カテゴリ:周辺機器( 1275 )

 

パナソニック、人気ケータイの秘密と魅力――商品戦略説明会







 2007年第4四半期の主力となる商品は、2007年秋以降に発表されたドコモ、au、ソフトバンク向けの新製品だ。具体的には、ドコモの場合P905、P705シリーズ、auはW61P、ソフトバンクは822Pと920Pなどがそれに該当する。これらの製品の特徴は薄さと強化されたワンセグ機能だろう。機能やデザインなど、目新しいものがないという意見もあるが、例えばワンセグなどは画質向上や受信感度向上など基本機能の進化やチューニングが施されている。ワンセグケータイが出現しだしたころに復活してしまった「ホイップアンテナ」がこの時期のモデルから内蔵アンテナに変更された。これは、スリムボディの実現にも貢献している。

 その中でパナソニックケータイの特徴は、ワンプッシュオープンとWオープンだろう。WオープンはVIERAケータイとともにドコモとソフトバンクに採用している。また、高画質TVの技術を移植したVIERAケータイは、モバイルPEAKSプロセッサーによりP905iTVの高画質に磨きがかかっている。ただし、そのためP905iTVは、ホイップアンテナが残っている。これは、他社の高画質TVのブランドを冠した携帯も同様だ。やはり、安定した高画質を再生するためにはアンテナは重要なパーツだからだろう。ちなみに、P905iTVはホイップアンテナと内蔵アンテナの2系統でダイバーシティアンテナを構成している。

 薄型については、ボードモールド工法という、プリント基板を樹脂で固めることで、薄さと強度を確保する構造をさらに進化させた。ワンプッシュのヒンジも小型化され、中折れ式で9.8mmの薄さを実現している。

 このように、目立たない部分だが基本技術や部品を進化させることで、商品デザインの自由度や品質を高め、付加価値型商品となっている。
(2008.2.1/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 06:23 | 周辺機器  

秘密にしたいデータを守ることができるSATAハードディスク暗号化ケース







 エバーグリーンは1日、秘密にしたいデータを守ることができる2.5型SATAハードディスク暗号化ケース「DN-RFID25HD」を同社直販サイト「上海問屋」で発売した。価格は3,999円。

 同製品は、付属のセキュリティーキーで暗号化できる2.5型SATAハードディスクケース。2つのセキュリティーキーによって暗号ディスクにしておくと、PCに接続してもハードディスクの中を見ることができないようになる。
(2008.2.1/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 06:15 | 周辺機器  

悲願のau向けスマートフォン、いったいいつ発売されるのかを電話で聞いてみた






日本経済新聞社の報道によると、KDDIがau向けスマートフォンを2008年度に発売するかもしれないそうです。

一部のauユーザーにとって悲願となりつつあるスマートフォンですが、いったいいつごろに発売されるのか、どのような端末になるのかなどをさっそくKDDIに電話で問い合わせてみました。



この記事によると、現在ウィルコムを含めた4社の中で唯一スマートフォンを発売していないKDDIは、「スマートフォンを出すか出さないかと言えば出す」とした上で、2008年度の下半期には出していきたいと述べたそうです。具体的な登場時期が明らかになったのは初めてとのこと。

そしてこの件についてKDDIの広報部に電話で確認したところ、スマートフォンの発売についてはメーカーや仕様、発売時期ともに未定だとのことで、現在スマートフォンの需要を見極めながら発売を検討しているところで、決してスマートフォンの発売に対して後ろ向きではないという回答を得ました。

できればスマートフォン単体利用時だけでなく、PCと接続した時も通信が定額になる「WINシングル定額」サービスに対応した端末であれば、モバイラーにとって、まさに夢のような端末になると思われますが、いったいどのような機種になるのでしょうか。
(2008.2.1/GIGAZINE)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 21:47 | 周辺機器  

ソニー、実売6万円のデジタル一眼レフ「α200」――1,020万画素






 ソニーは1日、高感度ISO3,200対応で有効1,020万画素CCD搭載のデジタル一眼レフ「α200」を発表。2月15日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は本体のみで60,000円、18-70mm F3.5-5.6ズームレンズキットが70,000円、18-70mm F3.5-5.6/75-300mm F4.5-5.6のWズームレンズキットが90,000円前後。

 同製品は、ISO3200に対応した1,020万画素のAPS-CサイズCCDセンサー(23.6×15.8mm)と、画像処理エンジン「BIONZ」を搭載のデジタル一眼レフ。新設計の撮像回路および回路レイアウトの最適化で、ノイズを最小限に低減したという。

 ボディ内蔵手ブレ補正機能を装備。補正効果はシャッター速度換算で約2.5~3.5段分となり、手もとのわずかな揺れから体全体の大きくゆったりとした揺れにまで対応する。

 本体背面のFnボタンを押すと、フラッシュモード、測光モード、オートフォーカスモード、フォーカスエリア、ホワイトバランス、 Dレンジオプティマイザーの6つの撮影設定メニューをカメラファンクション画面に移行できる。

 ガイドナンバー12の内蔵フラッシュはオートポップアップ方式を採用。「AUTO」や「シーンセレクション」の使用時に、カメラ本体が必要と判断した撮影シーンで内蔵フラッシュ発光部が自動的に上がり発光する。

 シャッター速度は1/4,000~30秒/バルブ 。連続撮影は約3コマ/秒。バッテリーフル充電時の撮影可能枚数は約750枚。インターフェースはUSB2.0/ビデオ出力など。記録メディアはコンパクトフラッシュカード TYPEI、II、/マイクロドライブ/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。本体サイズは幅130.8×高さ98.5×奥行き71.3mm、重さは約532g。
(2008.2.1/RBB TODAY )
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:47 | 周辺機器  

モトローラが携帯事業売却も、販売不振で赤字続く

通信機器大手の米モトローラは1月31日、携帯電話事業の分離を検討すると発表した。



 世界の携帯電話メーカーの中で、モトローラはノキア(フィンランド)、サムスン電子(韓国)に次ぐ3位だが、販売不振で赤字が続いていた。今後は携帯事業の売却などを模索すると見られており、携帯メーカーの世界的な再編につながる可能性もある。



 モトローラは1984年に世界で初めて携帯電話を発売したが、最近はコスト競争力やデザインなどで苦戦を強いられている。このため同日、「国際市場で成長と収益力を取り戻すため、戦略上の再編成を行う。携帯電話機器の分離も選択肢に含まれる」との声明を発表した。



 2007年10~12月期決算では、携帯電話などの「モバイルデバイス」部門の営業利益は3億8800万ドル(約410億円)の赤字だった。世界シェア(市場占有率)も一時は30%に迫ったが、07年は13・9%に落ち込んだ。


(2008.2.1/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:42 | 周辺機器  

モトローラが携帯事業売却も、販売不振で赤字続く

通信機器大手の米モトローラは1月31日、携帯電話事業の分離を検討すると発表した。



 世界の携帯電話メーカーの中で、モトローラはノキア(フィンランド)、サムスン電子(韓国)に次ぐ3位だが、販売不振で赤字が続いていた。今後は携帯事業の売却などを模索すると見られており、携帯メーカーの世界的な再編につながる可能性もある。



 モトローラは1984年に世界で初めて携帯電話を発売したが、最近はコスト競争力やデザインなどで苦戦を強いられている。このため同日、「国際市場で成長と収益力を取り戻すため、戦略上の再編成を行う。携帯電話機器の分離も選択肢に含まれる」との声明を発表した。



 2007年10~12月期決算では、携帯電話などの「モバイルデバイス」部門の営業利益は3億8800万ドル(約410億円)の赤字だった。世界シェア(市場占有率)も一時は30%に迫ったが、07年は13・9%に落ち込んだ。


(2008.2.1/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:42 | 周辺機器  

日経BP、「ITpro EXPO AWARD」を発表~大賞はサイボウズ「ガルーン2 次期バージョン」



 日経BPは1月31日、現在開催中の「ITpro EXPO 2008」に出展されているすべての製品/サービスを対象とした賞「ITpro EXPO AWARD」を発表した。

 ITpro EXPO AWARDは、日経BPが発行するITpro、日経コンピュータ、日経コミュニケーション、日経SYSTEMS、日経ソリューションビジネス、日経情報ストラテジー、日経NETWORK、日経Linux、日経ソフトウエア、および日経ニューメディアの10IT/ネットワーク誌、Webメディアが取材と審査を行い、優れた製品/サービスを表彰するもの。

 大賞に選ばれたのは、サイボウズのグループウェア「ガルーン2 次期バージョン」。特別賞はマイクロソフトのサーバOS「Windows Server 2008」だった。部門別の表彰製品/サービスは以下の通り。


● エンタープライズ部門
・シンクライアント「HP Compaq t5730 Thin Client/HP Compaq 6720t Mobile Thin Client」(日本ヒューレット・パッカード)
・データセンター用スイッチ製品「Brocade DCX バックボーン」(ブロケード コミュニケーションズ システムズ)
・クラスタストレージ「Isilon IQ X-Series クラスタストレージシステム」(アイシロン・システムズ)
・プリンティング・システム「ApeosPort-III/DocuPrint C2250によるマルチモデルオンデマンドプリント」(富士ゼロックス)
・ASPサービス「オンラインバックアップASP」(NECソフト)
・マスターデータ管理「ASTERIA MDM One」(インフォテリア)
・ブレードサーバー「PowerEdge M600/M605」(デル)

● ネットワーク部門
・帯域活用装置「WANDIRECTOR A100」(富士通)
・仮想化スイッチ「Virtual Switching System 1440」(シスコシステムズ)
・負荷分散装置「Webアクセスシェイパ」(NTTアドバンステクノロジ)
・ビデオ会議システム「Polycom HDX8000シリーズ」(プリンストンテクノロジー/ポリコムジャパン)

● セキュリティ部門
・情報漏えい対策ソフト「セキュリティコンパクト」(アステックインタナショナル)
・メール・セキュリティ「GDX Trusted Platform」(GDX Japan)

● デベロップ部門
・帳票作成ツール「Play@」(チェプロ)
・データ配信システム「GDライト」(グリッド・ソリューションズ)
(2008.2.1/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:02 | 周辺機器  

親は“禁止”、子供は“困る”――携帯コミュニティサイトのアクセス制限、親子で温度差

 ポイントオンは1月31日、KLabと共同で親と子供それぞれを対象に実施した携帯フィルタリングサービスに関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は1月23日、24日の2日間。

 同調査によれば、「詳細まで知っている」「聞いたことはあるが、詳細までは分からない」と回答した親は94%で、未成年フィルタリングについて比較的、意識が高いことが分かった。また、子供が利用してもよいと親が考えるサービスは「地図・交通情報・天気予報」という回答が80%弱で1位。これに対して、アクセス制限されて困ると子供が考えるサービスの1位は「ブログ・SNS」「掲示板」でともに40%を超えた。「ブログ・SNS」「掲示板」を子供が利用してもよいサービスと考える親は、ともに20%台にとどまっている。

 子供がアクセスできないようにした方がよいと親が考える携帯サイトは、「コミュニケーション(SNS、ウェブチャット、掲示板、IT掲示板)」という回答が約50%。これに対して、有害と感じている子どもは8.2%だった。

 子供から未成年フィルタリングの解除を頼まれたら、「解除に同意する」「アクセスしたいサイトによっては解除に同意」と回答した親が合計で75%と、解除する傾向が強いことが分かった。

 「家庭」「学校」「携帯キャリア・販売店」「携帯電話メーカー(説明書等)」の中で、携帯電話の利用方法について教育する場が必要だと思うかどうかについては、「家庭で必要」と回答した親が90%と、「家庭の方針に任せてほしい」と考える親の比率が高い結果となった。


(2008.2.1/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:32 | 周辺機器  

おサイフケータイのセキュリティ、約半数が「不安を感じる」


 ネプロジャパンとネプロアイティは1月31日、携帯電話の「おサイフ」機能に関する調査の結果を発表した。1月10日、11日の両日、3キャリアの“ザ★懸賞”サイトで調査したもので、有効回答数は4601人。

 同調査によれば、「おサイフ」機能を利用したことがある人は14%、「携帯に機能はついているが利用したことがない」は61%となった。使用経験がある人がどのように利用しているかについて聞いたところ、「電子マネー(プリペイド型)機能」が9%と、3%の「電子マネー(ポストペイ型)機能」を上回った。一度に利用する金額は、「500円未満」が3%、「500~1000円未満」が7%、「1000~3000円未満」が3%と少額利用が大半だ。

 利用経験がない人は、その理由について「必要性を感じないから」と回答する人が30%で最も多く、次いで「携帯に機能がついていないから」が15%、「セキュリティが心配だから」が12%、「利用手続きが面倒だから」が9%、「紛失・故障が心配だから」が7%と並んだ。

 「おサイフ」機能のセキュリティについては、「特に考えたこともない」が35%だが、「不安」が32%、「非常に不安」が20%と、不安を感じている人の割合は高く、「安心」という回答は1%にすぎなかった。具体的な防衛対策については、「していない/何をしたらいいか分からない」が30%、「していない/特に問題を感じていない」が18%が上位を占めた。
(2008.2.1/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:31 | 周辺機器  

ソニー、「クイックAFライブビュー」搭載デジタル一眼レフ「α350」

 ソニーはデジタル一眼レフカメラ「α350」(DSLR-A350)を、3月7日に発売する。

 価格はオープンプライスだが、店頭予想価格はボディ単体で9万円前後、DT 18-70mm F3.5-5.6とのズームレンズキットが10万円前後、DT 18-200mm F3.5-6.3との高倍率ズームレンズキットが14万円前後の見込み。

 エントリー向けデジタル一眼レフカメラ「α200」をベースに、有効1,420万画素CCDと、ライブビュー機能、上下可動式の液晶モニターを搭載した。

 ライブビュー機構は「クイックAFライブビュー」と呼ばれ、ライブビュー中も位相差AFを可能とすることで、ライブビュー時も光学ファインダー使用時と同じレスポンスを確保した。

 ライブビュー中は、ペンタ部の光学ファインダー上部に内蔵されたライブビュー用イメージセンサーを使用。クイックリターンミラーはダウンしたまま、ペンタミラーの一部が動くことでレンズからの像をライブビュー専用イメージセンサーに導く。クイックリターンミラーはダウンしたままなので、ハーフミラーを通して位相差AFが使用できる。

光学ファインダー使用時 ライブビュー時。ペンタミラーの一部が動いて、ライブビュー用イメージセンサーに像を送る



ライブビュー時。レンズからの像がライブビュー用センサーに送られている。ペンタミラーからの光路はプリズムで90度曲げられ、レンズと直交するように配置されたライブビュー用センサーに届く

 なお、光学ファインダー使用時はα200と同じく40分割ハニカムパターンAEセンサーを使用するが、ライブビュー中はライブビュー用イメージセンサーが1,200分割のAEセンサーとして働く。ライブビュー時のAEには、画像補正機能「Dレンジオプティマイザー」の画像分析技術が応用され、測光精度が向上する。

 また、ライブビュー時の機能として「スマートレテコンバーター」機能を搭載。専用ボタンを押すと、焦点距離1.4倍または2倍の画角にトリミングされた画像が撮影できる。

 ライブビュー画像が表示される液晶モニターは、2.7型約23万ドット。上130度、下40度の範囲で可動する。ライブビュー時のスルー画には、露出やホワイトバランス設定を反映した結果が表示される。

 液晶モニターを見ながらの撮影に対応するため、α200とは異なるラウンドデザインのグリップ形状を採用した。








 撮像素子はAPS-Cサイズ(23.5×15.7mm)の有効1,420万画素CCD。センサーシフト式のボディ内手ブレ補正機構を搭載し、シャッター速度約2.5~3.5段分の補正が可能としている。手ブレ補正機構とアンチダストコーティングによるセンサークリーニング機能も搭載する。

 最大記録画素数は4,592×3,056ピクセル。最大4,592×2,576ピクセルでアスペクト比16:9の撮影も可能。記録形式はJPEGとRAW。感度はISO100~3200。

 画像処理エンジンはBIONZ。Dレンジオプティマイザーのほか、画作り機能「クリエイティブスタイル」を搭載する。連写速度は工学ファインダー使用時に2.5枚/秒、ライブビュー使用時に2枚/秒。

 ファインダーはペンタダハミラー方式。倍率は0.74倍、視野率は95%。アイポイントは約20.8mm。AF測距点は9点。ファインダー接眼部下のセンサーで接眼を検出するとAFが動作するアイスタートAFを採用する。

 記録メディアはCF。ガイドナンバー12でレンズ表記18mmの画角をカバーするポップアップストロボを内蔵する。電源はリチウムイオン充電池「NP-FM500H」で、CIPA準拠の撮影可能枚数はライブビュー使用時に約410枚、光学ファインダー使用時に約730枚。

 本体サイズは130.8×74.7×98.5mm(幅×奥行き×高さ)。電池と記録メディアを含まない重量は約582g。

 別売オプションとして、縦位置グリップ「VG-B30AM」(26,250円)が用意される。
(2008.2.1/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:29 | 周辺機器