任天堂、Wiiソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」が動作しない場合の対応策を発表





任天堂が1月31日にWiiソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」を発売しましたが、一部のユーザーに、ほかのゲームソフトは正常に読み込めるにもかかわらず、ディスクが読み込めないなどといった問題が発生しているそうです。

これに対して任天堂が対応策を発表しました。

詳細は以下の通り。
Wii専用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」のディスクが読み取れない症状についてのお知らせ

このリリースによると、「大乱闘スマッシュブラザーズX」を購入したユーザーの中で、ほかのゲームソフトは読み込めるにもかかわらず、「ディスクが読み込めない」または「ディスク読み込み中にエラーが出る」「スムーズに動画が再生されない」といった問題が発生しているそうです。そして任天堂が該当するWii本体を解析したところ、光ディスクを読み取るレンズ等に、タバコのヤニやホコリ等の汚れが付着しているものが多く見つかっているとのこと。

「大乱闘スマッシュブラザーズX」は従来のゲームとは異なり、容量の大きい2層ディスクを採用していることからレンズの汚れの影響を受けやすいため、このような問題が発生しているとしています。

これはWii内部の光ディスクの読み取りレンズをクリーニングすることで改善できる症状だそうですが、現在ユーザー自身でクリーニングする方法がないため、Wii本体と保証書、「大乱闘スマッシュブラザーズX」を送付すると任天堂が無償でクリーニングしてくれるそうです。なお、送付後1週間で返ってくるとのこと。
(2008.2.3/GIGAZINE)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-04 11:59 | 周辺機器  

<< グーグル、米ヤフー支援を提案…... MSの米Yahoo!買収提案で... >>