売れるのは新機種か旧機種か──新販売制度でがらりと入れ替わったドコモとau







携帯販売ランキング(1月21日~1月27日):auとソフトバンクモバイルが2008年春商戦向けの新機種発表を終え、春商戦モデルをすでに発表済みのドコモは新モデル数機種を早々に発売。ランキングの動きが停滞し始めたとたん、もう次の春商戦が始まるようだ。こんな状況下で売れている端末は何か。今回の販売ランキングをチェックしていこう。

●早々に発売した「春モデル」、初登場で上位ランクイン──やや好調の兆し

 2007年11月、905iシリーズと一緒に2008年春商戦向けモデル「705iシリーズ」を先だって発表していたドコモは、今回から早々に春商戦向けの新機種がランクインした。

 今回の首位は前回と変わらず、パナソニック モバイル製の「P905i」が獲得。続いて、2位にシャープ製の「SH905i」、3位に富士通製のユニバーサル携帯「らくらくホンIV」、4位に1月24日発売の新機種「SH905iTV」、5位に2007年夏モデル「SH704i」が入った。

 今回、初めて登場した端末は、ワンセグ搭載の“AQUOSケータイ”SH905iTVと“極薄ワンセグケータイ”「P705i」の2機種。それぞれ初登場で4位と6位に入り、発売早々なかなか好調な売れ行きを見せた。特にSH905iTVはキャリア総合ランキングでも7位に入っている。

 さて、改めて現在のランキングをみると、2007年秋冬モデル以降の新機種が10機種中8機種を占めていることが分かる。ドコモ端末は2007年夏モデルまで(一部機種を除き)新機種の登場で値下げされた旧機種の人気も高まる傾向があり、場合により新機種より売れることも多かった。

 大きく変わったこの状況は、新機種のラインアップそのものに加え、やはり新たな端末販売制度の効果が大きい。ユーザーの95%が利用するという“バリューコース”は、機種や継続利用期間により頭金(持ち帰り金額)を0円とする分割払いも選択できることで、購入時の金銭的負担はもちろん、心理的な負担も軽減できる特徴がある。もちろん1つ前の904iシリーズや704iシリーズも値引きして併売され、ニーズもあると思われるが、ランキングの結果をみる限りは新機種の人気が高い。

 今後、2008年の春商戦向けモデルも続々登場する予定となっている。この先どのような動きを見せるだろうか。

●Woooケータイ人気は継続、春の新機種+遅れた秋冬モデルで春商戦に挑む

 auの販売ランキングは前回と同様に、日立製作所製「Woooケータイ W53H」(キャリア総合2位)が首位を獲得した。

 続いて2位にカシオ計算機製の「EXILIMケータイ W53CA」(2007年夏モデル)、3位にシャープ製の「W52SH」(2007年夏モデル)、4位に東芝製の「W53T」(2007年夏モデル)、5位に京セラ製の「W53K」がランクインした。

 KDDIは1月28日、2008年春商戦向けのau新モデル10機種を発表。発売済みの「AQUOSケータイ W61SH」(今回6位)や2007年冬商戦に間に合わなかった秋冬モデルを含めて商戦に挑む考えだ。

 かつて、新機種の発売とともに、売れ筋が新機種へすみやかに移る傾向だったau端末は、ドコモの現状とは逆に、いまだにランキング中半分の5機種を2007年夏発売の旧機種が占めている。

 これは、KCP+採用機種の開発が遅れたため、2007年冬商戦向けラインアップが少なかったからだとも考えられる。実際、Woooケータイ W53Hを筆頭に、現行機種もそこそこ売れている。しかし、“そこそこ”であり、かつての新機種が見せたスタートダッシュほど鋭い動きはない。2007年11月に両社がほぼ同時期に開始した新たな端末販売制度はその方向性の違いで、売れ筋の状況も互いに入れ替わった印象だ。

 この状況は、ラインアップ豊富な春の新機種で何か変わるだろうか。2月から順次発売する予定の春モデルが発売後、どのような動きを見せるか注目しておきたい。

●ソフトバンクも新機種発表──値下げ効果か、意外な端末が首位に

 ソフトバンクモバイルの販売ランキングは今回、ほとんどの機種で順位変動が発生する、やや大きな動きになった。

 首位は、2007年6月の発売以来、初めて「810P」(パナソニック モバイル製)が獲得した。なお、810Pはソフトバンクモバイル端末として唯一、キャリア総合ランキングでも8位に入っている。

 810Pは段差の少ない“フラットスライド構造”とシンプルなデザイン、豊富なカラーラインアップをそろえる2007年夏モデル。最近、値下げされるとともに、前回まで売れていた「705Px」の在庫がなかった店舗をいくつか確認。810Pのいきなりの躍進は、安価な端末を望む層向けの端末として、705Pxから売れ筋が移ったためだろうか。ちなみに前回2位だった705Pxは5位と、かなり順位を落としてしまった。

 今回順位を上げたのは、810Pとシャープ製の「THE PREMIUM 821SH」(今回4位)、「GENT 812SH sII」(今回6位)、「THE PREMIUM 820SH」(今回7位)、パナソニック モバイル製の「MIRROR 821P」、Samsung電子製の「PHOTOS 920SC」の6機種。光学3倍ズームとキセノンフラッシュ、顔認識AF付きの5Mカメラ搭載ケータイとして登場したPHOTOS 920SCは今回、初めてのTOP10入りとなった。

 さて、ソフトバンクモバイルの春モデルはauと同日の1月28日に発表し、2月上旬から順次発売する予定となっている。横開き3.5インチディスプレイとQWERTYキーボード搭載の「インターネットマシン 922SH」やタッチパネルとモーションセンサーを搭載するフルスライド端末「FULLFACE 2 921SH」、ドコモのP905iとほぼ同一のスペックを備える“VIERAケータイ”「920P」や“REGZAケータイ”「921T」などのハイエンドモデルに加え、スリム、防水、子ども・シニア向け、スマートフォンXシリーズなど、さまざまな特徴のある端末を多数用意したのが特徴だ。

 これら新機種の登場でランキングはどう変わるか。携帯春商戦はもうすぐ始まる。

(2008.2.3/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-03 20:01 | 周辺機器  

<< 「省エネ」薄型TV、基準を引き... 船井電機、米でTV用デジタル変... >>