ソニー、「クイックAFライブビュー」搭載デジタル一眼レフ「α350」

 ソニーはデジタル一眼レフカメラ「α350」(DSLR-A350)を、3月7日に発売する。

 価格はオープンプライスだが、店頭予想価格はボディ単体で9万円前後、DT 18-70mm F3.5-5.6とのズームレンズキットが10万円前後、DT 18-200mm F3.5-6.3との高倍率ズームレンズキットが14万円前後の見込み。

 エントリー向けデジタル一眼レフカメラ「α200」をベースに、有効1,420万画素CCDと、ライブビュー機能、上下可動式の液晶モニターを搭載した。

 ライブビュー機構は「クイックAFライブビュー」と呼ばれ、ライブビュー中も位相差AFを可能とすることで、ライブビュー時も光学ファインダー使用時と同じレスポンスを確保した。

 ライブビュー中は、ペンタ部の光学ファインダー上部に内蔵されたライブビュー用イメージセンサーを使用。クイックリターンミラーはダウンしたまま、ペンタミラーの一部が動くことでレンズからの像をライブビュー専用イメージセンサーに導く。クイックリターンミラーはダウンしたままなので、ハーフミラーを通して位相差AFが使用できる。

光学ファインダー使用時 ライブビュー時。ペンタミラーの一部が動いて、ライブビュー用イメージセンサーに像を送る



ライブビュー時。レンズからの像がライブビュー用センサーに送られている。ペンタミラーからの光路はプリズムで90度曲げられ、レンズと直交するように配置されたライブビュー用センサーに届く

 なお、光学ファインダー使用時はα200と同じく40分割ハニカムパターンAEセンサーを使用するが、ライブビュー中はライブビュー用イメージセンサーが1,200分割のAEセンサーとして働く。ライブビュー時のAEには、画像補正機能「Dレンジオプティマイザー」の画像分析技術が応用され、測光精度が向上する。

 また、ライブビュー時の機能として「スマートレテコンバーター」機能を搭載。専用ボタンを押すと、焦点距離1.4倍または2倍の画角にトリミングされた画像が撮影できる。

 ライブビュー画像が表示される液晶モニターは、2.7型約23万ドット。上130度、下40度の範囲で可動する。ライブビュー時のスルー画には、露出やホワイトバランス設定を反映した結果が表示される。

 液晶モニターを見ながらの撮影に対応するため、α200とは異なるラウンドデザインのグリップ形状を採用した。








 撮像素子はAPS-Cサイズ(23.5×15.7mm)の有効1,420万画素CCD。センサーシフト式のボディ内手ブレ補正機構を搭載し、シャッター速度約2.5~3.5段分の補正が可能としている。手ブレ補正機構とアンチダストコーティングによるセンサークリーニング機能も搭載する。

 最大記録画素数は4,592×3,056ピクセル。最大4,592×2,576ピクセルでアスペクト比16:9の撮影も可能。記録形式はJPEGとRAW。感度はISO100~3200。

 画像処理エンジンはBIONZ。Dレンジオプティマイザーのほか、画作り機能「クリエイティブスタイル」を搭載する。連写速度は工学ファインダー使用時に2.5枚/秒、ライブビュー使用時に2枚/秒。

 ファインダーはペンタダハミラー方式。倍率は0.74倍、視野率は95%。アイポイントは約20.8mm。AF測距点は9点。ファインダー接眼部下のセンサーで接眼を検出するとAFが動作するアイスタートAFを採用する。

 記録メディアはCF。ガイドナンバー12でレンズ表記18mmの画角をカバーするポップアップストロボを内蔵する。電源はリチウムイオン充電池「NP-FM500H」で、CIPA準拠の撮影可能枚数はライブビュー使用時に約410枚、光学ファインダー使用時に約730枚。

 本体サイズは130.8×74.7×98.5mm(幅×奥行き×高さ)。電池と記録メディアを含まない重量は約582g。

 別売オプションとして、縦位置グリップ「VG-B30AM」(26,250円)が用意される。
(2008.2.1/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 16:29 | 周辺機器  

<< おサイフケータイのセキュリティ... 米消費者団体がRealPlay... >>