IBMの無償オフィススイートが多言語化、日本語にも対応




 米IBMは1月18日、無償オフィススイート「Lotus Symphony」の対応言語を24カ国語に増やしたと発表した。

 同スイートはワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトで構成され、OpenOfficeのコードを基盤とし、OpenDocument Format(ODF)、Microsoft Officeフォーマット、Lotus SmartSuiteフォーマットに対応する。これまでは英語版のみだったが、最新版のSymphonyβ3では、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語、韓国語、ロシア語など24カ国語の言語パックを提供する。

 言語パックにはスペルチェック辞書も含まれ、ユーザーは好きなだけ言語パックをインストールできるという。Lotus SymphonyはIBMのWebサイトからダウンロードできる。対応OSはWindows XP、Windows Vista、 SUSE Linux Enterprise Desktop 10、Red Hat Enterprise Linux 5。
(2008.1.21/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-21 18:41 | PC  

<< スパムメールで集客 海賊版販売... ソフトバンクモバイル、月額基本... >>