「9(nine)+」に不具合、店頭販売を一時見合わせ



 ウィルコムは、1月31日から発売したケーイーエス製のW-SIM対応端末「9(nine)+」に不具合があると発表した。

 不具合は「自動日時補正」機能をオンにして利用する際、日付け補正機能が正しく動作しない場合があるというもので、補正日時が2月の場合のみ発生する。なお、同機能をオフにした場合は問題なく利用できるという。

 ウィルコムでは同端末を購入したユーザーに個別に通知を行い、預かり修理(無償)で対応する。なお、ケーイーエスは同社のWebサイトを通じて修正ソフトウェアを提供する予定で、準備が整い次第ウィルコムホームページで告知する。

 「9(nine)+」の出荷台数は6000台で、2月1日時点の販売台数は約1500台。ショップでの販売は一時中止し、ソフトウェアの修正が済み次第、販売を再開する予定だ。

(2008.2.1/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 17:54 | 周辺機器  

<< ゲイツ“孫と合体”最後の大勝負... 「Googleに対抗」――Mi... >>