ライブドアとFON、公衆無線LAN接続サービスで業務提携


 ライブドアは2月4日、WiFiコミュニティを展開するフォン・ジャパンと業務提携すると発表した。ライブドアの運営する公衆無線LAN接続サービスのアクセスポイント(AP)がFON対応になり、FONユーザーの利用が可能になる。

 ライブドアの公衆無線LAN接続サービス「livedoor Wireless」は、東京都23区の屋外エリアを中心に約2200カ所のAPを保有。JR山手線圏内の約80%を網羅している。FONのAPは、都心部の住宅地を中心に全国で約3万1000カ所存在し、国内の公衆無線LAN接続サービス事業者が国内で展開するAP数と比較しても国内最大級という。

 提携により、livedoor Wireless のAPにFONのシグナルを追加。FONユーザーはこれまでのFONのAP(FONスポット)に加えて、「FON_livedoor(フォン・ライブドア)」と呼ぶFON対応となったシグナルを利用できるようになる。FONのユーザーにとって、山手線圏内の駅や商店周辺などインターネット接続可能エリアが拡大する。

 FON_livedoorの利用料金は、2008年8月4日までは無料。その後も無料サービスの継続を予定している。利用可能なFON_livedoorのAP数は、サービス開始時点では100カ所、その後順次拡大し2月11日より2200カ所全てのlivedoor WirelessのAPがFON対応となる。
(2008.2.4/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-04 16:22 | インターネット総合  

<< マウスコンピューター、地デジ番... 米ヤフー、グーグルとの提携を検... >>