船井電機、米でTV用デジタル変換器を発売


 船井電機は今月、米国でテレビ用デジタル変換器を発売する。米国では2009年3月にアナログ放送が停止しデジタル放送に移行するため、政府は受信機の普及促進に動いている。船井は高価なデジタルテレビを購入できない低所得層を中心にデジタル変換器を売り込み、09年度に600万台、200億円の売り上げを目指す。

 発売するのは「セットトップボックス」と呼ばれる製品。テレビにつなげば、デジタル放送波を変換してアナログテレビでもデジタル放送を見られるようになる。中国工場で生産した製品を出荷し、船井電機の全売上高の約3分の1を占める大口供給先である米流通大手ウォルマート・ストアーズで販売する。価格は49ドル。(2008.2.3/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-03 12:57 | 周辺機器  

<< 売れるのは新機種か旧機種か──... ゲイツ“孫と合体”最後の大勝負... >>