IE7が2月13日から自動更新の対象にMSが告知ページを開設






 マイクロソフトは4日、Windows XP版のInternet Explorer 7(IE7)日本語版が2月13日以降、自動更新の対象となるのに先立ち、告知ページを開設した。

 Windows XP版のIE7日本語版は、2006年11月に正式版がリリースされているが、これまでは自動更新によるアップデートの対象とはなっておらず、ユーザーが自発的にインストールしない限りはIE6のままとなっていた。一方で、IE7英語版などは2006年11月には自動更新が開始され、IE7へのアップデートが進んでいる。

 マイクロソフトでは、セキュリティ面などを強化したIE7への移行を進めたいとする一方、日本ではIE7で利用できなくなるWebアプリケーションなどに配慮する形で、これまで自動更新によるアップデートを見送ってきたが、多くのサイトでIE7への対応が完了したとして、2月13日以降、Windows XPユーザーに対してもIE7を自動更新の対象とすることを決定した。

 自動更新の対象となることで、2月13日以降、Windows XPでまだIE7をインストールしていないユーザーに対しては、通常の自動更新と同様に「更新の準備ができました」というメッセージが表示され、IE7をインストールするかどうかを確認する画面が表示されるようになる。メッセージはユーザーに対して順次送られるため、2月13日になると必ず表示されるわけではないが、数日中には表示されることになる。

 IE7の場合は通常の自動更新とは異なり、自動的にインストールされることはなく、必ずユーザーに対してインストールの確認画面が表示される。この段階で「インストールしない」を選択すると、そのままIE6を使い続けることもできる。また、IE7をインストールした場合でも、アンインストールしてIE6に戻すこともできる。

 IE7をインストールしない選択をしたユーザーに対しては、以後はIE7が自動更新の対象になることはなく、インストール確認のメッセージも表示されない。IE6は2009年まで製品のサポート対象となっており、2014年まではセキュリティ更新プログラムも提供される。

 マイクロソフトでは、現在のIE6をそのまま使い続けられる選択肢を残しつつ、IE7ではセキュリティ面の強化や操作面の改良などを行なっており、IE7によってより便利にインターネットを利用できるとして、IE7の自動更新に関する告知ページを開設。ユーザーに対して、自動更新のメッセージが出た場合の操作方法や、IE7の活用方法などについて案内している。
(2008.2.4/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-04 16:27 | PC  

<< 米Google、既存のブログな... マウスコンピューター、地デジ番... >>