ヒューゴ、競合ウェブサイト自動監視通知サービス「シークレットスパイダー」開始

ヒューゴ、競合サイトの1バイト単位のページ変更を自動監視・通知する「シークレットスパイダー」を提供。


株式会社ヒューゴは2008年1月17日、検索エンジン上位表示のために競合他社ウェブサイトの更新状況を自動で監視し通知するサービス「シークレットスパイダー」の提供を開始した。ただし、大阪の中小企業限定。


「シークレットスパイダー」は、Yahoo!やGoogleなどの検索結果で自社ウェブサイトの上位表示を実現するために、相対的な競合となる他社ウェブサイトの更新状況を自動巡回し、新規ページの作成状況やHTMLソースコードの変更を1バイト単位で通知するサービス。(2008.1.18/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-18 16:16 | インターネット総合  

<< ツーウィン、SEO用の中古ドメ... スロベニア・ネプチューン、電子... >>