ソフトバンク、「株ケータイ」など'08年春モデル15機種







 ソフトバンクモバイル株式会社は28日、携帯電話の2008年春向けモデルとして、株取引が可能でワンセグ受信にも対応した「920SH YK」など合計15機種を発表した。

 3.2型でタッチパネル液晶を備え、傾きを検知して縦/横の画面表示を切り替える「921SH」、フルキーボードを備え、3.5型液晶を装備。横開きが可能でワンセグにも対応。電子辞書としても使える「インターネットマシン 922SH」、VIERAケータイ「920P」、2.8型有機ELを備えたワンセグ対応REGZAケータイ「921T」、同じく有機ELでワンセグ対応の「820SC」、「821SC」、スリムなワンセグモデル「823SH」などを用意する。

 株取引に対応した「920SH YK」はサイクロイドスタイルで、ポートフォリオやマーケット情報を横画面で確認できるのが特徴。。

 ほかにも、PC用のメールを携帯電話から、Webサービスなどを介さずに直接送受信できる「PCメール」などの新サービスも発表されている。
(2008.1.28/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-28 20:57 | 周辺機器  

<< 英グラスゴー大学、精度ほぼ10... セレブ御用達の“プラチナ800... >>