au、カメラで製品情報を検索「カメラでケンサク!ERサーチ」



 KDDIと沖縄セルラーは、2008年春モデルの投入にあわせて、携帯電話のカメラでCDジャケットやワインなどを撮影すると、その製品の情報を探し出して、通販サイトで購入できる「カメラで検索!ERサーチ」を1月31日より提供する。

 「カメラでケンサク!ERサーチ」は、携帯電話で撮影した画像から特徴を抽出し、サーバー上でデータベースと照合して、製品情報を探し出せるというサービス。2006年5月よりiモード向けに提供されている同名のサービスと、ほぼ同等の機能となっているが、au版はグーグルの検索機能との組み合わせなど異なる部分があるという。

 利用時には、「CDジャケット検索」「ワインラベル検索」「通販カタログ検索」の3種類から選んで、撮影することになる。CDを探すと、着うた・着うたフルを購入できるサイトへアクセスでき、ワインラベルで検索するとワイン通販サイトにアクセスできるなど、商品情報を探すとともにすぐさま購入できるようになっている。

 仕組みとしては、撮影した画像を解析して、特徴点を抽出する。その部分だけのデータをサーバーに送信することになる。従って、端末だけで処理する場合に比べて、よりスピーディに製品情報を得られるという特徴がある。その場で撮影する画像に加えて、端末内に保存されている写真も解析できる。

 専用アプリがプリセットされるのは、W61CA、W61P、W61SA、W61S、W61H、W61T、W62SA、W62Sで、2008年春モデル以降に発売CDMA 1X WIN端末にもプリセットされる。W5XシリーズやMEDIA SKIN、INFOBAR 2、W61SH、W61K、W61PTでは、アプリをダウンロードすれば利用できるようになる。

(2008.1.28/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 22:55 | 周辺機器  

<< ソフトバンク、ケータイでPOP... 「egword」のエルゴソフト... >>