NEC、システム開発の標準化加速・1万人に研修


 NECは23日、システム開発大手9社で情報システム構築に用いる設計図の標準化について共同で検討する「発注者ビュー検討会」のガイドラインを、NECおよびグループ内の1万人のシステムエンジニア(SE)に習得させる計画を発表した。開発手順や設計図の標準化により、生産性が向上する効果が見込めるとしている。顧客企業との認識不一致を防ぎ、赤字案件の縮小に役立つとみている。

 NECグループの1万人のSEに対して、まず2時間程度のeラーニング(ネットを利用する遠隔教育)を実施する。そのほか、集合教育も開催する予定だという。春までに全員に研修を施す考えだ。

 「発注者ビュー検討会」に参加するNTTデータや富士通なども設計図標準化の定着を進めている。(2008.1.24/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-24 11:52 | PC  

<< 出会い系、ネット通販、オークシ... 医療情報、女性は友人や家族より... >>