装飾メールと赤外線対応、アンテナ内蔵薄型モデルも──ウィルコム、2008年春の新機種発表





 ウィルコムは1月21日、2008年の新機種7モデルを発表した。


 音声端末は京セラ製のシンプル&スリムモデル「WX330K」と厚さ9.9ミリのポップなストレート型「HONEY BEE」、セイコーインスツル製の小型・薄型ストレート端末「X PLATE(WX130S)」、ケーイーエス製の“9(nine)”後継モデル「9(nine)+」、ネットインデックス製の“nico.”後継モデル「nico+」(発表済み)、日本無線製のW-VPN対応端末「WX321J-Z」、東芝製の「WX320T」(カラーバリエーション変更版、発表済み)。データ通信端末はネットインデックス製のW-SIM対応PCカード型「WS014IN」が登場。1月下旬から順次発売する予定
(2008.1.21/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-21 18:56 | 周辺機器  

<< 三洋の京セラへの携帯事業売却、... 公益インフラにサイバー攻撃、複... >>