米グーグルの第4四半期は増益、市場予想は下回る




 インターネット検索サービス大手の米グーグルが31日発表した第4・四半期決算は増益となったものの、市場予想を下回った。
 第4・四半期の純利益は12億1000万ドル(希薄化後1株当たり3.79ドル)となり、前年同期の10億3000万ドル(同3.29ドル)から増加した。
 特別項目計上前の1株利益は4.43ドルで、ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの予想平均4.47ドルを下回った。
 売上高は前年比51%増の48億2700万ドル。アナリストの予想平均は48億3000万ドル、予想レンジは46億7000万―51億ドルだった。
 グーグルはまた、「大規模な設備投資」を続ける見通しであることを明らかにした。同社は第4・四半期にデータセンターやサーバーなどの設備に6億7800万ドルを費やした。
(2008.2.1/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-02-01 14:19 | インターネット総合  

<< 『Storm』ワームの作成者、... 「げ! マジで!?」――高速電... >>