医療情報、女性は友人や家族よりネットが頼り――米調査


 医療や健康に関する情報の入手先として、女性はインターネットを利用する傾向が高いことが、米調査会社comScoreの調べで明らかになった。またインターネットを利用する女性の85%は、女性特有の症状をネットで調べると回答し、63%は特に避妊についてオンラインで調べていると答えた。

 この調査は18歳から44歳で、過去半年間に異性との性行為があり、避妊薬を利用している女性921人を対象に実施された。

 その結果、医療および健康情報の入手先として、医師や医療専門家と回答したのは82%、インターネットと答えたのが60%、友人、家族、夫や恋人と答えたのが51%だった。

 comScoreは、女性は従来、避妊を含む医療および健康情報を友人や家族、恋人などから入手していたが、避妊薬や避妊方法の進化にともない、インターネットを情報入手先として活用するケースが増えていると分析している。
(2008.1.23/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-24 11:48 | インターネット総合  

<< NEC、システム開発の標準化加... ケータイの取扱説明書、半数以上... >>