性なども修正
 MS06-024は、Windows Media Playerに関する脆弱性の修正パッチ。Windows Media PlayerにPNG形式の画像処理に脆弱性が存在し、脆弱性が悪用された場合にリモートでコードを実行される危険がある。影響を受けるソフトウェアは、Windows Media Player 10/9/7.1およびWindows Media Player for Windows XP。脆弱性の最大深刻度は、Windows Media Player 9および10では“緊急”、Windows Media Player 7.1およびWindows Media Player for Windows XPでは“重要”としている。

 MS06-025は、Windowsのルーティングとリモートアクセスサービスに関する脆弱性の修正パッチ。この脆弱性が悪用された場合に、リモートでコードを実行される危険がある。影響を受けるOSは、Windows XP/2000およびWindows Server 2003。脆弱性の深刻度は、Windows 2000は“緊急”、Windows XPとWindows Server 2003は“重要”としている。

 MS06-026は、Graphics Rendering EngineのWindowsメタファイル (WMF) 形式の画像処理に関する脆弱性の修正パッチで、対象となるOSはWindows Me/98のみ。1月に公開した「MS06-001」もWMF形式の画像処理に関する脆弱性の修正パッチだったが、Windows Me/98についてはこの脆弱性の最大深刻度が“緊急”ではないため修正パッチを提供していなかった。MS06-026は、MS06-001では修正されなかった新しい脆弱性を解決するもので、最大深刻度が“緊急”のためWindows Me/98用にも修正パッチが提供された。

■URL

  MS06-024

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-024.mspx

  MS06-025

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-025.mspx

  MS06-026

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-026.mspx

● 予告されていたWordの脆弱性と、Macにも影響のあるPowerPointの脆弱性を修正
 MS06-027は、Wordの脆弱性に関する修正パッチ。攻撃者が特別な細工をしたWordファイルを作成することにより、この脆弱性が悪用されてリモートでコードが実行される危険がある。影響を受けるソフトウェアは、Word 2003/2002/2000およびWord Viewer 2003。この脆弱性は、5月19日に攻撃コード(ウイルス)の登場によって存在が確認され、6月の月例パッチで対応することが公表されていた。

 MS06-028は、PowerPointの脆弱性に関する修正パッチ。攻撃者が不正な形式のレコードを使用したPowerPointを作成することにより、この脆弱性が悪用されてリモートでコードを実行される危険がある。Windows用のPowerPoint 2003/2002/2000のほか、Macintosh用のPowerPint 2004 for MacおよびPowerPoint v. X for Macもこの脆弱性の影響を受ける。Macintosh用の修正パッチは、マイクロソフトのMacintosh用製品サイト「Mactopia」からダウンロードできる。

■URL

  MS06-027

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-027.mspx

  MS06-028

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-028.mspx

  Mactopia Japan

  http://www.microsoft.com/japan/mac/

■関連記事

・ 米Microsoft、Wordの脆弱性についてセキュリティアドバイザリを公開(2006/05/23)

● 深刻度“重要”の脆弱性3件、“警告”の1件も修正
 最大深刻度“重要”の修正パッチは3件公開された。

 「MS06-029」は、Exchange Serverの脆弱性修正パッチ。Outlook Web Accessを実行しているExchange Serverに存在するスクリプトインジェクションの脆弱性を修正する。影響を受けるソフトウェアはExchange Server 2003/2000。

 「MS06-030」は、ファイル共有やプリンタ共有に用いられるサーバーメッセージブロック(SMB)に関する脆弱性の修正パッチ。SMBに存在する特権の昇格とサービス拒否の2件の脆弱性を修正する。影響を受けるOSはWindows XP/2000およびWindows Server 2003。

 「MS06-032」は、TCP/IPに関する脆弱性の修正パッチ。TCP/IPプロトコルドライバにリモートでコードが実行される脆弱性が存在し、攻撃者がこの脆弱性を悪用することでリモートでコードが実行される危険がある。影響を受けるOSはWindows XP/2000およびWindows Server 2003。

 このほか、Windows 2000のみを対象とした修正パッチ「MS06-031」が、最大深刻度“警告”で公開されている。MS06-031は、RPCの相互認証の脆弱性を修正するもので、攻撃者が悪意のあるRPCサーバーにユーザーを接続させようとする危険がある。

■URL

  MS06-029

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-029.mspx

  MS06-030

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-030.mspx

  MS06-031

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-031.mspx

  MS06-032

  http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-032.mspx
(206.6.14/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 16:52 | インターネット総合  

「Sleipnir 2.4」正式版公開 プラグインによる機能拡張を容易に



 フェンリルは6月13日、タブブラウザ「Sleipnir 2.4」正式版を公開した。プラグインによる機能拡張を容易にする「SmartInstaller」などを実装している。Webサイトから無料でダウンロードできる。

 スクリプトで機能を追加できる「Sleipnir Script」や、データベース管理システム「SQLite」を新たに実装した。キャッシュ機能を強化して起動時間を高速化したほか、文字列を範囲選択すると小さなアイコンを表示し、クリックすると文字列をキーワード検索できる「SmartSearch」機能を新たに装備した。

 また、Sleipnir専用のRSSリーダープラグイン「Headline-Reader Plugin」も公開した。インタフェースの改善などを行っている。Sleipnirユーザー向けコミュニティサイトでもRSS配信を始めた。
(2006.6.14/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 14:07 | インターネット総合  

MS月例パッチ、IEやWordの脆弱性に対処



 Microsoftは6月13日、Internet Explorer(IE)の脆弱性などに対処した12件のセキュリティ更新プログラムをリリースした。「緊急」レベル8件、「重要」レベル3件、「警告」レベルが1件となっている。

 緊急レベルのアップデートのうち、IEの累積セキュリティアップデート(MS06-021)ではリモートからのコード実行につながる既知と未知の複数の脆弱性に対処した。例外処理のメモリの破損の脆弱性、HTMLデコーディングのメモリの破損の脆弱性、ActiveXコントロールのメモリの破損の脆弱性、COMオブジェクトのインスタンス化のメモリ破損の脆弱性などが修正されている。Windows 2000 SP4、Windows XP SP1/2、Windows Server 2003/SP1などが影響を受ける。

 一般に情報が公開されているWordの脆弱性は、攻撃者が不正なオブジェクトポインタを利用し、細工を施したWordファイルを使ってリモートからコードを実行できてしまう恐れがある。Office 2000 SP3、Office XP SP3、Office 2003 SP1/2、Word 2000/2002/2003、Microsoft Works Suite 2000などが影響を受けるが、Mac版のOffice v. X、Word X、Word 2004は影響を受けない。

 このほかPowerPointの既知の脆弱性、Windows Media Playerの未知の脆弱性などに対処したアップデートが緊急レベルとなっている。

 重要レベルはExchange Serverの脆弱性、サーバメッセージブロックの脆弱性、TCP/IPの脆弱性を修正した3件。警告レベルはRPCの相互認証の脆弱性に対処した1件となっている。

 悪意のあるソフトウェアの削除ツールも更新版がリリースされた。


(2006.6.14/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 14:06 | インターネット総合  

シックス・アパート、ブログソフト新版を日米で同時発売



 シックス・アパート(関信浩代表取締役)は6月13日、ブログソフトの最新版「Movable Type(ムーバブル・タイプ) 3.3日本語版」を6月27日に発売すると発表した。パッケージソフトおよびダウンロードで販売する。価格は1ライセンス2万6250円(1サーバー、5クライアントの場合)。

 同社が今年3月、企業向けに発売した「Movable Type Enterprise 日本語版」に、一般ユーザーがブログ作成の際に必要となる機能を追加したもの。タグを利用するウェブサイトで、タグを収集して一覧表示が可能な「タグクラウド」機能、また、タスク内容のログ情報をフィードとして取得する機能などを付け加えた。

 発売日と同日に、「Movable Type(ムーバブル・タイプ) 3.3日本語版」上で動作するプラグイン集「日本語版プラグイン・ディレクトリ」をウェブサイト上に公開する。ブログソフトと連携して動くソフトの情報を充実させることで、ユーザーの利便性を図る。

 関正浩代表取締役は、「ユーザーが新しい機能を作成したり、要望を提案してくれたことで『Movable Type』を成長させてくれた。今後も企業のニーズに答える体制を作っていきたい」と述べた。

 同社は、今年3月から米本社と日本法人が持つ開発部隊を統合し開発効率の向上を図ってきた。これにより、日本語版ローカライズ作業期間が短縮され、米国と日本の両市場での同時発売を実現した。


(2006.6.14/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 14:04 | インターネット総合  

<検索エンジン>日本の30社・機関が独自開発へ



 日立製作所や富士通、NTTなど電機、情報通信大手と東京大など国内の約30社・機関が共同で、日本独自のインターネット情報の検索エンジンの開発に乗り出す。16日にも研究組織を発足させ、2年以内の実用化を目指す。国も予算面などで支援する。
 検索エンジンは、インターネット上から必要な情報を探し出す検索サイトに使われている中核技術で、ネット情報の利用に不可欠。しかし、米国企業のグーグル、ヤフー、マイクロソフトの3者が市場をほぼ独占し、技術も公開していないため、ネット社会での情報の恣意(しい)的な管理や、日本企業の事業機会が失われることが懸念されていた。
 共同開発するのは、検索エンジンの基礎部分。開発した技術は国内外で広く公開し、企業がネット広告や検索サイト運営など、それぞれの事業に合った形で利用できるようにする。利用者が部分改良を提案するなど、技術革新が進むことも期待できる。
 検索サイトにキーワードを打ち込み、関連するホームページなどを検索する現行の検索技術は米国の3社がリードしている。このため、パソコンに限らず、テレビ画面の画像から関連情報を検索したり、音声の問いかけに答えて情報を表示する方法など、次世代の検索技術の開発も手がけ、先行を狙う。
 ネット上の情報は、検索サイトの上位に表示されるか否かで、世間への伝わり方が圧倒的に異なる。ただ1月に中国でのサービスを開始したグーグルが、中国政府に批判的なサイトを表示しないことが問題になり、運営企業による情報の恣意的な管理が懸念されていた。米国の独占を嫌うフランス政府も、今年から独自の検索技術の開発プロジェクト「クエロ」を進めている。
(2006.6.14/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 11:49 | インターネット総合  

NTTコム、IPv6活用サービスの普及でネット家電と連携



 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、次世代インターネット・プロトコル(IPv6)技術を使ったサービスの一般への普及に本腰を入れる。家電メーカーなどと連携を積極的に推進し、ユーザーに具体的な使い方を示して活用を促す。一連の施策でIPv6サービス利用者を06年度に3万人、07年度に10万人までに拡大させる方針だ。

 IPv6をめぐっては、米マイクロソフトが07年1月に個人向けに発売する次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ ビスタ」に機能を標準搭載。家電メーカーも年末商戦でインターネット接続機能のある製品を発売する予定で、普及に向け追い風が吹き始めた。こうした情勢を踏まえ、NTTコムは「環境整備ができつつある」(貞田洋明サービスクリエーション部担当部長)と判断、体制を整えて本格的な普及活動に乗り出す。まず、IPv6を最も有効に活用できるネット家電との連携を強化する。

 具体的な取り組みとして、家電端末とパソコンや携帯電話などの端末間の通信を暗号化し、安全に接続する技術「m2m―VPN」を開発した。家電メーカーにこの環境を活用したネット家電の開発を要請する。

 また、自宅に設置したネット接続機能のあるカメラを外出先から操作したり、自宅のパソコンにある映像を外出先の携帯電話で閲覧したりするなど、すでに実用化段階にある製品について家電メーカーと連携し、エンドユーザーに提案する取り組みも推進する。

 同社は05年12月に国内のインターネット接続事業者(ISP)として初めて一般向けにIPv6による接続サービスの提供を開始した。普及を促すため料金設定を月額315円と抑えたが、現状で利用者は1000人弱にとどまっている。(2006.6.14/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 10:58 | インターネット総合