カテゴリ:未分類( 18 )

 

au、EXILEの待ちうたを先着20万名にプレゼント




 KDDIおよび沖縄セルラーは、LISMOとEXILEによるキャンペーン「LISMO Recommend EXILE」を実施する。キャンペーン期間は2月1日~3月31日。

 今回実施されるキャンペーンでは、LISMOのCMソングでもあるEXILEの楽曲「Pure」の「EZ待ちうた」が、キャンペーン期間中先着20万名にプレゼントされる。待ちうたサービスの利用料は月額105円。プレゼントされた「Pure」の待ちうたは4月30日まで利用できる。

 また、「Pure」の着うたフルとビデオクリップが限定先行配信される。期間は2月1日~21日。このほか、au Recordsではオリジナル特典付きのCDが販売されるほか、スペシャルムービーの配信などさまざまなオリジナルコンテンツが用意される。キャンペーンに関連したWebサイトは2月1日にオープンする予定。
(2008.1.25/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-25 20:23  

<迷惑メール>海外発も規制対象に 総務省が改正法案



 総務省は17日、現在は事実上「野放し」になっている海外発の迷惑メールを規制する方針を固めた。迷惑メールへの規制を強化する改正法案を次期通常国会に提出するのに合わせ、海外発メールも同法の対象とすることを指針で明確化。日本国内への迷惑メール送信が確認された海外の各国政府に対し、送信者の個人情報を提供、取り締まりを要請する。第1弾として、近く開催される日中韓情報通信相会合で3国合意を目指す。

 迷惑メールはかつて「国内発」が多かったが、最近は「海外発」が急増。総務省によると、07年上半期ではパソコンあて迷惑メールのうち94.5%、携帯電話あてでは48.4%が海外発という。しかし、現行の迷惑メール法を海外発メールに適用できるかあいまいだったため、法改正を機に海外発メールにも適用できることを指針に明記することにした。

 改正法案ではこのほか、迷惑メール送信者に対する罰金額の上限を現行の「100万円」から10倍以上に引き上げる。上限額は1000万~3000万円とする方向で調整中だ。さらに、ウイルス感染させた第三者のパソコンを外部から不正操作してメールを大量送信したり、金融機関などからのメールを装いカード番号などを詐取する「フィッシング」など悪質な迷惑メールは、ネット接続業者が送信を拒否できる規定も新設する

(2008.1.18/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-19 03:42  

レディオヘッド「値段はあなた次第」販売、日本でも






 ホステス・エンタテインメントは11月26日、英ロックバンド、レディオヘッドの新作アルバム「IN RAINBOWS」を、ユーザーが購入価格を自由に決められる形でダウンロード販売する日本語サイト「www.inrainbows.jp」を12月3日正午にオープンすると発表した。

 に・よん・なな・みゅーじっくが協力し、「アルバム価格はあなた次第」というレディオヘッドのユニークな試みが日本でも登場。オリジナルサイト同様、「IN RAINBOWS」の楽曲のMP3ファイル(160Kbps)をダウンロード販売する。

 日本版ではNTTドコモのiモード端末による「ドコモ ケータイ払い」を活用。同サービスを使ってアルバムに支払う価格を決定・購入した後で、PCサイトからダウンロードする仕組みを採用する。

 ホステス・エンタテインメントは、同アルバムのCDを12月26日に発売する予定。

 レディオヘッドは英オックスフォード出身の5人組。1991年にメジャー契約し、スラッカー・アンセム「Creep」を含む「Pablo Honey」(1993年)、「The Bends」(1995年)、米ビルボード1位の「OK Computer」(1997年)、「Kid A」(2000年)など、IN RAINBOWSを含む7作のアルバムを発表してきた。

 6作目の「Hail To The Thief」で英EMIとの契約が切れ、新作ではレコード会社を介さずに独自のインターネット配信に取り組んだ。オリジナルサイトでは無料でもダウンロード可能だったが、米調査会社のcomScoreの調べでは、英国では半数近くが金を支払ったという(ただしバンド側は詳細を明らかにしていないが、comScoreの調査を不正確だと批判している)。

 米インダストリアルバンド、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーも、新作「The Inevitable Rise And Liberation Of Niggy Tardust」で無料ダウンロードか5ドルの支払いを選べる方法を試みるなど、レディオヘッドの動きに続いている。

 レディオヘッドの新作配信を「革新的」として歓迎する見方が多い一方、無料ダウンロードも可能な手法を批判するミュージシャンもいる。
(2007.11.26/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-26 13:50  

マイクロソフト、欧州当局との長い戦いに終止符--独禁法違反問題



 Microsoftと欧州委員会が米国時間10月22日に発表したところによると、Microsoftは、欧州委員会の2004年の独占禁止に関する命令の主要な項目を遵守することに同意し、欧州当局との長い戦いについに終止符を打ったという。

 今回の同意の下、Microsoftは、相互運用性に関する情報の、競合他社への提供方法に対し、3つの「重大な」変更を加えることになる。この情報は、自社のワークグループサーバソフトウェアをMicrosoftのOSで動作可能にしたい競合企業を対象としている。欧州委員会によると、このたびの同意により、Microsoftはオープンソースソフトウェア開発者らに、同社の相互運用性情報へのアクセスと利用を許可する予定であるという。

 欧州委員会の2004年の裁定のもう1つの項目を解決するため、Microsoftは、「特許なしの契約」ライセンスに対するロイヤリティを、1万4189ドル(1万ユーロ)の1回払いに減らすことに同意した。その料金を支払うライセンス契約者は、特許に対するライセンス契約を結ぶことなくMicrosoftの相互運用性情報にアクセスできる。

 これまでMicrosoftは、サードパーティーに対し、Microsoftのライセンス技術を用いて開発したソフトウェアの利益の2.98%をロイヤリティとして支払うよう要求していた。

 欧州競争委員会のコミッショナーであるNeelie Kroes氏は記者会見における声明で、「私はMicrosoftに対し、相互運用性情報へのアクセスに対するロイヤリティは理不尽であり、料金を引き下げるべきだと伝えた」と述べた。「現在Microsoftは、2.98%のロイヤリティの要求を取りやめている」(Kroes氏)

 Microsoftの全世界における「特許契約」ライセンスでは、サードパーティーがMicrosoftのライセンス技術を用いた自社製品の利益の0.4%をロイヤリティとして支払うことになる。以前はこのロイヤリティの割合が5.95%であった。


 Microsoftとの4年にわたる係争を粘り強く戦い抜いてきた欧州委員会は、2004年の裁定に完全に遵守すると決断した同社に称賛の意を示したが、同時に係争を長引かせたことに対し軽い非難も浴びせている。

 Kroes氏は、「Microsoftがやっと完全な遵守に向けて確実な一歩を踏み出してくれたことをうれしく思う」と述べた。「2回の裁判所による判決と、1日あたりの罰金の支払いを科せられた後になってやっと遵守したことに関しては残念だ」(Kroes氏)

 欧州委員会は、2004年3月の命令を遵守しなかったとしてMicrosoftに3億5730万ドル(2億8050万ユーロ)の罰金を科したことがあった。しかしKroes氏は、Microsoftが過去に相互運用性情報に対し法外な価格を設定したことに関する、中断している1件については、できる限り早く決定を下す予定であると述べた。
(2007.10.23/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-10-23 20:06  

アイピーモバイル、タイムリミット直前で経営陣にクーデター





 ワイヤレスブロードバンド事業で携帯電話事業への新規参入を計画中のベンチャー企業、アイピーモバイルが迷走している。2年以内の事業化を条件に総務省に付与された事業の開始は11月がタイムリミット。

 残り1カ月と少しとなった9月28日午後。現在の筆頭株主であると見られる森トラストは、現経営陣に対して書面で株主総会開催を請求。代表取締役社長の竹内一斉氏を含む4人の経営陣を解雇し、新たに取締役を選任する予定という。森トラストは代表取締役会長の杉村五男氏の要請に基づき経営陣刷新を計画。杉村氏のみ、経営陣に残る。経営方針を巡って膠着(こうちゃく)状態が続いていた杉村氏と、そのほかの経営陣との溝は埋まらず、森トラスト側の信頼を得た杉村氏が強行策に打って出た形だ。

 同日会見した竹内氏は「事業を立ち上げたいのは、杉村氏もその他の経営陣も同じ。ただ、手法や考え方に相違がある。しかし、こうした形になった以上、速やかにに株主総会の手続きを進め、われわれは退任する」と話した。

 事業化には数百億円に上ると見られる基地局などの設備投資が必要。これまでアイピーモバイルは資金面で協力が得られるパートナーを探してきた。しかし、米通信会社ネクストウェーブ・ワイヤレスと不動産開発を本業とする森トラストの間で株譲渡が繰り返されるなど迷走が続いてきた。救済措置として2007年4月にいったんは発行済み株式の69.23%の株式を引き受けた森トラストは、8月にネクストウェーブに保有株を売却。しかし、事業化困難との判断から買い戻し条項の権利を行使したネクストウェーブは再び9月19日に森トラストにアイピーモバイル株を譲渡している。株式を買い戻した森トラストが免許を返上するのではないかとの噂も流れたが、「森トラストは、今日に至るまでに免許を返上していない。また、杉村氏が事業化にかける思いを知っている。こうして杉村氏の要請を受けて経営陣刷新を申し入れてきた森トラストに撤退の意思があると思えない」(竹内氏)と、現状では、あくまでも事業化実現の方向で動いていきそうだ。「最初から広いカバーエリアでスタートするのは無理かもしれないが、資金面で信頼できるパートナーが現れれば、11月のサービスインも可能だ」(同)。

 近々開催される株主総会の決議を受けて退任することになる4人の現経営陣は「これで事業が前進するなら、それでいい。これで良かったのではないか」(竹内氏)と話しているといい、これまでの当初2006年10月を予定していたサービスインの延長や、長引く経営の混乱による社会的影響の責任は「免許返上ではなく、退任することで果たす」とした。

 杉村氏が中核になると見られる新経営陣の顔ぶれやパートナーとなる企業など、詳しいことは現在不明。「今後新経営体制で進めていくことになればアナウンスがあるのではないか。杉村氏が個人で進めていることで分からない」(竹内氏)。今回の件で杉村氏と現経営陣との間で意思の疎通はなく、杉村氏が会見に同席することもないなど、対立の溝が深かった様子がかいま見える。

 アイピーモバイルはデータ通信に向くTD-CDMA方式を用いた2GHz帯のブロードバンドワイヤレス事業で、総務省から2005年11月に免許を交付されている。
(2007.9.29/@IT)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-29 10:34  

ワコム、タッチホイール搭載ペンタブレット3モデル


 ワコムは13日、個人向けのペンタブレット「バンブー」シリーズ2機種3モデルを9月14日に発売すると発表した。本体上部に円形の「タッチホイール」を搭載しており、フチをなぞることで表示画面の縮小・拡大などが行える。電磁誘導式のペンとマウスを同梱するほか、タブレット機能を活用するためのソフトウエアを数本バンドルする。

 タブレット領域がA6ワイドサイズのコンパクトな「バンブーファン CTE-450」と、A5ワイドサイズのスタンダードな「バンブーファン CTE-650」はシルバー、ホワイト、ピンクの3色を用意した。バンドルソフトウエアは、高機能なフォトレタッチソフト「フォトショップエレメント」、ペンタブレット操作に特化したレタッチソフト「フォトクリエイターシンプル」、画像アルバムを簡単に作成できる「フォトアルバムクリエイター」など。



 タブレット領域がA5ワイドサイズの「バンブーアートマスター CTE-650/S1」は、ハードウエアの構成はバンブーファン CTE-650と変わらないが、バンドルソフトウエアに絵画ソフトの「ペインターエッセンシャル」を追加し、写真加工や絵画ソフトを使うためのガイドブックも封入する。カラーはシルバーのみ。

 ワコムは同日、このバンブーシリーズを一般ユーザー向けのメインブランドとして位置づけ、従来の「ファーボ」ブランドを吸収すると発表した。ワコムのペンタブレットは今後、ハイエンドユーザー向けの「インテュオス」と「バンブー」の2本立てとなる。
(2007.9.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-16 14:53  

Skypeワーム増殖中、写真装うリンクに注意



 Skypeユーザーを狙ったワームが感染を広げている。Skypeサイトは9月10日、ユーザーに注意を促すセキュリティアラートを掲載した。


 SkypeやSANS Internet Storm Centerによると、このワームはWindows版のSkypeで感染する。Skypeのチャット機能を利用して短いメッセージを送り、JPEGに見せかけたファイルへのリンクをクリックするよう促す。これをクリックしてダウンロードすると、ワームのコピーが実行される。

 感染すると、Skype APIを使ってほかのユーザーにメッセージを送信する。セキュリティアプリケーションを停止させ、ホストファイルを書き換えて更新のダウンロード機能を無効にしてしまう機能も持つ。

 ワームのメッセージは、システムのユーザーインタフェースに応じて、リトアニア語、ラトビア語、ロシア語、英語を使い分けるという。内容は「これ見た?」「この人誰だっけ?」など幾つものバリエーションがある。メッセージはSkypeに登録した相手から届くこともあれば、知らない相手から来ることもある

 同ワームは「Ramex」「Skipi」「Pykspa」などセキュリティ企業によって異なる名称で呼ばれているが、Skypeによると、F-Secure、Kaspersky Lab、Symantecなどのウイルス対策ソフトは定義ファイルで対処済み。ほとんどのユーザーはウイルス対策ソフトを更新してスキャンすれば、ワームを削除できるという。

(2007.9.11/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-11 15:46  

オリジナルの「Let'snote」を組み立てよう! 松下が「手づくりLet'snote工房 2007」の開催を発表




 松下電器産業は6日、ノートPCの製作を体験できる「手づくりLet'snote工房 2007」の開催を発表。小・中・高校生を対象に8月25日に開催。場所は兵庫・神戸工場。

 このイベントは、子供たちに社会体験活動の機会や、地域社会への関心をもってもらう場を提供することと、自ら学び考える力や豊かな人間性などの「生きる力」を育むことを目的に02年から開催されている。

 当日は、実装から組み立てまですべてを行っている同社の神戸工場で、PCができるまでを体験学習する。同社のノートPC「Let'snote」シリーズの「CF-R6」を対象に、ネームプレートやカラー天板が用意され、オリジナルPCの組み立てを体験できる。

 CF-R6は、10.4型液晶を搭載し、約7.5時間のバッテリー駆動時間を実現したモデル。約940gの軽量ボディに、76cm落下試験を実施した堅牢性をもち、キーボード全面防滴仕様というタフな設計が特徴だ。
(2007.6.8/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-08 11:54  

Amazon、タグをサポートしたRSSフィード機能を追加

Amazonがタグ用RSSフィード機能を追加、関心のある分野の新製品情報が受け取れるようになった。

 米Amazonは5月7日、同サイトにタグ用RSSフィード機能の追加を開始したことを明らかにした。今後順次その数を増やしていく予定という。

 RSSフィードをRSSリーダーに登録すれば、「SF」「Blu-ray」「フィットネス」など、自分が関心のある分野に新製品が追加されると、その情報を即時に受け取ることができる。(2007.5.11/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-12 09:54  

貯金箱なのに利息が付く「人生銀行」!? タカラトミー&イーバンク銀行






 タカラトミーと、イーバンク銀行は6日、顧客サービスに関しての提携を行ったことを発表した。


 タイアップの第1弾は、タカラトミーが昨年12月に発売した貯金箱「人生銀行」のユーザが、イーバンク銀行に新規に口座を開設することで、1,000円がキャッシュバックされるというもの。5月より実施の予定だ。

 「人生銀行」とは、500円硬貨専用で最大200枚=10万円を貯められる液晶付き貯金箱。お金を貯める進度に合わせて、液晶に表示される「貯金箱の住人」のさまざまなストーリーが展開し、楽しみながら貯金ができるというものだ。税込価格は4,987円。

 キャッシュバックは、人生銀行のWebサイトから、イーバンク銀行の口座を契約することで申し込める。このとき、人生銀行を最後まで使ったことがある人にしか分からないクイズがだされ、これに正解する必要がある。なお、すでにイーバンク銀行の口座を持っているユーザが、人生銀行を購入した場合のキャッシュバックについては、検討中だとしている。

 今回のタイアップのタカラトミー側のメリットとしては、貯金箱である「人生銀行」が、利息ではないがキャッシュバックを与えられるので、本物の銀行のような顧客サービスを提供できるとしている。イーバンク銀行側は、「人生銀行」の預金者からの新規顧客の獲得を期待できるとしている。
(2007.4.7/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-06 22:28