お悩み相談サイト「Bouzコネクション」で対話してみた。




悩み事の相談を受けている時に「聞いてないでしょ」と言われることの多い小川@R25.jpです。最近ではめっきり相談を受けることもなくなりました。

せっかくの新年ですから張り切っていきたいものですが、人の心に悩みはつきもの。年が改まってもなくならない心のくすみを拭って欲しい時、ありませんか? 私はわりとあるんですが、今回見つけた「Bouzコネクション」は、そんな時に訪れてみたいサイトです。

□Bouzコネクション
http://www.bouz-net.com/

ネットで悩み相談をすることのできるこのサイト、アドバイスをしてくれるのは現役のお坊さんたち。主に占いサイトを運営していたシーオージという会社が、ネットで活動の場を広げたいと考えていた浄土真宗のお坊さんたちと協力してサイトを立ち上げたのだそう。

徳を積んだお坊さんに悩みを聞いてもらえるのはありがたいけれど、「喝!」とか怒られそうでちょっと怖い気も…。まずは、ユーザー登録すると見ることのできる指南役を務めるお坊さんたちのプロフィールを相談をする前にのぞいてみることにしました。

プロフィールページには、お坊さんのニックネームと読者からの声(評価)、好きな物が表示されています。が、この「好きな物欄」に思わず驚がく。あるお坊さんの好きな物は、「チョコレート」。ま、これぐらいならイメージとのギャップに「かわいい~」とつぶやく程度。

「デパ地下」
「体にわるいもの」

すこ~し生臭くなってきましたが、まだまだこれでもお坊さんだって人間だしね、と思うぐらい。続いて……

「自分に都合の良いもの」

え! それでいいの!? 人生の指南役なのに? さらには…

「女」

う~ん…。でもまあきっと、このぐらいざっくばらんなお坊さんたちの方が、こっちも気楽に悩み相談できるのかもと前向きに考えて、こんな悩みを相談してみました。

「待ち合わせの場所や時間を間違えたり、道端ですぐに転んだり、おっちょこちょいな自分が嫌いです。今年こそもっと落ち着いた人格の持ち主になりたいと思っているのですがどうしたらいいでしょうか」


悩みを書き綴ったメールを送信し、お坊さんからの返事を待ちます。返事が来たのは翌日の朝。

「私も結婚式の司婚者(キリスト教の司祭役)を務めた際に、日にちを間違えてしまったことがありますよ。大騒動になって今でも冷や汗が出ます」

おお! お坊さんでも!! こんな共感も相手がお坊さんだと妙に嬉しい感じ。

「落ち着いた行動をしたいのであれば、時間に余裕を持って行動することが一番です」

確かに。時間に余裕を持てないのは要領の悪い証拠だなぁ~と思います。

「先を見通して今の行動をするように心がけてみては?」

うう、それ、母からもよく言われます。

「ただ、忙しすぎる時は失敗してしまうことも多いですよね」

最後は優しいお言葉。てっきりお坊さんというから厳しい説教が来るものと思っていたら、人生の先輩らしい温かなアドバイスにホッとしました(※本当はもう少し長いメールでしたが、文字数の都合で割愛しています)。

この後、まだまだ悩みが晴れなければ対話を続けることも可能。回答に納得したら、お礼を言って終了です。最後にお坊さんから対話を統括した「ほどき」が届きます。

回答は当たり前のことのようだけれど、改めてお坊さんから言われると意外と心に迫ります。新年の清々しさも手伝ってか、「時間に余裕を持って行動する」を今年の目標の一つに掲げて励みたいと素直に思いました。

サイトを運営するシーオージの方に伺いましたが、悩みを人に話すという行為だけで気が楽になる人も多いのだとか。晴れない心のうちを抱えている人はだまされた(失礼!)と思って気楽に相談してみるといいかもしれません。

ちなみに料金は月額で315円(税込)。1カ月に3回までお悩みを相談することができます。チ~ン。
(2008.1.22/R25)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-22 15:23 | インターネット総合  

<< 「ホワイト家族24で家族。そし... AMD、組み込みシステム向けプ... >>