ワンセグ携帯 出荷の半数以上



電機メーカーなどで作る「電子情報技術産業協会」によりますと、去年11月に端末メーカーが出荷した携帯電話端末の台数は480万台余りで、このうち「ワンセグ」対応の機種は280万台余りに上り、出荷台数全体のおよそ58%を占めました。ワンセグ対応の携帯電話端末の出荷台数が50%を超えたのは、おととし4月にサービスが始まってから初めてのことです。これは、NTTドコモが去年11月に投入した新しい機種のほとんどにワンセグ機能を搭載するなど、年末商戦に向けて、携帯電話各社が「ワンセグ」対応の機種の品ぞろえを強化し、販売に力を入れたためです。電機メーカーの団体では「カメラや音楽を聴く機能など携帯電話の多機能化が進むなか、空いた時間に気軽に利用できるワンセグも幅広い世代に受け入れられている」と話しています。(2008.1.19/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-19 20:15 | 周辺機器  

<< 防災、仮想空間で語り合う・内閣... 携帯電話コストを削減する企業向... >>