米ディズニーとソフトバンク、携帯電話新サービスを3月1日に開始





米ウォルト・ディズニーの日本法人ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京都目黒区)とソフトバンク<9984.T>は22日、日本でディズニーの携帯電話サービスを3月1日から開始すると発表した。
 ディズニーがソフトバンクから通信網を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)という手法を用いる。異業種企業の参入で、携帯市場の競争が激化しそうだ。
 会見したウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド社長は「ディズニーにとって日本は米国に次いで大きい非常に重要な市場で、ポテンシャルがある。ディズニー・モバイルは、ディズニー全体を成長させる一つの柱になる」と述べた。
 サービス名は「ディズニー・モバイル」。一定時間帯を除きソフトバンクユーザー間の通話を定額とする「ホワイトプラン」など、料金体系は基本的にソフトバンクと同じとする。両社のホワイトプランユーザー間の通話も、一定時間帯を除き定額とする。ソフトバンクの店舗や主要家電量販店、インターネットを通じて販売する。最初の携帯端末はシャープ<6753.T>が供給する。想定利用者は20―30代の女性としている。
 ディズニーは米国で携帯電話市場に参入したが、競争環境が厳しく撤退に追い込まれた経緯がある。キャンドランド社長は「日本では長年携帯コンテンツを提供してきた蓄積がある。米国では単独で(携帯サービスを)手がけたが、日本ではソフトバンクと協力する」などと述べ、米市場での取り組みとの違いを強調した。利用者数の目標などは公表していない。
(2008.1.22/ ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-22 18:39 | 周辺機器  

<< デイリースポーツ、女性向けに“... 魅力回復は道遠し? ITサービ... >>