グリーンIT推進協議会、本日発足





 IT関連の業界団体を発起人とした「グリーンIT推進協議会」が2月1日に発足した。IT機器自身の省エネルギー化とITエレクトロニクス技術による経済・社会活動を通じた地球温暖化対策を推進する。当面は、環境負荷低減の啓発活動を中心に、国際的連携による海外との協力関係の構築、開発すべき革新技術の提案、IT技術による省エネ効果の調査・分析活動を行う。


 会員数は2月1日現在、133社・団体(入会予定を含む)。

 社団法人 電子情報技術産業協会会長の町田勝彦氏(シャープ 代表取締役会長)が同協議会会長を務める予定。そのほか、役員として、社団法人 日本電機工業会、情報通信ネットワーク産業協会、社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会、社団法人 情報サービス産業協会、社団法人 日本情報システム・ユーザー協会の各会長が名を連ねる。

 事務局は電子情報技術産業協会内に設置する。

 2008年2月から3月にかけて、第1回政策委員会を開催、2月以降、各委員会で作業を開始する。5月下旬に、グリーンIT国際シンポジウムを開催予定。7月7日から北海道 洞爺湖で開かれる“洞爺湖サミット”には環境ショーケースとして参加する
(2008.2.1/@IT )
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 19:57 | インターネット総合  

<< 悲願のau向けスマートフォン、... ソニー、実売6万円のデジタル一... >>