次世代無線、「地域版」免許割り当てへ・総務省方針


 総務省は無線でパソコンから高速インターネットに接続できる次世代高速無線通信の免許を、6月に市区町村単位で事業者に割り当てる方針を決めた。3月3日から1カ月間、事業者を募集して審査する。早ければ年内にもサービスを始める事業者が出てくる可能性がある。

 次世代高速無線通信は自宅のパソコンに専用のカードを差し込めば、屋内配線がなくても高速ネット通信できるのが特徴。無線LANのように自宅に専用の小型機器を設置する必要がない。通信速度は毎秒20メガ(メガは100万)ビット程度と電話線を使ったデジタル高速通信のADSL並みだ。(2008.1.29/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-29 09:36 | インターネット総合  

<< 「NHK時計」に見る“懐かし物... PS3のネット接続率が急落・普... >>