「Webページの存在証明」サービス キャッシュと日時を保存

Webページのキャッシュと閲覧日時を保存できるサービスが登場した。削除されたり変更されたWebページが、閲覧時点で確かに存在したことを証明できるとしている。

 「なくなったWebページを『見た』という事実を、どう証明しますか」――ソフトウェア開発などを手がけるケーシーエスと、茨城大学工学部の研究チームは1月21日、Webページをキャッシュとして保存し、そのキャッシュに対してタイムスタンプを発行するサイト「Webページの存在証明サービス」を始めた。

 キャッシュを閲覧日時の情報と一緒に保存しておくことで、キャッシュの元となったWebページがその日時に存在したことを証明でき、「Webによる電子商取引や、Web文書の法的根拠を主張したい場合などに利用できる」としている。

 サイトで保存したいWebページのURLを入力すると、キャッシュファイルとそれに対応するタイムスタンプのファイル入りZIPファイルをダウンロードする。

 ダウンロードしたキャッシュファイルとタイムスタンプのファイルをサイトでアップロードすれば、実際にキャッシュが作成された当時から変更されているかどうかを判定。変更がなければ「変更がありません」と表示される。

 コンプライアンスを重視する企業でのニーズを見込むが、当面は無料の試験サービスとして提供する。

(2008.1.21/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-21 21:03 | インターネット総合  

<< ネット広告、日中大手が合弁・電... 携帯電話と仮想世界が変える小売... >>