「ぶーぶー=車」、パパとママの登録データでつくる「こども語辞書」






 NTTのコミュニケーション科学基礎研究所は、人間が言語情報を処理する仕組みや原理を科学的に解明する研究に取り組んでおり、妊娠・育児情報の会員用ポータルサイト「gooベビー」の日記サービス「赤ちゃん成長ダイアリー」から、こどものことばの成長記録データ(こどもの言語発達データ)を10か月にわたって収集。約500人が登録した約5,000語の「今日はじめて覚えた単語」の「音声」と「意味」を、個人が特定できない形式で統計処理を行い、「こども語辞書」に反映している。



 公開された「こども語辞書」では、0~3歳までのこどもがいつ、どんな単語を覚えていくのかを、音声や意味、月齢などの観点から簡単に検索・閲覧することができる。たとえば、こどもが「しゃ」という言葉を発した場合、そのことばの音声を入力・検索することによって、その意味(例:電車や自転車)を解析表示する。また、「アンパンマン」などの言葉の習得時期も、その単語で検索すると、習得分布グラフと平均習得時期(例:21.2か月齢)を閲覧することができる。
(2008.2.1/MarkeZine)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 14:23 | インターネット総合  

<< MSや大成建設など、2月をセキ... 『Storm』ワームの作成者、... >>