バッファロー、DDR2メモリを最大約82%値下げ




 株式会社バッファローは2月1日、DDR2メモリ、シリコンディスク、ワンセグTVチューナなど8製品の価格を改定し値下げした。



 最大の値下げ幅となったのは、容量2GBのデスクトップ用PC2-6400対応のDDR2 SDRAM「D2/800-2G」で、74,130円から82%(60,585円)値下げし13,545円となった。これにあわせて2枚セットの「D2/800-2GX2」も25,935円となった。また両製品を受注生産品から通常生産品に変更した。



 USB接続のシリコンディスクは、容量32GBの「SHD-UHR32GS」が37,170円から9%値下げし33,705円となったほか、受注生産品の64GBモデルと100GBモデルはそれぞれ79,107円、113,106円から、45,045円(43%値下げ)、71,085円(37%)となった。



 このほか、ワンセグTVチューナ3製品は945円~2,100円前後の値下げ。

(2008.2.1/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-02 11:05 | 周辺機器  

<< アシスト、CMS製品「NORE... MySQLは気の短いWeb環境... >>